FC2ブログ

パリー東京間、飛行機内で

1か月ほど、日本に帰国した。フランス人の義理母に「パリー東京間は、12時間くらい」と話したら、「とても長いのねぇ」と驚かれた。しかし、私が初めてフランスに来た、25年前は直行便なんてものはなく、JALのアンカレッジ経由で24時間近くかけて、パリに到着したのだ。
その後、フランスには旅行で2度ほど来て、13年前に住み始めてから、里帰りすること7度。今回はパリー東京間が妙に早く感じた。ずっと眠っていた、というわけではなく、ひとえに各座席に設置されている個人モニターのおかげである。7歳の息子はこれでずっとゲームをして(普段、家ではゲームはさせないので、ここぞとばかりに浸っていた)、それに飽きるとアニメ映画を見たりと、大人しく座っていたので、おおいに、助かった。25年前には(いつ頃までそうだったか、覚えていないが)、選択の余地なく、大型スクリーンに写し出されるものを見るしかなかった。当時、子ども連れで日本に帰る親たちはたいへんだったろうな・・。
私は、行きは邦画『20世紀少年』の第一章を見て「え?続きは?」と第二章を見たのだが、途中で成田に着いてしまった。うー、新聞や本なんて読まずに(少し眠ったし)、先に映画を見ればよかった、と後悔する。
帰りの映画プログラムには、残念ながら、『20世紀少年』は入っておらず。邦画『エレキの若大将』、『BABY BABY BABY! ベイビィ ベイビィ ベイビィ』を見る。そして、最後にぎりぎり間に合うかな?とハリウッド映画『そんな彼なら捨てちゃえば!』を見始めたのだが・・、たぶん、ラスト5分くらいが時間切れで見ることができず、うー、あとほんの少し飛行時間が長ければよかったのに、なんて思った。

そういえば、同時多発テロの直後って、機内食のナイフがプラスチック製になっていた記憶があるが、今回は、ステンレス製に戻っていた。また、液体類の機内への持ち込みも禁止されたはずなので、化粧水からコンタクトの洗浄液まで全て、スーツケースに入れて預けた。ところが、チェック・インの際、前にいた人は透明の袋を渡され、そこに化粧水らしきものを入れていた。のど元過ぎれば熱さを忘れる、ということなのか、過剰反応への反省なのか?

ナイフといえば、去年、ライヨールで買ったナイフを、行きはちゃんとスーツケースに入れておいたのに、帰りはなんと機内持ち込み用カバンの中に入れっぱなしだったため、中部国際空港の保安検査場で没収されてしまった。柄が桜の木で、YUKAと彫ってもらった、お気に入りの品だったので、大ショック!夫にはさんざんバカにされ、「日本でナイフが必要になれば、100円ショップで買えば済むことじゃないか」と言われる。確かに、それなら没収されても惜しくないよね。高い勉強代がついてしまった。

上高地

(日本滞在中に出かけた、上高地)

おすすめ情報

おすすめ情報

プロフィール

江草由香

Author:江草由香
編集者・ライター・コーディネーター。
96年に渡仏し、99年から10年間パリ発日本語情報誌『Bisouビズ』の編集長を務め、同時に日本の雑誌やWebに情報記事、コラムなどを寄稿。
2010年に日仏バイリンガルサイト『BisouJaponビズ・ジャポン』を立ち上げ、ジャパン・エキスポなどパリで行われる見本市で、日本企業や日本人クリエーターの出展をプロデュース、展示会の企画コーディネートの仕事を始める。
2018年に22年間のパリ滞在にピリオドを打ち、日本に帰国。

『BisouFranceビズ・フランス』
https://www.bisoufrance.com/

個人ブログ『湘南二宮時々パリ』
http://ninomiyaparis.blog.fc2.com/

最新記事
カテゴリ
AI翻訳
コスメ
コスメ
ワイン
ティー
航空券
レストラン予約
フランス語
アマゾン
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード