FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書の秋におすすめ、プラド夏樹著『フランス人の性 なぜ「#Me Too」への反対が起きたのか』

著者プラド夏樹さんは、Bisouがフリーペーパーだった時代に編集部のメンバーだった。突然、連絡して来たプラドさんは、教会のパイプオルガン奏者だと自己紹介し、「文章を書く仕事がしたくなったので」と打ち明けられた。第一印象は“知性的で個性的な人”だったが、それは今でも変わらない。

 フランス人の性をテーマにした本を出版したい、と彼女から打ち明けられたのは数年前だが、「#Me Too」ムーブメントで時宜を得て、その夢が実現したようだ。

topics2018_9_natsuki.png

フランス人の性 なぜ「MeToo」への反対が起きたのか (光文社新書)


本書の副題になっているアメリカ発の「#Me Too」ムーブメントに対してカトリーヌ・ドヌーブ、ブリジッド・バルドー、若手ではレティシア・カスタなどフランスを代表する女優たちが、異議申し立てをした時に、「さすがフランス人だなぁ」と漠然と納得したものだが、その“さすがフランス”というイメージはどこから生まれるのか、をこの本が解明してくれた。

8歳から学校で性教育が始まり、思春期の子どもと親が家庭で性に関してオープンに話し合い、大統領が堂々と不倫をして国民がそれを容認する国民性から、フランス人は恋愛やセックスに奔放、アンモラルというイメージさえある。それは「恋愛とセックスの自由は、キリスト教が国教となった5世紀末から20世紀初頭まで、つまり約1400年にわたるキリスト教との熾烈な戦いの末に獲得した、かけがえのないものとして認識されている、だからフランスの人々はそこへ安易にモラルが介入することを嫌」うからだ、というのが多くの文献にあたり、フランス人の性への考察を重ねた著者の導き出した結論だ。

また、中世時代の騎士道の恋愛作法と平安時代の貴族のそれとの比較から現代のフランスと日本におけるセックス事情の比較、日本で流行りの女子会がなぜフランスでは存在しないのか?など日本人ジャーナリストならではの日仏比較も興味深い。
さらに、所々に挟まれたプラドさんならでは感想も面白くて、例えば、タレントベッキーや山尾志桜里衆議院議員の不倫バッシングに触れて、「不倫をした罪で石投げの刑に処されるイスラム系の国の女性を見ているようだ。恋愛で頭が溶けてマズイことをしてしまう、いいじゃないですか、人間らしくて。」なんて具合で、笑ってしまう。

セクハラは許されるべきものではない、それは大前提としても「#Me Too」ムーブメントにはなんだかしっくりしないものを感じていた私は、終章“セックスは誰のものか”で「#Me Too」に言及し、プラドさん自身が出したこの問題への“解答”にいたく共感したのであった。




エグゼクティブなのにリーズナブル、、、安心の結婚相談所


南フランス産、黄金に輝く【エキストラヴァージン】アプリコットオイルでうるおい美肌に♪


(>_<)幸せになりたい!

占いで悩み解決☆



スポンサーサイト

ビズフランス BisouFranceのサイト、オープンしました

このブログ始まって以来の超短いテキストのブログ。
ビズフランスBisouFranceのサイトがいよいよオープンしました。

フランス、パリ、アート、ものづくりに特化したサイトです。
よろしくお願いします!

bisoufrance.png

https://www.bisoufrance.com/

WEB限定ショコラ【HENRI LE ROUX アンリ・ルルー】


【顔や首のツブツブ・ポツポツをケア!】南フランス産の不思議な杏仁オイル


電話占いヴェルニ







ビズは、リニューアル準備中


ビズのサイトは現在、リニューアル準備中。というのも、せっかく日本に住んでいるのだから、日本でしかできないことをやろう、と思いついたのだ。
単に、そろそろ別のことをしたくなったということもあるが。

知らない人もいるだろうから(知ったこっちゃないと思っている人もいるだろうけど)、簡単にビズの歴史を。
1999年にパリで創刊した『Bisouビズ』は、“フランスで学ぶ、働く”をテーマにしたフリーペーパー。その後、2002年にファミリー向けの『BisouFamilleビズ・ファミーユ』にリニューアル。
2007年には、ロハスやエコロジーをテーマにした『Bisou Bien-êtreビズ・ビアンエートル』に。
その後、リーマンショックの影響なんぞがあって、広告が取れなくなり、フリーペーパーはひとまず止めて、2010年に日仏バイリンガルサイト『BisouJaponビズ・ジャポン』が生まれた。と言いながらも、紙媒体でも4回BisouJaponを発行した、やっぱりサイトより紙媒体の方が好きなんだよねぇ、我らの世代は。
要するにビアン・エートルまでは紙が主体でサイトもある、という形だったのが、ジャポンからはサイトが主体で紙は時々発行、ということに。時代の流れか。

今回は命名『BisouFranceビズ・フランス』。

ドメインを変えるのが面倒なので、『ビズ・ジャポン・フランス』にしようと思っていたのだが、ビズ・ジャポンからずっとサイトのデザインをお願いしているデザイナーTくんから「長すぎ!」とダメ出しが。
歯に絹きせぬ物言いをするタイプのTくんからはさらに、「『ビズ・ジャポン』は週1回程度しか更新していないでしょう。あれじゃ、アクセスが伸びませんよ。新しいビズは毎日更新してください」と忠告されてしまう。
「毎週からいきなり毎日はきついので、3日に一度とか、一日置きとか・・」。「毎日じゃなければダメなんです」と有無を言わせぬ口調。
うーん、“ほぼ”毎日とか・・、と糸井重里も最初は思ったんだろうな。
「別に毎日書かなくても、1日で1週間分書き溜めて、毎日アップしてもいいですよ」
え?でも、それって書くために使う時間は一緒じゃない?まあ、まとめて書いたほうが、筆の勢いがのるというか(パソコンを使っているので、タイピングの勢い?)、集中して書いた方が生産性も上がるか?確かにパソコンの前に座るまでにダラダラと妙に時間がかかることもあるしなぁ。

それで、“せっかく日本に住んでいるのだから、日本でしかできないこと”とは?要するに、日本で行われるフランス系イベント、フランス物産展とか、フランス映画祭、フランス絵画展の案内から日本にあるフレンチレストラン、カフェなどなどを紹介し、フランス関連の仕事をしている人やフランスに住んでいた経験のある人にインタビューしよう、ということである。
色々ググってみたのだが、そういうサイト、ありそうでなかったので(見落とした?)。

ということで、『ビズ・フランス』は、8月リニューアルオープンの予定で、目下、準備中です。

フランスのオーガニック認証を持つスキンケアシリーズ“コディナ”をお試し価格で。【CODINA】


日本未入荷ワインが毎月2本届く!ミシュラン星付きセレクション



ヨーロッパ40カ国で使用できるポケットWiFiルーターならユーロデータbasic!

タルコフスキーの墓参りが、22年目にして叶う

大好きなロシア人映画監督アンドレイ・タルコフスキーがパリで亡くなったのは、1987年のこと。お墓がパリにあると聞き、これはお参りに行かねば、と思ったのは、私がパリに住み始めた1996年。
ところが実現したのが、今年になってからである。

というのも、タルコフスキーのお墓は、パリではなくその南の郊外、サン・ジュヌヴィエーヴ・デ・ボワのロシア人墓地にある。
私も十数年前に郊外に引っ越したが、北西なので、全然近くない。
一人でどこでも出かけてしまう方だが、パリ郊外南方向?治安はいいんだろうか?しかも墓地である。これは誰か一緒に行ってくれる人を見つけた方がいい、と思いつつ20年以上が過ぎてしまったのだから、恐ろしい。

郊外でもシャトーならまだ人を誘いやすいが、ロシア人墓地に一緒に行ってくれる奇特な人は簡単には見つからない。タルコフスキーのファンを探せばいいのだが、お墓参りをするほどの大ファンで、しかもパリに住んでいる、あるいはパリに旅行に来て、一日を墓参りに費やす覚悟(?)のある人、となるといないんだよね、これが。
ジム・モリソンみたいにペール・ラシェーズに眠っていてくれたら、すぐにでも行くんだけど、と言い訳しながら(誰に?)、あっという間の22年であった。

ところが、最近、おつきあいが始まったイラストレーターのK子さん、パリ郊外に住んでいるというので、「どちらに?」と聞いたら、どんぴしゃり!「ロシア人墓地がありますよね?」と確認すると、彼女、タルコフスキーは知らなかったがロシア人墓地はもちろん知っているという。
これは神様の思し召し(か?)、K子さんが都合のいい時に一緒に行ってくれることになり、フランスを離れる1週間前になって、実現したのである、タルコフスキーのお墓参りが。

パリのサン・ミシェル駅からサン・ジュヌヴィエーヴ・デ・ボワまで郊外電車で30分、と思っていたより近い。

タルコフスキー駅

駅までK子さんが迎えに来てくれて、近くのクレープ屋でランチをしてからバスで、墓地に向かう。
Piscine(プールの意味)という停留所で降りると文字通りでかい屋内プールらしき建物があり、その近くに、墓地の入り口が。
前もってtogetterで<タルコフスキーのお墓への行き方>をチェックしておいたにもかかわらず、墓地内で迷う。

タルコフスキー墓地

と言っても10分もかからずに見つかりました!

タルコフスキー墓

お墓のすぐ横にベンチらしきものまで用意されているのは全世界中から来るタルコフスキーファンへの配慮か。
そういえばお花の一つも用意して来なかった私。お祈りして、「映画の勉強の為にパリに来たにも関わらず、せっかく受かった大学の映画学科もさっさと辞めてしまい、映画からは遠く離れ、このまま日本に帰ります」と告げる、心の中で。タルコフスキーは私のこんな話、全く興味ないだろうな、と思いつつ、ほかに伝えることもないので。

天気もよく、タルコフスキーのお墓はいい具合に木陰で、おまけにベンチまであるので、そこに座りながらK子さんと少しおしゃべりして、その後、さっさと駅に向かう。ストの最中で、電車の数もいつもより少なかったし。

後日、K子さんが、旦那様から「墓地まで行っておいて、なぜすぐそばにある、ロシア正教会のノートルダム・ド・ラ・ドルミシオン教会は見に行かなかったの?と聞かれたそう。お墓が見つかって、それだけで満足してしまい、美しい教会のことなど頭になかったのである。

これからもし、タルコフスキーのお墓参りをする方は、教会に行くこともお忘れなく。



霧島天然水【のむシリカ】


北アルプスのピュアウォーターをご家庭まで!!
【アルピナウォーター】






ブルースカイブルー・・、西城秀樹のファンでした


ちびまる子ちゃんとまる子のお姉ちゃんのちょうど間の年齢である私は、この時代の多くの小中学生と同じく(きっと、そうだったんだよね?)西城秀樹のファンでした。
別に追っかけをしていたわけではなく(小中学生で追っかけは無理か)、コンサートに行ったこともないけど、レコードは持っていたし(一枚だけど)、「好きな歌手は?」と聞かれたら迷わず「西城秀樹!」と答えていた。

日本からフランスに戻り、時差ボケがひどい上に、慌ただしくしている時に、秀樹の訃報が。少し時間に余裕ができて、YouTubeで秀樹の動画をたくさん見て、懐かしさと寂しさと悲しみがひしひし・・。

秀樹の代表曲といえば、『ブルースカイブルー』(←単に私にとってベスト1?)。
改めて聞き直したら、若き青年と人妻の不倫の歌だったのね。当時中学生だった私は、ちゃんと分かっていたのかなぁ?(その頃、“不倫”なんて言葉、一般的だったのかどうか知らんが)
一瞬、フランス大統領マクロンの顔が浮かんで来て、不愉快な気分に(マクロン、嫌いなので)。でも、ヤツみたいに、その後結婚できて、おまけに大統領になっちゃいました、では詩情もへったくれもない。やはり人の心を打つのは悲恋なのだ。

秀樹の顔のUPが多いヴァージョン。映像が鮮明じゃないのが残念。



YouTubeで色々なヴァージョンの『ブルースカイブルー』を見て思ったんだけど、若い頃の秀樹はなんで、この歌を微笑みながら歌っているんだろう?別れの悲しい曲なのに。若者ならではの立ち直りの早さを表したいのか?青空には、笑顔が似合うから?

それで、こちらは、大人になった秀樹がしっとり憂い顔で歌うヴァージョン。



これが実にいい・・。背伸びした恋に破れた若者の歌、と思い込んでいたが、
歌詞のこの部分
『少しだけ時が行き
もう過去といえる 恋の日々を』
少しと言ってもこのヴァージョンの秀樹だと20年くらいになってしまいそうだが、青春時代の悲しい恋を懐かしむ、というかいまだに忘れられない(美化もされているだろうし)大人の男の恋心を歌い上げ、素晴らしい・・。
秀樹は日本のロッド・スチュアートなんて、勝手にイメージを持っていたけど、(秀樹の方がずっといい男)、この歌唱力は森進一レベルの見事さである。

かくしてYouTubeで秀樹の映像を追い続け、夜更かしが続く(という人は多いだろうな、今)。

秀樹は、横文字の歌も上手い。野口五郎との『二人のビッグショー』ではオールディーズの『アンチェインド・メロディ』を歌う秀樹にうっとり。ドラムを叩きながら『ツイスト・アンド・シャウト』を歌ったり、タキシード姿でダンスしながら大地真央と『スタンド・バイ・ミー』とデュエットしたり、何してもカッコいい!バリー・マニロウとのデュエットも、秀樹の方がずっとずっと素敵。バリー・マニロウって踊りヘタだし(秀樹に恋してる様子がありあり)。
亡くなった後なので秀樹がどんどん美化されている?別にそれならそれでいいや。
あーあ、秀樹に、ジェフ・バックリーヴァージョンの『ハレルヤ』を歌ってほしかったな(完全に私の趣味の世界です)。

カシオペア&宇崎竜童&秀樹とか、世良公則&松崎しげる&秀樹なんて共演も面白かった。秀樹って人の歌も器用に歌いこなしちゃうのよね。
ステージでのMCやバラエティのトークも上手で、ユーモアのセンスもあるし。
しかし、秀樹の一日警察署長からプロ野球の始球式の様子まで全部観れちゃうんだから、YouTubeってすごい(そんなものまで、見ている私)。

脳梗塞の後遺症で言語障害があるし、ゆっくりしか歩けない、そんな姿もさらけ出している。人間としても素晴らしい(もう、贔屓の引き倒し状態)。郷ひろみには真似できなかろう?なんて、ひろみファンの人、ごめんなさい。そういえば、何の映像だったか、秀樹が「新御三家3人は仲が良くて、仲が悪いのはファン同士です」と言っていたのが、笑えたな。

話は『ブルースカイブルー』に戻り、なんでこの名曲、レコード大賞取れなかったのかと調べてみたら、ノミネートされた1978年の大賞はピンク・レディーの『UFO』だって。ふーん。
たくさん見たブルースカイブルーの動画の中で、ベスト1はこれかも。



音は、今風にアレンジされていて、映像も編集が素晴らしく、涙を誘います。

22年ぶりに戻る日本に、秀樹はもういない・・、なんてセリフを吐くほどのファンではありませんでしたが、でも、一度くらいコンサートに行っておけばよかったなぁ。合掌。

1本で凹凸補正からUVカットまで!【スタインズBBクリーム】


野菜をMotto!!国産厳選野菜スープ





おすすめ情報

おすすめ情報

プロフィール

江草由香

Author:江草由香
編集者・ライター。立教大学仏文科卒。映画理論を学ぶために96年に渡仏し、パリ第一大学映画学科に登録。PRESSE FEMININE JAPONAISEを設立し、99年にパリ発情報誌『ビズ』を創刊。現在、日本の雑誌やWebにフランスの情報記事、コラムなどを寄稿しながら、日仏バイリンガルサイト『ビズ・ジャポン』の編集長を務める。著書は芝山由美のペンネームで『夢は待ってくれるー女32才厄年 フランスに渡る』。

最新記事
カテゴリ
ヴぉわいやーじゅ
おてる
ヴぉわちゅーる
あしゅらんす
うぃふぃ
レストラン予約
ふらんせ
あまぞん
せっと おーんず
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。