FC2ブログ

LONGCHAMP×nendo コラボレーションバッグお披露目会に出かける

フランスから戻って1週間が過ぎても時差ボケが続き、田舎町から出ずにだらだらと過ごしていたが、ビズフランスでLONGCHAMP×nendo コラボレーションバッグを紹介したところ、お披露目会の招待状をいただいたので、喜んで出かけることにする。
田舎で庭の畑の野菜づくりに精を出している毎日だが、たまには華やかな世界に触れないとねぇ。

LONGCHAMPロンシャンといえば有名な高級ブランドではあるが、我ら庶民にとっても親しみが感じられる。それはあのロングセラー大人気商品、折り畳みバッグのル・プリアージュのせいかも。私もフランスに住んでいた頃に母や叔母のお土産に買って行ったし。ちなみに自分はリュックサックタイプのものを愛用していた。ブランドものに縁のない私もパーティバッグと黒革の手袋はロンシャンのものを使っていたなぁ。


お披露目会の会場であるロンシャン ラ メゾン表参道は、明治神宮前駅のエレベーターで地上に上がると目の前に。

ロンシャン店


入ってすぐのLONGCHAMP×nendo コラボレーションバッグが。

新作発表会


ロンシャンのアーティスティック ディレクター のソフィ・ドゥラフォンテーヌ氏が来日すると招待状に書いてあったので、遠くからお写真だけでも撮らせてもらおうと、スタッフらしき人に、「ソフィさんはどの方でしょう?と尋ねると、
「せっかくだからお話を」と言われ、質問事項も用意していなかったので、ちょっと慌てたが、とても気さくに対応してくださった。
ソフィさんが日本に初めて来たのは20年前とのことで、「日本の文化、建築物、食べ物が気に入っています。日本人はとても親切だし、日本が大好き。それから東京は古き良き伝統文化と現代的デザインの両方を感じられる街でパリとは異なった魅力がありますね」と日本びいきの様子。ル・プリアージュの生みの親、CEOのフィリップ・キャスグランはソフィさんのお父様で、「ル・プリアージュは日本の折り紙にヒントを得たんですよ」とのこと。
ほー、知らなかった!
nendoは1年半前にミラノの国際家具見本市でその存在を知ったのだというが、コラボレーションバッグをどう思われますか?とありきたりな質問をしたところ、「キュートでkawaii!」とのお返事でした。

ソフィ氏
(ソフィ・ドゥラフォンテーヌ氏)

コラボレーションバッグであるが、風呂敷をヒントにデザインした「サークル」という名のこちらはなるほど、使わない時に壁にかけておけばインテリアに。

サークル


その名の通り、四角い「キューブ」は、収納ケースとして使ってもおしゃれ。
なるほど、このバッグたちは、コンパクトに畳めて携帯に便利なだけではなく、家の中ではインテリアになるという進化形なのだ。

キューブ


会場では伊藤園のお茶とともに和菓子の試食コーナーが。

お茶

和菓子


コラボバッグをイメージした和菓子を手がけられた和菓子作家の坂本紫穂さんは、「お話をいただいた時に楽しそうだな、と創作意欲が湧きました。特にこだわったのは色味です。何度も微調整したのですが、例えばブルーは濃すぎると美味しそうに見えなくなるので、そのギリギリの色味を出すのに苦労しました」。
バッグ同様、和菓子もキュートなイメージがあるが、「寒天、砂糖、餅の粉、豆、水など、江戸時代からお菓子作りに使われている素材だけでできています」。なるほど、これもソフィさんのおっしゃるところの“伝統と現代”に通じているかも。

坂本さん
(坂本紫穂さん)

その後、せっかく東京に出て来たので(田舎町からは遠い)、東京在住の友人と待ち合わせる。フランスで知り合い、私と同じように一人息子を連れて完全帰国した人なので、話が合う。渋谷Bunkamuraでバレルコレクションを一緒に見て(私はすでに内覧会を見ているので二度目)、ランチは蕎麦屋であったが、その後Bunkamuraのドゥマゴでお茶するというおフランスな1日であった。

フランスを引きずったせいで時差ボケが長引く、なんてことはないか。

AI翻訳サービス「COTOHA Translator」


日本未入荷のフランス極上ワインが手に入る!ミシュラン星付きセレクション


高品質、高保湿の目元アイクリームが大好評

スポンサーサイト



おすすめ情報

おすすめ情報

プロフィール

江草由香

Author:江草由香
編集者・ライター・コーディネーター。
96年に渡仏し、99年から10年間パリ発日本語情報誌『Bisouビズ』の編集長を務め、同時に日本の雑誌やWebに情報記事、コラムなどを寄稿。
2010年に日仏バイリンガルサイト『BisouJaponビズ・ジャポン』を立ち上げ、ジャパン・エキスポなどパリで行われる見本市で、日本企業や日本人クリエーターの出展をプロデュース、展示会の企画コーディネートの仕事を始める。
2018年に22年間のパリ滞在にピリオドを打ち、日本に帰国。

『BisouFranceビズ・フランス』
https://www.bisoufrance.com/

個人ブログ『湘南二宮時々パリ』
http://ninomiyaparis.blog.fc2.com/

最新記事
カテゴリ
AI翻訳
コスメ
コスメ
ワイン
ティー
航空券
レストラン予約
フランス語
アマゾン
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード