FC2ブログ

2012年、印象に残った映画3本

 2012年もあまり映画を見なかったので、ベスト3を挙げるのもおこがましく、で、印象に残った3本を・・・。
・アンドレイ・ペトローヴィチ・ズヴャギンツェフ監督の『エレナ』(2011年 カンヌ映画祭ある視点部門審査員特別賞)
・ベルギー人監督ジョアキム・ラフォスの『A perdre la raison』(2012年 カンヌ映画祭ある視点部門主演女優賞)
・サンドリーヌ・ボネール監督の『J'enrage de son absence』

くら~い作品ばかりだな、こうして見ると。

『エレナ』
裕福であるが厳格な夫、ウラジミールに尽くす元看護士のエレナ。二人は再婚同士で、エレナには元夫との間に失業中で、母親の年金をあてにする出来の悪い息子(結婚して子供がいる)がいて、一方のウラジミールにも父親に反抗的な若い一人娘がいる。エレナは孫の進学費用を夫に出してくれるように頼むが拒否される。ある日、ウラジミールは心臓発作を起こしたことをきっかけに、娘と歩み寄り、遺産を全て娘に譲りたいとエレナに告げるが・・。
タルコフスキーチックなカメラワークから始まり、わくわくさせられ、最後まで期待を裏切らない作品であった。

『A perdre la raison』(『正気を失って』、ってとこかな、訳すると)
ベルギーで起きた母子心中事件(母親は死なず)を題材にしたフィクション。モロッコ出身のムニールとベルギー人ミュリエル。幸福に満ちたカップルは結婚し、4人の子どもをもうけるが、夫婦と同居し、経済的に彼らを援助するムニールの養父の存在が重くのしかかるようになり、やがてミュリエルは精神のバランスをくずしていく。
若夫婦と養父のいわば三角関係が生み出す悲劇であるが、しかし、上映終了後、映画館内にはずーんと重苦しい空気が・・。最後のシーンは必要なかったんじゃないかな、何が起こったか、それまでの描写で十分、理解できるので。

『J'enrage de son absence』(こりゃ、邦訳難しいな。『彼の不存在が狂おしい』??)
夫と7歳の息子ポールと平凡だが幸せな生活を送っていたマドの元に突然、前夫ジャックが現れた。二人の間には息子がいたが、4才の時に事故で死んでしまい、その悲しみから立ち直れないジャックは、ポールに亡くなった息子の姿を重ねてしまい・・。
女優サンドリーヌ・ボネールの監督第二作目。デビュー作は自閉症の姉サヴィーヌについて描いたドキュメンタリー作品『彼女の名はサヴィーヌ』で、この二作目が監督としての力量が問われる勝負作だったが、とてもいい作品だったと思う。しかし、ジャック役のウィリアム・ハートって、ボネールの昔の恋人(二人の間に子どももいるはず)だけど、恋愛関係は終わっても、仕事の付き合いは続いてる、ってこと?

jenrage de son absence

3作とも映画館を出た後に思わず、ため息ついてしまうような暗いストーリーだったので、今年は、別にコメディじゃなくてもいいけど、せめて希望の一筋が見られるような、いい映画に巡り合いたいものだ。
スポンサーサイト



『華麗なる一族』であるが・・

 フリマで買った山崎豊子の『華麗なる一族』(新潮文庫 上・中・下刊)が、面白くて、クリスマスから読みふけった、我が家の暖炉の前で読むのにぴったりな本だわ~(暖炉がよく出てくるのだ、この小説には)なんて思いながら。しかし、下巻に突入し、文庫カバーに書かれていたあらすじをふと目にしたら、<鉄平は、~自殺をとげる>って、ネタばれじゃん!<それを知った鉄平は・・・。>ぐらいにしておいてほしかった、と何だか、がっかりして、下巻は斜め読みした。

華麗なる一族〈上〉 (新潮文庫)
山崎 豊子
新潮社
売り上げランキング: 84,085


本を読んでから見よう、とキムタク主演の2007年度のテレビドラマを動画検索し、わくわくしながら観始めたら、NHKの朝の連ドラ並のうるさいナレーション、こんなにずっと流しっぱなしにする必要あるの?な音楽にうんざりして、なんか台詞も演出も安っぽいな~、と感じて、一話の途中で見るのを止めてしまった。それにやっぱり冒頭は華麗なる志摩観光ホテルのシーンから始めてほしかったわな。まあ、鉄平を主役にしているようなので(キムタクだもんね)、こういう構成になったのだろうけど。

確か映画化されているはず、とググってみると、案の定、社会派映画の旗手、山本薩夫が211分の長尺作品を撮っていた(同じ山崎豊子原作の『白い巨塔』もこの人)。佐分利信が万俵大介って、どうも、彼は小津映画のイメージがあるのでピンと来なかったが、鉄平が 仲代達矢、はまあ妥当で、美馬中が田宮二郎ははまり役だな、高須相子が京マチ子ってのもまさに!って感じで、しかし、テレビドラマで大介役の北大路欣也が、一之瀬四々彦 って、笑うよな、なんてキャストを眺めてみる。
1974年にもドラマ化されていることが分かり、え~、大介をあのどちらかというと正義感あふれ、実直な役どころが多そうな山村聡?(ただ、佐分利信と似てると私は思っているが)、鉄平が加山雄三も妥当なところだな。寧子の久我美子は・・、うーん、もっと公家顔のおっとりした女優がいないかね?美馬中が佐藤慶も、ちとアクが強すぎる、というかアクの方向が違うというか・・、相子が小川真由美、ってのもちょっと彼女はエキセントリック過ぎるし。
とケチをつけていたら、なんとこの1974年度版ドラマが、この1月10日から毎週木曜夜にオンエアされるらしい。全26回なら、あの長編大作も映像化しやすいだろうし、ちょっと楽しみ。



おすすめ情報

おすすめ情報

プロフィール

江草由香

Author:江草由香
編集者・ライター・コーディネーター。
96年に渡仏し、99年から10年間パリ発日本語情報誌『Bisouビズ』の編集長を務め、同時に日本の雑誌やWebに情報記事、コラムなどを寄稿。
2010年に日仏バイリンガルサイト『BisouJaponビズ・ジャポン』を立ち上げ、ジャパン・エキスポなどパリで行われる見本市で、日本企業や日本人クリエーターの出展をプロデュース、展示会の企画コーディネートの仕事を始める。
2018年に22年間のパリ滞在にピリオドを打ち、日本に帰国。

『BisouFranceビズ・フランス』
https://www.bisoufrance.com/

個人ブログ『湘南二宮時々パリ』
http://ninomiyaparis.blog.fc2.com/

最新記事
カテゴリ
AI翻訳
コスメ
コスメ
ワイン
ティー
航空券
レストラン予約
フランス語
アマゾン
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード