FC2ブログ

アイスランド火山の影響

 フランスは今、復活祭のヴァカンス・シーズンで、パリ近郊の学校は17日から2週間の休みである。ところが、その少し前からフランスの国鉄が部分スト、そして、まさしく降って湧いたアイスランドの火山爆発の影響で空の交通も麻痺・・。空港閉鎖が始まった先々週木曜日のTVニュースでは、空港で「旅行会社からは何の連絡もなくて、ここまで着たら飛行機がないのよ!もうヴァカンスが台無し!」と怒るフランス人マダムや「ニュースを見ていなかったから火山の噴火なんて知らなかった」と、ためいきをつくムッシューなどの様子が。

 私の通う剣道クラブの講師の一人、サヴィネル先生も火山爆発のちょうど翌日から日本に旅行する予定であった。今年62歳、日本に行くのは初めてで、去年の秋から日本語を習い始め、この旅行のために日本語の名刺まで用意し、出発予定の数日前に「日本人宅に訪問する時、お土産は最初に渡した方がいい?それとも帰り際がいいかな?」と尋ねて来たので、「最初がいいですよ、それで相手の態度も変わるかも(笑)。お土産に何を用意したんですか?」と私が聞くと、「バカラのグラスだよ」。サヴィネル先生はバカラやクリストフルのグラスのデザインを手がけるプロダクト・デザイナーなのである。そんな素晴らしいお土産なら(エッフェル塔のキーホルダーなどと違って)、もらった人の態度も豹変(いい方向に)するかもしれない。
 ところが、というか案の定、出発予定の翌日の稽古にサヴィネル先生がやって来て、私の顔を見るなり、手で×じるしの合図を。仕方なく、「日本に行く前に日本語をブラッシュアップする時間が増えたじゃないですか」と、慰めの言葉をかけてあげる。

 しかし、旅行に出発できなかった人よりも深刻なのは、他国から自分の国に戻れなくなった人々である。まだ、フランス南部の空港が閉鎖していなかった時期になんとか、そこにたどり着いたものの、電車は満席(ストとヴァカンスシーズンのせいで)、パリまでタクシーで帰って来た人、とか北欧から電車とバスを乗り継ぎ40時間かけて戻ってきた来た人などなどの例がニュースで報道されていた。
 ただ、陸続きならまだ、時間とお金はかかっても、戻ってくる手段はある。3歳の子どもを預けて、1週間のニューヨーク滞在を楽しんだ後にフランスに戻れず途方にくれている若夫婦の例とか、ツアーでインドに行き、帰れなくなったフランス人一行などの例も取り上げられていた。・・・インドならまだ、滞在費が安いだろうが、日本をはじめ(義理母が日本にも5千人のフランス人旅行者が足止めをくってるのよ、とわざわざ知らせてくれた)、物価の高い国にとどまらざるを得ない人は、いつ戻れるか分からないまま、不安の中で過ごしたに違いない。
 こうなると、旅行先、時期をいつ、どこに決めたか、が運命の分かれ道である。まあ、人生なんてそんなものだけど。

 ところで、災難というものは、被害を受ける人がいる一方で、得をする人がいるのも確かで、例えば、ニュースでインタビューを受けていた英仏海峡を結ぶフェリー会社の社長は、ほくほく顔(を隠そうとはしていたが)だったし(ユーロ・スターもストで運行本数が減っていたので)、タクシーもいつにない長距離客で繁盛しただろう。
それから、この火山騒動の間、フランスは全国的にいい天気が続いていたのだが、シャルル・ドゴール空港近くの、飛行機の騒音がひどい地域の住民たちが庭にテーブルを持ち出して、「こんな静かな日々はここに住んでから始めて」(そりゃ、そうだろうな)、なんてのんびりおしゃべりしながら、食事を楽しんでいる様子なんかも報道されていた。実は私の住むコンフランもシャルル・ドゴール空港から発着する飛行機の通り道らしく、普段ははるか上空を飛んでいるので、あまり気にならないが、週末、特に土曜の朝は特別便が多いのか、けっこう高度の低いところ(調べたわけじゃないけど、音から判断して)を飛んでいて騒音が気になっていたが、確かに、それがなく、全く静かであった。
 
 最後に、こういう災難からは、学ぶことが少なからずあるのだが、今の時代、他国からの輸入、特に空輸に頼っているものもたくさんある、というものがよく分かった。私が今回、初めて知ったのはフランスで販売されている花の多くがケニアからの空輸に頼っているという事実。これって、経営努力および技術改良で、フランス国内で安く栽培できるようになれば、飛行機が飛ばなくなった時のリスク回避と雇用創出と温暖化防止にささやかながら、役立つのでは?あと、何か商品そのものに付加価値があるといいが、花はオーガニックにしてもあまりメリットがないし、・・それとも食用オーガニック・バラなんてどうかな?

ノルマンディの桜
(写真 我が家は国鉄も飛行機も関係なく、車で、ノルマンディの友人宅へ行き、庭の桜を見ながら、ランチ。その後、ブルターニュの義父母宅へ)



スポンサーサイト



インターネットが使えないストレス

 この水曜日、家に戻り、いつものようにパソコンをつけて、メールチェックをしようとしたら、“送信エラー”の表示。エクスプローラにも接続できない。今まで何度もあった、インターネットのプロバイダのトラブルか、と思ったが、電話をかけようとしたところ、発信音がしない。慌てて、フランス・テレコムのカスタマーサービスに電話すると、全て自動音声で、「トラブルの内容を説明してください、例えば、発信音がしない、など」と例に挙げられるほど頻繁に起こるトラブルなのか、と思いつつ、私の下手な発音を機械が認識できるだろうか?と思いながら、大きい声で「発信音がしない!」と言うと、自動音声が「二日後の11時~13時の間に技術者が伺います。その時留守にしていたら、出張費を払ってもらいます。同意しますか?」。すぐにでも来てもらいたいところだが、仕方ない、OKして電話を切る。
 夫に電話をすると、「1週間前にも同じようなことがあって、その時は3時間くらい後に元に戻ったけど」。あ、そういえば、そんなことを言ってたな、と思いながら、その夜は剣道の稽古に行き、家に戻るとすぐに受話器を取ってみるが、相変わらず、発信音はなし。
 
 携帯電話があるので、固定電話が使えないこと自体は、たいして不便ではないが、問題はインターネットに接続できないこと。メールチェックは全てパソコンで行っているので(フランスはあまり、携帯メールが普及していない)、メールは読めないし、調べ物はできないし、復旧までに何日もかかったら、どうしよう(フランスのことだから、可能性ありだ!)と思うと、不安で、翌朝、木曜日は早く目が覚める。ひょっとしたら直っているかも、と期待を抱きながら、ベッドから出て、受話器を耳に当ててみるも、無音である。

 夫は毎週木・金はテレワーク、つまり会社に行かず、家でパソコンを使って仕事をしている。メールのやりとりも当然、必要なので、インターネットがつながらないと仕事に差し障りがある。にもかかわらず、「仕方ないから、今日は会社に行こう」と考えないのは、さすがフランス人で、「仕事にならない」とぶつぶつ文句を言って、冬のヴァカンスで撮影したビデオの編集などをのんびり始めた。私も、急ぎで送らなければならない原稿もなく、逆にパリで3件ほど約束が入っており、一日中、外出。家にいても、どうせ、インターネットが使えず、電話が復旧していないかを何度も確かめながら、いらいらするだけだろうだから、これ幸い、であった。
 
 金曜日は朝から「早く技術者が来ないかな」、とやきもきしながら、懲りずに、受話器を何度もあげてみるが、変化なし。もし今日、直らなかったら、明日にはネットカフェに行って、メールチェックしないと、なんて心配していると、突然、電話が鳴った!フランス・テレコムの技術者からで、「問題があるのはインターネットですか?」、「この電話ですけど」、「じゃ、もう解決したんですね」。え?何もしないうちに急に、直ったの?しかし、突然、直ったということはまた、突然、通じなくなる可能性もある。「1週間ほど前も同じことがあって、その時は3時間くらいで自然に復旧したんですけど、また、こういうことがあると困ります」とストレートに言うと(というか、フランス語だとストレートにしか話せない)、「じゃ、これから伺います」。

フランステレコム

やって来た技術者は、電柱に登り、何やらチェックし、今度は室内の電話機をつないであるモジュラーを2か所チェックし、最後に、インターネットのモデムを調べ、「このモデムが古くなっていますね」。え?モデムのせいで、電話まで繋がらなくなるの?これもストレートに質問すると、「でも、色々調べて、問題があるのはモデムだけですから。今はちゃんと作動していますが、100%完璧な状態じゃないから、機会があれば、これ、取り替えてください」。
なんか、腑に落ちない。同じように突然、電話が通じなくなった友人は、電話線が切れていることが発覚し、それを修理して解決したという。でも、今回の場合は、原因が不確定のままだ。納得はいかないが、取りあえず、電話はつながり、インターネットも使えるようになったし、修理代・出張料も一切かからなかったので、書類にサインして、一件落着・・?

フランスでは、公共機関や公立校の教師のストは頻繁だし、停電も日本に比べて頻繁にある気がする。郵便物が届かなかったり、インターネットは時々つながらなくなるし、現金輸送者のストで、銀行のCDでお金が引き落とせなかったこともあった・・、と要するに普段、機能しているサービスが突然使えなくなることがよくあるのだ。
 13年もフランスに済み、そんな不自由さにずいぶん、慣れたつもりでいたけど、今回、インターネットが使えなくなったのは、かなり困った、そもそも、これがないと仕事にならないし。
愛知県で、インターネット契約を解約されたことが引き金になって、30才男性が家族5人を殺傷した事件があったけど、確かにネットが使えない、ってすごいストレス。まあ、それで人殺しにまで至るのは、稀な例だと思うが。

和太鼓の発表会

去年から始めた和太鼓教室の発表会が、この日曜日にパリ9区の市役所内会場で行われ、私も初舞台(って大げさだけど)を踏んだ。サランドル窪田真理子先生の元、1年間学んだ成果を披露する場で、クラスごとにグループを組み、それぞれ3分ほどの持ち時間で、1~2曲を演奏する。
 私は毎週月曜・午後のクラスに通っているので(と言っても、仕事や他の用事が入ったりで、平均月2回程度しか行っていない)、同じクラスにいる日本人のヨウコさんとフランス人のアレクサンドル、ラモン、ディアナと5人で、短い曲を2つ演奏することになった。

さて、この発表会のために1ヶ月間、特訓しました!と、言っても単に毎週休まずに通った上、発表会前の最後の練習は、+1時間の自主練もした、というだけ。でも、私としてはずいぶん、気合が入っていたのだ。

 発表会当日は、年齢国籍性別の違う5~8人のメンバーで構成された全8グループ(要するに和太鼓教室には8つのクラスがある)、が腕を披露しあった。
私たちは月曜・午後クラスなので、トップバッター(稽古の曜日順で演奏したので)。緊張したわけじゃないけど、最初の曲、途中4小節飛ばしてしまい、慌てて元に戻す失態を・・、まあ、先生とグループのメンバー以外に気がついた人は少ないだろうけど。2曲目は速いテンポの曲だが、みんなの息が合って、私自身もうまく叩けたじゃん、と思ったが、見学に来た夫に後で、「キミの太鼓の打ち方は剣道と同じで、手つきが固いな」、とケチをつけられる。

発表会に引き続き、餅つき(エベイユ学園から借りた臼と杵を使って)、茶道のデモンストレーション、そして太鼓体験教室が行われた。体験教室は演奏会を見学に来た人向けのはずだったが、気がつけば、真理子先生はもちろん、生徒、見学者が一緒になってばちを握り、ジャンべ(アフリカ太鼓)を持参して叩き始めた人もいて、さらにその周りで踊り出す人も出て来て、まさにお祭りであった。
そう、組み太鼓のいいところは、初心者とベテランが一緒に演奏できることだ。つまり、初心者は単純にリズムを刻み、ベテランが複雑な手数を叩く・・、極端な話、バチを始めて持った人は一曲を通して各小節の頭に一発ドンと叩くだけ、そして他の演奏者はそれに合わせて複雑な手数を入れながら叩く、ということが可能なわけだ。もちろん、いい音を出す、高度な演奏をするというのは別の次元の話。プロの演奏者じゃないんだから、みんなで楽しめればいいわけだけど。

 息子は「太鼓はうるさい」、とリハーサルの時はテーブルの下にもぐって耳をふさいでいたが、最後は、太鼓の響く会場の中、他の子どもたちと走り周り、帰りの車の中では「お祭りみたいで(文字通り)楽しかった、また、行きたい」、とまで言っていた。和太鼓のリズムが生み出す楽しいムードに感染したに違いない。

P1030656.jpg

(ちなみに一番奥が私。カメラを夫に託し、当然、グループ全体の演奏の様子を撮ってくれるものと思っていたら、絵にもならない私一人の演奏姿3枚と、この写真しかなかった)
 

フランスで野球・・

息子が、「野球をやりたい」と言いだした。毎週水曜日、日本語補習校のエベイユ学園で、原ゆたかの“かいけつゾロリ”シリーズから好きなテーマを選んで、1冊ずつ借りて来るのだが、先週『かいけつゾロリのようかい大リーグ』を読んで、大いに興味を持った様子だ。
 私は中学の頃、ソフトボールをやっていて(へたっぴいだったけど)、当時は、将来息子ができたら、一緒にキャッチボールをやりたい、なんて夢見ていたのだった。
2年ほど前にもドラえもんのDVDに子どもたちが野球をやるシーンがあって、息子が関心を持ったので、慌てて、フランスで子ども用野球グローブを探したら、知人がフリマで見つけてくれた。その時は、結局、キャッチボールをやるまでに至らず。でも、グローブをずっと本棚に飾っておいたら、今回、自分から「これでキャッチボールをしたい」と言い出したのだ。

 ご存知の通り、野球はフランスではまるで人気がない。85年に阪神タイガースを日本一に導いた吉田義男氏が、92年から6年間、フランス野球のナショナル・チームを監督した時に、「フランス人は犠打を拒否する」とぼやいていた、というのは有名な話。そう、チームのために自分を犠牲にする、という考え方はフランス人には理解しがたいのだ。国民性に合わない上に、アメリカ生まれのスポーツなんて受け入れられるはずがない(アメリカ嫌いが多いのだ、フランス人には)。

 さて、キャッチボールはしたいが、私はグローブを持っておらず、この野球が全然人気のない国で、一体、どうやってグローブを手に入れたらいいのか、と試しにオークションサイトのイーベイを見てみたら、あった!業者もいるが、個人出品者もいた。コルシカ在住で革製のちょっとくたびれたグローブを、1ユーロ~で出している人がいたので、質問メールを送ると、すぐに写真を数枚送ってくれた。もう一つ、なんとミズノ製のグローブが25ユーロ~で出ていて、うちから車で30分くらいのモンティニィ・ル・ブルトノー市在住、パリ16区での受け渡し可、とあった。ここ、パリ西方(って大雑把な分け方であるが)は日本人在住者が少なくない地域だし、パリ16区もパリ日本人会や日本人幼稚園がある界隈なので、この出品者は日本人に違いない、そもそもミズノのグローブを持っているんだし、と勝手に思い込み、日本語で質問メールを送ったら、「英語がフランス語でメールをください」と返事が。
 結局、コルシカのグローブを先週の水曜日に5・5ユーロで競り落とし、出品者がその日の夜に、「明日、送ります」とメールをくれる。コルシカからだと、5日くらいはかかる、さらに今週は月曜が復活祭の祭日だし、と、まあ、今週中に着けば、と気長に待っている。
 
 この野球人口の少ないフランスで、息子が今から、まじめに野球をやれば、ナショナル・チーム入りも夢ではない!オリンピック公式競技からはずされたのは、残念だけど・・、などと思いを巡らせながら、インターネットでこの近辺に少年野球チームがあるかどうか探してみる。すると、ミズノのグローブを出品していたモンティニィ・ル・ブルトノー市に何と、野球場があって、そこのチームがかなり強く、フランス全国大会で優勝経験も何度かあり、子ども向け教室もある。HPを見ると、最近の試合結果も載っていたが、ここのクラブのチーム1とチーム2が戦っていたり、かと思うと対戦チームが二つのクラブの合同チームだったり、(1クラブで9人揃わないってことね)、しかも試合結果が15対0(コールド?)なんて記してあったり・・、フランスの野球ってかなり層が薄そうだ。ちなみに、色々と検索してみたら、それでも野球人口(フランス野球協会登録者数)が2008年の時点で7800人ほどいることが分かった。え?剣道人口より多い?

剣野球

我が家からほど遠くないところにも、子どものインドア・ベースボール教室もあることが分かったが、私の剣道の稽古時間と重なるし、やっぱりきちんとした(よりまともな?)クラブで習わせたい。モンティニィ・ル・ブルトノー市の8-9才用教室(息子はもうすぐ8才なので)は土曜の午前中に練習があり、車で私が送り迎えできるし、と勝手に息子をここに入れるべく計画を進める。案の定、夫は「ハンドボールはどうするんだ(こちらも土曜の午前中)!第一、野球なんて、ルールはさっぱり分からないし、面白くないし、キミがやりたいだけだろう」などと怒る。ルールも知らない人間に、面白くないなんて言われたくないし、第一、この年齢で今更私が野球なんぞやれるわけがない」。
 いずれにしも、まずは見学に行き、息子が来季(フランスでは習いごとは学校に合わせて9月が新学期となる)に野球教室に入る気になれば、この夏にみっちり私が、基礎をつけてやるのだ(バットも探さなきゃ・・)。星一徹のごとく?いや、チェスで二回負けただけで、「もうチェスなんてやらない!」と泣き出した息子なので、おだてながら、キャッチボールから始めようと思っている。


おすすめ情報

おすすめ情報

プロフィール

江草由香

Author:江草由香
編集者・ライター・コーディネーター。
96年に渡仏し、99年から10年間パリ発日本語情報誌『Bisouビズ』の編集長を務め、同時に日本の雑誌やWebに情報記事、コラムなどを寄稿。
2010年に日仏バイリンガルサイト『BisouJaponビズ・ジャポン』を立ち上げ、ジャパン・エキスポなどパリで行われる見本市で、日本企業や日本人クリエーターの出展をプロデュース、展示会の企画コーディネートの仕事を始める。
2018年に22年間のパリ滞在にピリオドを打ち、日本に帰国。

『BisouFranceビズ・フランス』
https://www.bisoufrance.com/

個人ブログ『湘南二宮時々パリ』
http://ninomiyaparis.blog.fc2.com/

最新記事
カテゴリ
AI翻訳
コスメ
コスメ
ワイン
ティー
航空券
レストラン予約
フランス語
アマゾン
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード