FC2ブログ

ビズ、『ふらんす』誌に紹介される

仏文学またはフランス語を学んでいる人なら、一度は雑誌『ふらんす』を読んだことがあるか、少なくともその名前を知っているのではないか?
と偉そうな書き出しをしたが、仏文学の研究者による作家論や文学評論、仏検対策の記事などが載っている、文字の多い、固い雑誌というイメージがあって、仏文科に籍を置いていた私も、滅多に読まなかった。手塚治虫の『ブラックジャック』の好きな作品が仏語の吹き出し付きで載っていた号を買った記憶はあるが。
発行元の白水社は、フランス人作家や仏文学研究者の本を出しているアカデミックなイメージだし。そういえば、大学の時、仏文科の一学年上の男性が、白水社に採用されて、後輩たち(私を含めて)に、すご~いと尊敬のまなざしで見られていたっけ。

ふらんす

その『ふらんす』の編集者から先月、フランス関連のフリーペーパーを紹介するので、ビズについてコメントがほしい、とのメールが届いた。しかも、最後に「留学時代にはビズにお世話になりました」とある。感激!と、喜んでコメントと表紙の画像を送った。

さて、今週、そのビズの紹介記事が載っている『ふらんす4月号』を受け取った。相変わらず(っていうほど読んでいなかったんだけど)文字が多いな、なんて思いながら、ぱらぱらとページをめくり、大学時代に講義を受けていた教授やフランスで顔見知りのジャーナリストの記事に目を通す。巻頭には池田理代子が“フランスと私”というコラムを寄せていたが、実はつい先日、4年以上前から付き合いがあったにも関わらず、お互いが仏文学科卒だということを初めて知った、ママ友達が、フランス文学を選んだきっかけは『ベルサイユのばら』と話してくれたばかりだったのだ。

フリーペーパー紹介記事の筆頭にあげられていたのはOVNI(まあ当然か)、後は知らない雑誌が何冊も紹介されていたが、みんな日本で発行されているものであった。ビズは「ひときわ個性的」と評されていて、「編集スタッフはなんと全員ボランティア」とまあ、私がコメントしたのだが、あまり自慢できることじゃないかぁ、なんて思ったりして。

そういえば、最近急に日本からビズのバックナンバーを購入したい、というメールが数件来たのだが、『ふらんす』の紹介記事のおかげ?あと、少し前に『日本語版海外フリーペーパーコレクション』という本でも紹介されたので、その影響もあり?ちなみにこちらは写真の多いビジュアル系の本です。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

よかったですね

雑誌に掲載されたなんてよかったですね
これからもがんばってください
まずはおめでとうございます!

Re: よかったですね

こんにちは。

> 雑誌に掲載されたなんてよかったですね
> これからもがんばってください
> まずはおめでとうございます!

ありがとうございます。31日に最新号を発送しましたので、よろしくご査収ください。

おすすめ情報

おすすめ情報

プロフィール

江草由香

Author:江草由香
編集者・ライター・コーディネーター。
96年に渡仏し、99年から10年間パリ発日本語情報誌『Bisouビズ』の編集長を務め、同時に日本の雑誌やWebに情報記事、コラムなどを寄稿。
2010年に日仏バイリンガルサイト『BisouJaponビズ・ジャポン』を立ち上げ、ジャパン・エキスポなどパリで行われる見本市で、日本企業や日本人クリエーターの出展をプロデュース、展示会の企画コーディネートの仕事を始める。
2018年に22年間のパリ滞在にピリオドを打ち、日本に帰国。

『BisouFranceビズ・フランス』
https://www.bisoufrance.com/

個人ブログ『湘南二宮時々パリ』
http://ninomiyaparis.blog.fc2.com/

最新記事
カテゴリ
AI翻訳
コスメ
コスメ
ワイン
ティー
航空券
レストラン予約
フランス語
アマゾン
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード