FC2ブログ

ギメ美術館の着物展とコシノ3姉妹の津軽こけし


パリのフランス国立ギメ東洋美術館で、着物の展覧会「着物ー女性の幸福展」が開催中であるが、オープン前日のプレス内覧会に招待されたので、喜んで出かける。
ちなみに、展示会のタイトルはKimono - Au bonheur des damesで、“女性の幸福”って日本タイトルは、私が勝手に付けただけ。“女の幸せ”、だと演歌っぽいし、“婦人の幸福”って訳しているサイトもあったけど、なんか、婦人って、硬くてレトロなイメージがあるんだよね。職業婦人とか。

ギメ建物


12時半からだったが、10分前に着いたところ、守衛さんが「まだ、早いよ!」と中に入れてくれない。今にも雨が降りそうな天気にも関わらず。まもなく、他の日本人記者が着く。そう、時間通りにきちんと来るのは日本人だけ。それで、同じように、入れてもらえず、顔見知りのジャーナリストが激怒し、「時間も中途半端で、お腹が空くじゃない!」と他にも怒りの理由を見つける。「ビュッフェ、あるかもよ」と私が言うと、「あるわけないでしょ!」と。で、時間になり、やっと荷物チェックを受けて、中に入れてもらえる。まだ人の来ていない会場を回り、コンデジで撮影。暗い場内で、フラッシュをたくと、光の玉が写っちゃうので、夜景モードで撮って確認したら、悪くない感じだったので、そのまま撮り続けた。後で、パソコンで見たら、ぼやけた写真ばかりで、大後悔(だから、このブログ、写真、少ないです)。

地下ホールにビュッフェが用意されていたので、先ほどのジャーナリスト氏に「よかったね」と言ったら、「それが目的で来てるみたいに、言わないで!」と怒られた。
鶏肉のサテや、竹皮もどきの紙にくるまれたリゾットなど、東洋風を意識した、さすがギメ美術館のビュッフェ。アルコール類は、なぜかナシ。まもなく、美術館館長、その他のスピーチが行われ、その後、説明付きの会場内覧会が始まる。

この展覧会、江戸時代から今日に至るまでの着物の変遷を紹介するもの。着物(主に小袖)は、元は貴族のもので、それが、武士や商人へと広がって行く様子が分かる。展示されている着物(着物のデザインを取り入れた服も含め)の数は約150点で、そのうち120点は、松坂屋コレクション収蔵品。これ、全部、日本から持って来たんだ、と感心する。
婚礼衣装や小物(かんざしなど)をテーマにしたコーナーもある。

ギメ着物

ギメひでよしゆかりの着物
(豊臣秀吉の妻か、親族が着ていた、という着物。なんか、曖昧な説明だけど)


で、最後に、この展示会のアーティスティックアドバイザーを務めるコシノジュンコさんや高田賢三さんなど日本を代表するデザイナーによる、着物からインスピレーションを受けた作品が展示されているのだけど、ご本人たちもこの内覧会にいらっしゃいました。
高田賢三さんって、とてもお地味、いやいや言葉を選ばなければ、とても控えめな方。偉い人は偉ぶらないって、本当なのね。以前、高田さんは、テレビでインタビューを受けて、フランス語で答えたのにフランス語の字幕を付けられたので、それ以来、人前でフランス語はしゃべらない、って話を聞いたことがあるけど、ちゃんと、ご自身の作品について、流暢なフランス語で説明されていました。

ギメコシノさんと高田さん
(コシノさんの花魁をイメージした作品の前で、ジャーナリストたちに撮影される、お二人)

コシノジュンコさんが、ヨーロッパで窮屈なコルセットからの解放が女性を自由にしたのと同じように、日本では帯をなくしたことによって女性が自由になった、とおっしゃっていたのが面白かった。そうか、帯って単なるベルトの代わりじゃなかったのね。

しかし、私は着物には縁がない。成人式にも着なかったし、七五三には着たけど。でも、母方の祖母はずいぶんな着物道楽だったらしく、私の母も茶道をやっていたこともあり、、時折、着物を着ていたっけ(結婚式とか、入学式とか・・)。フランスに来ることが分かっていれば、着付けくらい習っておけばよかったかも、と思う。着物を着て、茶道なんか嗜んじゃえば、フランス人男性にモテたかも、なんてどうしようもないことを考えてしまった。

こけしの写真を表紙に載せているビズ・ジャポン・アートをコシノジュンコさんにお渡ししたら、「以前、青森の職人さんに頼んでコシノ3姉妹こけしを作ったことがあるのよ」と仰られる。なんでも、2011年に、NHKの連続テレビドラマで、コシノ3姉妹を育て上げた、小篠綾子の生涯を実話に基づくフィクションストーリーにした、『カーネーション』(私はフランスにいたので知らなかったんだけど、評判のいいドラマだったのね)の放映中に、製作されたという。

カーネーション 完全版 DVD-BOX1【DVD】
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) (2012-03-21)
売り上げランキング: 43,176


こんな漫画まで、あるのね。
だんじり母ちゃんとコシノ3姉妹

国廣幸亜 マガジンハウス 2011-11-01
売り上げランキング : 191477
by ヨメレバ


ぜひ、そのコシノ3姉妹こけしを見てみたい、と思い、「どこかの美術館に置いてあるのですか?」と尋ねたが、一緒にいた息子さんいわく「作った人のところにあると思います」?私ががっかりした顔をしたからか、コシノさん、「この展示会の作品を着た人形なら、ここのショップに置いてあるわよ」。と、帰りがけにショップでその人形はチェックするも、私が見たいのは、こけしである。

ギメ人形

さっそく家に帰ってぐぐってみたら、な、なんと、私たちが、こけしを買い付けた、津軽系のこけし工人阿保六知秀さんが、制作されているではないか?プロデュースは(株)丸若屋。
ギメこけし
(津軽こけし館のサイトから拝借した画像)

お母さんの小篠綾子と合わせて四体セットになっている。うう、本物を見たい!津軽こけし館に行けば、展示されているだろうか?

WEB限定ショコラ【HENRI LE ROUX アンリ・ルルー】


フランスのオーガニック100%コスメブランド コディナ【初回限定!送料無料キャンペーン実施中】


電話占いヴェルニ





スポンサーサイト



編集者が楽しんで作っている雑誌は、読者にも面白い。『こけし時代』  パリでこけしを売る 其の二

ネットで調べているうちに、『こけし時代』なる、その名のとおり、こけし専門誌が存在することがわかる。
発行人は、写真家詩人の沼田 元氣さん、発行元の木形子可=コケーシカは、沼田さん(小津安二郎の作品っぽく、“ま”にアクセントを置くのかな?)が、鎌倉の長谷の吉屋信子記念館近くにオープンした、こけしとマトリョーシュカの専門店。
出版社兼ショップ?

『こけし時代』のバックナンバーなら、ヤフオクやアマゾンで買えるよ、とKさんが教えてくれるが、ちょうど、2016年4月に、母校の海外支部交流会&交友会地域支部代表者会議にパリ支部長代理として出席するために帰国する予定であった。会場となる大学は池袋だけど、私は高校まで湘南の田舎町に住んでいて、地元に残っている高校時代の友人たちも多く、両親の居住している老人ホームも湘南にある。で、まずは、藤沢のホテルに滞在し、友人や両親に会い、鎌倉に行き、コケーシカを訪ね、それから、池袋に移動することにした。あわよくば『こけし時代』編集部を覗いたりできないか、と期待する。
で、交流会&会議は金・土曜の2日間で、私は月曜に日本に着き、藤沢のホテルに木曜朝まで滞在し、その後、池袋に移動する計画を立てていた。ところが、サイトで確認すると、コケーシカは、営業日が金・土・日・月曜で、しかも閉店18時。
月曜は羽田に15時半着だから、ぎりぎり間に合うか・・、ただ、念のため、閉店間際に伺う旨をメールしておく。いちおう、フランス在住で、日本滞在中に行けるのはこの日しかないことを強調して。まあ、向うにとっては知ったこっちゃないかもしれないが。
案の定、返事は来ず。

さて、飛行機が、到着予定時刻よりずいぶん早く羽田に着く(1時間近く、こんなことってあるのね)。これなら、『こけし時代』を買って、こけしもゆっくり見られるかも、なんて安易に考えていたが、思ったより、藤沢まで着くのに時間がかかり、ホテルに荷物を置いて、江ノ電に乗ったのは17時過ぎ。長谷駅で降りて、道に迷い、コケーシカに着いたのは18時10分。ドアは閉まっていたけど、明かりがついていたので、ドアをどんどん叩き、「メッセージを差し上げたフランスから来たものです~」と言ったら、「あ~、はいはい」と開けてもらえた。ありがたい。こけしの神様は、私を応援(?)してくれる。飛行機まで早く飛ばして下さって・・。

コケーシカは、こけしとマトリョーシュカ、それにこけし関連グッズなどがおしゃれに置かれている、こじんまりしたショップ。編集室らしきものはなく(当たり前っちゃ、当たり前か)、・・それとも2階にあるんだろうか?まあ、今の時代、パソコン一つあれば、どこでも編集作業はできるから、そもそも編集室なんてものは存在しないのかもしれないが。

『こけし時代』は、根拠なく、リニューアル前のクーネルみたいな薄さの雑誌をイメージしていたのだけれど、実際は、週刊誌くらいの版型で平綴じ、でもって分厚くて、背表紙が2センチくらいある(号によってはもう少し薄いものもあるが)。閉店時間も過ぎていたので、ゆっくり選べず(せかされたわけではないけど)、まずは、自分が気になっている、NO.6木地山、NO.7弥次郎、NO.11津軽(こけしの系統の名称です)の3冊を選んだら、それだけでずっしり重い。その後、すぐにホテルに戻るのではなく、友人と鎌倉駅の近くでごはんを食べる約束をしていたし、池袋までスーツケースを持って移動するので、今から、あまり重くなってもなぁ・・。次回帰国時にまた、別のバックナンバーを購入すればいいや、とその3冊のみ購入。息子に頼まれたコロコロコミック(これもけっこう分厚いマンガ雑誌)と『妖怪ウォッチ』のコミックも買わなきゃならないのだ。
「フランスでも宣伝してください」と『こけし時代』の宣伝パンフレットを渡される。バックナンバーの紹介と購入申し込み用紙がついている、ポスターサイズで、地図みたいに畳むと小さくなる、おしゃれな作りのパンフだ。しかし、パリでこれを配ったとして、フランスから申し込む人、いるだろうか?

で、『こけし時代』は、編集・発行人が写真家というだけあって、良質の厚い紙を使い、きれいな写真が満載。雑誌から溢れ出さんばかりのこけし、工人さんたち、風情ある温泉旅館、こけしの里の風景、そこに生きる人々・・。すでに亡くなっている伝説の工人さんたち、戦前の温泉街の様子などの記録写真も掲載されている。ポエムがところどころにちりばめられ(編集・発行人が詩人なので)、コレクター訪問記事があり、菅野 修の連載漫画も笑えるし(私のお気に入り)、楳図かずおの初期作品『人形少女』の一部が掲載されていたり、南伸坊や奈良美智がイラスト&エッセイを寄稿していたり、となんとも贅沢な雑誌である。また、この雑誌、ページの角が丸いんだけど、他にそんな雑誌ってあったっけ?この丸みはこけしの丸みから来ているのか?
一見、スタイリッシュだけど、内容は実に深く掘り下げてあり、伝統に重きを置いているが、重すぎない。カワイイ感があふれているが、そこに郷愁の感覚が同居しているせいか、軽すぎない。何よりも編集者がこけしへの愛をベースに、楽しんで作っているのが全てのページからありありと伝わって来る。訪ねたくて仕方なかったこけしの里を訪ね、会いたくてしょうがなかった好きな工人さんたちを写真に撮っている、という風に。


<楳図かずおの初期作品『人形少女』の一部が掲載されている号>


<私の好きな弥次郎こけしの特集号>


<分厚い上に、ふろくに別冊『今晃の世界・今晃の玩具』までついている。値段はその分、やや高め>

雑誌ってたぶん、読者ウケを狙っているものより、編集者が楽しんで、独りよがりくらいの気持ちで作っている方が読者にも面白く感じられるのだと思う。
比べるのはおこがましいが、私が作っていたフリーペーパーBisouも(あ、去年、また、Bisou Artのタイトルで復活して、2号発行したから、過去形じゃないか)、ぶっちゃけ、自分が興味があることをテーマに取り上げ、話を聞きたいと思った人にインタビューし、ペンネームを使って書きたい放題のエッセイまで連載していた、結構、やりたい放題なフリペであった。
私が興味を持っていることは、読者も興味あるに違いない、という思い込みと、いつ止めてもいい、という覚悟(投げやりと言えなくもない)で作っていたのだ。でも、そこそこ評判のいいフリペで、60号まで続き(去年復活してから+2号出した)、いまだに「まだ、バックナンバーを取ってあるんですよ」なんて言われることも。うれぴぃ。

ところで、『こけし時代』は広告が全く掲載されていない。『暮らしの手帖』のように、と言っても、商品テストページがあるわけじゃない。広告主の顔色を伺わず、自由に作りたいのであろう。

しかし、こんないい紙を使って、定価は号によって異なるけど、私が今回購入したものは1785円~3000円。何部刷っているか、知らないが、元、取れているんだろうか?
6号の“こけし後記”(編集後記ではなく)には、「あまり売れない」、「次号もゼッタイ買ってくださいネ」とある。

こけし好きを母数として、ファンは相当数、いると思うんだけどな。
この素晴らしい、雑誌がなくならないように、みんなで購入しよう!こけしに興味がなくても、温泉好きの方にはお勧め。で、これを読んだ人は、きっと、こけしが好きになる!はず。


<6号の菅野修の漫画で取り上げられている、童画家武井武雄のこけしポストカード>

肩こり首こりケア専用枕 リラ!まくら


電話占いヴェルニ


野菜スイーツ





パリでこけしを売る 其の一

今年の初め、パリで旅行関連会社に勤めるKさんから、「こけしをフランスで一緒に売らない?」と誘われた。
こけしぃ?と最初はピンと来なかったのだけれど・・・。

以前、パリでこけし専門店を経営しているフランス人のムッシューがいて、色々な展示会でご一緒したことがあるのだが、確かに、こけしはよく売れていた。
特に忘れられないのが、2012年の4月から5月にかけて、アクリマタッション公園で5週間にわたる、日本祭が行われ、公園のメインストーリーに、たくさんの展示販売ブースが並んだ時のこと。和小物からお弁当、たこ焼きまで色々なものが販売され、ビズジャポンも一つブースを構え、週替わりでテーマを変えて、会員の作品を展示した。で、ビズの隣の隣がそのムッシューのこけし屋であった。その5週間、たいへん天気が悪く、しかも寒くて、復活祭のヴァカンスに重なっていたにも関わらず、人出が少なかった。にも、かかわらず、こけしの店だけは繁盛しており、他の出展者の間で、「雨が降っても風が吹いても、こけしだけはよく売れる」と羨ましがられていたのである。
その時は、なんで、あんなものが売れてるんだろう、と横目で見ていたのだが。

そのムッシューは、数年前に定年退職して、店をたたんだらしい。自営業で定年退職っていうのも変だが、まあ、要するに年金のもらえる年齢になったのだろう。ライバルがいないということは、チャンスかも。

こけしをパリで売る

さっそく、ネットでこけしを検索し始める。
こけしの産地は東北で(そのくらい、何となく知っていた)、11系統に分かれてるんだー、色々なかたちや顔があるんだなぁ(当たり前だけど)、なんて調べていると、次第に興味が湧いてくる。

Kさんが、ネット上でオークションに出ているこけしなんかを見ながら、「この子、かわいいでしょう?」 などと言うので、最初は「この子、って・・」とびびっていたが、そのうち、自分も「この子、ヴァーチャルじゃなくて、本物を見てみたい~」なんて、つぶやくようになる。

フランスで長年、展示会の仕事を手掛けている日本人女性にもさりげに、相談すると、
「こけし、いいんじゃない?フランス人は木製のものが好きだし・・」。
木製品に限らず、フランス人って、麻とか、和紙とか、自然を感じさせるものが好きだという印象がある。職人を敬う国でもあるし。
「・・こけしに対するパッションがあれば、うまくいくかもしれないわよ!」とアドバイスを受ける。
パッションかぁ。

こけしといえば、温泉である。
というのは、そもそもこけしは、東北の木地師(ろくろを使ってお椀やお盆などの木工品を作る職人)が、温泉の湯治客への土産物として作りはじめたもの。最初は子どものおもちゃだったらしく、あの形状は、赤ん坊でも握りやすいように、工夫されたとも言われている。木製だから落としても壊れないし。それが、いつの間にか、心身回復(湯治場だからね)、五穀豊穣(米どころ東北だし)、さらには子宝に恵まれる(商品戦略っぽいが)縁起物として、知られるようになったのである。

ちなみに、こけし=子消し説というものがある。ウィキペディアによると、<堕胎した子を慰霊するための品物とみる説で、1960年代に詩人・松永伍一が創作童話の作中で初めて唱えたとされる。しかし、松永以前の文献にはこの説を裏付けるような記述が見られず、松永自身も説得力ある説明はしていない。明確な出典が存在しないため民俗学的には根拠のない俗説とされる>。研究者じゃなくて、詩人、つまり創作、イマジネーションで生きている人だから、何を書いても自由なんだけど、こけしにとっては迷惑な話だな。

と、先日、Merciのシネマ・カフェでお茶した長谷川たかこさんが、「あら、私、フランス人に、こけしは水子供養のためのもの、って説明しちゃったわ」って、日本の国民的アニメの登場人物(のモデル)が、そんなこと言っちゃ、何も知らないフランス人が信じちゃうでしょうが!と怒りかける。そう、『サザエさん』の作者、長谷川町子の姪っ子、ワカメちゃんのモデルと言われている方です。まあ、『サザエさん』の仏訳は今のところ出ていないのだが。

ワカメちゃんがパリに住み続ける理由

長谷川 たかこ ベストセラーズ 2016-04-26
売り上げランキング : 109037
by ヨメレバ

<在仏30年の長谷川さんが、現代フランス事情を、結婚観、ヴァカンス、テロ問題などなど幅広いテーマを、パリに暮らす日本人の目で捉えた、力作>

話戻って、温泉である。そう、こけしを売るなら、こけしについて知らなければならない、工人さんを直接訪ねて、工房を見学し、買い付けをすることになるだろう。となれば、当然、温泉宿に泊まることになるであろう。
余生のライフワークの一環として、フランスで展示販売するためのこけしを買い付けながら、温泉を巡り、みちのくを旅する・・、なんだかとっても楽しそうだ。



シリーズ510万部突破!旅の指さし会話帳


【電話占いヴェルニ】





おすすめ情報

おすすめ情報

プロフィール

江草由香

Author:江草由香
編集者・ライター・コーディネーター。
96年に渡仏し、99年から10年間パリ発日本語情報誌『Bisouビズ』の編集長を務め、同時に日本の雑誌やWebに情報記事、コラムなどを寄稿。
2010年に日仏バイリンガルサイト『BisouJaponビズ・ジャポン』を立ち上げ、ジャパン・エキスポなどパリで行われる見本市で、日本企業や日本人クリエーターの出展をプロデュース、展示会の企画コーディネートの仕事を始める。
2018年に22年間のパリ滞在にピリオドを打ち、日本に帰国。

『BisouFranceビズ・フランス』
https://www.bisoufrance.com/

個人ブログ『湘南二宮時々パリ』
http://ninomiyaparis.blog.fc2.com/

最新記事
カテゴリ
AI翻訳
コスメ
コスメ
ワイン
ティー
航空券
レストラン予約
フランス語
アマゾン
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード