FC2ブログ

ハンドボールとサッカーの違い、って?

去年の9月から1年間、毎週水曜日に剣道の子ども教室に通った息子は、最後の練習日に「僕は剣道を辞める」と自ら先生に宣言。稽古途中に「疲れた」と言って座り込んだり、寝転んだり。何度注意されても、蛙みたいに両足そろえてぴょんと飛びながら竹刀をふる、ちっとも剣道らしくない“打ち”も直らず。それでも、1年間、最後までちゃんと通ったので、それだけでもよかった、と思うことに。

 そして、息子は剣道の代わりにハンドボールを始める、と言い出した。毎週水曜、子ども向け剣道教室が終わった後、今度は一般向け教室で私が稽古をするのだが、その間、同じ体育館内で行われているハンドボール・クラブの練習を息子は時々眺めていて、やってみたいと思ったらしい。

剣道の指導者である夫は息子が剣道を辞めると聞いて、さぞがっかりするに違いない。また、剣道を始める以前に、息子がサッカーをやりたいと言った時は、夫はたいへん不機嫌になった。フランスではサッカーは品のないスポーツととらえられている。悪行を重ねるフーリガンのイメージから来るのか?隣国イギリスでは労働者階級のスポーツ、なんて言われているようだが、ここ、フランスでは98年のワールドカップ優勝の頃はジダンなんて国民的英雄扱いだったし。まあ、その後の頭突きはイメージダウンにつながったけど。
ハンドボールもなぁ、と私が恐る恐る、「剣ちゃん、剣道をやめてハンドボールがやりたいんだって」と言ったら、夫は嬉しそうに、「ハンドボールか、それはいい!」??このサッカーとの反応の差は?足を使うか手を使うかの違いだと思っていたのだが?・・まあ、確かにハンドボールのフーリガンってのも聞いたことはないし。夫自身も中学生の時、学校体育でハンドボールを選択していたそうだ。コミュニケーション能力に問題のある息子にとって、チーム・プレーを学ぶことはいいことだ、と夫が珍しく、まっとうなことを言う。剣道も、何年か後に、「また、やりたい」と言い出すかもしれない。まだ7歳なのだから色々なことを試して、自分に合うものを選んだ方がいいだろう。

さっそく、コンフラン市のハンドボール・クラブをチェック。けっこう強くて、青年チームがフランスの一部リーグにいたこともあるらしい。10歳以下の子どものチームは火曜の夕方と土曜の午前に練習があることが分かり、さっそく土曜日に見学に行く。正式登録する前に3回、体験レッスンを受けてもいい、と言われ、ロンドンで買ったサッカーのチェルシーチームのユニフォームにアディダスのスポーツシューズといういでたちで、次の練習から参加させてもらう。
息子は果たして走りながらドリブルができるんだろうか?ルールを理解できるのだろうか?突然、体育館の隅に座り込んでしまうんじゃないか?と不安になりながら、練習を見学する。
最初にウォーミングアップで行った、三すくみ鬼はルールをよく理解できない様子で、仲間が迎えに来ても、逃げなかったりとはらはらさせてくれたが、パスの練習、シュートの練習は上手ではなくとも、ほとんど他の子どもたちと同じようにこなした。最後は試合もどきにも少し参加させてもらい、同じチームのメンバーからパスを受け、それを同じチームのメンバーにパスする、という動作が2回もちゃんとできたことが、私にとっては感涙ものであった。以前も書いたが、普通の子ができて当たり前のことをやっただけで、こんなに人(って親だけど)に感動してもらえるのだから、得である。

ハンドボール

二度目の体験の時は、8,9歳の子と分かれて、6,7歳の子どもだけで練習し、そこでゴールキーパーも体験させてもらい、ちゃんとシュートされたボールを足で跳ね返していた。それを見て親ばかの私は「息子は確実に成長している!」と有頂天になっていたが、コーチには「もっと人の言うことを聞きなさい」と叱られていた。3度目の体験は夫がついていき、「ほとんど他の子と同じことをやっていたぞ」と帰ってくるなり、にこにこして報告する。

 先週、療育センターの精神科医や療育士との定期面談があり、ハンドボールを始めたことを伝え、「他の子とほとんど同じことをしています」と言うと、精神科医も「おお、ほとんど同じことを?」と驚きの声をあげていた。

ボールを投げる、受け取る、のキャッチボールは他人とのコミュニケーションともいえる動作なので、これが言葉によるコミュニケーション力を身につけることにも役立つのではないか?と期待しながら、この土曜日に正式登録を済ませた。息子自身は単に「ハンドボールは楽しい!」と言っており、まあ、それが一番大切なことなのだが。
スポンサーサイト



“運”と“ツキ”の違いと、インフルエンザ予防接種考

経済恐慌に個人的な悪い年が重なって(六星占術の中殺界)、今年の私は不運続きである。例を挙げているとキリがないし、愚痴になるので、やめる。まあ、重い病気やケガをするとか、親しい人に不幸があったり、ということは今日現在までは起こっていないので、言えば、小さな不運が山ほど続く、というところか。今までは当たり前に流れていたものが、色々なところにぶつかり、引っ掛かって、驚くほど流れが悪くなる、というイメージかも。

ビズの著者のお一人である、皮膚科医の岩本麻奈先生が、ツイてない時には逆に「私はツイている」と言うとツキを呼ぶと書かれていた。これ、試したところ、去年は効果があったのだ。大きなツキが来たのではないが、何となく気持ちが前向きになって、そこから道が開けた感じ。でも、今年は「ツイている」と口にしたらすぐに「大ウソだよね」と自分でつっこみたくなるような重度のツイてなさ。
そういえば、先日、友人が何人か遊びに来た時、一人が「うちのだんなはね、簡単にツイてる、って言っちゃダメだって。小さいことでツイてる、なんて喜んでいると、大きなツキを逃すんだって」と話し、みんな、「なるほど、そういう考え方もあるのね」と妙に感心していた。
しかし、この二つのアイデアを併用すると、ツイていない時に「ツイている」と言って、ツイている時に「ツイていない」と思わなければならない。天の邪鬼である。
ちなみに、岩本先生はいいことがあった時はちゃんと「感謝します」と言うように、と書かれている。個人的には、こちらの方がいいな。特に不運続きの時にはささやかな好運に遭遇したら、「感謝します」と素直に喜んだ方が、精神的にもよさそうだ。

ところで、運とツキの違いって何だろう?広辞苑を引いたら、ツキの説明に「好運」とあった(幸運ではなく)ので、要するに同じで、運がいい=ツイてる、運が悪い=ツイていない、ということか。

新型インフルエンザ(フランスでは“Aインフルエンザ”と呼ばれている)の予防接種がフランスでも、10月半ばから受けられるが、
運がいい人は予防接種を受けなくても、インフルエンザにかからないだろう。
運の悪い人は予防接種を受けなければ、インフルエンザにかかる。予防接種を受ければ、インフルエンザは避けられる代わりにその副作用で他の重い病気にかかってしまうかもしれない。そういえば、先日亡くなった女優の大原麗子(山田太一の大傑作『獅子の時代』のおもんちゃん役が素晴らしかったなぁ)が患っていたギラン・バレー症候群は豚インフルエンザの予防接種の副作用として発症するケースがあるらしい。

さて、今年運の悪い私は、新型インフルエンザにどう対応すべきか?“積極的行動は全て空回りする年”らしいので、予防接種(任意だから、受けるのは積極的行動に入るだろう)はパス。あと、“対人関係でももめごとが多い年”なので、人に会う機会をなるべく減らす。そうすれば、インフルエンザをうつされる機会が減る。そして、年が変わるのをひたすら待ち、「2009年はインフルエンザにかからなかっただけでも、ツイていた」、と思いたいものだ。

P1030030.jpg

(文と関係ありませんが、この土曜日にパリ郊外の日本人学校で行われた、文化祭の独楽回しコーナー)

“おひとりさま”の老後をフランスで?

帰国した時に買った、上野千鶴子の『おひとりさまの老後』が、とても面白かった。上野千鶴子って、今まで新聞のコラムくらいしか読んだことがなかったのだ、何となく、フェミニズムとかジェンダーって言葉に抵抗(偏見?)があったので。でも、文章軽快、論理明快、なるほど、と思う具体例、エピソードが盛りだくさんで、実に読みやすいし、個人的にそのとおり!もっともだなぁ、と共感する部分が多かった。

まず、“おひとりさま”って言うと、未婚の若くない(って微妙な表現?)一人暮らしの女性ってイメージがあったけど(負け犬とほぼ同義語)、既婚女性であっても、統計的に見れば、夫が先になくなるケースが圧倒的に多いし、子どもがいても、やがては巣立って行くので、(ニートも増えているが)、年齢が上がるほどに、女性の“おひとりさま”率は高くなる、と1ページ目でぴしゃりと書いている。「80歳以上になると女性の83%に配偶者がいない」とあるが、これはきっと日本の話で、世界の統計をとればもっと高くなりそうだが。私も“おひとりさま”予備軍か、と考えながら読み進んだので、ますます面白く(切実に)読めたのだ。

本書は“おひとりさま”が快適な老後(および死)を迎えるためのノウハウや心得を、住居、人との付き合い、おカネ、介護などの項目に分けて、説いているが、『第2章 どこでどう暮らすか』は、私のような在仏日本人にとっては実にシビアな問題である。さすがにこの本に海外で暮らす日本人の“おひとりさま”例は載っていなかったが。
同年代のフランス在住歴の長い日本人女性が集まると、たまに、老後はフランス、日本のどちらで暮らしたいか?という話題に及ぶが、「定年後は日仏の間を行ったり来たりしたい!」なんて意見が今のところ多い。そりゃ、お金に余裕があって、元気なら、誰だってそうしたい。問題はその先、体が不自由になり、介護を受け、さらに施設に入らなければならなくなった時に、フランスと日本のどちらを選ぶか?そもそも、そうなる前に決めておかないと。やっぱり日本に帰ろう、と要介護の身体で、引越し準備をし、飛行機に乗って、新居で荷ほどき?なんて想像しただけでも寿命が縮まる。

夫がフランス人で、私より年上の友人は、「絶対、日本!フランスの老人ホームで、ステーキ&フレンチフライポテトなんか食べたくないわよ。やっぱりごはんに、納豆とお味噌汁じゃなきゃ」と言っていた。まあ、いくらフランスでも、老人ホームでステーキは出ないだろうし、ポテトもマッシュポテトの類であろう。
確かに私も、豆腐、納豆をはじめとする日本食が徒歩圏内で(杖や買い物カートを頼ってでも)買うことができて、日本のテレビが見られて、日本の映画やドラマのDVDが簡単に借りられて(老後の楽しみ!)・・、と考えればやはり、日本!と思っていたが、フランスでも豆腐はすでに自然食店に出回っているし、納豆だって、フランス人の健康志向がこのまま強まれば、普及するかもしれない。先週、サン・ラザール駅で声をかけてきたフランス人のおじさまは「日本人?私、納豆大好きです」と言っていたし・・。インターネット経由で日本のテレビも見られるようになり、DVDだって、ネット配信されるようになるだろう。
さらに、本書は、高齢者の一人暮らしには友人ネットワークが大切だ、と力説し(確かに)、「歳をとれば、移動はおっくうになり、困難になる。そこでハイテクの出番である」と、電話やインターネットの活用を奨める。まさに、メールを使えば、日本にいる友人とも時差を気にすることなく、気軽にコミュニケーションができる。これは在仏日本人“おひとりさま”の強い味方となる。

なんて、考えると、フランスの方が気候はいいし(日本の暑い夏と効きすぎのクーラーは高齢者にはつらい)、住宅事情もいい。あ、でも、治安は今のところは日本の方がいいか、それからサービス一般はフランスと比べ物にならないほど素晴らしいし・・。まぁ、今のうちから色々な可能性をさぐっておき、60代になってから決断すればいいか。今後、経済・社会状況がどう変わっていくか、分からないしね。

さて、本書で一点だけ、気になったのが「健康法などに頼るな、玄米菜食をすすめる友人もいるが、どんなことをしてもひとは死ぬときには死ぬ」というくだりだ。健康法は一日でも長く生き延びるために頼るものではなく、健やかに老いるためのもの。寝たきり状態になるのを一日でも先延ばしにしたい、長患いを避けたい、と考えてするものだろう。
大学生時代、タバコ好きの男の子が、「タバコを毎日吸うと寿命が15年縮まるなんていうけど、90歳で死ぬのも、75歳で死ぬのも一緒だよな」、などと他の愛煙仲間に言っているを横で聞きながら、90歳までぴんぴんしていてころりと亡くなるのと、肺がんで末期には苦しんで、苦しんで75歳で亡くなるのとではずいぶん違うけどなぁ、なんて感じたことを思い出した。

フランスで旬のミュージシャン、クリストフ・ウィレム

10代後半の頃は洋楽が大好きで、特に大学に入って一人暮らしを始めた頃は、朝起きるとまず、ラジカセをつけて、外から帰ってくれば、電気の次にラジカセのスイッチを入れていた私が、いつの頃からか音楽を聴かなくなった。
フランスに来てからは、ほとんど音楽に興味がなくなり、在仏13年で買ったCDなんてクラシック、ジャズ、ポップス・ロックを合わせても20枚程度だと思う。特にフランスのミュージシャンは全く興味が持てず、買ったCDの中でフランス人ミュージシャンはニノ・フェレ(イタリア人だっけ?フランス語で歌ってるけど)、ミッシェル・ポルナレフのみ。パリで行ったコンサートは、ベック、ニック・ケイブ、ジミー・ペイジ&ロバート・プラントと、外タレ(になるんだよね、非フランス人なんだから)ばかりだ。ちなみに日本にいた時に、唯一聞きに行ったフランス人ミュージシャンのコンサートはネグレス・ヴェルト。

結婚したばかりの頃、夫に「フランス語ってロックとかポップスのリズムに乗りにくい言語だよね」と言ったら、夫は憤慨して「日本語の方がもっと乗らない!」と言ったので、「あんた日本のミュージシャンなんて、知ってるの?」と聞いたら、「君のCDをこの前ちょっと聞いた。ジャックスって書いてあった」・・あれを日本のミュージシャンの代表のように思われては・・。

 さて、息子が少し前からケーブルテレビの音楽チャンネルVirgin17を夢中になって見るようになった。私が洋楽(ビートルズ)を聞き始めたのが、小学校5年生の時だから、この子は進んでる!と思ったが、考えてみれば、フランス語は息子にとって母国語なんだから、私の子ども時代の歌謡曲みたいなもの、とすれば、私が初めて天地真理のシングル・レコードを買ったのは8歳の時だから、同じくらいの年齢か。

それで、息子につられてビデオ・クリップを見ているうちに、在仏13年目にして、始めていいな、と思うフランス人ミュージシャンが現れたのだ。クリストフ・ウィレムChristophe Willem。ビデオ・クリップ“Plus que tout”の彼は、若いのに禿げが始まっているし、痩せこけて、猫背っぽいし、見栄えはちっともよくないのだが、とにかく歌がうまいのだ。Nouvelle Starというフランス番スター誕生(懐かしい)で06年に優勝し、あれよあれよと人気が出たらしい。さっそくCDを買いに行き(FNACに積んであった)、You Tubeなんてものはほとんど見なかった私が、彼のビデオを探したりと、ミーハーしている。日本でもファンサイトが立ち上がっていたり、と信奉者が少なからずいるようだ。

uxiremu
(写真 禿げ隠しに帽子をかぶることが多い?)

息子もクリストフ・ウィレム彼が好きで、けっこう難しい曲なんだけど、一生けん命口ずさんでいる。前々から息子にはピアノを習わせたかったのだが、がんとして「ピアノは嫌い、やりたくない」と言い続けていた。ところが、「クリストフ・ウィレムは7歳からピアノを習ったんだって」と言ったら、息子がピアノの前に座った。ただ、鍵盤をじっと見て、「難しい」とつぶやいて、立ち上がってしまった。残念・・。

ビデオクリップはこちら
http://video.aol.com/video-detail/christophe-willem-plus-que-tout/2340445821/?icid=VIDLRV06

おすすめ情報

おすすめ情報

プロフィール

江草由香

Author:江草由香
編集者・ライター・コーディネーター。
96年に渡仏し、99年から10年間パリ発日本語情報誌『Bisouビズ』の編集長を務め、同時に日本の雑誌やWebに情報記事、コラムなどを寄稿。
2010年に日仏バイリンガルサイト『BisouJaponビズ・ジャポン』を立ち上げ、ジャパン・エキスポなどパリで行われる見本市で、日本企業や日本人クリエーターの出展をプロデュース、展示会の企画コーディネートの仕事を始める。
2018年に22年間のパリ滞在にピリオドを打ち、日本に帰国。

『BisouFranceビズ・フランス』
https://www.bisoufrance.com/

個人ブログ『湘南二宮時々パリ』
http://ninomiyaparis.blog.fc2.com/

最新記事
カテゴリ
AI翻訳
コスメ
コスメ
ワイン
ティー
航空券
レストラン予約
フランス語
アマゾン
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード