FC2ブログ

ちょっと、がっかり。フィリップ・リオレの新作“Toutes nos envies”

期待して観に行ったフィリップ・リオレの新作にちょっと、がっかり。あとで確かめたら、テレラマ誌の評もPas mal(悪くない)。前作“Welcome”はブラボーマークがついていたからね。
 
つまらんとか、腹が立った、ってわけじゃないけど、なんか、がっかり。登場人物のキャラクター設定がいまいちなんだよね。
特に主な登場人物がみんないい人、っていうのが面白くない。原作小説があるらしいが、映画のストーリーはだいぶ脚色してあるらしいから、私が監督だったら、月並みなやり方かもしれないけど、まず、ローン地獄に陥っているセリーヌを“ハスッパな、いや~な女”にするな。それで、主人公クレールの夫クリストフが、「なんであんな女をうちに住まわせなきゃいけないんだ」と怒り、時にセリーヌと罵り合ったりする。そうすれば、最後にその二人がくっ付くのがとっても皮肉っぽくていい。
ヴァンサン・ランドン演じるステファンの妻もあいまいな存在だったよな。あれもステファンの行動に理解を示しながらも、最後、クレールが死んだ後にも彼のクレールに対する想いを認めることができず、ステファンの元を去っていく、ってことにすれば、クリストフとの対比が出て、面白かったのに。
クレールの母親が借金癖のある女、ってキャラクター設定もなぁ。むしろ、出て行った父親が借金癖のある男で、母親は超まじめ、それが息苦しくて、父親と似た性格をしていた姉は衝突し、クレールは母親に似てまじめ、って方がすっきりする。
そもそも主人公クレールの聖女ぶりがなぁ・・。それまでは案件を淡々とそつなく片づける判事だったのが、自分の死期がせまっているのを知り、セリーヌを救うために奔走する、っていうのはどうだろう?あ、それじゃ、黒沢明の『生きる』か。ちょうど、夫が庭にぶらんこを設置するシーンがあるしなぁ。

toutes nos envies

フィリップ・リオレの作品、観た中で一番好きなのは、『心配しないで Je vais bien,ne t'en fais pas』かな。メラニー・ロランが素晴らしかったし(美しいし)。死者を装った手紙、っていう題材は、以前も書いたけど、東芝日曜劇場で、姑を喜ばせるために戦死した夫を装って手紙を書き続ける妻を描いた『手紙』という世にも美しいドラマを思い出させてくれた。

次作に期待。
スポンサーサイト



悪いことは続く・・


悪いことは続く、ってよく言うけど、そのとおりかも。

始まりは、宛名を書いて切手を貼った封筒に入れた小切手を鞄に入れたまま持ち歩き、投函するのをすっかり忘れて持ち帰ってしまった・・、だけならよくやることだけど、家に戻って鞄の中をかき回すも、封筒が見つからない。投函した記憶はない。しかもこういう時に限って、小切手に書き入れた金額が高い。もちろん、小切手上にも宛名が書いてあるので、誰もが現金化できるわけではないが、念のため、郵便局に行き(郵便貯金なので)、差し止め手続きを取る。口座を3日間ブロックするらしいのだが、運悪く週末とさらに祝日があるため、6日間は使えない、と言われる。

その3日後、今度は突然、インターネットに接続できなくなる。今までも何度か同じようなことがあり、その時はモデムの電源をいったん切ってまた入れると(実に原始的な方法だ)、ちゃんと機能するようになったのだが・・。モデムはもう5年半も使っているので、壊れたのかな。
 インターネットが使えないと、不自由この上ない。仕事の連絡は全てメールを使っている。編集者に原稿や画像を送るのも、もちろんメールで。また、ここ数年来、ブログ形式で、自分で書いた記事や撮った写真をサイトにUPする、というタイプの仕事も増えた。ビズ・ジャポンのサイトもこの形式で、デザイナーが構築した編集用サイト上に私がテキストや画像をUPする作業を行っている。原稿を書くときの調べ物もまずはインターネットを使うし、手足をもがれたような状態・・、さらに目と口もふさがれていると言ってもいいかも。
 幸い、この夏からiPhoneを使っているので、これで日本語メールのやりとりもできるし、サイト検索もできる。ただ、慣れないから、文字入力に時間がかかるし、画面は当り前だけど、小さい。
 ネットに繋がらなくなったのが、祝日前日の夜。テクニカルサポートは無休のはずなので、翌日、フランステレコムのテレホンサービスに電話すると、8分ほどたって、繋がる。オペレーターの質問に答え、電話回線に問題があるらしいことが分かる。電話そのものは使えるんだけど。2日後に技師が点検に来ることになり、フランスにしては早い対応だわい、と喜んでいたが、iPhoneで日本の知人にその旨、伝えると、「そんなにかかるの?」と驚かれる。フランスのもたもたサービスに慣れてしまったのだ、私は。

 ネットには繋がらないが、パソコン自体は使えるので、画像の整理をしたり、原稿を書いたり。ところが、プリントアウトしようと思ったところ、インク切れの表示。新しいカートリッジを入れたら、なんと“認識できません”と表示される。どういう意味じゃ?こういう時はネットで調べる、が、そう肝心のネットが使えないのである。不便なことこの上なし。

 さて、技師が派遣されてくるはずの日。8時~13時の間というずいぶんアバウトな時間設定である。11時になってもやって来ずで、「やはり明日に伺います」と電話が来たらどうしよう、とか、来たところで、「原因不明で、直りません」と言われたらどうしよう、と悪い方へ悪い方へと想像力が働く。
 幸い、11時15分頃に、技師殿がやって来て、結局、電話差込み口から壁と天井づたいに私の書斎にたどり着いていた電話線の延長コードが劣化してモデルにたどり着くポイントでのデシベル数が落ちていること、モデムが古くなっていることの2点が原因だと判明。モデムは新しいものに取り換えてもらい、延長コードに関しては、差込み口にダイレクトにモデムのケーブルを繋ぐ(おかげで廊下の真ん中をケーブルが通っている状態。子どもが踏んでまた、ネットが繋がらなくなったりして)。無事、インターネットが復活して、安堵・・。
 思えば、繋がらなくなったのは夜の11時近くで、その数時間前に、ビズ・ジャポンの人気連載記事である健康レシピをUPしていたし、翌日はフランスが祝日で、一日おいて、技師が来た日は日本が祝日だったので届いたメールも少なかった。思えばいいタイミングだったかも。

 そして、喉元過ぎれば熱さを忘れる状態を避けるため、さっそくノートパソコンのエクスプローラの“お気に入り”にビズ・ジャポンの編集サイトをはじめ、よく利用するものを登録。今まで一度も使ったことのなかったWifiも利用できることを確認。これで、いざとなったらインターネットカフェにノートパソコンを持ち込んで作業ができる。
 
 プリンタは、結局、何度もカートリッジをセットしたりはずしたりを繰り返したら突然、ちゃんと認識された。
 小切手入り封筒は、親切な人が拾って投函してくれたのか、送り先にちゃんと届いた。もちろん、その小切手はもう使えないので、新たなものを渡さなければならないが、なくなったままよりは何となく安心だ。
 
と、トラブルは続いて起こったわけだが、次々に解決したことになる。

近くの池


(近所にある大きな池)

おすすめ情報

おすすめ情報

プロフィール

江草由香

Author:江草由香
編集者・ライター・コーディネーター。
96年に渡仏し、99年から10年間パリ発日本語情報誌『Bisouビズ』の編集長を務め、同時に日本の雑誌やWebに情報記事、コラムなどを寄稿。
2010年に日仏バイリンガルサイト『BisouJaponビズ・ジャポン』を立ち上げ、ジャパン・エキスポなどパリで行われる見本市で、日本企業や日本人クリエーターの出展をプロデュース、展示会の企画コーディネートの仕事を始める。
2018年に22年間のパリ滞在にピリオドを打ち、日本に帰国。

『BisouFranceビズ・フランス』
https://www.bisoufrance.com/

個人ブログ『湘南二宮時々パリ』
http://ninomiyaparis.blog.fc2.com/

最新記事
カテゴリ
AI翻訳
コスメ
コスメ
ワイン
ティー
航空券
レストラン予約
フランス語
アマゾン
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード