FC2ブログ

息子がチェスに興味をもって

息子へのクリスマスのプレゼントの一つに“200 jeux pour tous”(みんなのための200種のゲーム)という、トランプ、チェッカー、ドミノ、すごろくもどきなどなど、たくさんのゲーム(どう数えても200はないけど)の詰め合わせとでもいうべきものがあった。ゲーム盤は紙、駒はプラスチックのチープな子ども向けのものだが、その中に、チェスがあって、息子が興味をもった。
以前、息子は囲碁に関心をもったことがあり、寝る前に『ヒカルの碁』の読み聞かせをし、(息子は3巻目で飽きてしまったが)、ゲームソフトで実際に打たせてもみた。しかし、私は囲碁教室に通ったにもかかわらず、囲碁はさっぱり理解できず、息子にもうまく説明できず、ですぐにやめてしまったのだ。
チェスなら私でも教えられるし(囲碁よりまし、って程度だけど)、そういえば、私の愛読書、『ぼくには数字が風景に見える』で、著者のダニエル・タメットもチェスをやった時期があったな、と、息子にチェスを教えることにした。

発達障害の息子は、視覚の記憶力がいいせいか、駒の名前、並べ方などは一度で覚えたが、その後が問題だ。キングを取ることがゲームの目的、と言っても取った駒の数ばかり気にする。また、「これは、駒の動かし方を教えるための練習で、勝ち負けは関係ないから」と言っても、負けると泣いて怒る。昨晩はわざと負けてやろうと思いつつ、詰め方を説明していたら、流れで私が息子のキングを取ってしまい、「これでママの勝ち」と言ったとたん、息子は「もうチェスなんかしない!」と泣き出し、夫が「何があったんだ」と飛んでくる始末。こういう時にはいつも、これが障害のせいなのか、普通の7歳の子でも起こりうる反応なのか、その判断に悩む。

最初に子どもを預けた、日本人幼稚園の園長先生は、ブロックがうまく組み立てられず、寝転がって暴れた息子を見て、「悔しい、と思う気持ちがものごとの上達につながるから、いいんですよ」と仰っていた。確かに、私は何につけてもさっさと諦めてしまう、負けず嫌いとは程遠い性格なので、それで何をやってもモノにならずにここまで来たのかしら?とふと自分の過去を振り返る。
考えてみると子どもの頃、運動神経が抜群の友達や絵の上手な友達を見て、これは努力などでは追いつけない、持って生れた資質の違いだ、ということを早々に見抜いて、無駄な努力をしなくなったという可能性もある。・・人はそれを怠けものとよぶが。
でも、若い頃には自分の資質なんか問う暇もなく、ただ、無我夢中になってのめりこんだものもあったっけ。高校時代の馬術とか、大学に入ってドラム叩いてバンドを組んだ時とか。結局、両方ともたいしてモノにならず、青春の良き思い出(苦い思い出か)で終わってしまったが、しかし、それを通じて友達もできたし、ドラムをやっていたおかげで、最近始めた和太鼓は楽しめるくらいにはたたけるし。今まで人生でやって来たことの全てが無駄にも思えるし、逆に無駄なことは一つもなかったような気にもなる。・・、って息子のヒステリーのせいで、思わず、自分の性格や人生を見つめなおしてしまうのであった。

明日から雪山に行くので(フランスに住んで初めて!)、チェスの駒と盤はこっそり持って行き、息子の様子を見て、「チェスやろうよ」と誘い、今度こそ負けてやらなければ。

チェス
(写真 小学生の頃に買ってもらった携帯用チェス。悲しいことに白のポーンが一つ欠けている、いつなくしたのやら)
スポンサーサイト



郊外暮らしと車

車が故障した。アクセルを踏んでもゆるゆるとしか加速しない。インターネットで調べると、これはクラッチ(フランスは今でもマニュアル車が主流です、念のため)が滑るという状態で、クラッチの消耗から起こるらしい。前回の定期点検で、そろそろクラッチを変えた方がいい、と言われていたのだ。どうも、エンストが怖くて、なかなかクラッチから足を離せず、たまたま夫を横に乗せて運転していた時に注意されたのであった、「女性に多いんだよね、クラッチの踏み過ぎ」なんてコメントつきで。
 ちなみに私はPOLOに乗っているが、定期点検はわざわざブーローニュにあるフォルクスワーゲンの修理工場まで持って行っていた。なぜなら、そこは地下鉄から歩けるところにあるので、預けた後、移動するのに車が必要ないのだ。今回、非常事態なので、(ネットにそのまま乗り続けると完全に車が動かなくなる、とあった)、県内にあるフォルクスワーゲンの修理工場をネットで検索し、電話すると、なんと1ヶ月待ち!そんなばかな!と念のため予約を取りながら、隣の県にあるが、我が家から遠くない修理工場に電話すると、1週間後と言われてほっとする。
 
 修理工場までは、夫の車の後を、いつ動かなくなるのでは、とびくびくしながら着いて行った。というのも、そこは車の中古車センターや修理工場ばかりが並ぶ、鉄道駅から離れた場所なので、帰りは夫の車で連れ帰ってもらわなければならない。レンタル車もあるが、有料だ。メカ音痴の夫は「加速ができない、ってそりゃエンジンの問題だろ、エンジン変えると高いぞ!」と言っていたが、案の定、クラッチの故障であった。見積もりを出してもらって「ひえ~、それでも高い」と思ったが、実はこの車が使えない間に、郊外暮らしは車がないと、えらく不便であることを実感させられていたので、「よろしく、修理をお願いします」と返事をせざるを得なかった。

 郊外といっても、我が家から鉄道駅までは歩いて7分、平日なら10分間隔でパリ行きの電車が出ている。私がパリまで車で行くのは帰りが夜遅くなる時、もしくは重い荷物を運ぶ必要がある時だけで、そんなことは滅多にない。夫は基本的に電車通勤の上、去年から、上司に交渉して、週に2日は自宅勤務をしている、というのもコンピュータ技術士なので、パソコンで済ませられる仕事がけっこう多いのだ。

にもかかわらずなぜ、あまり裕福ではない我が家に2台も車があるのか?
夫は水曜日に仕事の後、パリで剣道をする。満員電車に防具と竹刀を持って乗るのは難しく、電車の本数の少なくなる夜は、稽古場からうちまでへたすると2時間かかる。夜の郊外電車内では暴力事件もたまに起こるし。一方、私は水曜日、子どもをブーローニュの日本語補習校まで車で送り迎えし、夜はうちから車で20分ほどの剣道クラブに子どもを連れて(家に一人では置いておけないので)自分の稽古のために出かける。この剣道クラブはたった2駅先だが、駅から遠くドア・ツー・ドアーで1時間はかかる。夜、重い防具をかつぎ、子どもの手を引いて、出かけるのはかなりの根性がいる。
息子自身は火曜と土曜に市内のハンドボールクラブに通っているが、練習場までは徒歩で30分はかかり、バスは乗り継ぎが悪く、下手すればもっと時間がかかるので、車で送り迎えだ。
今回、夫に火曜日のハンドボールの送り迎えに車を貸して、と言ったら、「ダメだ!キミがオレの車まで壊したら、我が家には車がなくなってしまう」と冷たい返事が。腹が立ったが、まあ、私は年末に接触事故も起こしたし、夫は車を買い換えたばかりだし・・。

自分の車が使えなかった12日間、歯医者の予約をキャンセルし、子どもはハンドボールを休み、ブーローニュまで電車と地下鉄を2回乗り継ぎ、重いランドセルにお弁当を持って出かけ、自分は剣道クラブに行けず。また、食料の買出しもできず(一番近いスーパーも歩けば20分以上かかる)、いかに車に頼った生活をしていたかを痛感する。

毎日運転するわけじゃないので、ガソリン代はそれほどかからないけど、保険料、定期点検代、今回のような故障、と車を持つってことは、けっこうな出費になる。車一台で生活できるよう、ライフスタイルを変えるべきかも。そして、夫が私に快く車を貸してくれるような寛大な人間になるように性格を改善する方法はないだろうか?

でじたる書房で本を出版

フランスで不妊治療と出産、をテーマにした芝山由美のエッセイ『べべ(bebe)ちゃん教育』が、でじたる書房から出版された。パリ発日本語フリーペーパー『ビズ・ファミーユ』に5年間にわたって連載されたエッセイをまとめたものだ。
なんて、何を隠そう(隠していないが)、芝山由美は私のペンネームである。

『べべ(bebe)ちゃん教育』の前作、つまり芝山由美の第一作『夢は待ってくれる~女32才厄年 フランスに渡る~』は、初代『ビズ』に3年間にわたって連載したものだ。OLが30才過ぎて、会社を辞めパリに留学という、自分の体験をまとめたエッセイで、けっこう評判がよかった(と思い込んでいた)。それで、何とか本にしたい、と20社くらいの日本の出版社に原稿を送ったが、感想まで書かれたきちんとした返事をくれたのは一社だけ。お断りの短い返事をくれたのがもう一社あって、他はなしのつぶてであった。
まあ、出版不況と言われる時代で、必ず売れる有名作家の本、タレント本、実用書以外は本が出しにくい状況であった。自費出版社に問い合わせたら、とんでもない見積もりが来たし・・。それで、苦肉の策として、完全自費出版、つまり、友達のデザイナーに超格安料金で版下を作ってもらい、フランスの印刷所で1000冊ほど印刷し、それを自分で売ったのだ。パリの日本書店で委託販売し、小切手を送って来た人に郵送し、後は友人、知人に押し売り・・。自費出版書紹介サイトに登録したところ、日本の小さな出版社が日本での販売を担当しましょう、とISBNコードをとってくれ、がんばってPRしてくれたおかげで、なんと、新宿紀伊国屋が留学フェアをした際に平積みされたのだという(自分の目で確かめていないが)。これ、2002年の話であるが、いまだにこの本、忘れた頃に注文があり、パリのジュンク堂にも置かれている。

さて、出版大不況の現在、無名日本人が(元局アナとか女優なら話は別)パリで不妊治療+出産、なんてマイナーなテーマの本を出してくれる日本の出版社など、あるわけがない。
前作は、制作費の元は取れたものの、いまだに在庫も残っている。二作目の単行本化は諦めていたところ、たまたまフランスに住む画家兼ライターの友人が、でじたる書房の存在を教えてくれた。名前から想像できるとおり、ペーパーレスの本を取り扱うヴァーチャル書房である。著者はデータ化した作品を預け、読者はお金を払って、本をダウンロードする。印刷・製本し、ストックして、取次に送る、という本来の出版社の機能=出版コストを省かれる分、著者の印税は50%!(普通の単行本は10%が相場)と高い。

私のような旧世代の人間は、本はやっぱり紙をめくりながら読みたい、なんて思ったりもするが、しかし、書き手にとっては自分の作品が人の目に触れるチャンスが増えるし、ブログと違って、読者はお金を払ってくれる、つまり、自分の作品がお金を出してでも読む価値のあるもと見なされた、と感じられるのは、やはり、うれしい(売れたら、の話だけど)。

『べべ(bebe)ちゃん教育』は、販売開始をした日に1冊すぐに売れた。わ~い!と飛び上がって喜んだ後に、宣伝もしていないのに変だぞ、これって実は、でじたる書房さんからのご祝儀?なんて、疑り深い私は思ってしまった。・・、い、いかん、もっと素直に喜ばねば・・。

bebe.jpg
『ベベ(bebe)ちゃん教育』 
32歳でパリに留学し、そこで知り合ったフランス人男性と結婚した由美は、30代半ばを過ぎてもなかなか子宝に恵まれない。産婦人科の門を叩き、奇跡を呼ぶマリー橋の下でお祈りをし、体調を整えるために水泳をはじめ、日本に一時帰国し、漢方薬局を訪ねたり・・、異国で不妊治療をし、妊娠、出産にいたるまでの波乱万丈の日々を、ユーモアをまじえた率直な文体で描く痛快作。(税込価格 525円)

『ベベ(bebe)ちゃん教育 【でじブック形式】』
http://www.digbook.jp/product_info.php/products_id/11814

『ベベ(bebe)ちゃん教育 【PDF形式】』
http://www.digbook.jp/product_info.php/products_id/11815

フランス人のティーンでいっぱい、のパリManga市

土曜日に7歳の息子を連れて、パリのポルト・シャンペレ見本市会場で開かれた“Paris・Manga&Sci-Fi show”に行って来た。取材とマーケティングを兼ねているので、人の少ない午前中に一人でさっと行こうと思っていたが、WEBで下調べをしていたら、息子がそれを見て「NARUTOの人形がほしい」、と言いだす。“8歳以下入場無料”とあったので(入場料は大人子ども関係なく一人9euros)、連れていくことにする。

manga列
(この列!)

息子は土曜の午前中はハンドボール教室なので、昼ご飯を食べて出かけたら、会場に着いたのは14時半近くで、驚くような列ができている。この会場、他の見本市を訪れたことが2度あるが、こんな列は見たことがない。土曜なので、親子連れも多いが、ほとんどがティーンだ。ちなみに日本人らしき人は一人も見なかった。幸い、あまり寒くなく、曇っていたが、雨も降らない中、1時間近く並んで、それほど広くない会場に入ると案の状、イモ洗い状態であった。

さて、この“Paris・Manga&Sci-Fi ショー”はジャパンエクスポの簡易版とでも言おうか(って主催者は怒るか?)、コミケ会場に、マージャン、囲碁、折り紙、空手実演などのコーナー+Sci-Fi(スター・ウォーズのコーナーがあったりする)といった具合の日本のマンガ文化を中心としたごった煮見本市というところ。出展スタンドは同人誌の他に、コスプレ衣装、フィギュア、トトロやピカチュウのぬいぐるみ、刀、コミック類、それに正規輸入したとは思えない日本のお菓子などなど。

manga場内
(アニメのDVDも売っている)

さて、我が息子であるが、発達障害児は人込みが苦手、と言われるが、案外けろっとして、「大きなお祭りだね」。フィギュアや日本のお菓子類など興味あるものがたくさん並んでいるので、人など目に入らないのかもしれない。この大群衆の中、迷子になられたらたいへん、と左手で息子の手をしっかり持ち、右手でカメラをもってスタンドやコスプレ・コンテストの様子、そして、ゴスロリやアニメ主人公のコスプレ姿のフランス人ティーンたちをパチパチととらえる。みんなカメラを向けると笑ってポーズをとってくれるのだ。子ども連れだから警戒されないのかしら、と思ったが、あやしげなフランス人ムッシューの向けるカメラにもちゃんとポーズをとっている。そう、張り切ったコスプレ姿、注目してほしいのだな、みんな。

mangateens.jpg
(ポーズをとってくれたティーンたち)

息子が怪しげな店で森永ハイチュウを買いたい、と言いだしたので、「この前、食べ過ぎて吐いたじゃない」と止める。すると、「じゃ、チョコボール」と手を出したので、見ると息子のきらいなホワイト・チョコなので、「白いチョコは嫌いでしょ」とこれもダメ出しをすると、思い切り不機嫌になってしまう。ここでパニックを起こしでもしたらたいへん、と思っていたら、ダンスダンスレボリューションコーナーにさしかかり、画面に目が釘付け。「踊ってみたら?」と勧めるも「見るだけ」と、それでも楽しそうに床でステップを踏んでいた。楽しそうなので、「誕生日にパパにねだれば?」と勧めてみる、私もやれるし。

最後にフィギュアの店に寄り、息子が選んだのはなんと、懐かしのドクタースランプのフィギュアセット。フランスで放映されているのは見たことないし、日本のビデオやDVDで、息子に見せた記憶もない。なんで?と思っていたら、中にタイムくんという時計のかたちをした登場人物のフィギュアが入っていたから。息子は数字フェチなので。

帰りに近くのマクドナルドに寄ったら、Manga市帰りのティーンたちがたくさん。コスプレの小道具で持っていた槍を入口で没収されている子もいた。彼らの親は「何が楽しくてこんな変な格好をするのか」と嘆いているかもしれない。しかし、友達ができず、孤立している息子を見ると、ティーンになった時、コスプレ・チームでも、JAPANおたく仲間でもいいから、一緒に楽しむ友達ができていたらいいな、と、隣のテーブルで7月に行われるJAPANEXPOの話で盛り上がっているフランス人ティーンたちに囲まれて、息子とチョコレート・サンデーを食べながら、思ったのであった。

泣きっ面に蜂、風邪+メールのトラブル

去年の冬は風邪らしい風邪をひかなかったのに、先週末に突然ひいた風邪は長引いている。剣道の稽古を3回ほど続けて休んだツケだ、と反省している。そう、剣道を週2回定期的に稽古するようになってから、冷え性がなおり、風邪も引かない、健康体になっていた。そういえば、同じ時期に運動不足のせいか、4~5日ほどよく眠れない日が続いたし、いつもは枕に頭が付く前に寝入っている私が・・。

さらに、ここに来て、bisouのメールにトラブルが発生。フランスのプロバイダを使っているのだが、ここ2日ほどメールが少ないな、と思って、プロバイダのサイトで確認してみると、ほとんどのメールにSPAMがついて、サイトの迷惑メールボックスに入ってしまい、Outlookに落ちて来ない。さらにはこちらから送ったメールも数通、送り先に届いていないことが判明。知り合いに訳を話して、添付あり、添付なし、件名をフランス語のみ、日本語入りなど色々と試しに送ってみる。ちなみに以前bisouが使っていた別のフランスのプロバイダのメルアドも生きているので、そちらでも同じように実験。
結果、件名に日本語が入っていると、SPAM扱いになったり、届かないことが分かる。届かないうえに、戻っても来ない、これって、とても厄介だ。以前のbisouのアドレスには件名が日本語のものもちゃんと届く。フランスのプロバイダ同士だから??しかし、ある知人には件名が日本語のものが届かない、他の私と同じプロバイダを使っている人には件名日本語でも届く・・。うー、何が何だか・・。
メール送った後に、電話で「届きましたか?」なんて、これじゃメールを使う意味がない。
『開封確認』機能を使う、って手もあるけど、なんか、あれ、感じ悪い気がするんだよね。
他のプロバイダのアドレスにちゃんと届くかをもっと詳しく確認しよう、と最近人気のGメールに登録することに。日本語googleのサイトで登録したのに、居住地フランス、と出てきて(かしこい)なぜか最後の利用規約はフランス語になっていた。すぐに登録できたが、何となく、画面の動きが鈍い気がするんだけど・・。

一応、フランスのプロバイダのテクニカル・サービスに電話をすると、なかなかつながらない。5分くらい待たされて、状況を説明。「自分で、自分のアドレスに試しにメールを送ってください」。え?そんなことできるの?「こちらからテスト送信します、届きましたか?」両方とも問題なく届く。Outlookを閉じてみて、サイト上のメールボックスに届くかどうかも試すが、全て問題なく届く。一応「知人に送ってみたら、日本語で件名を書いたものが届かないのですが」と言うと、「その場合、少し遅れて届くかもしれませんね」
そんなことありか?
 
 新しいGメールのアドレスには、bisouのアドレスからのメールは、件名を日本語にすると届かず、アルファベットにすると届く。ところが、同じプロバイダの個人で使っているアドレスだと件名を日本語にしても届く。
 一体、どういうことじゃ~!
 
 風邪が長引き、頭がぼーっとしている。その上、こういう頭の痛い問題が起こって・・。
 
もうすぐ中殺界があける・・、そうだ、これは中殺界の災い力の最後のあがきなのだ、と思いたい。

おすすめ情報

おすすめ情報

プロフィール

江草由香

Author:江草由香
編集者・ライター・コーディネーター。
96年に渡仏し、99年から10年間パリ発日本語情報誌『Bisouビズ』の編集長を務め、同時に日本の雑誌やWebに情報記事、コラムなどを寄稿。
2010年に日仏バイリンガルサイト『BisouJaponビズ・ジャポン』を立ち上げ、ジャパン・エキスポなどパリで行われる見本市で、日本企業や日本人クリエーターの出展をプロデュース、展示会の企画コーディネートの仕事を始める。
2018年に22年間のパリ滞在にピリオドを打ち、日本に帰国。

『BisouFranceビズ・フランス』
https://www.bisoufrance.com/

個人ブログ『湘南二宮時々パリ』
http://ninomiyaparis.blog.fc2.com/

最新記事
カテゴリ
AI翻訳
コスメ
コスメ
ワイン
ティー
航空券
レストラン予約
フランス語
アマゾン
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード