FC2ブログ

ウクレレの会とギターの会

パリ立教会のS会長から誘われて、ウクレレの会、なるものに入る。パリのとあるビストロの地下階で、月に1度集まって、ジャカジャカとウクレレをかき鳴らす。17時半~20時の客が少ない時間に、飲み物代を払うだけで使わせてくれる、太っ腹な店だ。地上階で、週末はアコースティックライブをやっているので、音楽好きに優しい店なのだろう。
和太鼓はずっと習っているけど(上達しませんが)、メロディ楽器もいいな、ピアノはたまに触るけど、弦楽器ってちゃんとやったことないよなぁ(実は中学の時フォークギターを買ったんだけど、すぐ挫折した経験あり)、と思い、さっそく25ユーロのウクレレを購入。この値段なら、三日坊主になっても、惜しくないし。

しかし、ウクレレと聞いて思い浮かぶのは、牧伸二と高木ブー。なにゆえ、面食いの私がこんな楽器を、という気にもなる。ウクレレ界のジミヘンと呼ばれるジェイク・シマブクロの速弾きや、ハワイの美女ウクレレ奏者、タイマネ・ガードナーのツェッペリンの『天国への階段』演奏もyou Tubeでチェックしたけど、どうしても、ウクレレってコミック感が抜けないのよね、楽器のサイズのせいなのか、音色のせいなのか・・。
ただ、小さくて軽いってのは、便利だ。一度、ウクレレの会の前に、見本市の取材をしたことがあるが、大きな布バッグに入れたまま持ち歩いて、見本市会場を歩き回っても、それほど苦にならず。ギターだと、こういうわけにはいかないだろう。

実は、ウクレレの会と同じカフェで、ギターの会も、月に一回、催されている。S会長をはじめ、両方に参加しているメンバーもいて、中にはウクレレの会でギターをつま弾いている人も。忘年会は両会合同で行わるのだが、忘年会の前にギターの会があったので、顔を出したら、吉田拓郎の『洛陽』、かぐや姫の『神田川』なんぞをみんなで弾き語りして(パリのカフェで、だよ)、楽しそうであった。
ちょうど息子がギターを止めてしまい、フリマに出すと言ったので、とんでもない、と怒ったら、ママにあげる、と言われたので、息子のお古のギターを持って、ギターの会にも参加することにした。ジェフ・バックリーの『ハレルヤ』の弾き語りを目指すのだ。

で、ギターの音の方が気に入ったので、会の前日にしか練習しなかったウクレレと違い、ギターはけっこうハマって、毎日触っている。You Tubeで、ギター初心者のための練習メニューを見ながら(便利な世の中になったもんだ)、自主練。まずは、簡単なコードを覚えるところから始める。しかし、うまく抑えられず、きれいな音が出ない。気にせず弾いているうちに、きれいな音になる、というギターの会の先輩のお言葉を信じて、とにかく弾く。2つのコードをチェンジしながら、ストロークを色々と変える練習。循環コードをなめらかに弾く練習(要するにゆっくり弾けばいいのである)。カノン進行なるものも覚えたので、これで、遠藤ミチロウの『カノン』の弾き語りもできるぞ。
『ハレルヤ』に関しては、前奏の耳コピなど始め、簡単なコードしか知らないので、アルペジオ部分も、音を取って、抑える場所を探すという自己流で弾いている。
 
ギターはウクレレと違って、布バッグの中に隠すわけにいかず、背中にしょって歩くので、「ギタリスト?」という視線を向けられると、思わず目をそらす(自意識過剰か)。なので、たくさん練習して、まずは「ギター、ちょこっと弾けます」という顔ができるくらいになるのだ!

ウクレレとギター

1ヶ月でアノ名曲が弾けるウクレレDVD【冊子&豪華特典付き】

スポンサーサイト



謹賀新年 2016

bonneannee2016.jpg

あけましておめでとうございます。
今年こそは、ちゃんとブログを定期的に書く!が、年始の抱負。
去年まで3年間続いた大殺界を抜けて、今年はいい年になるはず、いや、いい年になるのだ、と自分に暗示をかける。

ただ、振り返れば、去年も後半から、けっこういい感じだったんだよね。
まず、嫌だった会社を辞めることができて、解雇補償金までもらえたし。あのままいたら、癌になるのでは、と思えるストレスフルな会社だったので、寿命も延びたかと。

解雇が決まった直後は、そこに幸運を全部持っていかれたかのごとく、小さな不運が続き、プチ鬱状態に陥ったことはブログにも書いた。その後、面白い仕事が入ってきたり(単発で終わってしまったが)で、運が向いてきたかも、と思っていたところに、あのショッキングなテロ事件が起こる。まあ、おかげで、普通の生活ができるありがたみ(月並みな表現ですが)を感じることができたが。また、テロについてパリ在住者の目線で原稿を書くことを勧められ、執筆した記事がハフィントンポストに掲載され、思いのほかいい評価を受け(編集者、ライターをはじめ、色々な人からお褒めメールをいただいた)、いい気分になる(←単純)。

ビズジャポンで毎年出展している、12月の展示販売会は、テロの影響で客足が鈍ることが心配されたが、ふたを開けてみれば、入場制限をせざるを得ないほどの大盛況で、モノも驚くほどよく売れた。「明日をも知らぬ命、ならば欲しいものはどんどん買ってしまえ」なんて思うフランス人が増えたのだろうか?

展示会の後は、食事会や忘年会など楽しい年忘れイベントが続き、大みそかは久しぶりに我が家に人を招待したのだが、その前に大掃除をしたおかげで(白状します。リビングのカーテンは1年以上、洗濯しておりませんでした)、すがすがしい気持ちで新年を迎えられた。

このいい感じの“流れ”が、しばらく続くことを祈るばかり・・。

おすすめ情報

おすすめ情報

プロフィール

江草由香

Author:江草由香
編集者・ライター・コーディネーター。
96年に渡仏し、99年から10年間パリ発日本語情報誌『Bisouビズ』の編集長を務め、同時に日本の雑誌やWebに情報記事、コラムなどを寄稿。
2010年に日仏バイリンガルサイト『BisouJaponビズ・ジャポン』を立ち上げ、ジャパン・エキスポなどパリで行われる見本市で、日本企業や日本人クリエーターの出展をプロデュース、展示会の企画コーディネートの仕事を始める。
2018年に22年間のパリ滞在にピリオドを打ち、日本に帰国。

『BisouFranceビズ・フランス』
https://www.bisoufrance.com/

個人ブログ『湘南二宮時々パリ』
http://ninomiyaparis.blog.fc2.com/

最新記事
カテゴリ
AI翻訳
コスメ
コスメ
ワイン
ティー
航空券
レストラン予約
フランス語
アマゾン
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード