FC2ブログ

息子のダイエット作戦

先月も書いたが、息子の肥満が目下、悩みの種である。
インターネット上で、“子どもの肥満度測定”なるものを試してみたところ、「肥満度7.6%で普通の体格」と出た。しかし、三段腹と二重あごは、どうひいき目にみても、“普通”ではなく、義理父をはじめ、日本の家族・親戚、友人からも「何とかしなさい」と言われた。確かに、肥満は健康にもよくないし(子どもの糖尿病も少なくないらしい)、また、うちの子の場合は、いじめの原因を増やすことになるし。
 と、今年は息子のダイエットに力を入れることにした。
ちなみに、私は、ダイエットと無縁の人生を送っている。好きなだけ食べているつもりだが、身長167センチで体重は今まで49キロを超えたことがない、妊娠・出産直後をのぞいては。なので、人がなぜ望まないのに太ってしまうのかが、正直、ピンとこない。
以前、急に太った友人に、「摂取したカロリー以上に消費すればいいだけじゃない」、と言ったら、「そんなことは、分かってるわよ!」と嫌な顔をされた。分かってるなら、実行すればいいと思うのだが、今なら、「じゃ、あんたの息子は何?」と言われても返す言葉がない。
息子はよく食べる。夕食のごはんは2回おかわりする。でも、この育ち盛りに、ごはんの量を減らすのは酷だ。と、なると、カロリーを消費するにはスポーツが一番。確かに、去年は水泳教室がキャンセル待ちのまま、1年が過ぎ、何もスポーツをしなかったのだ。
今年は、無事、9月から登録できて、毎週水曜日、午前9時からの初心者向けコースに通っている。息子は、休みの日(フランスの学校は水曜日が休み)早起きするのも苦にならない様子で、嬉々として通っている。

そして、もう一つ、療育センターから勧められ、アソシエーション・フォーラムでブースを覗きに行った、“野外&冒険”クラブのマウンテンバイク教室にも登録した。
土曜日の午前9時~12時半、たっぷり3時間半も自転車をこげば、かなりの運動量になりそうだ。
息子は自転車に乗りたがらず、2年前に買った自転車は、地下室でほこりをかぶっていたが、なぜか、“野外&冒険”クラブのパンフレットを見ていて、急に自転車に乗りたい、と言い出したのだ。
集合場所に息子を送り、戻って来た夫が、「僕の名前は剣です」ってちゃんと自己紹介していた、とうれしそうに報告する。出来の悪い子ほどかわいい、というのは、普通の子が当り前にできることをしただけで、親に大きな感動を与えてくれるから、か。

vtt.jpg

 12時半に夫と一緒に迎えに行くと、ちょうど、若いインストラクターの男性と他に息子より年上らしい男の子二人と自転車をこぎながら、戻ってくるところであった。
 インストラクターに「問題なく、ちゃんと運転していましたよ」と言われ、ほっとする。
後で息子に聞いたら、この日は近くの公園まで乗って行って、そこでバスケットボールをしたという。・・まあ、カロリー消化につながる運動をしてくれれば何でもいいのだが。実は2回ほど、自転車をこぎながら息子は転んだらしい。それでも、癇癪を起して「止める!」などと言い出さず、来週は近くの森か池(周りに自然がいっぱいあるのが郊外暮らしのメリット!)まで出かけるらしく、それを楽しみにしている様子。

 水泳と自転車で、来年の夏には息子の二重あごと三段腹が解消することを、おおいに期待する。
スポンサーサイト



おすすめ情報

おすすめ情報

プロフィール

江草由香

Author:江草由香
編集者・ライター・コーディネーター。
96年に渡仏し、99年から10年間パリ発日本語情報誌『Bisouビズ』の編集長を務め、同時に日本の雑誌やWebに情報記事、コラムなどを寄稿。
2010年に日仏バイリンガルサイト『BisouJaponビズ・ジャポン』を立ち上げ、ジャパン・エキスポなどパリで行われる見本市で、日本企業や日本人クリエーターの出展をプロデュース、展示会の企画コーディネートの仕事を始める。
2018年に22年間のパリ滞在にピリオドを打ち、日本に帰国。

『BisouFranceビズ・フランス』
https://www.bisoufrance.com/

個人ブログ『湘南二宮時々パリ』
http://ninomiyaparis.blog.fc2.com/

最新記事
カテゴリ
AI翻訳
コスメ
コスメ
ワイン
ティー
航空券
レストラン予約
フランス語
アマゾン
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード