FC2ブログ

岩本麻奈先生の在仏日本人向け、スキンケア教室

先日、パリのJAL支店で、ファミリークラブ会員向けに開かれた『皮膚科専門医・岩本麻奈先生による、バレンタインデーの前にキレイになる!誰も教えなかったフランス在住の日本人の方のためのスキンケア教室』に参加した。
私は会員ではないので、プレス招待扱い。抽選20名の会員枠はすぐに埋まったらしく、中にはフランスの地方から泊まりがけでいらっしゃった方も。
10分前に着くと、すでに10人くらいの人がいて、会議室入口にいた社員さんから、プレスの方は奥の席へ、と言われる。その奥の席とやらには、会員向けの席にもれなく置いてある、おみやげ袋がない。予約しても来ない人だっているだろうなぁ、としらじらしく、空いている会員向けの席に移動し、おみやげ袋をこそこそと自分の鞄に入れていると、先ほどの社員さんが来て「お席、見つかりましたか?」!・・悪いこと(ってほどじゃないけど)は、できん。
結局、2名ほど欠席者がいて、遅れて来た知り合いのジャーナリストに、休憩時間に「これ、もらいました?」と空席に残っていたおみやげ袋を渡す(共犯者作り)。

麻奈先生講演会

ちなみに麻奈先生のご著書は、全て我が家の本棚に揃えてあるので、お話の内容は私にとってほとんどが既知のものであったが(自慢!)、先生の質問に対する参加者の反応、参加者からの質問内容とか、あと余談的な話がけっこう面白かった。
先生から「同性、異性、どちらの目を意識してメイクをしますか?」なんて質問があり、「まず、“同性”の人」と問われて、すかさず挙手。この歳になって、異性を意識したってねぇ・・、まあ、同性を意識すると言っても、「自分の方がより美しくありたい」というような前向きな気持ちからではなく、どうも最近、「由香さんって、メイクしないのね」の女友達の言葉に「いい年して」の意が含まれている気がするので(被害妄想?)。
ところが、“同性”に半数以下の人しか手を挙げなかったにもかかわらず、「じゃ、“異性”のため、という方」にも、ほとんど手が挙がらず。麻奈先生が、「あら~、みなさんフランスに住んでいるのに~?」。そう、フランスって70歳を過ぎたマダムが「私の新しい彼が・・」とごく自然に話せるような、何歳になっても異性は常に恋愛対象(同性愛者は同性だけど)という(人が多い)国なのだ。確かに本講座のタイトルも『バレンタインデーの前にキレイになる~』だし。
“同性”“異性”のどちらにも手を挙げなかった人は??“自分自身のため”、っていう答えもありだったろうな、たぶん。

それから、麻奈先生によると、フランスではシートマスクタイプのパックが売れないそうだ。その理由は、「夫や彼の前であのマスクをするのは恥ずかしいから」らしい。夫の前でも女でいたい、っていうフランス女性心なのかねぇ・・。ちなみに私は、シートマスクタイプのパックを何回か使ったことがあるが、初めてそれを見た時、夫は一言、「カイダーン!」(“怪談”のこと)。二回目は慣れたらしく、無反応。
フランス人女性の皆さま、あなたのパートナーはシートマスクにすぐ慣れてしまいますので、安心して、お使いください。って、その“慣れ”=“飽き”→即“離婚(別れ)”が、フランス人の結婚・恋愛観かもしれないが。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

おすすめ情報

おすすめ情報

プロフィール

江草由香

Author:江草由香
編集者・ライター・コーディネーター。
96年に渡仏し、99年から10年間パリ発日本語情報誌『Bisouビズ』の編集長を務め、同時に日本の雑誌やWebに情報記事、コラムなどを寄稿。
2010年に日仏バイリンガルサイト『BisouJaponビズ・ジャポン』を立ち上げ、ジャパン・エキスポなどパリで行われる見本市で、日本企業や日本人クリエーターの出展をプロデュース、展示会の企画コーディネートの仕事を始める。
2018年に22年間のパリ滞在にピリオドを打ち、日本に帰国。

『BisouFranceビズ・フランス』
https://www.bisoufrance.com/

個人ブログ『湘南二宮時々パリ』
http://ninomiyaparis.blog.fc2.com/

最新記事
カテゴリ
AI翻訳
コスメ
コスメ
ワイン
ティー
航空券
レストラン予約
フランス語
アマゾン
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード