FC2ブログ

“ありのままの自分”って?

 先週の土曜日に、パリのシテユニヴェルシテの日本館で入江富美子監督のドキュメンタリー映画『1/4の奇跡~本当のことだから~』(一人でも多くの人に観てもらいたい作品です!)の自主上映会が行われた。実は私もこのフランス上映実行委員会のメンバー。どんないきさつでメンバーになったか忘れたし、たいしてお役にはたてなかったが(BisouJaponの特集ページで監督インタビューをして、後はフライヤーを配ったくらい。あ、懇親タイム用にケーキも焼いたぞ)。
 
映画は、特別支援学校教論の山本加津子さんを追ったもので、難病や障害をかかえる人をありのままに受け止める山本さんの姿に、多くの人が感動し、日本国内で1000回以上も自主上映された。この「ありのままのあなたでいいのです!」というメッセージが、私のような障害のある子どもをもつ人間に限らず、普通の人たち(この“普通”ってやつの定義が実に難しいので、まあ、仮に健常な人、および家族も大方健常な人としておきましょうか)の心にも響くらしい。確かに、障害がなくても、人は誰でも、欠点、コンプレックス、悩みを持っていて、そんな自分を否定しなくてもいい、“ありのままの自分”でいいのだ!(バカボンパパの「これでいいのだ!」調)と、思わせてくれる作品なのだ。

ところで、“ありのままの自分”って何だろう?
“ありのままの自分”でOKだとすると、恋人がほしい!と思ったら、「ありのままの自分を好きになってくれる人が現われるまで待つわ!(わたし、ま~つ~わ、いつまでもま~つ~わ、とあみん調)」が正しい態度になるのか?方や、ファッション誌で“モテ服”や“モテ顔”を研究したり、いい女になるための自己啓発本を読んだり、と自分磨きに励む行動は正しくないの??つまり、三原順の『はみだしっこ』11巻のグレアムの言うところの、そんな自分が認められたとしてもそれは「技術と努力への評価」に過ぎない=そんな自分に恋人ができたとしても、相手は“ありのままの自分”を好きになったのではない、ということになるの???その前のロナルドのセリフは「誰が努力せずに目指す所へたどり着けるんだ?」で、今のままの自分ではいけない、と気付き、こうありたい自分をイメージして、それに近づく努力をする、それが人間の成長ではないかと・・。確かに、「あんた、そのままじゃ、一生、恋人なんかできないわよん」と言ってやりたくなる人もいるしなぁ。偽りの自分に恋をされるよりは、ありのままの自分のまま一人でいた方が幸せ、と誰もが納得できるものなのかい?いや、そもそも“このままではいけない、変わらなきゃ!”と努力する自分もまた、“ありのままの自分”なのか?
分からん・・・。

入江監督自身は、ある日、自分の欠けている部分を埋める作業をやめ、ありのままの自分を受け入れて生きようと決めた時に、感謝の気持ちがあふれだし、映画を作る決心をしたのだという。決心というよりは、ミッション、大いなるものからの使命として。つまり、自己肯定から、大いなるものに奉仕することになったそうだ。
 つい最近、パリのBOOKOFFで、高橋和己のエッセイ集を見つけ、思わず買ってしまった(若い頃好きだったので)が、彼の絶筆となったエッセイには、芸術家は自己否定(エゴイズムやもろもろの執着にわざわいされている矮小な個我を否定)することによってこの世を超える何者かへ奉仕する、とある。
 自己肯定と自己否定、見事に逆じゃん。
 
 大いなるものからの使命を受けた人は別次元として、我々凡人がやることは、“ありのままの自分”とは何か?を問うこと。まずは自己をなるべく客観的に見ようと努める(これが難しいんだな)。その上で自分のここはちょっと努力して直した方がいいな、とか、これは今更変えられないや、なんて考えながら生きて行く・・、って要するに、多くの人がすでにやっていることではないの?となると、むしろ人間は“ありのままの自分でしか生きられない、(の後に「これでいいのだ」、とバカボンパパの決め台詞を付け足すと、ポジティブな感じになります)”、と言ってもらった方が、自分としてはしっくりするんだけど。

入江監督
(入江監督、パリで講演)


スポンサーサイト



断捨離スパイラルに期待する

 日本で“断捨離”なるメソッドが流行していることを聞き、興味をもっていた。前回、帰国した時に、本屋に行ったのだが、タイトルに“断捨離”の文字が入った本が何冊も並んでいて、選び損ねる。一冊目がヒットしたから、次々に続編を出したのだろう、どれが、1冊目なのか分からない(“初代”とか頭につけてくれればいいのに、ウルトラマンみたいだけど)。いつも時計を見ながらバタバタ走り回って終わり!な日本滞在期間中に、その後、本屋に行く時間もなく、買わずじまいで戻ってきた。
 幸いなことに、先日、「持ってるわよ」という人を見つけ、「貸して!」と頼む。聞けば彼女、ドミニク・ローホーも読んでいるし、そういえば、フランス在住の知人の中では、『断捨離』を読んでいそうなタイプかも(って、どういうタイプじゃ)。

本当に必要な、あるいは大切な限られたものだけに囲まれたシンプルな暮らし・・。パリにスーツケース一つでやって来た時(船便で本や衣類も少し送ったけど)、憧れのシンプルライフが始まる!と思っていたのだが、みるみるうちにモノが増えた。
特に夫と暮らし始めてからは、3回の引っ越しをして、そのたびに住まいは広くなっているのだが、部屋はすっきりするどころか、面積に比例してモノの量も増えていく。というのも、夫はモノが捨てられない人で、毎朝飲むアールグレーの紅茶の缶も気がついたら、5~6個、棚に積み上げられている。「いつか何かに使う」のだそうだ。ちなみに、私は、紙袋入りのセイロンのリーフティを買って、缶に移して使っている、エコ派!のつもり。
引っ越した時には広く感じた地下室も気がついたら、夫が通販で買って2回しか使わなかったパン焼き機、スーパーで買って一度使ったら車輪が壊れたスーツケース、古いプリンター(が2台)、50才の誕生日に自分でリクエストして友人たちから贈られた、たぶん、通算で10時間も叩いていないであろう電子ドラムセットなど、夫の使わないものや捨てられないものでいっぱいになっている。”
先日も高さ22センチ、直径8センチくらいのでっかいワイングラスの6個セットを「安かったから」と、買って来た。夫も私もあまりお酒を飲まない上に、我が家はあまり客も招かない。「これ、一体いつ使うの?」と聞くと「知らない」と平然とのたまう。“断捨離”の“断”=入って来る不必要なものを絶つ、の精神がかけらもない。さらに、このワイングラスは、ボール箱に入ったまま、下駄箱の上に4日間放置されていた。仕方なく、私が水洗いし、食器棚に収めたのだが、その際に端のかけているグラスを「これを機会に捨てるね」と、3つ捨てた。なぜ、こんなものを捨てる時までいちいち夫にお伺いを立てなければいけないのか、よくわからないが、とりあえず、“捨”のきっかけになった。グラスは総量的には増えたことになるが。

一方、我が家では夫が食料を買い出し、料理を作るのだが、いつも必要以上に買い込むので、ともすれば冷蔵庫の中には賞味期限切れのオリーブやソーセージ、しなびた野菜などが、食料棚には大袋で買ってしけらせたポテトチップ、賞味期限が近いアペリティフ用スナックやブリオッシュなどが見い出される。ところが、夫は相手が食べ物だと躊躇なくポイポイ捨てるので、これが私には耐えがたい。外出しない平日の私の昼ご飯は、夫が無駄買いしたものを使いきるべく献立を考えるが、それにも限界がある(そもそも私は少食だし、昼ご飯にアペリティフ用スナックなんか食べたくないし)。
 
この人と住んでいる限り、憧れのシンプル・エコライフは実現できない!と嘆いていた時に、読んだこの『断捨離』、目から鱗だったのは、“断捨離スパイラル”を説く部分。著者の受講生から<「私が黙々と断捨離をしだしたら、主人もいそいそと片づけ始めました」という報告が増えています。>とある。
そう断捨離は伝染するのだ。夫のものを勝手に片づけたりすれば、怒りだすし、「使わなくなったパソコン周辺機器は粗大ゴミに出せば?」、と言うだけで、なぜか不機嫌になる。
余計なことはせずに、言わずに、私が自分のものを断捨離すれば、夫にもそれが伝染するのか。と、本棚に積み重ねてあった古い仕事の資料を捨てたり、まだ着られるが、この先着ることはないだろうと思われる服を、赤十字やWWFの古着回収ボックスに入れに行ったりと、ともくもくと断捨離に励む日々である。
その様子を見て、きっと夫は・・・、私が家を出て行く準備をしているのでは、と勘違いし、喜んでいたりして。
古着回収ボックス
(スポーツクラブの駐車場の奥に、ひっそりと立つ古着回収ボックス)

おすすめ情報

おすすめ情報

プロフィール

江草由香

Author:江草由香
編集者・ライター・コーディネーター。
96年に渡仏し、99年から10年間パリ発日本語情報誌『Bisouビズ』の編集長を務め、同時に日本の雑誌やWebに情報記事、コラムなどを寄稿。
2010年に日仏バイリンガルサイト『BisouJaponビズ・ジャポン』を立ち上げ、ジャパン・エキスポなどパリで行われる見本市で、日本企業や日本人クリエーターの出展をプロデュース、展示会の企画コーディネートの仕事を始める。
2018年に22年間のパリ滞在にピリオドを打ち、日本に帰国。

『BisouFranceビズ・フランス』
https://www.bisoufrance.com/

個人ブログ『湘南二宮時々パリ』
http://ninomiyaparis.blog.fc2.com/

最新記事
カテゴリ
AI翻訳
コスメ
コスメ
ワイン
ティー
航空券
レストラン予約
フランス語
アマゾン
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード