FC2ブログ

タルコフスキーの墓参りが、22年目にして叶う

大好きなロシア人映画監督アンドレイ・タルコフスキーがパリで亡くなったのは、1987年のこと。お墓がパリにあると聞き、これはお参りに行かねば、と思ったのは、私がパリに住み始めた1996年。
ところが実現したのが、今年になってからである。

というのも、タルコフスキーのお墓は、パリではなくその南の郊外、サン・ジュヌヴィエーヴ・デ・ボワのロシア人墓地にある。
私も十数年前に郊外に引っ越したが、北西なので、全然近くない。
一人でどこでも出かけてしまう方だが、パリ郊外南方向?治安はいいんだろうか?しかも墓地である。これは誰か一緒に行ってくれる人を見つけた方がいい、と思いつつ20年以上が過ぎてしまったのだから、恐ろしい。

郊外でもシャトーならまだ人を誘いやすいが、ロシア人墓地に一緒に行ってくれる奇特な人は簡単には見つからない。タルコフスキーのファンを探せばいいのだが、お墓参りをするほどの大ファンで、しかもパリに住んでいる、あるいはパリに旅行に来て、一日を墓参りに費やす覚悟(?)のある人、となるといないんだよね、これが。
ジム・モリソンみたいにペール・ラシェーズに眠っていてくれたら、すぐにでも行くんだけど、と言い訳しながら(誰に?)、あっという間の22年であった。

ところが、最近、おつきあいが始まったイラストレーターのK子さん、パリ郊外に住んでいるというので、「どちらに?」と聞いたら、どんぴしゃり!「ロシア人墓地がありますよね?」と確認すると、彼女、タルコフスキーは知らなかったがロシア人墓地はもちろん知っているという。
これは神様の思し召し(か?)、K子さんが都合のいい時に一緒に行ってくれることになり、フランスを離れる1週間前になって、実現したのである、タルコフスキーのお墓参りが。

パリのサン・ミシェル駅からサン・ジュヌヴィエーヴ・デ・ボワまで郊外電車で30分、と思っていたより近い。

タルコフスキー駅

駅までK子さんが迎えに来てくれて、近くのクレープ屋でランチをしてからバスで、墓地に向かう。
Piscine(プールの意味)という停留所で降りると文字通りでかい屋内プールらしき建物があり、その近くに、墓地の入り口が。
前もってtogetterで<タルコフスキーのお墓への行き方>をチェックしておいたにもかかわらず、墓地内で迷う。

タルコフスキー墓地

と言っても10分もかからずに見つかりました!

タルコフスキー墓

お墓のすぐ横にベンチらしきものまで用意されているのは全世界中から来るタルコフスキーファンへの配慮か。
そういえばお花の一つも用意して来なかった私。お祈りして、「映画の勉強の為にパリに来たにも関わらず、せっかく受かった大学の映画学科もさっさと辞めてしまい、映画からは遠く離れ、このまま日本に帰ります」と告げる、心の中で。タルコフスキーは私のこんな話、全く興味ないだろうな、と思いつつ、ほかに伝えることもないので。

天気もよく、タルコフスキーのお墓はいい具合に木陰で、おまけにベンチまであるので、そこに座りながらK子さんと少しおしゃべりして、その後、さっさと駅に向かう。ストの最中で、電車の数もいつもより少なかったし。

後日、K子さんが、旦那様から「墓地まで行っておいて、なぜすぐそばにある、ロシア正教会のノートルダム・ド・ラ・ドルミシオン教会は見に行かなかったの?と聞かれたそう。お墓が見つかって、それだけで満足してしまい、美しい教会のことなど頭になかったのである。

これからもし、タルコフスキーのお墓参りをする方は、教会に行くこともお忘れなく。



霧島天然水【のむシリカ】


北アルプスのピュアウォーターをご家庭まで!!
【アルピナウォーター】






スポンサーサイト



2017年映画の見納めは、息子と観に行った『パディントン 2』。ついでに、2017年ベスト3


冬休み中の息子に、「観に行きたい映画、ある?」と聞いたら、『パディントン 2!』。高校生にもなって、そんな映画を?なんてやぼなことは申しません。
私も小学校低学年の頃、夢中になって読んだパディントン。映画第一作目を、息子は夫と観に行ってしまい、一人でパディントンを観に行くのもなぁ、と見逃してしまったのだ。

で、今回は、近所のシネコンに息子と二人でいそいそと出かける。昼の回であったが、けっこう中学生くらいの子どもたちも多く、さらにマダムのお一人様たちの姿も・・。私みたいに子どもの頃ファンだったのかしら?と、実は前情報なしに観に行ったのであるが、映画が始まってびっくり、怪人二十面相のような悪役を演じているのは、ヒュー・グラントではないか!一人パディントンのフランス人マダムたちはひょっとして、彼目当て?ハンサムなダメ男ってあまり、フランス人女性好みのキャラではない気がするが。でも、今まで、ヒュー・グラントって好きでも嫌いでもなかったけど、今回、とてもいい感じ。57歳だって。

パディントンヒュー・グラント
(尼僧に化ける、ヒュー・グラント)

『パディントン 2』の前日に観た『ザ・フロリダ・プロジェクト』(佳作!)のウィレム・デフォーもすんごく素敵だったし、やっぱり男はアラカンが旬なのかしらねぇ(単に自分が歳食って、興味の対象になる男性の年齢が上がっただけ?)。

パディントンウィレム・デフォー
(ウィレム・デフォー)

『パディントン 2』は、年納めに見るにふさわしい、楽しい気分にしてくれる作品であった。息子に、どこが面白かった?と聞くと「パディントンが失敗ばかりしているところ」確かに・・。
2017年に息子と見た映画は、『君の名は。』、『Cars 3』、『怪盗グルーのミニオン大脱走』『この世界の片隅に』、『ローガン・ラッキー』、『マジンガーZ インフィニティ』、『パディントン 2』。スターウォーズシリーズはパパと見に行き、今年見た映画の中で、一番面白かったのは、『Cars 3』だったそう。

ちなみに、2017年に観た作品の中で、私のベスト3を挙げてみると(と言っても、あまり本数を見ていないのだが)、1、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』、2、『120 Battements par minute』(日本公開タイトルは『BPM ビート・パー・ミニット』?)3位が難しいところだが、『淵に立つ』にしておこうかな。

マンチェスター・バイ・ザ・シー (字幕版)
(2017-10-25)
売り上げランキング: 89,858


選外佳作は、久しぶりのカウリスマキ作品『希望のかなた』、御年89歳アニエス・ヴァルダの『Visages villages』、カリン・ヴィアールじゃなきゃ演れないよね、な『Jalouse』(David &Stephane Foenkinos監督)。

パディントンカリンヴィアール

映画観るなら<U-NEXT>


初回1,800円でワインが2本届く!ミシュラン星付きセレクション


(>_<)幸せになりたい!

占いで悩み解決☆

フランスで先行上映 『マジンガーZ/INFINITY』を息子と見に行く


パリの地下鉄に乗っていた時、停まった駅のホームに貼ってあったポスターをふと見ると、マ、マジンガーZではないか!cinemaと書いてある。え?マジンガーZの映画が公開される?まさか、CGをたくさん使った実写版なんぞじゃないでしょうね?
かつてデビルマンが実写化され、「神を恐れぬ罰当たりめ~」と最終回の妖獣ゴッドの言葉そのままに怒っていたら(もちろん、作品は見ておりません)、監督さん、急死してしまったが。
ともあれ、「マジンガーZ」を慌てて、ググる。『マジンガーZ/INFINITY』、日本で1月13日公開予定の劇場版アニメ映画。で、フランスの映画サイトでチェックすると、なんと11月22日から劇場公開とある。フランス先行上映なのだ!

早速、息子に一緒に見に行こうよ、と誘うと、
「オレの嫌いなフランス人が声優やってるから嫌だ」
いつの間にそんな情報を?
「吹き替え版なんか見るわけないでしょ。日本語オリジナル版を見に行くんだよ」と言うと、
「うん、じゃあ」と一緒に行ってくれることに。

マジンガーZ

このポスターにある、GOLDORAKとは、マジンガーシリーズ第3作『UFOロボグレンダイザー』のフランス語タイトル。なぜか、フランスでは、グレンダイザーが元祖マジンガーを超えて人気があったという理解の出来ない現象が。グレンダイザーの主人公宇門大介って、なんだかかっこ悪かったし(声は富山敬だったけど)、実は宇宙人で、本名デュークフリードって・・(ジークフリートから取ったのかな?)。しかも我らが兜甲児を脇役に回し、最初の頃は、TFOなどというちゃちい円盤に乗せやがって、と小学校のクラスメートの間でも評判悪かったのだ、グレンダイザーは(そう、私は小学生でした、当時)。

さて、『マジンガーZ/INFINITY』は、シャンゼリゼの凱旋門近くにある、PUBLICIS CINEMASで日本語オリジナル版を上映していることを確認。おしゃれなピュブリシスドラッグストアの地下にある、革張りの椅子が心地よい映画館で、よく日本アニメのオリジナル版を上映している。『エヴァンゲリオン』や『ももへの手紙』もここで見たし。

土曜の昼だったので、客が一杯で席が取れなかったらたいへん、と早めに行ったのだが、12時50分の回の客は私と息子と、40代と思しき男性の合わせて3人だけであった。なんで、こんなに人気がないの??

で、作品の感想であるが・・、オールドファンにとっては懐かしいし、十分楽しめる、というところか。

冒頭、いきなりグレートマジンガーが出て来て、懐かしい武器(技?)を全て披露し、『マジンガーZ対暗黒大将軍』のグレートマジンガー登場シーンを想起させてくれた。

炎ジュンが臨月で、剣鉄也が子育てのために軍人用官舎ではなく下町にある木造の家に住もうと提案する回想シーンでは、ああ、そういえばこの二人は兜剣造博士に引き取られた孤児だったなぁ、と思い出したり。幸せな家庭を築きたいという気持ちが二人とも人一倍強く早めに結婚したのだ、ってありがちなストーリーだが。
実の息子である兜甲児に鉄也が嫉妬したエピソードや、炎ジュンの実父は黒人であり、肌が浅黒いことでいじめられた過去を扱ったエピソードなどもふと思い出す。せつないバラード調(演歌調ともいえる)の炎ジュンのテーマが流れ、幼いジュンが泣いているシーンがあったし、あれは印象深いエピソードだったな。

お嬢さん育ちの弓さやかと、両親が亡くなっていたとはいえ(父親はサイボーグとして蘇ったが)、弟とともに祖父にかわいがられて育った兜甲児のカップルに比べると鉄也&ジュンはなんかシリアスな印象があったよな。一見やんちゃな甲児とおてんばなさやかはよく口喧げんか(痴話げんか?)をしていたが、本作では、科学者カップル、しかもさやかは光子力科学研究所の所長になっていた。まあ、二人とも親が優秀な科学者なので、血筋といえばそれまでだけど。

シローはすっかり青年になっていたし、ボスがラーメン屋っていうのは、なんかそのまんま感が。みさとの娘の父親は誰だろう?甲児、いや意表をついて、弓教授だったりして?懐かしい阿修羅男爵とブロッケン伯爵は本人たち+メカが出て来たのは笑えたし。新顔リサはマジンガーシリーズのキャラクーぽくなかったな。パイルダー号はなぜか、ホーバーパイルダーで、二人乗り。でも、甲児とリサが乗り込むシーンで、画面端にスーパーパイルダーがちらりと写ったような記憶が(二度見した方がいいかも)。あと、アフロダイエースのフィギュア(超合金か)がどこかで出て来たし(やっぱり二度見が必要だ)。それから、もりもり博士の遺影も、ちょっとうれしかったな。

Dr.ヘルの「人類の弱点はその多様性にある」って台詞は、このイスラムテロが頻発する時代に、重いかも。

ちなみに息子の感想は、「あまり面白くなかった。マジンガールズは『無邪気の楽園』に似てた」!!そんなものを息子が見ていたとは知らなかった母であった。

アニメ観るなら<U-NEXT>


日本未入荷ワインが毎月2本届く!ミシュラン星付きセレクション



クレール・ドニの新作UN BEAU SOLEIL INTÉRIEUR なぜに、ドパルデューがビノシュと共演?


 クレール・ドニ監督の新作(4年ぶり)が上映されると聞いて、楽しみにしていたのに、主演がジュリエット・ビノシュだって・・・。
こいつが出ていると思うだけで映画を観る気が失せる女優である、私にとっては。
まず、演技がとってもヘタだし。ただ、大根だけどいいな、と思える女優だっている。ソフィー・マルソーとか。彼女はフランスでは、クソミソに言われていて、「(なぜか)日本では人気の」という枕詞が付くけど、私はけっこう好きだな、だんだん上手くなっていると思うし、美人だし。

ビノシュの大根イモぶりは、中野翠が早々と酷評していて、カラックス組が内輪でちやほや持ち上げているのは仕方ないけど、巨匠ルイ・マルまで、なんであんな乳しぼりが似合いそうなイモ女優を使うのだ?てな類のことを書いていた記憶が。

以前も同じことを書いたけど、私はレオス・カラックス監督が嫌いで、一作見ただけで、もう二度とこやつの作品は観るか、と思っていた。ところが、渋谷の某映画館で、小川紳介特集をやっていて、いそいそと通っていたのだが、その後にカラックス特集が予定されていたらしく、毎回、カラックス映画の予告編を見せられる羽目に。予告編だけでも苦痛・・、大昔の話だけど。

で、カラックスお気に入りの男優ドニ・ラヴァンも嫌いだった(要するにカラックス嫌い?)。ところが、クレール・ドニの『beau travail 美しき仕事』(2000年)に主演していたドニ・ラヴァンがよかったのだ!実に美しい映画でもあり、結果、ラヴァンは、嫌いな俳優ではなくなった。別にあえて彼の出演作品を追ってみる、ってこともなかったけど。



て、ことはひょっとしてこの新作の出来がよければ、ビノシュが嫌いではなくなる?まあ、ありえないだろうけど、と思いながら観に行くことにした(だって、クレール・ドニ作品だし)。

クレール・ドニの新作のポスター


ちなみに、クレール・ドニの前作はこれも大根なキアラ・マストロヤンニが出ていて、作品もいまいち。なんで、こう立て続けに大根女優を使うかね?
2010年に、『White Materialホワイト・マテリアル』というものすごい作品を撮っているが、主演はイザベル・ユペール。才能ある監督と素晴らしい女優が組むとこんな大傑作が生まれるのかぁ、と感激したんだけどなぁ。



そういえばジュリエット・ビノシュに対しては、数年前に、ジェラール・ドパルデューが公然とこきおろしている(さすが、フランスを代表する大俳優!)。
ググってみたら、それは2010年のこと、ドパルデューの発言内容は、「なんで彼女が評価されているのか知りたい。あのカス女優が!(私情入り過ぎの意訳。正しくはElle n'est rienと言った。)」で、その後に、イザベル・アジャーニとファニー・アルダンを褒めたたえ、「それに比べてビノシュは何だ?」と仰っている。ビノシュごときを語るに二人の大女優を引き合いに出してほしくないが。続けて、「モーリス・ピアラも映画批評誌『カイエ・デュ・シネマ』がカラックス贔屓だったことを軽蔑していた(ちなみに、ピアラ監督は2003年に亡くなっている。よっぽど忘れられない出来事だったのか)。カラックスは6年もかけて、ビノシュ主演で『ポン・ヌフの恋人』を撮ったが、あんなもの映画じゃない、クソの塊だ!(morceau de merde 直訳です)」。
さすが、ドパルデュー先生、小川紳介の作品上映前に私を不愉快にさせた予告編というのが、まさに、その『ポン・ヌフの恋人』ってやつです。

で、新作。これが他の女優だったらどんなにいいだろうと思いながら(カリン・ビヤールとか?)見続ける。しかも、ビノシュは、パンダメイクのイヤーな女の役だった。不愉快な女優が、下手な演技で、引っぱたいてやりたいようなイヤな女の役をやるんだから、何度、時計を見たことか(私の腕時計はデジタルのライト付き)。

ところが、な、なんと、最後の最後に(5分くらい?)ジェラール・ドパルデューが登場したではないか。この大俳優がチョイ役という感じで。(彼と一緒に演技派女優ヴァレリア・ブルーニ・テデスキは、もっとあっと言う間のチョイチョイ役で出演)

ドニ新作に出演するドパルデュー

どうしちゃったんだろう、ドパルデュー?ドニ組と言えなくもないヴァンサン・ランドンがチョイ役を買って出るなら分かるけど、ドパルデューは、クレール・ドニ作品に出演したことはなかったのでは?
しかも、あれだけけなしたビノシュが主演する映画に??
こんな女が主演するなら、オレはあえてチョイ役で出てやる!と思ったのか?向き合って話し合うシーン(ドパルデューの役は占い師)だったので、演技派ドパルデューに対してビノシュがいかに大根かを身をもって示そうと思った?ひょっとして、言い過ぎた、と反省して謝罪の意を込めて、出演承諾したとか・・。

分からん・・。

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!


ホームウェイで休日の家を予約して、ご家族やご友人、恋人と最高の休暇を満喫しよう!


(>_<)幸せになりたい!

占いで悩み解決☆





2016年に見た映画、雑感

「フランスに来たきっかけは、映画の勉強のため」と言うのが憚られるほど、映画を見なくなった。
で、いつも年初には、今年こそ、映画をたくさん見てやる、と誓い、2016年も1月は7本とまあまあのペースだったのだけど、2月以降は月2~3本しか見ておらず・・だから、ベスト3など上げるのはおこがましいので、雑感を。

今年は、“期待していたのにがっかり”な作品が、いくつかあった。

その筆頭は、カンヌでグランプリを受賞したグザヴィエ・ドランの『たかが世界の終わり』。
期待感が高まるあまり、冒頭シーンで涙まで出て来たが、な、何なんだ、これは?な作品であった。
批評家は賛否両論だったけど、私の周りでは、「とにかく『Mommy/マミー』がすご過ぎたから、それに比べるとねぇ・・」、「まあ、まだ彼は若いから・・」とドラン作品を批判したくないけど、でも・・ってな反応が多かったな。
このテーマなら、いっそ、笑える不条理の連続のために、自分に死期が近づいていることを家族に告白できない、っていうブニュエル調にしたら面白いかも、なんて考えてしまった。
恥ずかしながら、ドランは『Mommy/マミー』前の作品をまだ見ておらず、DVD・BOXを買おうかとも思ったけど、やっぱり映画館で見たいので、早く、どこかで特集上映をしてほしい。

16映画just fin du monde
『たかが世界の終わり』

Mommy/マミー [DVD]
Mommy/マミー [DVD]
posted with amazlet at 16.12.31
ポニーキャニオン (2015-12-02)
売り上げランキング: 21,989


もう一作のがっかりは、ダルデンヌ兄弟監督の『午後8時の訪問者』(仏題は直訳すると、『見知らぬ少女』なんですけど・・)。決してつまらない作品ではないのだが、このクラス(?)の監督になると、“この監督の作品にしては”という前置きがついたりして、それまでの作品と比較されてしまうので・・。『イゴールの約束』以降、全部見ているけど、本作は一番、面白くなかったかも、ダルデンヌ兄弟監督にしては。
16映画fille inconnue
『午後8時の訪問者』

イゴールの約束 [DVD]
イゴールの約束 [DVD]
posted with amazlet at 16.12.31
角川書店 (2012-03-23)
売り上げランキング: 61,143


さらに、がっかりというほどではないけど、アルモドバルの『ジュリエッタ』も、娘の心情がよく分からず、の消化不良感から、しっくり来ない作品だったな。

16映画Julieta
『ジュリエッタ』

しっくり来ない、といえば、フランソワ・オゾンの『フランツ』。オゾン作品って見終わった後、「ここ、描き過ぎ」、「ここ物足りない」みたいな不満が残ることが多い。『17歳』は、物足りなさをシャルロット・ランプリングが、みごとに埋めてくれた感があるが。『フランツ』は、アドリアンが何者なのかが早々と予想出来てしまうので、なのにこの演出はなぁ、と思いながら見続け、で、結末が、これはちょっとねぇ、と、なんか後味の悪い作品であった。あと、アドリアン役の男優ピエール・ニネの顔が好きになれん(超個人的感想だけど)

16映画Frantz
『フランツ』

17歳 [DVD]
17歳 [DVD]
posted with amazlet at 16.12.31
KADOKAWA / 角川書店 (2014-09-05)
売り上げランキング: 60,831


で、シャルロット・ランプリングといえば、『さざなみ』は、秀作。以前のブログにも書いたけど、この作品を見て、ほ~っとなって会場を出て来た私に、映画館の館長さん(別に知り合いではない)が笑って頷きながら「La vie est triste 人生は悲しい」と言ったことと(なんで、私に向けて??と思ったことが)セットになって、忘れられない作品に・・。

16eiga 45ans
『さざなみ』

返り咲き、って言っちゃなんだけど、また面白くなったじゃん、と思えたのが、フィリップ・リオレの『Le fils de Jean』。2006年の『心配しないで』、2009年の『君を想って海をゆく』(なんじゃ~、この邦題は。原題は『Welcome』、分かり易くてこのままでいいのに)が面白かったのに、続く2010年の『TOUTES NOS ENVIES』が駄作だったので(と私は感じた)、監督自身、そのショックで間が空いてしまったのか?でも、本作で、復活?

16映画fils de Jean
『Le fils de Jean』

君を想って海をゆく [DVD]
角川書店 (2011-07-08)
売り上げランキング: 161,639


もう一人、以前は、新作を楽しみにしていたクリント・イーストウッドは、『J・エドガー』で、がっかりして以来、見なくなっていたのだけど、『ハドソン川の奇跡』は、面白いと評判だったので見に行った。原題は『Sully』=「サリー」なんだけど、フランスでは、仏語読みで、「スリー」と発音されている。この作品を撮るために、イーストウッドは本物のエアバスを購入し、ニュースキャスターから救助隊、警察官まで、関係者を本人役で多数出演させ、事故を徹底的にリアルに再現した、とウィキペディアに書いてあったけど、そこまでする必要あったのかね?別に役者を使っても彼の演出力で十分素晴らしい作品になったと思うけど。年納めに見たのがこの作品で、とってもいい終わり方だったので、来年はいいことあるかも、ってな幸せな気分に。やっぱり、映画はハッピーエンドがいいわ。ハッピーハッピーじゃなくても、希望が残るような終わり方をしてほしいわね。

16映画Sully
『ハドソン川の奇跡』

そこへ行くと、パルムドールに輝いた、ケン・ローチの『わたしはダニエル・ブレイク』は、見終わった後、気持ちが落ち込んだわ。確かに素晴らしい作品なんだけどね、『麦の穂をゆらす風』(2006年)もそうだけど、主要人物が死ねば、いやでもショックでドラマは盛り上がるわけ。でも、いい加減、人を殺さずして、それでも印象的な作品を撮ってほしいわ。

16映画DanielBlake
『わたしはダニエル・ブレイク』

麦の穂をゆらす風 プレミアム・エディション [DVD]
ジェネオン エンタテインメント (2007-04-25)
売り上げランキング: 71,328


そういえば、日本映画はほとんど見なかった。『終の信託』をやっとDVDで見たけど。映画は劇場で見る主義だが、フランスに入って来なくて、どうしても見たい作品は仕方なくDVDを日本で購入。なんで、周防監督、フランス人に受けないかな?小津を評価している国なのに。

終の信託【DVD】(特典DVD付2枚組)
東宝 (2013-04-19)
売り上げランキング: 64,809


2017年は、面白い日本映画がフランスに入ってくることを期待!

肩こり首こりケア専用枕 リラ!まくら


オンラインの外国語学習サービス【italki】


【電話占いヴェルニ】





おすすめ情報

おすすめ情報

プロフィール

江草由香

Author:江草由香
編集者・ライター・コーディネーター。
96年に渡仏し、99年から10年間パリ発日本語情報誌『Bisouビズ』の編集長を務め、同時に日本の雑誌やWebに情報記事、コラムなどを寄稿。
2010年に日仏バイリンガルサイト『BisouJaponビズ・ジャポン』を立ち上げ、ジャパン・エキスポなどパリで行われる見本市で、日本企業や日本人クリエーターの出展をプロデュース、展示会の企画コーディネートの仕事を始める。
2018年に22年間のパリ滞在にピリオドを打ち、日本に帰国。

『BisouFranceビズ・フランス』
https://www.bisoufrance.com/

個人ブログ『湘南二宮時々パリ』
http://ninomiyaparis.blog.fc2.com/

最新記事
カテゴリ
AI翻訳
コスメ
コスメ
ワイン
ティー
航空券
レストラン予約
フランス語
アマゾン
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード