FC2ブログ

ディズニー・ライブを観に行く

私と夫は趣味が合わない。例えば、映画も夫はスターウォーズエピソード1-3をDVDで繰り返し見ている。(私も一応、映画館で観たけど・・、5,6はいいんだけどねぇ、ジョージ・ルーカスはメガホン取るな、プロデューサーに徹するべし、と言いたい)。しかも、ヌーヴェル・ヴァーグの金字塔、もといフランス映画の金字塔『気狂いピエロ』を知らなかった。観ていなくてもいいから、せめて題名くらい知っていてほしいよね、フランス人なんだし。
音楽も、70年代ロックが好き、という点では一致しているが、聞き方(?)が違う。私はカーステでも、一ミュージシャン(グループ)のアルバムを最初から最後まで聞くのが好きだが、夫は自分で編集したヒット曲集(しかも何のテーマもない)みたいなものを聞く。一度、ペイジ&プラントがパリに来た時、「おれもツェッペリンは好きだ」と言ったので、一緒に行ったら、コンサートの始まる直前に「ジミー・ペイジは何の楽器を弾いているんだ?」と尋ねて来たので「レスポールでしょ」と言ったら、不思議そうに、「楽器の名前を聞いているんだ!」・・、そう、ギタリストだということを知らなかったのだ。
剣道は一応共通の趣味ではあるが、向こうは一応“先生”と呼ばれる高段者で、私は剣道音痴(謙遜ではなく、驚くほど上達せず、クラブでも、味噌っかす扱い)なので、共通の趣味、と呼べるかどうか。

ところが、子どもが大きくなるにつれて気付いたのが、“嫌いなもの”に共通点が多いということである。まずは、スキー。一昨年から、息子がスキーをやりたい、と言いだし、「フランスではスキーはとてもポピュラーなスポーツだし(剣道とは違って)、親の好みで子どもの可能性を閉ざすべきではない。まして我が息子は発達障害で現在、友達というものがいない。この先、もう少し人とうまくコミュニケーションできるようになったら、スキーができることが他人との関係を築く助けになるかもしれない・・」と、そこまで考え、去年は1週間、アルプスにスキーに出かけたのである。もちろん、夫も私もスキーなんてものは一度も履かず。子どもがスキー教室に毎日楽しそうに通い、最終日にはリフトで高いところまで登り、すいすいと滑って来る様子を見て、涙が出るほど感激して、それだけでも、来た価値があった、と喜んだのであった。今年は「4月の休みに日本に行くから」とスキーは断念させたのだが、「2012年にはスキーに行こうね」と息子に言われ、今から少々憂鬱である。

それで、今年になって、もう一つ共通の嫌いなものが見つかった。ディズニーランドである。息子が「ディズニーランドに行きたい」と言い、夫婦そろって顔がひきつった。私は東京ディズニーランドに一度、ユーロ・ディズニーに一度行き、もう二度とディズニーランドには足を踏み入れまいと思った。大して面白くもない乗りものに乗るために何十分も立って並んで待って疲れ、まずくておいしくない食事を食べさせられ、そもそも人工的な夢の世界ってやつに入り込めない。
息子も私と同じで、ジェットコースターとか観覧車などの遊園地の乗り物が大嫌いなはず。それで「剣ちゃん、どうしてディズニーランドなんかに行きたいの?」と尋ねると、「オレ、ミッキーに会いたいんだ」。子どもの時、ディズニーランドに一度も連れて行ってもらえなかった、というのが心の傷になるかも・・。
なんて考えていたところ、たまたま息子と二人でパリに出た時に、地下鉄構内にミッキーライブのポスターが貼ってあるのを発見。どうやらミッキーマウスやミニーマウスたちが楽器を演奏しながら歌うらしい。「これだ!」オペラから遠くない劇場で行われる、ライブ。ディズニーランドより近いし、何より、ずっと座って観ていられるし、子ども向きライブならせいぜい2時間程度だろう。「ミッキーに会えるし、帰りにオペラでラーメン食べられるよ」、と言うと息子も納得。それにディズニーランドはさすがに母子二人では行きにくいが、ライブなら問題ない、と二人分のみ前売りチケットを購入する。

ミッキーライブ

さて、当日。会場に来ているのは、息子より小さい子たちばかりで、ディズニーランドに行くのには早い子どもたちがライブを見に来るのかなぁ、なんて思いながら、でも、ダンサーたちが『アラジンと魔法のランプ』や『リトル・マーメイド』のシーンを演じる、そう、コンサートというよりミュージカルで、けっこう見応えがあった。
息子も楽しかった、と言い、約束通り、帰りにやきそばと餃子セットを食べて、さらに日本食料品店で、ミッキーの画の描かれたパックンチョを買い、大満足の一日であった。
息子よ、ディズニーランドは、スキーと違って、小さい頃から行くための練習をする必要はない。だから、今後、少しづつ、他人とコミュニケーションができるように努力して、いつか友達かガールフレンドができたら、その人たちと一緒に行ってね。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

なるほど・・。

江草さん、こんにちは~。

夫婦の共通点として、好きな事よりも嫌いな事で一致する方が
多いと、結束力が強まるので?離婚しづらいって、以前TVで誰かが言ってましたよ。

気狂いピエロの名前は知っているけど、未だ?見たことはなく、脈絡のないヒット曲の詰まったコンピレーションアルバム好きな私は、江草さんの旦那さんと少し?趣向が似ているかも・・?

でも、Disney好きなので、Kenちゃんとは話があうかも?

Tokyo Disney Landは、確かに?年々入園者も新アトラクションも
増えていますが、今はファストパスといって、人気アトラクションの乗車予約権のような?ものを発券して長時間並ばずとも乗れるシステムも構築されているので、以前よりは楽しめるようにはなっているんですよ。

また、乗り物がダメな人でも、パーク内で数々のショーが見れるので、楽しみ方をマスターすれば、きっと江草さんも嫌いじゃなくなると思います。(いつか、私がアテンドしたいくらい。)

ひとまず?Disney on ice、親子で楽しめて良かったですね~!








No title

マダムかおりんさん、こんにちは。

オンアイスじゃなくて、ライブの方です。
けんちゃんはアラジンもマーメイドも観ていないので、よく分からなかったみたい。

そういえば最近契約したサテライトテレビにディズニー・チャンネルがありました。一日中、ディズニーをやっているチャンネルなんでしょうね。

おすすめ情報

おすすめ情報

プロフィール

江草由香

Author:江草由香
編集者・ライター・コーディネーター。
96年に渡仏し、99年から10年間パリ発日本語情報誌『Bisouビズ』の編集長を務め、同時に日本の雑誌やWebに情報記事、コラムなどを寄稿。
2010年に日仏バイリンガルサイト『BisouJaponビズ・ジャポン』を立ち上げ、ジャパン・エキスポなどパリで行われる見本市で、日本企業や日本人クリエーターの出展をプロデュース、展示会の企画コーディネートの仕事を始める。
2018年に22年間のパリ滞在にピリオドを打ち、日本に帰国。

『BisouFranceビズ・フランス』
https://www.bisoufrance.com/

個人ブログ『湘南二宮時々パリ』
http://ninomiyaparis.blog.fc2.com/

最新記事
カテゴリ
AI翻訳
コスメ
コスメ
ワイン
ティー
航空券
レストラン予約
フランス語
アマゾン
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード