FC2ブログ

「バレル・コレクション」展の内覧会に行く

この土曜日から渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムで開催されている『印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション』展の紹介文をビズ・フランスに掲載したところ、報道内覧会の案内をいただいたので、いそいそと出かける。

パリにいた頃は、時々美術展の報道内覧会やヴェルニサージュ(オープニング)に出かけたが、日本に戻って来てからはこれが初めて。

産業革命期に英国随一の海港都市として栄えたグラスゴー出身の海運王ウィリアム・バレルは1890年代から1920年代にかけて、古今東西の美術工芸品を収集し、1944年に数千点もの作品をグラスゴー市に寄贈した。それがバレル・コレクションである。
今回の展示会ではコレクションの中から73点、さらにグラスゴー市のケルヴィングローヴ美術博物館のルノワールやゴッホの絵画7点の合わせて80点が展示され、そのうち76点が日本初公開だという。

内覧会の申込書にBunkamuraオーチャードホール芸術監督熊川哲也氏のフォトセッションへの参加有無を書かなければならず、バレエには興味がなく熊川氏のこともよく知らず、カメラを持って行くのも面倒なので「無」の方にマルをつけたつもりが、「無」の文字が消えてしまったので(手書きではなく、PDFファイルの上に書き込むタイプでこういうのが私は苦手)、参加することにした。

当日、定刻5分前に行ったらもう列ができていた(さすが日本人は報道関係者も時間に正確)。

熊川哲也氏のフォトセッションは今回の展覧会の目玉とも言えるドガの作品『リハーサル』の前で行われる。単に絵の前でポーズを取るだけなのかと思ったら、その後インタビュアー相手のトークがあり、これがなかなか面白かった。
『リハーサル』を見て、「木の軋みが感じられる、こんなバレエスタジオが羨ましい」と、熊川氏は詩人である。さらに、バレルがコレクションの海外持ち出し禁止を寄付の条件にしていた点に触れ、「なんでそれがここにあるの?」と素朴な疑問を投げかけられていた。確かに・・。

熊川さんポーズ
(立ち姿の美しい熊川氏)

バレル熊川さんトーク
(熊川氏はトークも上手)

フォトセッションの後にグラスゴー博物館の額縁専門修復家のソフィー・コスティン氏によるギャラリートークが行われた(なんで学芸員じゃなくて額縁修復家?)が、そこで、熊川氏の疑問に対する答えが披露される。
海運王バレルは船旅の危険性をよく知っており、それでこのような条件を付与したと思われる。しかし、この問題(?)に対し、“特別立法”が最近成立し、海外への貸出しが可能になったのだそう。時代が変って美術品の輸送方法もより安全になり(飛行機を使うのだろうか?ググったけど出てこない)また、現在、本国の美術館が2021年のリニューアルオープンに向けて工事中らしく、その間の海外遠征(?)ということなのだろう。

バレル学芸員さんたち
(ギャラリートーク)

コスティン氏に続き、Bunkamura ザ・ミュージアムの上席学芸員宮澤政男氏が会場内を報道陣と一緒に歩きながら大まかな作品解説をしてくださる。
やっぱりこういう芸術作品は、ぼーっと眺めているよりは、きちんと構図や作品の生まれた背景等々について解説してもらうとより深く楽しめるのだなぁ、と改めて実感。
その後の残り時間でいいなと思った作品を中心に、自分のペースでのんびり鑑賞した。

Bunkamura ザ・ミュージアムの「印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション」展は、6月30日まで。

ロクシタン L'OCCITANE en provence


海外航空券+ホテルがお得!<エアトリ>


('∀')Happy探そ!

【当たる】と大評判!!

大人気電話占い鑑定☆






スポンサーサイト



おすすめ情報

おすすめ情報

プロフィール

江草由香

Author:江草由香
編集者・ライター・コーディネーター。
96年に渡仏し、99年から10年間パリ発日本語情報誌『Bisouビズ』の編集長を務め、同時に日本の雑誌やWebに情報記事、コラムなどを寄稿。
2010年に日仏バイリンガルサイト『BisouJaponビズ・ジャポン』を立ち上げ、ジャパン・エキスポなどパリで行われる見本市で、日本企業や日本人クリエーターの出展をプロデュース、展示会の企画コーディネートの仕事を始める。
2018年に22年間のパリ滞在にピリオドを打ち、日本に帰国。

『BisouFranceビズ・フランス』
https://www.bisoufrance.com/

個人ブログ『湘南二宮時々パリ』
http://ninomiyaparis.blog.fc2.com/

最新記事
カテゴリ
AI翻訳
コスメ
コスメ
ワイン
ティー
航空券
レストラン予約
フランス語
アマゾン
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード