FC2ブログ

無印良品・鎌倉の家モニター落選と上野千鶴子の『おひとりさまの最期』

無印良品が、同ブランドの“窓の家”に2年間無料で住む、“鎌倉の家住まいモニター”を募集していたので、ためしに応募した。場所は鎌倉駅から徒歩15分、由比ガ浜近く、とある。
日本に帰国して、鎌倉でフレンチ風カフェ&ギャラリーをやろうかな、と画策している。ビズのアーティストメンバーである鎌倉在住クリエーターさんが、カフェをオープンするなら、由比ガ浜通りがお勧めですよ~、なんて言っていた。また、ネットで見つけた、由比ガ浜通りにある、とてもユニークな不動産屋に、この夏の帰国時に飛び込んで、そんな話をしたら、1時間近く、お付き合いしてくれたり。お、由比ガ浜か、縁がある、なんて。

無印良品のサイトによると、4年前に“三鷹の家”で、同じようにモニター募集をしたところ、5,533人の応募があったそうで、人気の鎌倉ならこの倍は来るだろうな、と。二者択一さえほぼ確実にハズす、くじ運の超悪い私が当選するわけない。って、別に抽選じゃなくて選考なんだけどさ。出来レースの可能性もなくはないし・・・。
ともあれ、応募しなきゃ、選ばれないわけだし、と8月の締め切りを目指して、ぼちぼちとアピールシートを作成し始めた。

そもそも、このモニター募集キャンペーンは、何のためにあるのか?それは家を売るためです!って、北川景子主演の『家売るオンナ』は、久しぶりにオンエア(こちらだと動画UP)が待ち遠しいドラマだったな。女主人公のインパクトの強烈さは『女王の教室』以来かも・・、といかん、話がそれてしまった。
つまり、無印良品の商品=家を売るためのPR戦略であり、家購入適齢期の人が選ばれるに違いない。小さな子どもがいる、30代夫婦、みたいな。
三鷹のモニター夫婦は、夫30代、妻20代で、住まいレポートというタイトルでブログも連載し、モニター期間中に赤ちゃんが生まれている。家の購入を検討中のブログ読者は、自分たちの生活と重ね合わせながら読むだろうし・・。
翻って、我が家は初老夫婦(いやいや、ミドル世代夫婦と呼ぼう)、しかも旦那はがいじん・・。となると選ばれる確率は・・・。

そこで、一計を案じる(ってほど、大袈裟なものではないが)。
「子育てに親の高齢化問題が重なる年代なので、在宅医療を踏まえた“終の棲家”なんてテーマもブログに取り上げ、退職金での建替えを考えるシニア層にアピールします!」と書いてみた。

ちょうど、上野千鶴子の『おひとりさまの最期』を読み終わったところだったのだ。『おひとりさまの老後』が興味深い内容だったので、この夏、帰国時に続編の同書を購入。年老いた“おひとりさま”というと、生涯独身をつらぬいた人のイメージがあるが、子どもがいてもやがて巣立って行くし、配偶者がいても、先立たれたり、流行りの熟年離婚だってありうる。つまり、だれもが、最後はおひとりさまになるのだ、という説に納得。同書は、在宅介護、ホームホスピス、在宅ひとり死の実践例がレポートされているが、日本も在宅医療・介護をサポートするサービスが、徐々にではあるが、整備されているようだ。体が不自由になっても施設には入らず、できる限り自分の家で生活したいと願う人は多いだろう。
 フランス人は自立心が強いので、子どもは成人したら親元を出て行くし、親の側も高齢になっても子どもを頼って同居する、という話は、まず聞かない。夫の祖母は(義母を妊娠中に夫=私の夫の祖父が病死し、その後は独身をつらぬく)、90歳で足の骨折をきっかけにやむなく施設に入居するまで、一人暮らしをしていた。現在、83歳の義母も一人暮らしをしている。3年前に義父はパーキンソン病で亡くなったが、死の数日前まで、自宅で過ごした。自立心も大事だが、不自由になった体で、自宅に住み続けられるかどうかは、家のつくりが大きなポイントになる。義父母宅は、一階にリビング、キッチン、寝室、バスルーム、トイレがあり、室内はもちろん、門から玄関までも段差がない。寝室が二階だったら、最後は車いすを使っていた義父に義母との二人暮らしは難しかっただろう。義母によると、同年代のご近所さんたちの中でも、二階にリビングとキッチンのある家に住んでいる人たちが、まず、エレベーター付きのアパルトマンに住み替えたそうだ。

   

モニター募集のアピールシートには、間取り案も書き、一階には、客間になる和室を作った。ふすまではなく、光の入る障子でリビングと仕切る。しかも猫間障子を使うことを提案。真ん中にガラス窓があって、その部分にも開閉できる小さな障子戸がついているタイプの障子だ。この夏、鳴子温泉の安宿のしかも自炊棟なるところに泊まったのだが、長い廊下に沿って、宿泊部屋が並び、廊下と各部屋を仕切るのが、この猫間障子。窓部分の障子戸を開けると、室内で座していれば、外が覗けるが、廊下を歩く人はかがまないと中が覗けないという、座の文化ならではの知恵?そして、間取り案では、この和室は、畳を外せば、バリアフリーの板間となり、在宅介護室としても使える、と記す。
無印良品の家のコンセプトの一つに、“間取りを最初から作りこまない”というのがある。長く快適に住み続けるために、家族構成や年齢の変化によって、しきりを作ったり、はずしたりして、間取りを変えるというものだ。住まい方の変化に対応し易い家、というのはとてもいい発想だ。何せ、多くの庶民にとっては、家って一生に一度の大きな買い物だから。無印良品は、家具で間仕切りをすることで、空間を活用する、という提案をしているが、確かに、壁を作ったり、壊したりするより簡単だし、費用もかからないが、地震国日本で、間仕切りに背の高い家具を使うのは、ちょっと不安だな。

他の自己PRは、自分はフリーライターなので、ブログが書けること。まあ、ブログなんて今時、誰でも書いているが。申し込みフォームにブログアドレスを記入する欄があったが、こんなだらだらと長く、しかも屁理屈の多いブログは、かえってマイナス評価につながるのでは、と心配になる。
そして「MUJIは、フランスでも人気なので、≪無印良品の家≫事業がフランスに進出する時、お役に立てます」と付け加えておく。ブログをフランス語で書け、と言われたら、面倒だが。

ともあれ、間取りまで考えて、そこで生活している自分を空想していたら、なんだか楽しくなって来た。

モニター応募は、もちろん夫にも許可を得る(ほとんど事後報告だったけど)。神社仏閣の写真を撮るのが大好きな夫は、鎌倉がお気に入りだし、8月末に、近所に住む剣道仲間の家で行われたBBQパーティに、日本在住の七段のフランス人の剣道家がパリ出張中とかで、同席したのだが、彼は以前鎌倉に住んでいたことがあり、「八幡宮にある剣道場は、和太鼓を音を合図に稽古が始まるんだ」なんて話をし、夫は、「いいなぁ」と羨ましげだった。

さて、無印良品からは、月半ば頃にメールニュースが届き、『応募者総数12,562組!『担当者がうれしい悲鳴を上げながら、みなさんの応募内容を1件1件丁寧に見させていただいています』とあった。・・・ご苦労なこってす。

それで、先日、“モニター応募の結果”と題するメールが届き、『江草 由香様の鎌倉の家モニターは、ご希望に添えないこととなりました。』撃沈。・・第一次選考も通過しなかったかぁ。
しかし、1万2千人を超える応募者一人一人にちゃんと、返信しているんだな。まあ、名前の部分を書き換えているだけで、たぶん、ワンクリックで簡単にできるんだろうけど、それにしても、丁寧な対応だな、とちょっと感心。「たとえ選ばれなかったとしても、いつか無印良品の家を建てたい。」なんてアピールシートに書いた人もいたという。応募者は見込み顧客、と考えれば、こういう対応も大事な営業活動の一環か。

夫に「落ちた」と言うと、笑いながら、「早く結果が分かってよかったじゃないか」。
いや、どうせ外れるなら、もう少し長く夢を見ていたかったかも。宝くじって買ったことないけど、抽選日まで、「もし、当たったら、何に使おうか」ってあれこれ夢想する・・、それが楽しみ、って人も多いんだろうな。
スポンサーサイト



キッチンのリフォーム

引っ越し10年目にして、キッチンをリフォームした。

築50年の我が家のキッチンは、前の持ち主が、一度リフォームしているが、それでも、入居前に再リフォームするかどうか迷うほど、古びた感じがした(予算の都合で見送り)。
奥のモノが取り出しにくい戸棚タイプのキャビネットが中心で、コの字型キッチンのコーナーの一つは、完全なデッドスペースで、もう一つは、中に入れたものを取り出すのが面倒なので、滅多に使わないもの(=実は必要のないもの)しか入っておらず。で、最近は、引き出しが外れて落ちたり、蛇口が水漏れしたり、シンクの下から嫌な臭いもするようになり・・。

FC2キッチン前1
(コーナーが完全なデッドスペース)

FC2キッチン前2
(引き出し、落ちてるし)

FC2キッチン前3
(吊り棚の下が使いにくい)

リフォームして、鍋類も入る深めの引き出しや、コーナーを活かす回転式シェルフを取り入れれば、使い勝手もよくなり、収納量も増えるし、と夫に提案すると、最初の一言が、「どれだけ、金がかかると思ってるんだ」・・フランス人は基本的にケチです。

夫への説得工作は、
・新しいキッチンは、家の資産価値を高める。
築20年で家の資産価値は0になるとも言われる日本と違い、フランスでは、古い家でもリフォームを繰り返して、住み続けるので、20世紀初頭に建てられた家なども普通に売買されている(逆にこの時代の家は外見が趣があって、高かったりする)。今、キッチンをリフォームしておけば、10年後に売却するとしても、十分きれいだろうし(きれいに使おう、っと)、特にキッチンのリフォームはお金がかかるので、それが必要か否かが、購入の決め手になることも。そう、家を買うと、リフォーム以外にも、引っ越しとか家具の購入でお金がかかるので。賃貸するにしても、キッチンがきれいなら、借り手を見つけやすいだろうし。
・何より、自分たちにとって、新しいキッチンは、使っていて気持ちがいい。特に我が家は夫が料理をすることが多いんだし。
の2点をまず、強調。
そして、平面図にイケアのサイトで選んだキャビネットをレイアウトしたプランを作って、夫にプレゼンテーション。
「でも、工事は1週間はかかるから、その間、キッチンが使えないのは不便だぞ」と、なるべくリフォームしない方向に持っていきたいらしい“敵”に対し、
「じゃ、ヴァカンス中にやってもらおうよ」と提案する。
というのも、この夏は、7月にスペインに3週間行く予定だったのだ、夫と子どもが二人で先に車で出かけ、私は1週間後に飛行機で合流する我が家の夏のヴァカンス・パターンで。さっそく、10年前、この家に入居する時に壁紙張り、ペンキの塗りなどをお願いした、日本人の職人さんに連絡すると、ラッキーにもその時期の工事が可能だという返事。彼は仕事が丁寧だし、何より留守中に、安心してカギを預けられるというのが大事なポイントだ。見積もりを出してもらったら、夫が「高い」と言い出す(何にでも文句をつける性なので)。それで、廃材(取っ払った古いシステム)の処理をこちらでやることにして、その分の費用を引いてもらって、夫も納得。月に一度、粗大ごみ回収の日があり、廃材はその日に道に出しておけばいいので。

 夫の気が変わらないうちに、と夫の仕事が休みだった平日の午後に、車で20分ほどのところにあるイケアへ。展示スペースの色々なキッチン・システムを見てから、パソコンのディスプレイ上でキッチンの3Dプランニングをするコーナーへ。店員さんに操作方法を教えてもらい、自分たちでプランニングを始める(店員にプランニングをしてもらうと有料)。どのキャビネットを使うかは、すでに決めていたにも関わらず、ツールの操作に慣れるまで時間がかかり、保存を忘れ、途中まで作ったものが消えちゃったり、で、気が付けば、夕食の時間が迫っている。プランはイケアのサーバーに保存しておけば、家のパソコンからもアクセスできるので、息子に「夕食が遅くなるから、ポテチでも食べていて」と電話してから、とりあえず、出来上がったところまで、印刷しておこうと思ったら、プリンターが壊れていた。まあ、フランスだから、仕方がない。
 家に戻って、プランを完成すると、選んだ商品の価格まで入ったリストが同時に出来上がる。なかなか便利だ。

 日曜の朝、開店時間に合わせてイケアに行ったところ、入口に行列が。セール中でもないのに、やっぱり人気なんだわ、イケアは。キッチンコーナーに急ぐも、受付には、すでに列が。でも、思ったより、店員がてきぱきと動き、ほどなく、自分たちの番になり、印刷したプランとリストを見せると、「そのまま、レジへどうぞ」って、最初からレジに向かえばよかったのだな。
配達予定日は、ヴァカンス一週目で、夫と子どもはすでにスペインに発った後なので、私が受け取ることになり、職人さんに連絡して、その日から工事を始めてもらう段取りに。

そして、“工事のための準備”に取り掛かる。
まずは、イケアからの配達物(けっこうな量)を置く場所を確保するために、地下ガレージを整理し、この機会にガラクタ類(錆びたスコップとか、取っ手の折れたバケツとか・・なんでこんなモノ、取ってあったんだか)をゴミに出す。キッチンも収納のデッドスペースや戸棚の奥にあった不用品(すでに本体を捨てた調理用ミキサーの付属品とか、赤ちゃん用マグカップとか)、賞味期限を3年くらい過ぎている調味料の類などを処分。食器、調理器具の類は最低限必要なものを残して、プラスチックの収納箱に入れ、地下室に運ぶ。
夫は“いつか役に立つに違いない”モノをため込む癖があり、「紅茶の空き缶を20個くらい地下室に積んでいるのよ”と知人に愚痴ったら、「一つや二つ、黙って捨てても、気づかないんじゃないですか?」と言われたので、試してみたら、その通りだった。
で、今回も、夫との合意の元で捨てたもの以外で、あまり取っておきたくないもの(ふちの欠けた皿など)は、夫たちがヴァカンスに出た後に、捨てることに。

工事の前日に、キッチンを空にする。電気ポットとオーブントースターと炊飯器とスチームクッカーをリビングに持ち込み、紙コップや紙皿を用意し、工事開始からスペインに出発するまでの5日間(工事のない土日含む)、キッチンなしで生活できるように、準備万端整える。友達と夜ごはんを食べに行く約束もあるし、いざとなれば、近くのマクドナルドに行けばいいし。

工事初日は晴天。イケアの配達は予定通りの時間に(さすが)。工事は、キャビネットの設置だけではなく、キッチンの壁、窓枠のペンキ塗りから、電気コンセントの増設、水の配管工事まで頼んだので、けっこう大掛かりになった。
職人チームは、Hさんとその大学生の娘さん(夏休みのバイト)と二人の職人さん。みんな、在仏日本人だ。昼ごはん用に、とホットプレートと焼き肉の材料、日本製の焼き肉のタレに、炊いたご飯まで持って来たので、私もお相伴にあずかる。庭のテラスで、焼き肉を食べて、ヴァカンス気分に。翌日は、ゆでたうどんとだしつゆを持って来てくれて、こちらもビールを買って、冷やして置いたり(冷蔵庫はリビングに移動してそのまま使い続ける)、工事3日目は、再び焼き肉だったので、ご飯を炊いておく。職人さんの一人がデザートを持って来てくれて、Hさん、「普通だったら、サンドウィッチで済ますよね。こんな贅沢な現場はないよ」と自慢する、確かにグルメな工事現場だ。
古いシステムを取り外して、電気工事が済み、キャビネットの組み立てが始まるところまで見て、私はオルリー空港に向かう。スペインのコスタブランカの貸別荘にWIFIがあるので、「何かあったら、LINEで連絡して」とHさんの娘さんに頼む。便利な時代になったものだ。

ちなみに、スペインは物価が安いので、私たちが借りたプール付き別荘の1週間の料金が、Hさんがこの仕事が終わった後、二人の娘さんとロンドンに3日間遊びに行くことになっていて、そのホテルの宿泊費とほぼ同額だという。まあ、大都市ロンドンとスペインのリゾートを比較しても仕方ないか。

FC2キッチンスペインの家
(スペインの貸し別荘)

FC2キッチンスペインの家庭
(こんな庭まで付いていた)

FC2キッチンスペインの家テラス
(キッチンから直接出られる、テラスからの眺め)

FC2キッチンスペインの家プール
(テラスの目の前にプールが)

7月下旬に、どきどきしながらスペインから戻って来たら、輝くばかりの白いシステム・キッチンが完成している。天板に無垢材を選んだので、木の香りとリフォーム後の独特のいい匂いがする、と思ったのだが、夫は「臭い、臭い」と言って窓を開ける。
一つ一つ点検していくと、少々問題点が・・。
・換気扇のフードの出っ張りのせいで、その隣にあるコーナー用キャビネットの扉が半分しか開かない。→ここは引き出し式フードタイプの換気扇を付けるべきだったのだ。「だから、換気扇なんていらないと言っただろう!」と夫が怒る。でも、やっぱりガスレンジの上には換気扇がないとなぁ。
・スライド式キャビネットを設置するはずの幅20センチのキャビネット二か所に蝶番で開くタイプの扉が付いている→中に取り付ける収納アクセサリーの在庫がなくて、入荷が8月頭、と言われたので、後から付ける旨、言っておいたはずだが。ノブが開き扉用に端っこに付けられているので、「スライドタイプなら真ん中に付けるから、買い直さなきゃいけないじゃないか!」と夫が再び怒る。
・ガスレンジのすぐ下にあるはずの引き出しが、足元に付いている。→ガスのゴム管があるせいで、上には付けられなかったのだ。

上記、Hさんにさっそくメールするが、他の仕事が入っているし、息子と私が、7月末から8月中旬まで、日本に帰国するので、私たちがフランスに戻って来てから、解決しましょう、ということに。どうせ、8月まで、収納アクセサリーは手に入らないし。

フランスに戻り、8月下旬に再びイケアに。換気扇はフードが引き出し式のタイプを買い直す。というのも、Hさんがちょうど別のキッチン工事をしているので、前の換気扇を下取りしてくれることになったのだ。
スライド式収納アクセサリーは、モデルチェンジして、前より値段が高くなり、夫がブツブツ文句を言う。扉に関しては、取っ手を付けてしまった扉をもし、何とか使えるなら、返却すればいいから、と一応、購入。
レンジ下の引き出しに関しては、スチール製なので(ガスのゴム管に当たらないように)カットができないので、工事前にその部分にあった、奥行きの短い、木製の引き出しを捨てずに取ってあるので、それ新しい引き出しの前部に付けられないか、と夫が無謀な提案をする。

で、8月末にHさんと職人さん一人が来て、換気扇を交換。キャビネットのサイズが新しい換気扇には合わなかったのを、工事で余った木片を利用し、改造して、設置。これで隣のキャビネの扉が、ちゃんと開けられるようになった。
レンジ下の引き出しはグラインダーでカットして、奥行きの短い引き出しを作り上げる。素晴らしい、フランス人の職人は、ここまではやってくれないだろう。
スライド式キャビネットは、横幅が短いので、取っ手が端に付いていても、何の問題もなく引っ張って開けることができた。疑い深い私は、アクセサリーにオイルやしょうゆの瓶を置いて、引っ張ってみたが、何の問題もなし。
ばんざーい、これで、さすがの夫もケチのつけどころのない、思い描いていたとおりのキッチンが完成だ~。

FC2キッチン新1
(デッドスペースだったところにもスライドタイプの収納を)

FC2キッチン新2
(吊り棚の高さを少し上げて、すっきりと)

FC2キッチン新引き出し
(奥のモノが取り出しやすい、スライド式キャビネット)

FC2キッチン新回転
(コーナーには回転式シェルフを)

以来、毎日、うきうきとキッチンを使っている。傷つきやすい無垢材の天板は、水をこぼしてだけでもすぐに拭き、シンクも使った後は必ずタワシで磨くなどなど、こまめに掃除をしているのだ、今のところは。

おすすめ情報

おすすめ情報

プロフィール

江草由香

Author:江草由香
編集者・ライター・コーディネーター。
96年に渡仏し、99年から10年間パリ発日本語情報誌『Bisouビズ』の編集長を務め、同時に日本の雑誌やWebに情報記事、コラムなどを寄稿。
2010年に日仏バイリンガルサイト『BisouJaponビズ・ジャポン』を立ち上げ、ジャパン・エキスポなどパリで行われる見本市で、日本企業や日本人クリエーターの出展をプロデュース、展示会の企画コーディネートの仕事を始める。
2018年に22年間のパリ滞在にピリオドを打ち、日本に帰国。

『BisouFranceビズ・フランス』
https://www.bisoufrance.com/

個人ブログ『湘南二宮時々パリ』
http://ninomiyaparis.blog.fc2.com/

最新記事
カテゴリ
AI翻訳
コスメ
コスメ
ワイン
ティー
航空券
レストラン予約
フランス語
アマゾン
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード