FC2ブログ

パリでこけしを売る 其の一

今年の初め、パリで旅行関連会社に勤めるKさんから、「こけしをフランスで一緒に売らない?」と誘われた。
こけしぃ?と最初はピンと来なかったのだけれど・・・。

以前、パリでこけし専門店を経営しているフランス人のムッシューがいて、色々な展示会でご一緒したことがあるのだが、確かに、こけしはよく売れていた。
特に忘れられないのが、2012年の4月から5月にかけて、アクリマタッション公園で5週間にわたる、日本祭が行われ、公園のメインストーリーに、たくさんの展示販売ブースが並んだ時のこと。和小物からお弁当、たこ焼きまで色々なものが販売され、ビズジャポンも一つブースを構え、週替わりでテーマを変えて、会員の作品を展示した。で、ビズの隣の隣がそのムッシューのこけし屋であった。その5週間、たいへん天気が悪く、しかも寒くて、復活祭のヴァカンスに重なっていたにも関わらず、人出が少なかった。にも、かかわらず、こけしの店だけは繁盛しており、他の出展者の間で、「雨が降っても風が吹いても、こけしだけはよく売れる」と羨ましがられていたのである。
その時は、なんで、あんなものが売れてるんだろう、と横目で見ていたのだが。

そのムッシューは、数年前に定年退職して、店をたたんだらしい。自営業で定年退職っていうのも変だが、まあ、要するに年金のもらえる年齢になったのだろう。ライバルがいないということは、チャンスかも。

こけしをパリで売る

さっそく、ネットでこけしを検索し始める。
こけしの産地は東北で(そのくらい、何となく知っていた)、11系統に分かれてるんだー、色々なかたちや顔があるんだなぁ(当たり前だけど)、なんて調べていると、次第に興味が湧いてくる。

Kさんが、ネット上でオークションに出ているこけしなんかを見ながら、「この子、かわいいでしょう?」 などと言うので、最初は「この子、って・・」とびびっていたが、そのうち、自分も「この子、ヴァーチャルじゃなくて、本物を見てみたい~」なんて、つぶやくようになる。

フランスで長年、展示会の仕事を手掛けている日本人女性にもさりげに、相談すると、
「こけし、いいんじゃない?フランス人は木製のものが好きだし・・」。
木製品に限らず、フランス人って、麻とか、和紙とか、自然を感じさせるものが好きだという印象がある。職人を敬う国でもあるし。
「・・こけしに対するパッションがあれば、うまくいくかもしれないわよ!」とアドバイスを受ける。
パッションかぁ。

こけしといえば、温泉である。
というのは、そもそもこけしは、東北の木地師(ろくろを使ってお椀やお盆などの木工品を作る職人)が、温泉の湯治客への土産物として作りはじめたもの。最初は子どものおもちゃだったらしく、あの形状は、赤ん坊でも握りやすいように、工夫されたとも言われている。木製だから落としても壊れないし。それが、いつの間にか、心身回復(湯治場だからね)、五穀豊穣(米どころ東北だし)、さらには子宝に恵まれる(商品戦略っぽいが)縁起物として、知られるようになったのである。

ちなみに、こけし=子消し説というものがある。ウィキペディアによると、<堕胎した子を慰霊するための品物とみる説で、1960年代に詩人・松永伍一が創作童話の作中で初めて唱えたとされる。しかし、松永以前の文献にはこの説を裏付けるような記述が見られず、松永自身も説得力ある説明はしていない。明確な出典が存在しないため民俗学的には根拠のない俗説とされる>。研究者じゃなくて、詩人、つまり創作、イマジネーションで生きている人だから、何を書いても自由なんだけど、こけしにとっては迷惑な話だな。

と、先日、Merciのシネマ・カフェでお茶した長谷川たかこさんが、「あら、私、フランス人に、こけしは水子供養のためのもの、って説明しちゃったわ」って、日本の国民的アニメの登場人物(のモデル)が、そんなこと言っちゃ、何も知らないフランス人が信じちゃうでしょうが!と怒りかける。そう、『サザエさん』の作者、長谷川町子の姪っ子、ワカメちゃんのモデルと言われている方です。まあ、『サザエさん』の仏訳は今のところ出ていないのだが。

ワカメちゃんがパリに住み続ける理由

長谷川 たかこ ベストセラーズ 2016-04-26
売り上げランキング : 109037
by ヨメレバ

<在仏30年の長谷川さんが、現代フランス事情を、結婚観、ヴァカンス、テロ問題などなど幅広いテーマを、パリに暮らす日本人の目で捉えた、力作>

話戻って、温泉である。そう、こけしを売るなら、こけしについて知らなければならない、工人さんを直接訪ねて、工房を見学し、買い付けをすることになるだろう。となれば、当然、温泉宿に泊まることになるであろう。
余生のライフワークの一環として、フランスで展示販売するためのこけしを買い付けながら、温泉を巡り、みちのくを旅する・・、なんだかとっても楽しそうだ。



シリーズ510万部突破!旅の指さし会話帳


【電話占いヴェルニ】





スポンサーサイト



agnès b バスティーユ店のオープンニング・パーティで、アニエス・ベーさまと腕組んで、写真を撮っちゃった!

ボーマルシェ大通りにagnès b バスティーユ店がオープンした。
そのオープニングパーティの招待メールが来たので、友人を誘って出かけた。これ、プレス招待というわけではなく、単なるショップの会員登録、つまり、時々、メールでプレセールのお知らせなどが来るのだが、今回も、そんな感じで、招待状が届いたのだ。で、FaceBookのイベントページで、「参加する」をクリックするだけ。だれでも、bienvenue(ウェルカム)な、パーティだ。
で、友人を誘って、さっそく行ってみる。去年、買ったagnès のセーターとスカートに今年買ったagnès のリュックと、agnèsずくめ(ってほどじゃないか)で。

他のイベントのオープニングの日と重なっていたので、そちらに先に出て、途中で抜け出し、バスティーユ店に着いた時には、店の前まで人が溢れ出ていた。ハイネケンビールの瓶を手にしている人が多かったので、まだ残ってるかな?と期待しつつ、店の中へ。入り口で荷物チェックをしていたけど、ほんと、形だけって感じで、ろくに鞄の中も見ず。去年の同時多発テロが起こった通りなんだけど・・。

アニエス外


パーティは地下で行われているらしく、階段を下りると、ビールを配っていたので、ゲット。すし詰め状態の地下会場(というかショップで、商品もすでに棚にディスプレイされているが、そこでDJが音楽をかけて、)で、知人Mさんを見つけたので、声をかけ、乾杯。「さっきは、サンドウィッチが置いてあったんだけど・・」。パーティの開始時間から1時間以上経過しているので、そんなものは跡形もなくなっていた。まあ、フランス人は遠慮のかけらもなく、こういうパーティでは、食べ物に突進していくので、この人数じゃ、無理もない。

アニエスすごい人

アニエスDJ
<ビール片手にDJ>

で、Mさんとお互いに連れを紹介しあったり、近況報告などをしていたら、なんと、アニエス・ベー本人が店の奥の方から出て来たではないか。こんな人だかりの中でも、オーラがあって、そこだけ輝いて見える!(金髪だってこともあるけど)。
「写真、撮っても大丈夫かしら」なんて言っていると、「一緒に取ってもらおうよ」と大胆にもアニエスさまの方に突進していくMさん。そ、そんな滅相もない、と言いながら、私も足が勝手に近づいていく。いや、こんなチャンス一生に一度かも。
勇気を振り絞って、「一緒に写真を撮らせてください」と、頼んだら、な、なんとアニエスさまはにこっと笑って、ビールをお持ちになったまま、私に腕を絡ませなさった(この敬語、変?)のだ。なんて、名誉なこと!それにしても、アニエスさまって、全然気取っていなくて、とても、気さくな方!ますますファンになる~。

アニエスハートで顔を隠す
<恥ずかしがり屋の友人の顔は、アニエスへの愛情をこめて、ハートで隠してあげよう。しかし、私ってなんて顔がでかいんだろう。太って二重顎になってるし。人と一緒にとるときは後方に下がるよう、心がけているのだが、この時は、のぼせ揚がってしまって、そんな余裕はなかったのだ。>

メルシーと言うと、アニエスさま、「アリガトー」と仰った。
実は、日本にご著書『agnès b. STYLISTE アニエスベー スティリスト』のプロモーションに行かれた直後だったのだそう。「代官山 蔦屋書店」では、サイン会もされたというので、そこでも、ファンの方々に、「アリガトー」とお声をかけられたに違いない。

このご著書、日本語のオフィシャルサイトを引用すると、
<ブランド創立 40 周年を迎えたアニエスベーの軌跡をたどる書籍『agnès b. STYLISTE』が発売されることになりました。本書では、アニエスベーのこれまでの歩みと、その創作の秘密を紐解きます。アニエスベー自らがアートディレクションを担当し、貴重な写真やアイディアスケッチの数々はもちろん、彼女を知る人々の証言や本書のために書き下ろされた自身の言葉も豊富に掲載。>

agnès b. STYLISTE アニエスベー スティリスト

アニエスベー 青幻舎 2016-12-06
売り上げランキング : 39859
by ヨメレバ


agnes1976.jpg
<こんな写真も紹介されています。レアール近くにある、一号店。まさに70年代って雰囲気>

この本、ぜひ、買わねば!・・・自分自身へのクリスマスプレゼントかしら?

ここのところ、色々とついていなかった私。このアニエスさまとの身体接触、さらにはオーラに触れたことで、運気が上昇するといいな。

海外での会話はコノ1冊で心配なし!

【電話占いヴェルニ】
フランスのオーガニック100%コスメブランド コディナ【初回限定!送料無料キャンペーン実施中】




ジャパンレールパス特例措置廃止に、ささやかに抵抗する方法

ジャパンレールパス特例措置廃止!のニュースが流れ、海外在住日本人の間に衝撃が走った。
日本在住日本人(って変な表現だが)の中には、そもそもジャパンレールパスを知らない人もいるようなので、簡単に説明すると・・。これは、訪日外国人旅行者向けのJR全線で使えるフリー切符(新幹線の“のぞみ”と“みずほ”は、利用不可)で、大人料金は有効期間7日間で29,110円、14日間で46,390円、21日で59,350円(子どもはその半額)。
で、その特例措置というのは、日本人でも、外国の永住ビザ所持者、あるいは外国に住んでいて、配偶者がその国の国籍を持っている場合は、利用が認められていたのだ。
例えば、私のようにフランス人と結婚し、フランスで生活している日本人が、配偶者と子ども(フランス国籍所持者、つまり、日本人の元夫の連れ子とかは対象外)と一緒に日本に帰国し、国内を旅行する場合に利用できるのだ。別に一人で帰国しても、使えるんだけど、きっと家族旅行に利用している人が多いと思う。
ところが、今回、その特例措置が配置される、つまり海外在住日本人の使用を一斉不可とする決定が下されたというわけ。外国国籍を取得すれば、もちろん、利用できるけど。

東京から京都への新幹線料金が、13,710円なので、ジャパンレールパス(7日)を購入して、東京と京都を往復すれば、ほぼ元が取れる。しかし、私は結婚して18年、ほぼ2年おきに、夫を連れて日本に帰省し、北は北海道から南は沖縄まで、色々なところを旅していたのだが、このジャパンレールパスを使ったのは、今までたったの2回。
というのも、最初に夫と日本に帰った時には、京都と奈良(初めて日本に来る外国人旅行者の定番観光地)に行ったが、まだ籍を入れていなかったので、私には権利がなかった。(今、考えれば、夫が一人で使おうと思えば使えたのだな)。
結婚後初めて、日本に帰った時には、日光に東武線で行った。
3度目に日本に帰省した時には、山陽地方と四国を周ったので、初ジャパンレールパス体験。
次に、一歳になったばかりの息子を連れて、東北旅行をしたが、この時は使った覚えがない。思うに、我が家の旅行スタイルは10日くらいかけて、限られた地方(つまりこの時は東北)を“ゆっくり周遊”型なので、7日パスの間に東京には戻らないし、14日パスだと元が取れない、という判断だった気がする。
14日パスを使って、北海道から京都を経由して、九州まで、旅行した、なんて日仏家族の話を聞いたことがある。それなら、確かに、元も取れるだろうけど・・。

その後、家族で九州を旅行した時は、大韓航空で福岡に降り、車で周遊。沖縄は、もちろん飛行機で行ったし、北海道も行きはJRで函館まで行ったが、道内は車で周って、飛行機で東京に戻ったし。

ところが、この夏、夫抜きで(夫は、フランスで留守番)、息子と東北に3泊4日で、こけしの買い付けと温泉を巡る旅をした。宮城県の白石、鳴子、秋田の湯沢を訪ね、ジャパンレールパスの恩恵をたっぷり受けた。神奈川県二宮の実家に滞在したのだが、山形新幹線で東京に戻り、そこから小田原まで東海道新幹線に乗るなんていう贅沢も。さらに、二宮に戻った翌々日、名古屋に行って、仕事の打ち合わせをして、さらに叔母と従妹に会って、一泊した(ここできっちり7日間)。
えー、ジャパンレールパスってお得じゃん、と今更ながら気づいて、来年もこれを使って、青森まで、津軽こけしを買いに行こうと計画していたのだ。そこに特例措置廃止のショッキングなニュースが・・。

それって、あんた、単にジャパンレールパスを私利私欲のために使ってるだけじゃないか?と思った人もいるのでは?
はい、その通りです。でも、自分にとって大きなメリットがあるサービスが廃止されたら、誰だって、がっかりしたり、怒ったりするのではないでせうか?
特例措置廃止に反対表明をした人のFBに、「海外に住んでいる自分を特権階級だとでも思っているのか!」と書き込んでいる人がいたが、なるほど、この特例措置を面白くないと思っている人もいるわけだ。しかし、階級、って・・。
まあ、こういう反応もありうるのだろう。そういえば昔、パリで知り合った、外交官夫人が、「田中真紀子のせいで、私たちの“奥様手当”が無くなっちゃったのよ!」と嘆くのを見て、「あんた、そんなもん、もらってたんかい?」とちょっと不快になったことがあったっけ。
いや、でも、あれは話が別だな。だってその手当は出所が税金だもん。一方、ジャパンレールパスは、国鉄時代に生まれたサービスとはいえ、JRは民間企業だし。で、民間企業が、それまで提供していたサービスを止めるのは、企業利益につながらないと判断したからだ、単純に。
ならば、ジャパンレールパス特例措置廃止案を撤廃するには、廃止によって、JRが損を被る方法を考えればいい。
うーむ、と無い知恵を絞ってみる。

JRは、特例措置がなくなっても、海外在住日本人が外国籍を持った家族と日本に帰省する時には、家族はジャパンレールパスを購入し、日本人だけが正規料金を払うので、その分が収益になることを想定しているのではないか?
では、外国籍家族もジャパンレールパスの購入を止めよう。で、日本国内旅行をする時は、高速長距離バスを使おう(もちろん、JRグループのバスは避けて)。これ、帰省時に何回か使ったことがあるけど、けっこう快適だったんだよね。確かに新幹線よりは時間がかかるけど。





高速バスなら気軽にお出かけ!格安予約なら【バスリザーブ】



それから、格安国内航空券をどんどん利用しよう。そんなものが日本にもあるとは知らなくて、近所の中仏夫婦の息子が大学生の時、日本に行って利用したと聞き、初めてその存在を知ったのだ、私は。

大黒屋トラベルの国内格安航空券


そして、今後は在住国の国民が、日本旅行を計画していたら、JRの利用は止めて、高速長距離バスや格安航空券を利用するように、勧めてあげよう!

お医者さまが栄養バランスを監修したお弁当、お惣菜セットも品揃え セブンミール


オンラインの外国語学習サービス【italki】


【電話占いヴェルニ】



おすすめ情報

おすすめ情報

プロフィール

江草由香

Author:江草由香
編集者・ライター・コーディネーター。
96年に渡仏し、99年から10年間パリ発日本語情報誌『Bisouビズ』の編集長を務め、同時に日本の雑誌やWebに情報記事、コラムなどを寄稿。
2010年に日仏バイリンガルサイト『BisouJaponビズ・ジャポン』を立ち上げ、ジャパン・エキスポなどパリで行われる見本市で、日本企業や日本人クリエーターの出展をプロデュース、展示会の企画コーディネートの仕事を始める。
2018年に22年間のパリ滞在にピリオドを打ち、日本に帰国。

『BisouFranceビズ・フランス』
https://www.bisoufrance.com/

個人ブログ『湘南二宮時々パリ』
http://ninomiyaparis.blog.fc2.com/

最新記事
カテゴリ
AI翻訳
コスメ
コスメ
ワイン
ティー
航空券
レストラン予約
フランス語
アマゾン
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード