FC2ブログ

『あずき文庫』のひなまつり会

2回続けて、子どもネタですが・・。
この土曜日に、『あずき文庫』主催のひなまつり会に参加した。
『あずき文庫』はヴェルサイユに住む日本人ママたちが運営する、子どもの本の貸出しや読み聞かせなどを行う会員制サークルだ。国際児童文庫協会ICBAに所属する非営利団体で、蔵書は伊藤忠財団、ICBA、そして個人からの寄贈分などを合わせて、160冊ほど。現在は運営メンバーの自宅を使って行われている、アットホームな会だ。
読み聞かせと貸し出しは水曜日に行われており、うちの息子は、毎週水曜日に日本語幼稚園エベイユ学園に通っているので、会員になるのは見送っていたが、今回は非会員も参加できるイベント、ということで息子と二人で出かけた。

会場は馴染みのエベイユ学園(子ども関連のイベント会場としてよく利用される)で、赤ちゃんから5,6歳の子どものいる日仏、日日家族20組近くが集まった。
まずはひな人形作り。各自持参の塩おにぎりに『あずき文庫』の運営スタッフが準備した、薄焼き卵やのりやごまをのせて、お内裏様を作る。工作が好きなうちの息子も、喜んで参加する。次に、運営スタッフの一人によるパネルシアターを鑑賞。その後にみんなで手をつないでわらべ唄を歌いながらゲーム、をした!らしい。・・というのも息子は、パネルシアターの途中で席を立って、会場隅でおもちゃで遊び始め、わらべ唄の時間には別室に行き、一人であんぱんまんの本を読み始めた。ただ、息子の他に、もう一人、3歳のアウトサイダー君がいて、彼と本の取り合いになり、それがいつの間にか追いかけっこになる。隣の部屋から聞こえる楽しそうな笑い声を聞きながら、「また、いつものパターンか」とため息が出る。
最後のおやつの時間には何食わぬ顔で会場に戻り、テーブルについて、これまたスタッフの方たちが手作りされた、たくさんのお菓子類をしっかりと食べていた。
そして帰り際、「Kenくん、また来てね」と声をかけていただくと、大きな声で「いや!」と答えていた。

hinamatsuri
子どもたちの力作が勢ぞろい。みんなちゃんと、持ち帰りました

息子が赤ん坊だった頃には、この子は幼稚園に通う年頃になったら、こういう子ども向けのすてきな手作り行事に、目をきらきらさせながら参加し、他の子たちと一緒に楽しく過ごし、大人の言うことにちゃんと耳を傾けて従う“素直な子ども”になるんだろうなぁ、なんて都合よく想像していた。それが、期待を裏切られ続け、「こんなはずでは」が度重なるうちに得た教訓は『 自分の子どもに“理想の子ども像”を押し付けても仕方がない』ということだ。

去年のイースターに夫の実家に行った時のこと。義母が用意した、木製のおもちゃの汽車が小さな卵型チョコレートを満載している“豪華”プレゼントに見向きもせず、スーパーやパン屋に売っているKinder surpriseという、おまけ入りカプセルが中に入っている卵型チョコ(スーパーなら3つで2euros程度)をほしがり、夫は「この子は頭がおかしい!」とヒステリーを起こし、息子は大泣きした。「大人の価値観を押し付けるなよ!」と息子は訴えたかっただろうし、安上がりなもので満足する孝行者と言えなくもない。

親の想像通りに育つ子どもなんぞつまらん、こうやって日々驚きを与えてくれるから子育ては面白いのだ、なんてのは単なる強がりか?

あずき文庫のHPはhttp://azuki.hanaoka.name/
スポンサーサイト



発達障害児の希望の星、ダニエル・タメット氏、来仏する

先日、TF1の20時のニュースを見ていたら、『ぼくには数字が風景に見える(講談社刊)』の著者、イギリス人のダニエル・タメットが出ていた。インタビューを受け、パリの小学校を訪問している様子が映し出された。新作の仏語訳版がまもなく発売されるので、そのプロモーションに来たらしい。ちなみにこの本、彼自身が仏訳しているそうだ。
タメット氏はサヴァン症候群とアスペルガー症候群という二つの発達障害を持っていて、サヴァン症候群の特徴である、記憶力、計算力に長けていて、円周率の小数点以下2万2000桁を暗記し、また十数ヶ国語を操るという天才である。

何を隠そう(というか色々なところで書いているが)、私の6歳の息子も発達障害の疑いがある。フランスと日本で、心理士、精神分析士、小児精神科医に診てもらい、現在、フランスの療育センターにも定期的に通っているが、いまだ、はっきりした診断名が下されていない。で、実は(?)タメット氏といくばくかの共通点が見られるのだ。数字への関心は赤ん坊の頃から異常なほどで(生後6カ月で数字を見せるとケラケラ笑った)、2歳で百までの数を数え、ひらがな、かたかなを読めるようになり、3歳で一ケタの足し算・引き算をこなし、4歳ですでに掛け算九九を暗記した。

そんな話を顔見知りの在仏日本人ジャーナリストの女性にちらっとしたら、「息子さん共感覚を持っているのでは?」と言われた。そう、タメット氏のように数字や文字に色や動きが見える、という特別な感覚のことだ。『ぼくには数字が風景に見える』は読んでいたが、なぜか息子が共感覚の持ち主だとは考えもしなかった。「息子さんに、『1は何色?2は何色?』って聞いてみてください。淀みなく言うことができて、時間をおいて、また同じようにちゃんと答えたら、きっとそうですよ」
と、帰ってさっそく試してみると、息子はニヤリと笑って、すらすらと「1は金色、2は黄色・・」と9まで答え、数時間してまた尋ねると、淀みなく、同じことを答えたように思う(私がうかつにもメモを取らず、最初に言ったことをきちんと覚えていなかったので)。それで、翌日、また聞いてみると、怒って「もう、おしまい!」と言い、その後は「知らない!」で通されてしまった。

ニュース番組で、インタビューに答えるタメット氏は全く“普通”の人に見え、英語なまりがほとんどない流暢なフランス語を話していた。著書の中で、<十年前、だれかがぼくの両親に十年後に息子さんは完全に自立して、素敵な相手も仕事も見つけていますよ」と言ったら、両親は絶対に信じなかっただろう。ぼくもそんな言葉は信じられなかっただろう>と当時26歳の彼が書いている。そう、障害のせいで、小学生の頃は友達ができず、仲間外れにされていた彼は、今では、語学力をいかして外国語学習プログラムのサイトを運営し、本を書き、TVのトーク番組に出演し、私生活では、パートナーと幸せに暮らしている。「なぜ、うちの子だけが」と悩み、息子の将来を考えると時々、暗澹たる気持ちになる私にとって、そしてたぶん発達障害の子どもをもつ多くの親たちにとってタメット氏は希望の星!的存在かもしれない。

最近、寝る前の読み聞かせに息子は『ヒカルの碁』を選び、毎晩一話(と言うと、息子に「一局!」と言い直させられる)づつ読んでいる。また、子ども向け囲碁ソフト『メキメキ囲碁』に向かい、夢中になっている(今のところ、負けてばかりだけど)。そういえば、タメット氏も子どもの頃、チェスに夢中になって、すごく強かったんだよね。うちの息子も独自の能力をいかして、あわよくば、囲碁のプロ棋士になって・・なんて、都合のいいことを考える。目指せタメットくん!と期待し過ぎるのは、プレッシャーになるか?でも、「どうせこの子は」っていうマイナス思考よりは、子どもにいい影響をあたえるかも。




素朴な疑問 ~エコ洗剤のキャップに思う~

近くのビオショップには、エコ洗剤メーカー、エコドゥーの洗剤タンクが設置されている。つまり、空になった洗剤のボトルを持って行けば、そこで補充してくれる。そう、プラスチック容器を再利用できるのだ。我が家も現在、エコドゥーの食器洗い用洗剤を使っていて、その残りがわずかになり、「よし、補充に行くか」、と念のためキャップをはずそうとすると、固くてはずれない!輪ゴムをかけて回してみるも(ビンの蓋が開かないとき、こうすると手がすべらずに空く、と昔、誰から習ったんだっけ??)
貧乏性の私は、液体洗剤(シャンプーしかり)は残りが少なくなると、そこに水道水をじゃーっと入れて振って、最後の一滴まで使っているが、今まで、色々なメーカーのものを試して、キャップが固くて開かない、なんてことは一度もなかったぞ!
このボトルは何か特別なしくみになっているのかと念入りに観察するが、普通のくるくる回してはずすタイプのキャップだ。このボトルがたまたま欠陥品?と試しに、エコショップに行って、棚に並ぶ同じ製品を手に取り、さりげなく、キャップを回してみるが、やはり固くて開けられない。
「どういうことじゃ!せっかくボトル再利用できる素晴らしいシステムが出来上がっているのに、肝心のボトルのキャップが固くて開かないとは・・」とがっかりし、結局。他メーカーの洗剤を買う。

多少飛躍するかもしれないけど、どうも、エコ関連の会社のサービス、ってスムーズじゃないな、って感じることが多いんだよね。例えば、「御社の商品を雑誌(またはネット)で紹介したいので、写真を一点送ってください」、と頼むと、送って来ないところが圧倒的に多いのだ。メディアに載せれば、宣伝になる(しかも無料で)のになぜ、わずかな手間暇をおしむのじゃ~?「わたしたちは“いい”モノを作っているので、つまらん宣伝は無用」と思っておるのか?もしくは家族経営的会社が多く、そこまで手が回らないのか?それにしても、企業努力が足りないのでは?そう考えると、エコ関連製品にばか高いものが多いのも、「エコなんだから高くて当然でしょ!」って、少しでも安く消費者に提供しよう、という意識の希薄さから来てるのでは、とついつい勘繰りたくなるのは、私だけ?

洗剤

おすすめ情報

おすすめ情報

プロフィール

江草由香

Author:江草由香
編集者・ライター・コーディネーター。
96年に渡仏し、99年から10年間パリ発日本語情報誌『Bisouビズ』の編集長を務め、同時に日本の雑誌やWebに情報記事、コラムなどを寄稿。
2010年に日仏バイリンガルサイト『BisouJaponビズ・ジャポン』を立ち上げ、ジャパン・エキスポなどパリで行われる見本市で、日本企業や日本人クリエーターの出展をプロデュース、展示会の企画コーディネートの仕事を始める。
2018年に22年間のパリ滞在にピリオドを打ち、日本に帰国。

『BisouFranceビズ・フランス』
https://www.bisoufrance.com/

個人ブログ『湘南二宮時々パリ』
http://ninomiyaparis.blog.fc2.com/

最新記事
カテゴリ
AI翻訳
コスメ
コスメ
ワイン
ティー
航空券
レストラン予約
フランス語
アマゾン
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード