FC2ブログ

出会えて幸せ!な、本。クッツェーの『マイケルK』

日本に帰国した時、学生時代によく遊びに行った、マダムシルク(カフェバーとでも言いましょうか。文学、演劇、美術サークルなどの学生がたむろし、夜はお酒も出る店。私はここでバイトをしていた時も)に、文学サークルで仲よくしていた後輩ミワちゃんと、その同学年のタケちゃん、私と同学年だったI氏で集まり、スパゲティを食べながらおしゃべりをした。
ふと、I氏が、「ここ3年くらいの間に読んだ本の中で一番面白かったのは、クッツェーの『マイケルK』だな」、とのたまう。本好きのI氏が言うなら、さぞかし面白いのだろうな、と、みんなカバンからメモ帳を取り出し(アナログな人ばかり)、メモメモする。ジョン・マクスウェル・クッツェー。南アフリカ出身の文学者で小説家。ノーベル文学賞を受賞している。ちなみに、私はそれまで、彼の本を一冊も読んだことがなかった。
 それは、フランスに帰る前々日の夜だったので、翌日、つまり日本滞在最終日に、池袋東武の旭屋書店に行くも、置いておらず。池袋東口のブックオフにも行ってみるが、見つからず。最後のあがきで成田空港の書店を見るも、ない・・当然か。

 手に入らないと分かると、ますます読みたくなるのが、人間の性で、次回帰国まで待つか、パリに来る予定の知人に頼もうか、なんて考えていたら、まもなく、ミワちゃんが、個人ブログ“メンデルスゾーンのはなうた”で、「『マイケルK』を読み終えた」と書いているではないか。く、くっつぇ~!(くっそぉ~!のつもり)。
さらに、ミワちゃんは、クッツェーの他の作品、『恥辱』、『動物のいのち』と読み進め、「クッツェーは癖になる」、とまで書いているし。・・ちなみに聡明なミワちゃんは、クッツェーはくっつぇになる、なんてことは間違っても書かない。
 日本語の本が簡単に手に入らない、異国暮らしの悲しさよ。こうなったら、フランス語で読んでやる~、と近所の本屋に行ったら、クッツェーがあった、3冊も!しかし、『マイケルK』は置いておらず、試しに『エリザベス・コステロ』を購入。
 エリザベス・コステロは、主人公であるオーストラリア在住の67歳の著名な女流作家の名前。文学賞を受賞して、その授賞式に出席し、講演を行うためにペンシルバニアにやって来る。長旅の疲れ、自分の老いを同行の息子に隠さない・・、なんかアンニュイな雰囲気がいい感じ!映画化するなら、シャルロット・ランプリングが適役だな、そういや、フランソワ・オゾンの『スイミング・プールで、彼女は小説家の役をやってたし、なんてわくわくしながら読み始めたのだけれど・・。
彼女の講演の中で次から次へと出てくる、文学作品の引用・・、ジョイスの『ユリシーズ』?タイトルは知ってるけど、読んでまへん。カフカの人間の言葉をはなす猿、って??なんだか、読者を選んじょるな、この本、と(自分の無教養を棚に上げ)、面白くなくなって、投げ出す。そもそもフランス語で読むのが面倒だし。

さて、日本で会った時、ミワちゃんに拙著『夢は待ってくれる』をプレゼントしようと持参したら、なんとすでに買ってくれていて(日本でまだ売ってたのね・・)、フランスに持って帰るのもアホくさいので、ミワちゃんに悪いな、と思いつつも、その場でタケちゃんにあげた。その時に、ミワちゃんが、続きが読みたい、と言ってくれたので、続編が載っている、フリーペーパーの『ビズ・ファミーユBisouFamille』と『ビズ・ビアンエートルBisouBien-etre』合わせて30冊を送る。すると、ミワちゃんが、お返しに、クッツェーの『マイケルK』と『恥辱』(日本語版、もちろん)をフランスまで送ってくれたのだ!う、うれぴー。

それで、『マイケルK』であるが、パリに向かう電車の中で読み始めたのだけれど、文字を追う自分の視線の動きのとろさ(オツムの方か?)にいらいらするほど、引き込まれ、映画館の中でも場内が暗くなるまで読み続け、映画が始まっても、『マイケルK』の続きが気になり、映画など見ずに、本を読み続ければよかったと後悔(じゃ、さっさと映画館を出ろよ、って話だが)。ギャラリーの店番中も、帰りの電車でも読みっぱなし、夜はベッドで眠気と闘いながら読み続け、でも、こんな半分眠ったような状態でこの傑作を読むのはもったいない、と自分に言い聞かせ、中断。翌朝、夫と子供を送り出すや、再び、ページを繰り始め、まもなく読了。
なぜ、この年齢になるまで、この本に出会わなかったのだろう、いやいや死ぬ前に『マイケルK』を読めたことを神に感謝しなければ(謙虚な私)!
と、ここまで言ったら、あらすじを書かないとね。

―アパルトヘイト時代の南アフリカを舞台に、口唇裂を持つ庭師のマイケルが、内戦で疲弊した都市ケープタウンから、母親が少女期を過ごした思い出の地、プリンスアルバートまで、病んだ母親を手作りの車椅子に乗せて旅に出るが・・―(wikiコピペ)

様々なかたちの暴力に遭遇し、それに抵抗して、自由を渇望するマイケルを通じて、人間の本質を描いた名作、というのが一般的な解釈か。
しかし、私にとっては、希望の意味を考えさせられる小説だったのだ。つまり、
肉体は生き続けたがるものであり、精神は生きることに意味づけをしたがる。希望を見出すとは、肉体的そして精神的によりよい状態を、より長く保ち続ける可能性を見出すことで、何をもって“よりよい”とするのかは、一人一人の価値観で判断されるものなのではないか。そして、希望とは、突然どこからか湧き出るものではなく、人の知恵が導き出すものなのだろう。
この小説の最後のパラグラフは、映像的で、希望を象徴するそのイメージは、タルコフスキー作品の最高峰『ノスタルジア』の、温泉を渡るロウソクの火のイメージに匹敵する美しさ!

ぜひ、この素晴らしい作品『マイケルK』を読んでくっつぇ~。


スポンサーサイト



おすすめ情報

おすすめ情報

プロフィール

江草由香

Author:江草由香
編集者・ライター・コーディネーター。
96年に渡仏し、99年から10年間パリ発日本語情報誌『Bisouビズ』の編集長を務め、同時に日本の雑誌やWebに情報記事、コラムなどを寄稿。
2010年に日仏バイリンガルサイト『BisouJaponビズ・ジャポン』を立ち上げ、ジャパン・エキスポなどパリで行われる見本市で、日本企業や日本人クリエーターの出展をプロデュース、展示会の企画コーディネートの仕事を始める。
2018年に22年間のパリ滞在にピリオドを打ち、日本に帰国。

『BisouFranceビズ・フランス』
https://www.bisoufrance.com/

個人ブログ『湘南二宮時々パリ』
http://ninomiyaparis.blog.fc2.com/

最新記事
カテゴリ
AI翻訳
コスメ
コスメ
ワイン
ティー
航空券
レストラン予約
フランス語
アマゾン
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード