FC2ブログ

パリジェンヌ・マラソンに参加する

半年ほど前のブログで予告した、パリジェンヌ・マラソンに9月14日に参加した。
エッフェル塔を背に、イエナ橋からスタートし、セーヌ川沿いを走って、最後は、エコルミリテール(陸軍士官学校)前、シャンドマルス公園の一角にある、ジョフル広場でゴールインする、6.7キロのプチ・マラソンだ。名前からも分かる通り女子マラソンだが、自称女性の方々の姿もたまに見かけられるという。チーム参加が可能で、私は今回、パリ在住日本人女性チームに入れてもらうことに。他のメンバーは去年も参加し、“歩いた”と聞いたので、これなら私にも、と思ったのだ。みんなで歩けば怖くない、ってやつ。

前々日の金曜日に、ジョフル広場の特設会場で、チームメンバーと待ち合わせて、ゼッケンを取りに行く。ゼッケンは前日までに取りに行かなければならない。確かに、参加者が3万人超なので、当日に配布していたら、パニックになるわな、フランス人の対応では。
会場内には、スポーツ用品や健康食品などのメーカーのブースが並び、中央ステージ上で、フィットネスのインストラクターがデモンストレーションをし、その前のフロアでは30人近い人々が、フィットネスに興じている。なんか、お祭りの雰囲気だ。ゼッケンを取りに行くと、オレンジ色のナイロン製ナップザックと空色のTシャツをプレゼントされる。どちらも、パリジェンヌ2014のデザインロゴとReebokのロゴ入り。

パリジェンヌ・マラソンは、毎年、テーマとなる国あるいは地域が決まっていて、今年は“カリフォルニア”なので、我がチームは、ポンポンガールをイメージし、紫色のポンポンを持って、豹柄チュチュを履くことにする。カツラとかサングラス案もあったけど、反対多数で却下。まあ、カツラは暑いし、サングラスは走っている時にずり落ちそうだし。ちなみに去年は“日本”年だったので、浴衣を着て走ったんだって。ゼッケン受け取りの時に、メンバーの一人がネットでまとめて買ってくれた、ポンポンとチュチュも受け渡し。後は、各々が日本のネットで購入した、銀色のブラジャーが描かれているTシャツに、スパッツをはいて、衣装は完ぺき!

実は、パリジェンヌ・マラソンに備えて、半年前から、ちゃんとジョギングを始めていた私。7月のスペインでのヴァカンスの期間以外は、週に3回ほど走っていたのだ。と言っても、15分ほど、家の周辺を回っていただけで、一度、走り終わって帰って来たら、息子に「忘れ物?」と聞かれたことも。
また、8月の終わりに日仏家族の会の理事打ち上げ会で、パリジェンヌ・マラソンの話になり(去年参加した人が数名いた)、その時に、「ジョギングって、20分走らないと効果がないのよ」と言われ、もっと早く知りたかった~、とがっくり。ただ、ググってみたところ、それは単にダイエット効果がないということらしく、持久力が付かない、とかそういう問題ではないようだった。たった15分と言えど、まったく走らずにいきなり参加するよりはマシに違いない。

さて、マラソン当日は、天気予報は雨だったのに、とてもいい天気。パリジェンヌ2014のデザインロゴ入りTシャツを着て、うきうきと家を出る。すると、な、なんとコンフランの駅に、例のオレンジのナップザックをしょった若い女の子がいる。まあ、参加者3万人なんだから、この町から一人や二人、参加する人がいてもおかしくない。と、隣駅アシエールからも60代とおぼしきマダムが同じように、ナップザックをしょって乗って来る(後で調べたら、61歳以上の参加者が全体の1%だから、300人以上いるということで、最高年齢が86歳であった)。
その後も電車が止まるごとに、空色Tシャツ、オレンジナップザックがどんどん車内に増えて来て、シャルル・ド・ゴール・エトワール駅では、ランナーたちがどっと電車を降り、会場に向かうメトロ6番線への乗り場へと勇ましく(と感じた)歩いて行く。メトロ車内は、ランナー専用電車かと思われるほどで、だから圧倒的に女性が多いのだが、その中に、応援者と思しき男性たちもちらほら。
デュプレクス駅で一緒に降りた、ランニングウェア姿の70歳近い(と思われる)マダムは、実に姿勢よくスタスタと歩き、その後を大きなリュックをしょった伴侶と思しきムッシューが遅れまいとついていく。奥さまの荷物持ちか?

エッフェル塔の近くに住んでいるメンバーの家に集合し、そこで着替えて、荷物も預かってもらい(感謝!)、いざ出陣。で、会場に着くと、すごい人(3万人のランナー+応援者たち)で、エッフェル塔に登ろうと行列を作る観光客たちが、圧倒されている様子であった。

FC2スタートを待つ
(スタート前の混雑)

スタートは9時45分。なにせこの人数、イエナ橋のゲートから、たぶん、1000人ずつぐらい(それ以上?)の時間差スタートになるのだが、この待ち時間が長い。
スタートゲート近くで、男女ペアのフィットネス・インストラクターが、サーフィンUSAなどに合わせて、準備体操(ダンス)をし、みんなそれに合わせて体操したり、後は仲間内でおしゃべりしているうちに、「どうやら、次は私たちの番みたいよ」と周りが言い出し(このいい加減さがフランスっぽい)、30秒からのカウントダウンが始まり(マラソンって、ピストルの音でスタートするのだと思っていたが)、ちょっとどきどきしながら、スタート。
周りのランナーたちは、けっこうなスタートダッシュぶりで、気が付いたら、私たちと杖をついて参加したマダムとその友人が取り残される。まあ、いい、目標は完走(完歩?)だ。

FC2応援演奏
(応援の太鼓隊)

まもなく、応援の打楽器バンドの姿が。コース内、ところどころに、打楽器を中心としたバンドがいて、ランナーたちを鼓舞する。やっぱり、マラソンなら打楽器だよね。応援ラッパはなかったけど、おじちゃんたちがタータンチェックのスカートをはいた、バグパイプバンドがいた。また、私が和太鼓を習っている大江戸助六流和太鼓真の元生徒で、独立して、和太鼓グループを作ったトルコ系男子が演奏しているのに気が付き、走りながら手を振った(ポンポンを持った手で)ら、向こうも気付いた様子だが、手は振り返してくれなかった、演奏中だったので。

だいぶ走ったつもりのところで、2キロ地点の札が見え、愕然。朝のジョギングは距離を計ったことがなく、でも3キロくらいは走っているつもりだったけど、ありゃ、たぶん、2キロ程度だったんだな。とここらへんから、完歩(すでに歩き)できるかどうか不安になってくる。

3キロ地点で、補給所。水とバナナが。私は水だけ飲む。「去年はオレンジもあったのに!」と他のメンバーから不満の声が。

沿道には箱根駅伝かと思えるくらいの観戦者がいて、「がんばれ、女子!」の声援に思わず、手を挙げて、ポンポンを振ってこたえる。

FC2走る様子
(走る人と歩く人、さまざま)

5キロ地点を超えた頃、ここまで来られた自信から、か、元気が出てくる。

最後は、チーム6名で手をつないでゴールイン!実は、メンバーの中にはまっとうなランナーもいて、歩き組みに付き合ってくれたらしい。『走れメロス』顔負けの美しい友情物語、と感涙。エッフェル塔をバックにみんなで記念写真を撮る。

荷物を引き取りに行き、着替えて再びシャンドマルス公園に戻り、みんなで輪になってビールを飲む。うめぇ~。
途中で声援を送ってくれた、メンバーのだんなさまで本格的にマラソンをされているSさんも加わる。彼は、な、なんとあのメドックマラソンに前日参加して、ボルドーから戻って来たばかりだった。
メドックマラソンとは、ワイン産地として有名なメドック地方のブドウ畑の間を、20か所以上のシャトーをめぐり、そこでワインを飲みながら、走るフルマラソンである。飲むだけじゃなくて、肉、生ガキ、チーズ、パン、お菓子なども出てきて、それを食べながら走り、しかも仮装必須だという、これぞフランス!なマラソンだ。ワイン飲みながら走れるの?と素人(何の?)私など疑問に思うが、有名シャトーのワインをフランス人たちはここぞとばかり飲みまくり、それで、ブドウ畑で平気で立ちションなどしているらしいが、それが女装したランナーだったりした、なんていう話を楽しく、伺う。

エッフェル塔をバックに
(記念撮影)

来年のパリジェンヌ・マラソンはもう少しまじめに走るぞ!とやる気満々になっているが、その前に、12月にパリ郊外で行われる、サンタクロース・マラソンに出ようか、という話になる。メンバーの数名はすでに、去年参加済みで、その名の通り、サンタクロースの衣装を着て走る、10キロマラソンである。衣装は主催者側が用意し、最後にランナーにプレゼントされるらしい(参加費用に衣装代が入っているんだろうけど)。う~、サンタクロースになって走ってみたい、でも、パリジェンヌより長いし。しかも、最初から最後まで走らなければいけないみたい・・、(マラソンに歩きOKを期待するのもおかしな話だが)。

半年前のブログを読み返してみたら、「来年は10キロマラソンくらいを目指してやろうか」などと、身の程知らずなことを書いているし。今から準備すれば間に合うだろうか・・、と苦悩する日々である。
スポンサーサイト



な、懐かしい、カラマーゾフの兄弟

FB友達が、高野史緒著の『カラマーゾフの妹』が面白いと書きこんでいた。
な、懐かしい・・、ドストエフスキーの『カラマーゾフの兄弟』を読んでから、気が付けば30年近く経っているのだ。思わず、そうコメントすると、彼女は原作を再読する予定で、「買い直そうと思っているけれど、訳は誰でしたか?」と尋ねて来た。
『罪と罰』と『悪霊』は、新潮文庫版で読んだ記憶があるが、『カラマーゾフの兄弟』は、実家の書斎に並んでいた、筑摩の世界文学大系の中の一冊。しかも、タイトルが、『カラマーゾフ兄弟』だった気がする。確かにカラマーゾフが苗字なら“の”は必要ないよな、吉田兄弟であって、吉田の兄弟ではない。ググってみたら、訳は小沼文彦となっていた。(今度帰国した時に、実家で確認してみよう)。

気になって、色々ググってみると、この小説、数種類の訳本が出ている。『謎解きカラマーゾフの兄弟』を書いたロシア文学者の江川卓(目にしただけで、怒りがこみ上げてくる名前。そう、小林繁さまを巨人から追い出した、あの憎き江川と同姓同名。まあ、おかげで、私は阪神タイガースという素晴らしいチームのファンになれたのだから、感謝しなくてはいけないのか。ちなみにペンネームなんだって)もちゃんと元祖を訳していたのね。『謎解き~』も興味があったけど、なぜか読まずじまい。今度帰国したら、『~妹』と一緒に購入しようか。しかし、『カラマーゾフの兄弟』は、面白かった記憶はあるんだけど、内容はうろ覚え。『~妹』と『謎解き』を読む前に、原作を再読した方がいいんだろうけど、面倒だな。私、遅読だし。

同じく、続きが気になる、未完の大作と言えば、夏目漱石の『明暗』で、10年ほど前に読んで、いいところで終わっているので(これから、不倫?漱石本人も心残りだったろう)・・確か、『続明暗』を書いた人がいたよなぁ(水村美苗です)、とアマゾンで探したら、その時は絶版になっていた。
ところが、去年、日本に帰国した時に、本屋でちくま文庫版を見つけたので、購入したのだが、この10年間で、原作のあらすじをほとんど忘れてしまったのだ。『カラマーゾフの兄弟』以上にうろおぼえ。そう、若い頃読んだ本の方がよく覚えている、悲しいことに。それで、こちらも先に原作を読み直さないとなぁ、と思っていたが、面倒くさくて、『続~』は、つん読状態。カラマーゾフ関連本もその二の舞になる恐れが・・。

話を、カラマーゾフに戻すと、ググっているうちに、去年、日本で連ドラになっていたことを知る。むか~しに、ソ連映画の『カラマーゾフの兄弟』を観たが、4時間近い長尺にもかかわらず、原作の筋を入れ込むのにやっとこさ、って感じの作品で、それでも原作を読んでなきゃ、分からんわ、というありさまであったが、案の状、一緒に見に行った友人は原作未読で、筋が掴めなかったと言っていた。NHK大河ドラマくらいの尺が必要だろうなぁ、と思ったのだ、その時に。
で、さっそくYouTubeで見つけて、今、第2回目を見終わったところ。悪くないんだけどさ、黒澤家(唐澤じゃ、ダメだったのかしら?)で、ストーンズの『黒く塗れ』で、カラスって、うーん、黒々してるなぁ。あと、女優陣がイマイチな気が。それから、タイトル『黒澤兄弟』にして、原作『カラマーゾフの兄弟』とする方が自然じゃ、ありませんか?タイトルでインパクト与えたかったのかね。とりあえずは、続きが楽しみ。第2回目では、ツェッペリンの『ゴナ・リーブ・ユー』が使われていた、何気に懐かしい。

しかし、色々ググっていたら、“カラ兄弟”って略している人がいたけど、ぴんから兄弟みたいで、嫌だな。ちなみに、私たちが学生の頃は、“カラマゾ”と呼んでいた。『罪と罰』は”ツミバツ”ってほとんど略する意味なし。



おすすめ情報

おすすめ情報

プロフィール

江草由香

Author:江草由香
編集者・ライター・コーディネーター。
96年に渡仏し、99年から10年間パリ発日本語情報誌『Bisouビズ』の編集長を務め、同時に日本の雑誌やWebに情報記事、コラムなどを寄稿。
2010年に日仏バイリンガルサイト『BisouJaponビズ・ジャポン』を立ち上げ、ジャパン・エキスポなどパリで行われる見本市で、日本企業や日本人クリエーターの出展をプロデュース、展示会の企画コーディネートの仕事を始める。
2018年に22年間のパリ滞在にピリオドを打ち、日本に帰国。

『BisouFranceビズ・フランス』
https://www.bisoufrance.com/

個人ブログ『湘南二宮時々パリ』
http://ninomiyaparis.blog.fc2.com/

最新記事
カテゴリ
AI翻訳
コスメ
コスメ
ワイン
ティー
航空券
レストラン予約
フランス語
アマゾン
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード