今度は排水溝がつまった・・

外壁工事は悪徳業者に引っ掛かり、先月は突然、二階のバスルームのお湯が出なくなり、そして今回は、台所の排水溝がつまって、食器洗い機からあふれ出した水で、台所の床が水浸しに・・、もちろん、シンクには水がたまりっぱなしだ。家難、ていうのは家族に災難が続くことだよね、じゃ、家に災難が続くことは何て言うのだろうか?
「呪いの館か~!」と本来、気の短い私は悪態をつくところだが、東北で避難生活を続けている人たちのことを考えると・・。とくに排水溝のつまった日に、地震直後一度もお風呂に入っていない人がいる、というニュースを目にし、「こんなことで腹を立てていたらバチがあたる」という気分になる。
 
外壁工事は、幸いなことにいい職人が見つかり、悪徳業者が投げ出した工事をリーズナブルな値段で、早くしかもていねいな仕事ぶりで終わらせてくれた。

バスルームは隣のムッシューに相談したら、「私が見てあげよう」とペンチを持って来てくれた。原因は蛇口の整流網につまったカルキ。ムッシューは「裁縫用の針は持ってる?」と尋ね(いくら裁縫ベタの私でも針くらいは持っている)、それでぶすぶすと石膏のごとく固まったカルキを押し出し、無事、お湯が出るようになった。ただ、なぜお湯だけが出なかったのか(冷たい水は普通に出ていたので)は謎のままだ。

 台所の排水溝が詰まった時は、まずは、誰もが試すであろう、液体パイプクリーナーを何度か排水溝に流してみるも全然、効かず。再び、隣のムッシューに相談すると、中学の時にトイレ掃除で使った、懐かしいラバーカップとワイヤーブラシを持って来てくれた。台所の排水溝からワイヤーをとおしたところ、別につまっている様子がない。この排水管、台所から地下室に下り、その壁に沿って、5m近く伸び、そこから家の外、下水口に届くしくみ。そのどこかに“つまり”があるのだ。ムッシューが“信頼できる”配管工の連絡先を教えてくれたが、金曜の夕方5時半に電話して、誰も出ない。翌土曜朝に電話すると、「土曜日は出張しないよ。でも、強力なパイプクリーナーを売ってあげるから、取りにきなよ」とフランス人らしい対応。夫が買いに行き、すぐに試したところ、なんと強力すぎて、排水溝の目皿が溶けてしまった。その強力クリーナーを使った後は、窓を開けていたにもかかわらず、台所に入ると、目が痛くなり、慌てて、水中めがねとマスクをつける。しかし、これじゃ、料理も作れない、と目皿をホームセンターに買いに行きがてら、マクドナルドでランチを取ることになり、息子は大喜び。こりゃ、剣道の稽古にも行けないな、と思っていたら、な、なんとそのマクドナルドに我が剣道クラブの先生が。排水溝のつまりくらいで、稽古を休むのか!と叱られると思いきや、「うちは去年、台所だけじゃなくて、家全体の下水が流れる排水管がつまってたいへんな思いをしたんだよ」と同情的で、「そういう理由なら仕方ない」と休みの許可をいただく。

排水溝のつまり
(ホームセンターで購入したつまり退治の道具と器具)


家に戻り、もう一度お隣にワイヤーを借りに行き、地下室の細い排水溝にそれを通し、結局、台所からもっとも遠い、つまり下水口にもっとも近い部分に“つまり”を発見。ワイヤーを少しづつ押し込み、無事貫通!新しい目皿を取りつけ、みるみる流れる水を見て、感動!

機能していることが当り前だったものが、ある日突然、機能しなくなるのは何て恐ろしく、たいへんなことだろう。でも、この突然の機能不全を体験しないと、そのありがたみが分からないのだな、人間は。失って初めて知るありがたみ・・、よく分かりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

すご~い!

江草さん、こんにちは。

なんだか?排水溝のつまりまで解決出来るように
なってきたなんて、すごくないですか?

業者任せにせず、ご自身で考えて知らず知らず?
知見を身に付け、対処出来るようになってきている
気がします。

そのうち、消費者向けの「暮らしの便利帳?」的な冊子が
作れそうですね。市役所辺りに置いたら、重宝されそう。
悪徳業者の見抜き方、対処方法、排水溝のつまりには・・・
なんて。

排水溝のつまりに代用出来ないかも?しれませんが、
以下、参考までに・・・。

やかんやコーヒーメーカーなどのカルキは、クエン酸で除去
出来るので、酢でも代用出来ますが、熱すると目や粘膜を刺激
するので、薬局で購入可能なクエン酸粉末がお勧めです。

1リットルの水に大さじ2杯のクエン酸をとかして、この溶液をやかんに入れて沸騰させれば、蓋についたカルキもとることができます。

コーヒーメーカーのカルキをとるには、同様の溶液の半量を入れて、コーヒーをいれるときと同じように器具の中を通してから、いったんスイッチを切ります。

そして数時間おき、さらに残りの半量も同様に通したら、そのあと4~5回、澄んだ水を通してすすぎます。

電気湯沸かし器も、この方法でカルキを除けます。
量は湯沸かし器の容量によって違い、方法はコーヒーメーカーの場合と同じですが、スイッチを切っておく時間は、カルキのつき方がひどければ長くします。

花びんなどにカルキがついたら、この溶液を満たして1日おきます。
それから、びん洗いのブラシでこすり落とします。

ぜひ、お試し下さい。



No title

マダムかおりんさん、こんにちは。

おばあちゃんの知恵袋てきなことをいろいろ、ご存知ですね。
クエン酸粉末、フランスにもあるのかしら?

フランスって専門業者がいい加減なことが多いので、みんな自分でやろうとするんですよ。ホームセンターに行けば、家が自分で建てられるくらいの資材がそろっているし。そうじ、修理に必要ないろいろな道具も売っています。

おすすめ情報

おすすめ情報

プロフィール

江草由香

Author:江草由香
編集者・ライター。立教大学仏文科卒。映画理論を学ぶために96年に渡仏し、パリ第一大学映画学科に登録。PRESSE FEMININE JAPONAISEを設立し、99年にパリ発情報誌『ビズ』を創刊。現在、日本の雑誌やWebにフランスの情報記事、コラムなどを寄稿しながら、日仏バイリンガルサイト『ビズ・ジャポン』の編集長を務める。著書は芝山由美のペンネームで『夢は待ってくれるー女32才厄年 フランスに渡る』。

最新記事
カテゴリ
ヴぉわいやーじゅ
おてる
ヴぉわちゅーる
あしゅらんす
うぃふぃ
レストラン予約
ふらんせ
あまぞん
せっと おーんず
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード