FC2ブログ

<前菜+デザート>の珍しい、うれしいメニュー

 前から思ってたんだよね、レストランに行くと、前菜+メイン+デザート、の他に、前菜+メイン、メイン+デザート、って選択はあるのに、どうして、前菜+デザートがないんだろう?って。
 それを、今回、クリスマスにブルターニュの夫の実家から戻る途中に、トラック運転手御用達レストランで、見つけたのだ。
 
 夫の実家に行く時、あるいは南仏に出かける時、高速のサービスエリアにあるレストランはおいしくなくてしかも値段が高いところが多いので、我が家はたいてい、高速を降りて、国道沿いにあるトラック運転手御用達レストラン、あるいは村の広場などにある、近くの勤め人や、近所の人が通っているような、村民御用達レストランを利用する。たいてい、安くてボリュームがあって、そして味も悪くない(まずいと運ちゃんたちは二度と寄ってくれないだろう)。

 その手の店でよく見かけるのが、前菜ビュッフェ。まずはサラダ類がグリーンサラダからポテト、クスクス、セロリ、二ソワーズなどなど、豊富だ。それにハムが数種類、パテ、ゆでたまご、魚のマリネ、さらにエビ、貝などの魚介類が置いてある場合も。

前菜ビュッフェ

 うー、全部食べたい、と思いながらも、前菜でたんぱく質を取り過ぎると、メインの肉(または魚)が入らなくなる、とサラダ類だけで我慢したりする。特にこの手の店はメイン料理のボリュームもすごいのだ。
 
 ところが、今回入った店には、うれしいことに<前菜+デザート>の選択肢が!で、迷わずそれを選んで、ビュッフェに向かう。最初にお皿に載せたのが、この写真。

皿に載った前菜ビュッフェ

田舎風パテを思わず分厚く切ってしまう。それに4種類のサラダをちょっぴりずつ、に魚介。二度目に取りに行った時には、魚のテリーヌとハムをメインにグリーンサラダ、で何だかお腹がいっぱいになってしまった。
 というのもクリスマス・イブの夜は義父母宅でごちそう。翌日も義母の手料理の子ヤギの煮込みを食べ、その翌日は、甥っ子の20歳の誕生パーティに、義兄が羊肉のたっぷり入ったモロッコ料理タジンを作り・・、と日本人の胃にはかなり重い料理が続いたのである。
 だから、サラダを中心に食べたい量だけ選べる前菜ビュッフェはありがたかった(本当はざるそばでも十分なくらいだったんだけど)。この3日間、私と同じ料理を食べたにも関わらず夫は、前菜ビュッフェ+メインで、しかも牛の臓物煮込みなんぞを選ぶ。フランス人と日本人は胃の作りが違うのか、と呆れたが、さすがに運ちゃん向け料理は量が多くて、半分近く残していたが(もったいない・・)。

ただ、残念なことに、この店、デザートがおいしくなかった。<カフェアントルメ>とデザート・メニューの黒板に書いてあったので、何かよく分からないまま好奇心から頼むと、出て来たのはカフェオレのムースなんだけど、水っぽくてまずい。息子のチョコレートムースもおいしそうには見えなかった。周りで食事をしているトラック運ちゃんたちは、と見回すと、みな当り前のように、前菜ビュッフェ+メインを食べている様子で、昼から赤ワインなんかも飲んでいるし、デザートの味なんか気にしないのだろうか?「これ、おいしくない」と、夫に言うと、「この手の店では、タルト類の方がおいしいかもしれないな」。ミラベルとルバーブのタルトがあったが、ちょっと重いかな、と敬遠したのであった。なるほど、デザートまで重厚、がトラック運転手風か。
ちなみに、前菜+デザート、前菜+メインともに11ユーロ、息子はハンバーグのフライドポテト添え+デザートで5ユーロ。いまいちのデザートもまあ、許すか、と思える値段である。
スポンサーサイト



あてにならない、フランスの天気予報

「水曜から再び雪。ただ、前の週ほどの大雪にはならない」が、先週の頭に発表された天気予報であった。ところが・・。

やむなく木曜日にパリでランチと夕方の取材アポを入れていた、私。水曜は雪が降らなかったので、木曜から?と心配していたが、小雪がちらついた程度で、あとは雨が降った程度。天気予報はいい方にはずれてくれたじゃん!と、翌金曜も天気がよくて、雪の気配なし。ところが、土曜日の朝に雪が降り始め、クリスマス・ヴァカンス前の最後の野球の練習に息子は参加できず。野球教室は、我が家から車で30分ほどのところで、しかも、ノルマンディに向かう高速を通るので、週末ヴァカンスに出るパリジャンたちの車も少なくない。さらに雪となれば・・・。今月は、雪や小学校高学年チームの試合があったりで、息子は一度も野球教室に行かなかったなぁ、と残念に思いながらも、前の週の雪による大渋滞で、高速道路上の車中で一夜を過ごした人のニュースが頭をよぎり、野球は諦める。

私の剣道クラブは車で20分程度のところにあるが、こっちも休むか、と思っていたら、午後14時半頃に雪がやみ、空も明るくなる。遅刻だけど、1時間くらいは稽古に参加できる、と思い切って出かける。まあ、大雪になっても、いざとなれば、電車で帰って来られる場所である。道場から駅までは歩いたら20分近くかかりそうだけど。
道場に着くと、人が少ない。みんな雪を警戒しているのか、と思ったら、単に先生をはじめ、若手は強化合宿に参加しているらしい。少人数で、厳しい先生もおらず、のんびり稽古して、17時少し前に、道場を出た時には、道もすっかり乾いていた。

実は翌日の日曜日に、近郊に住む友人たちを招いて我が家でラクレット・パーティをする予定を立てていた。ラクレットとは、小型の鉄板でチーズを溶かし、それをゆでたジャガイモにとろ~りとかけ、燻製ハム類といっしょに食べる料理。ラクレット専用器具を囲んで、銘々が鉄板でチーズを溶かしながら食べる、パーティには持ってこいの料理なのだ。みんな車で来るので、「これはパーティ決行だな」と、ほっとしていたのもつかの間、道場から家に戻る途中、セーヌ川を越える頃に急に雪がちらほらと降って来る。そこは坂道になっているので、「雪がひどいと、ここは滑るだろうなぁ」、なんて思いながら、我が家に通じる小道に入った時には雪で視界が真っ白になり、無事にたどり着いた時には道はすでに真っ白になっていた。
「ナイス・タイミング」で戻って来たとほっとしていたら、あっという間に庭も真っ白になり、翌日来る予定だった友人が、なぜかちゃんと、住んでいるところが遠い順に電話をかけてきて、「ちょっと行けなさそう」。「クリスマス前に事故起こしたくないから、止めとくわ」。ラジオでまもなく、我が家の近くの道路が通行止めになった、とのアナウンスがあり、帰りが後、15分遅れていたら、とぞっとする。実際、隣のムッシューの息子さんが、車で20分ほどのショッピングセンターを17時過ぎに出たところ、大渋滞にはまり、なんと家にたどり着いたのが夜の10時過ぎだった、と後で聞いたのだ。

翌朝、窓から外を見ると先週以上に、雪が少なくとも10センチは積っていて、車はいっさい通らず。最後に、我が家から一番近くて、車は諦めて電車で来るつもりだった友人が電話をしてきて、「電車も止まっちゃうかも」と、ラクレット・パーティは延期に。

雪だるま


翌月曜から子どもの学校が冬休みに入ったが、その日は夫が休みを取っていたので、パリに出て、久しぶりに会うことになっていた知人とランチにお寿司を食べに行き、その後、二コル・ガルシアの最新作を観て、買い物をして、夕方、プチパレ美術館で行われる假屋崎省吾の個展のヴェルニサージュに、行こうと思っていたのだ。
ところが、月曜の朝、起きて雨戸を開けたところ・・、前日よりもひどい雪。路上駐車している車の屋根に積もっている雪も15センチ近くあるように見えた。
この大雪の中、駅まで歩く?しかも道から、駅のホームまで、屋外の階段を下りなければならず、そこで滑って転んだら?仮にパリまで行ったとしても、帰りに雪がもっとひどくなり、電車が止まったら・・?と結局、全ての予定を諦めることに。

 知人とはまた、近いうちに都合のいい日を決めましょう、ということになったが、残念なのは、假屋崎省吾の個展。さすがに子ども連れでは、ゆっくりお花の鑑賞などできず、この月曜が最後のチャンスだったのだ。最近、年齢のせいか、天候のせいで鬱っぽくなっているせいか、美しいものが見たい!という欲求が強くなっていたので(まあ、若い時だって汚いものが見たい、とは思わなかったけどさ)、すごく楽しみにしていたのに。
 ただ、雪のせいで空港も閉鎖になっていたし、トラックが道を走れずで、色々なところで荷物が届かなかったりしているので(レディ・ガガのコンサートも機材が届かなくて延期、と聞いた)、ヴェルニサージュは無事行われたのかしら?

パリの大雪

先週の水曜日、パリとその近郊は1987年以来の大雪に見舞われた。

フランスの学校は水曜が休みなので、その日は息子と家にいたが、昼少し前から、雪が舞い始める。「わー、雪だ」と息子は大喜びだが、翌日、パリに行く用事のあった私は、電車が動かなくなるんじゃないか?とか駅までの道が凍って、滑って転んでけがしたらどうしよう?と憂鬱な気分に。寒いのも嫌いだし。

15時少し前に、車で会社に行った夫から電話があり(普段は電車通勤だが、水曜だけは帰りにパリの剣道クラブに寄るので車)、「雪がひどくなりそうだから、今日はもうちょっとしたら、退社して家に戻る」。ほどなく、「パリは大雪」のニュースを聞いた義母が電話をかけてくる。つい、夫が車で出かけたことを、しゃべってしまったら、呆れるほどの心配性の義母はパニック寸前になり、30分もしないうちにまた電話をしてきて「連絡はないの?」とうわずった声であった。
その直後に夫から電話があって「大通りに出たら、45分で車が500メートルしか進まなかったので、会社に戻って、近くのホテルを予約した。最後の一部屋、って言われた」。同じような状況に陥った人がたくさんいるに違いない。
案の定、またまた義母が電話して来たので、その旨伝えると、ほっとした様子で「それを聞いて安心したわ」と、私もこれで義母はもう電話してこないだろう、とほっとしていたのだが、翌日は昼過ぎから、夕方に夫が無事戻って来るまで、「まだ、帰って来ないの」と3回も電話をしてきたのであった。

yahoofrance.jpg
(YahooFranceのニュース写真)

実際、高速道路上で大渋滞が発生し、車はほとんど動かずで、車の中で夜を過ごした人、(他人事ながらトイレとか食事はどうしたのだろう?と気になる)高速の上に車を置きっ放しで帰った人、また、会社に泊まった人なども多かったらしい。我が家はこの1ヶ月くらいテレビが映らない。屋根の工事の際に職人がアンテナを触ったらしく、「ちゃんと直すから」と約束した職人は「寒くなくなったらまた行く」と言い捨てて、しばらく連絡がない。春まで待てってことか?前からテレビはほとんど見ないので(ニュースはラジオで聴いているし)、別に不自由はないや、と思っていたけど、雪で大渋滞の高速の映像は見たかったなぁ、とちょっと残念。

しかし、大雪と言っても、何十センチも積ったわけではなし、うちの庭も3センチ程度だったが、それだけで、首都の交通機能がマヒに近い状態になるんだな、と驚く。まあ、雪に慣れておらず、その対策がなされていなかった、というわけだが。

うちの庭の雪
(翌朝の我が家の庭)

水曜夜の剣道の稽古は休む。大通りの渋滞にはまる前に、すでにうちの前の道で、スリップしそうだったので。後で聞いたら、結局その日は誰も稽古に来なかったらしい、というのも郊外のしかも駅からもかなり歩く場所にある道場で、みんな車で通っているのだ。一方、夫のパリの道場は地下鉄駅が近いこともあり、問題なく稽古が行われたそうだ。パリもバスは止まったが、地下鉄は雪の影響を受けないもんね。

郊外電車は雪の影響を受けるし、我が家は車がないとパリに行けないどころか、買い物さえできない始末。郊外暮らしは不便だ、パリに戻りたい!とつくづく思ったが、木曜の朝、夫の車がないことに気付いた隣のムッシューが、「何か困ったことはないですか?」と聞きに来てくれた。こういうご近所の助け合いは、郊外暮らしならでは、かな?

北野監督『アウトレイジ』と人のいない映画館

北野監督の『アウトレイジ』をモンパルナスの映画館に見に行く。上映ぎりぎりに着いてついて、チケット窓口で、タイトル、フランス語読みしなきゃ、と「アウトラージュ」と言ったら、窓口のお姉さんにきょとんとされ、壁に貼ってあった上映プログラムの紙を指差し、「これ」と言ったら、「ウートラージュね」。英語タイトルをそのまま付けた映画って、発音にとまどうことがよくある。「タイタニック」が「ティタニック」だったり。

午前中、最初の回であったが、会場に入ると、誰もいない。ひょっとして、観客は私だけ?
と思ったら、一番後ろ、すみっこに寝ているムッシューが。初回のまだ映画が始まっていない時に居眠り? 外は雪、ムッシューの身なりからして、ひょっとしたら、窓口のお姉さんが、路上生活者を気の毒がってこっそり中に入れてあげたのでは?などと勝手に想像する。

さて、『アウトラージュ』。赤字のアルファベット・タイトルが、黒塗りの車の上に出た時、あれ、確か『キッズ・リターン』が、二人乗り自転車が登る高架橋の白い側面にカメラがぐっと下がって、赤字のアルファべットでタイトルが出なかったっけ?と思い出す。

作品は、テンポよく、けっこう引きこまれ、クライマックスに近づきつつある頃、例の居眠りムッシューが突然、「コーヒーか紅茶がほしい!」と2度大声で叫んだ。寝言?にしてはでかい声だな、と思いつつ「静かにしてください」、と私も大きな声で言うと、ムッシューが立ちあがったので、びくっとするが、会場内にあるトイレに向かった。その間、念のため、私は出口近くに移動し、いつでも逃げられるようにコートも着込む。うー、映画への集中力が途切れたじゃないか!戻って来たムッシューは再び席で静かになり、映画が終わってからも、会場に残っていた。混んでいる会場も嫌だけど、人の少なすぎるのも問題だよな。

outrage.jpg

この下剋上物語、面白かった。ビジネスとか政治の世界もこんなもんだよね~、なんて感じながらみんな見てるだろうな。カンヌで評判悪かったというけど、それは暴力シーンにとらわれるからだろう。ま、これだけ殺人シーンが多いと殺し方も工夫しないとね。監督は先に殺しのシーンを考えたそうだが。
ただ、この作品、役者ビートたけしが、存在感薄かったな。逆に三浦友和、いいね。この人ずっと大根で、でもそれが大根なりにいい味が出て来たのだ。『台風クラブ』や『野ゆき、山ゆき、海辺ゆき』あたりで、新境地開拓か、とも思ったけど、まあ、その後も結局は同じような役どころが多かったかね、好青年が好中年になって、このまま好老年になるか。
北野監督のヤクザ抗争もの、っていつも生き残りがいて、それが救いになってたけど、今回、生き残ったのは、英語ペラペラ、数字に強い冷徹インテリやくざ。芸は身を救う、ってことか?

財運をよぶ財布と今井キラさんの金色のカード

先週1週間は、パリのオペラで行われた、Idees Japonの展示販売会に通いづめ。ビズ・ジャポンのブースを持って、そこでビズのアーティストページに登録してくれているクリエーターの作品を中心に和グッズを展示販売したのだ。
その中で人気があったのが、クリエーター江口香織さんが手掛けた開運折財布。家紋の模様がすてきで、フランス人マダムにもルイ・ヴィトンのモノグラムみたい、と好評であった。特に赤い財布は内側の生地が、金色。風水では、黄色と金は財運をよくする色とされる。

江口財布
(ビニールコーティングされた、使い勝手のいい財布)

和太鼓教室の先生が展示即売会に来てくださって、小学校低学年の息子さんが、この財布を気にいり、買っていただく。「このお財布を持っていると、お金持ちになれるよ~」なんてその時に言っていたのだが・・。
昨日、和太鼓教室に行ったところ、先生曰く、あの財布を持ってから、息子さんは下を向いて歩くようになり、小銭を見つけてはそこに入れているそうな。実は、うちの息子も江口さんが作った内側の生地が黄色に白の水玉模様のがま口財布を渡したところ、家中の、絨毯に落ちていたり、ベッド脇の棚に置いてあったりする小銭を集めて、その中に入れ始めたのだ。うーん、ちりも積もれば山となる、で、確かに効果あり、かも。

以前、風水師に取材した時に、財運をよくするには、部屋に黄色、もしくは金色のものを置くといい、と言われた。見回してみると、私の部屋はほとんど黄色に縁がない。唯一、息子の写真を入れた額縁だけが黄色だ。金色はさらに難しい。へたすりゃ下品になるし、(金ぴか、って)、そもそも金属って冷たい感じがするしなぁ。
と、今回、会場で、イラストレーター今井キラさんの2011年度版カレンダーを展示販売したのだが、そこで、はっと思い出したのが、机の中に仕舞っておいた、今井キラさんからいただいた金色のカードだ。これなら上品で、デコとして素敵だし、部屋に飾れば、ひょっとして財運が上がるかも。自慢じゃないけど(実はおおいに自慢)、このカード、キラさん本人から(しかも手渡しで)いただいたものなので、ますますご利益がありそうではないか。

キラカード
(パソコン脇に置けば、仕事がたくさん入ってくるかも)

 来たる2011年は、内側金色のがま口と金色のポストカードで、親子揃って財運をUPするのだ。

おすすめ情報

おすすめ情報

プロフィール

江草由香

Author:江草由香
編集者・ライター・コーディネーター。
96年に渡仏し、99年から10年間パリ発日本語情報誌『Bisouビズ』の編集長を務め、同時に日本の雑誌やWebに情報記事、コラムなどを寄稿。
2010年に日仏バイリンガルサイト『BisouJaponビズ・ジャポン』を立ち上げ、ジャパン・エキスポなどパリで行われる見本市で、日本企業や日本人クリエーターの出展をプロデュース、展示会の企画コーディネートの仕事を始める。
2018年に22年間のパリ滞在にピリオドを打ち、日本に帰国。

『BisouFranceビズ・フランス』
https://www.bisoufrance.com/

個人ブログ『湘南二宮時々パリ』
http://ninomiyaparis.blog.fc2.com/

最新記事
カテゴリ
AI翻訳
コスメ
コスメ
ワイン
ティー
航空券
レストラン予約
フランス語
アマゾン
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード