FC2ブログ

半漁半X

 高校時代の同級生、のびたくん(『ドラえもん』ののびたに似てるからついた、あまり芸のないあだ名)が9歳の長男、ゆうくんを連れて、パリに遊びに来た。というのも、ゆうくんが、“日仏交流150周年記念 オルセー美術館コレクション特別展 こどもレシピ創作コンクール”(長いタイトルだ)でグランプリをとり、賞品が東京パリ往復航空券だったのだ。それで、今、作品写真と作文がオルセーに展示されているので、それを見に来たのだ。

のびたくんと会うのはほぼ20年ぶり。その間、一度だけ、私が今はなき『ダ・カーポ』に署名記事を書いていた時に、突然、「記事読んだ」とメールが来たことがあった。大学卒業後に大手広告代理店に入社したことは知っていたが、それ以降、彼が何をしているのか、結婚したのかどうかさえ、全く知らなかったのだ。

のびたくんがパリに来ることが決まってから、数回メールのやりとりをし、今でもその代理店に勤めていること(パレ・ド・トーキョーで行われる展示会にその会社が携わっているので、展示会開催直前の講演会+カクテルパーティの招待状を送ってくれた)、ゆうくんの他に2人の娘がいること、そして、漁師をしている(!)ことが分かった。日本時間の午前3時に書かれたメールに「出漁前のメールです」とある。

漁師?会社に勤めながら?日曜漁師か?ところが、パレ・ド・トーキョーのカクテルパーティで再会し、「おお、変わんないねぇ」なんてしらじらしく言いあって、すぐに気になっていた“漁師”の件を聞いてみると、現在、神奈川県の海辺の町に住んでいる彼は、天候の問題がなければ、毎日漁に出ているのだという。「いつ寝てるの?」と聞くと、往復の通勤電車の中、だそう。「うちの会社も、ついにタクシー券がなくなっちゃって」、とそんなバブル時代の産物みたいなもん、今の今まで残っていたんかい!と驚くが。しかし、広告代理店のプロデューサーと漁師を同時にやる、っていうのは、凡人にはマネができない。半農半Xっていうのは聞いたことがあるが、半漁半Xっていうか、漁は毎朝、会社だって、パートやフリー契約ではない、正社員なのだから、全漁全Xとでも言おうか?これは初めて聞いたよ。ちなみに、漁のギャラは魚で支払われるので、隣近所に配るとお返しに果物やお菓子などをもらったりするのだとか。物々交換経済である。
のびたくん、その他にも、雑誌に書評を寄せ、自宅庭でさとうきびを育て、ゆうくんの勉強を見て、と色々なことを、もちろんドラえもんの助けなどなく、一人でこなしている。とてもじゃないけど、怠けものの私にはマネできません。こんなすごい人であったか!高校時代には見抜けなかったなぁ、と尊敬する。
「もっと、子どもの勉強を見てやりたいから、早く会社を辞めたいんだよね~」と言ったので、じゃ、「辞めて、学習塾開けば?」と提案(?)したところ、「他人の子どもなんか見たくないよ」と明快な理由で却下される。将来は漁師をしながら、和菓子屋を開きたいのだそうだ、自宅庭でとれた砂糖を使って。なんか、あっさり、実現しそうで怖い。
碁会所

ちなみに、漁師になったきっかけは、家を建てた時に雇った庭師が、のびたくんの太腿を見て、「その足ならぜひ漁師になりなさい」と勧めたから。その人は庭師兼漁師なのだとか。
この大不況時代の乗り切り術として兼業は悪くない。いくつか仕事があれば、収入が0になる可能性は低いし、さらに、生業の一つが食糧確保につながるものであれば、飢え死にする心配もないしね。

(写真 碁に夢中のゆうくんをパリの碁会所に連れて行く。若きフランス人棋士相手に対局するゆうくん。手前は二人の対戦を見ることもせず、退屈していた我が息子)
スポンサーサイト



ビズ・ビアンエートル最新号と加藤和彦の死

この水・木曜日に配布してきました。ビズ・ビアンエートルNO.8は自然派コスメ、スキンケアの特集。今回、「表紙、いいですね」と何人もの人から言われた。表紙コンセプト(今回は写真撮影も)担当のhirorinaさんから「今回、背景をグレーにしましょう」と言われた時にはピンと来なかった。「秋っぽく茶系にしましょう」と提案したのだが、それだと去年の秋のマクロビオティック特集と似てしまう。と、いうことでグレー。暗いイメージにならないかな、と思ったのだけれど、出来上がりを見たら、美しい・・。
 内容もいつものごとく充実しているし・・、と自画自賛。しかし、不景気の影響はじわじわと押し寄せ、スポンサー探しに苦労する毎日。いいもの作っていても(と自分で思ってるだけ?)、それがビジネスとしてうまく行くとは限らないのだ。単に商才がないとも言えるけど・・。

8表紙

なんて、うじうじ考えていたら、加藤和彦自死、のニュースが。そういえば、以前、テレビのトーク・ショーで、キャシー中島が「昔、加藤和彦の追っかけをやっていた」、と話していて、あんな美人(元モデルだよね)でも、追っかけなんてやるのか、と驚いた記憶が。そのキャシー中島も、ちょうど、この夏、日本に帰国していた時に、娘をがんで亡くした、とワイドショーで報道されていたし・・。なんか、“負”の記憶ばかりが繋がるのは、自分がマイナス運気にいるからか。

加藤和彦、熱心に聞いたことはないが、その名前を聞いて思い出すことといえば・・。
中学の時、毎年6月にクラス対抗(?)で行われる学内の合唱コンクールがあって、課題曲と自由曲を歌うのだが、『あの素晴らしい愛をもう一度』(そう、混声3部合唱用に編曲されている)を自由曲に選ぶクラスが毎年、1クラスはあったような・・。私は歌ったことは一度もないが。

それから、大学の時、ロックバンドを組んでいて、サディスティック・ミカバンドの『タイム・マシンにお願い』をコピーしたことがある。サディスティック・ユカバンドなんてからかわれたっけ。

「音楽でやるべきことがなくなった」から死ぬ、なんて、ちょっとかっこいいな、加藤和彦、62歳なんて、まだ、若いのに。安井かずみが亡くなった後、意外と早く再婚したな、と思っていたら、その人とも別れていたのね。

それで、YOU Tubeって滅多に見ないんだけど、いろいろ検索してしまった。ところで、あの途中で音が止まって、○がくるくる回るのは何?アクセスしている人がたくさんいるってこと??
中に、天地真理ちゃんの『あの素晴らしい愛をもう一度』を見つける。なんか、合っているのよね。誰でも歌える歌詞じゃないし(美空ひばりじゃ合わないだろうしなぁ)、この歌唱力はさすが、音大卒のアイドル歌手です。同時に真理ちゃんの『サルビアの花』を見つけたけど、合いません!だって真理ちゃんが“ころげながら走り続けた”なんて想像できます?

最後に、加藤和彦の冥福を祈ります(ってとってつけたようですけど)。

保健室がない、フランスの学校

以前のブログで、フランスの学校には保健室がない、と書いたことがあるが、今回、保健室のない不便さを実感するささやかな事件が。

 木曜日、パリでランチを取る約束があり、今にも家を出ようとしていた時に、急に夫から電話が。息子が学校で怪我をしたというのだ。その日、夫は休暇を取って、バルコニーに貼るタイルを買うために、少し離れたところにあるショッピングセンターに出かけていたのだが、「頭からだいぶ出血したみたいだ。絆創膏と脱脂綿を持って迎えに行ってくれ」??学校に救急箱がない?息子は血を流したまま何の手当ても受けていないわけ?そもそも以前、息子が病気になった時は家に直接電話がかかってきたのに今回はなんで、夫の携帯に連絡が行ったの?と、色々な??が頭の中に浮かんだが、とりあえず「何で学校に絆創膏がないのよ?」と聞くと、夫は面倒くさそうに「Steri-Strip(キズ寄せ絆創膏)を持って行けばいい、オレはまだ買物の途中だから」と言って、電話を切る。ケガをした子どもより、タイルが大事か!と夫に腹を立てながらも、Steri-Stripと脱脂綿、ハサミ、普通の絆創膏、ティッシュを持って学校に走る。

夫は先週、車を買い替えたのだが、前の車は下取りに出し、新しい車が届くのは来週なので、私の車で買い物に出かけたのだ。ケガをした息子を歩かせてもいいものだろうか?25キロ近い息子を私が抱っこするわけにはいかないし、タクシーか救急車を呼ぶべきなのか?まったく、タイミングが悪い!とぶつぶつ独りごちながら、学校に着くと、息子は教室で机に座っており、その顔には、左目の横から口元にかけて大きなガーゼがあてがわれ、その上から昔ながらの絆創膏が十字に貼ってあった。担任が息子を連れて出てきて、絆創膏をぺろっとはがすと、眉毛の上に小さく開いた傷は思ったより小さくてほっとするが、ガーゼにはもちろん、カーディガンにも何か所か血がついている。
担任は、一言も詫びず、「休み時間に走っていて、バスケットゴールの柱にぶつかったのよ」。さらに、息子はクラスメイトと交わらず、いつも孤立していることが問題になっていたので、「でも、クラスの友達と一緒に遊んでいて、ぶつかったのよ。ケガをした後はクラスのみんなが心配して、KENの周りに集まって来て、優しい言葉をかけたの。これは、あなたにとっていいニュースでしょ!」と来た。そんなことよりケガが心配な私はSteri-Stripを取り出し、「これを持って来たのですが」。「あなたが貼ってください。私たちにはそれを使う権利はないの」。勝手な手当てをして、何かがあり、訴えられたりすると困るから教師には必要最低限の手当(でっかいガーゼを貼る)以外のことはできないらしい。「医者に見せた方がいいと思うのですが」。「診療所は、こういうケガは見てくれないわよ、クリニックか病院に連れて行かないとねぇ」。ふと、以前、息子が海岸で、足をガラスの破片で切った時に、薬屋へ行って、手当してもらったことを思い出し、「じゃ、薬屋へ連れて行きます」と言うと、「それがいいわね。今日の午後は療育センターでしょ?もう、学校には戻って来なくていいわよ」と、さっぱりしたものである。そして最後に、「連絡票を忘れずに出してね、電話番号が分からず困ったので」。どこから夫の携帯番号を見つけたのか?そんなことはあえて聞かずに、さっさとさよならを言って、学校を出る。

 「大丈夫?」と尋ねると「ちょっと痛い」と答える息子と手をつなぎ、ゆっくり歩きながら、近くの薬屋へ向かう。
 幸いなことに、親切な薬剤師の女性がいて、まずは、驚いた様子で「どうして、学校は救急車を呼ばなかったの?」。ところが、ガーゼを取り除き、傷口を確認して、「ああ、小さな傷ね。でもここは傷口がそれほど深くなくても血がたくさん出るのよ。」と言い、消毒液をつけ(学校ではそれもつけてくれなかった)、持参のSteri-Stripをていねいに貼ってくれて、その上に縦横1.5センチくらいにコンパクトに畳んだガーゼをあて、網目タイプの絆創膏で止めてくれる。腫れを防ぐため、とホメオパチーの薬を勧められ、結局、お金を払ったのはその薬代だけであった。

 「優しい薬剤師さんがいて、よかったね」と帰り道に息子に言うも、しかし、学校に保健室があれば、すぐに手当てできるような傷である。フランスの学校では、子どもの具合が悪くなったり、ケガをしたりすると、「引き取りに来てください」と親に連絡が来る。そして親かその代理が迎えに来るまで、子どもは教室で待たされるようだ。一度、息子が学校で熱を出した、と連絡が来たことがあり、たまたま私が家にいたので10分後に迎えに行くことができた。しかし、両親とも学校から離れた職場に勤めていたり、迎えに来られる人が近くにいない場合は、どうするのだろう?子どもは教室でずっと待たされるのだろうか?
保健室があれば、横になって待っていることもできるし、小さなケガの手当だってできるだろうに。また、心の悩みを打ち明けられる保健の先生がいたりすれば、とてもありがたい。フランスでは子どもに問題行動があると、すぐに「心理士のところに連れて行きなさい!」と言われるが、その前のワンクッションに、保健室があればいいと思うのだが。

保健室

(夏休みの写真。別にこの麦俵にぶつかってケガをしたわけでは、ありません)

ユニクロ・パリ、オープンで行列

 ユニクロが今月1日、パリのオペラ地区にオープンした。それもオペラ・ガルニエの建物の隣、という一等地である。その前日に、ユニクロに勤める友人からオープン・セールの案内メールが届いた。1日の午前中は、ちょうどビズの校正会議を、その近くのカフェで開いたので、集まったメンバーに「今日の12時、オープンだって。記念セールでGパンが9.99eurosだって」と宣伝。会議の後、私を含めて有志3人がユニクロに向かう。買い物するつもりはないけど、話の種に見ておこう、とやじうま気分であった。

ユニクロは空港行きリムジンバス停の前、と聞いていたので、そちらの方を目指して歩くと、行列らしきものが見えてきた。「バスを待ってる人じゃないの?」なんて、近付いて行くと、UNIQLOとプリントしたTシャツを着たフランス人のお兄さんたちが、人々を整列させている!
すでに店はオープンしていたが、まだ、少なくとも300人くらいは並んでいるのを見て(後で、ヤフー・ニュースを見たら、開店前に800人が行列、と書いてあった)、「また今度、来よう」、と有志3人とも、セールへの突入をさっさと諦めて、解散する。

ユニクロオープン

その後、オペラ駅で地下鉄に乗ったのだが、構内にはユニクロのオープン告知のでかいポスターが何枚も貼ってあった。そういえば、先日、シャンゼリゼ大通りで見かけたパリ市内観光バスの車体広告にも、ユニクロのロゴが踊っていたし。宣伝にずいぶん、お金をかけたみたい。

さて、フランス人はカリテ・プリ(英語にすると クオリティ・プライス)にこだわる。つまり、値段がその商品やサービスの価値に合っているかどうかを厳しく、それこそ値踏みするのだ。(まあ、その価値基準は人それぞれだったりするんだけど)。服に関しても、フランス人はTシャツ一枚買うにも試着するわ、袖を引っ張っるわ(丈夫かどうかチェックしているらしい)とシビアである。
ユニクロ製品は品質がよく安価だし、デフレも追い風になって、フランスでは受けるだろう。ただ、店に入らなかったので、商品の値段が確認できなかったのだが、日本のユニクロよりは価格設定が高め、と聞いた。まあ、中国からの輸送費とフランスの高い消費税を考えれば、日本と同じ値段はちと、無理か。とりあえずはH&Mより値段を抑えることができれば、まずは新しいものに抵抗感なく飛び付く若者に受け入れられ、その後、コンサバなフランス人マダムたちにじわじわと人気が出てくるのではないか?


おすすめ情報

おすすめ情報

プロフィール

江草由香

Author:江草由香
編集者・ライター・コーディネーター。
96年に渡仏し、99年から10年間パリ発日本語情報誌『Bisouビズ』の編集長を務め、同時に日本の雑誌やWebに情報記事、コラムなどを寄稿。
2010年に日仏バイリンガルサイト『BisouJaponビズ・ジャポン』を立ち上げ、ジャパン・エキスポなどパリで行われる見本市で、日本企業や日本人クリエーターの出展をプロデュース、展示会の企画コーディネートの仕事を始める。
2018年に22年間のパリ滞在にピリオドを打ち、日本に帰国。

『BisouFranceビズ・フランス』
https://www.bisoufrance.com/

個人ブログ『湘南二宮時々パリ』
http://ninomiyaparis.blog.fc2.com/

最新記事
カテゴリ
AI翻訳
コスメ
コスメ
ワイン
ティー
航空券
レストラン予約
フランス語
アマゾン
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード