1週間の一時帰国

1週間だけ、日本に帰国した。その間、時差ボケがひどく、滞在中は、毎晩、0時頃に布団に入ったが、なぜか必ず、夜中の2時~2時半の間に目が覚めて、朝まで眠れず、もしくは明け方にちょっとだけウトウトする、という日が続き、睡眠2~3時間の、ぼーっとした頭で、毎日3~4件のアポをこなした。睡眠不足のせいで逆にテンションが上がってよかったかも。まあ、たった1週間だから、それで乗り切れたのだけど。
 
震災直後は、自粛ムード、あるいは、また地震で電車が止まるのではないかという不安から、東京のレストランやデパートは閑古鳥と聞いていたが、滞在中は、夜な夜な居酒屋や焼き肉屋に行ったが、どこもけっこう混んでいた。学生時代の行きつけの店、池袋のマダム・シルクに金曜の夜、大学時代のサークル仲間と会ったのだが、満席えあった。今でもちょくちょく遊びに来るという友人も「この店がこんなに混んでいるの、初めて見た!」。自粛疲れ、ってとこだろうか?
デパートも人がいっぱいで、土曜の午後、西武ロフトはレジに人が並ぶほど。
夜は節電で街が暗い、と聞いていたけど、パリに比べれば、十分明るいし、以前が明るすぎたのだ。これを機に、電気の無駄遣いを止めればいいだけの話だ。
 
東京は何も変わっていないじゃん、とホッとする。ただ、友人たちは口を揃えて、政府の発表は信じられない、東京も放射能が万延している、と半ばあきらめ顔。フランスでは、日本人は危機意識が低い、などという批判もあったが、みんな東京に生活や仕事の基盤があるのだから、避難なんて簡単にはできないのだ。
 
また、土曜日の午後にNGOナマケモノ倶楽部の世話人、中村隆市さんの講演会に友人に誘われて行き、放射能の問題の深刻さを再確認。居酒屋で、ビールジョッキに冷たい緑茶を入れて飲みながらの、不思議な講演会で、参加者は、20代と思しき若者たちが中心。確かに、私たちに比べて、これから子どもを産む世代の彼らの方が、切実な問題だ。
 
 フランスに戻り、シャルル・ド・ゴールの税関で、日本からの帰国者は、放射能汚染の可能性のある食品を持ち込んでいないかどうか、のチェックが厳しいのでは、とびくびくしたが、税関には係員が一人しかいなくて、スーツケース3つくらい持ち込んでいた黒人のビジネスマン風の人が、荷物を調べられていた。このすきに、とスーツケースとでっかいナイロンバックを載せたカートを早足で押して、税関の前を通り過ぎると、後ろから「マダム!」と呼ぶ声が。あれが、税関吏で、しかもそのマダムとやらが私のことであったとしたら・・、今振り向いたら最後だ、と聞こえないふりをして、さっさと出口に向かい、幸い誰も追っかけて来なかった。
 
日本滞在中は最後まで時差ボケが直らず、おかげで、フランスに戻った日から普通のリズムで生活できている。1週間の帰国で、特に今回、羽田便だったので、朝6時に着いて、その日の朝10時からアポを入れることができて、帰りが日曜の夜、というか月曜朝0時半出発の便だったので、日曜も友人たちとランチの後、店を変えてお茶までして、その後、お土産を買う時間もたっぷりあった。かなりのハードスケジュールだったけど、効率はとてもよかったと思う。

羽田
羽田空港の江戸小路

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様でした~!

ハードスケジュールのご帰国、
ホントにお疲れ様でした。

そのせいでしょうか・・・?
記事にアップされていた写真の羽田空港が
羽根田空港になっていました・・。

やはり、まだまだ?休息時間が必要ですね・・。

No title

マダム・かおりんさん、こんにちは。

おお、鋭い。
やー、なんか腰は痛い、肩こりは悪化、疲れはとれないし。まあ、こちらに戻ってもさらなるハードスケジュールが続いていますから。休息は、7月中旬までは取れないかな。

これをお読みあれ。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/6318

http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=FN&action=m&board=1009501&tid=el5feeeno&sid=1009501&mid=234836

どうも原発はすべて止めても大丈夫らしい。

ひょっとしたら計画停電て国民を欺くための芝居だったのではないかと疑いたくなる。

江草さん、お疲れのようですね。要素ではなくヨウ素です。

No title

Ushizakaさん、こんにちは。

え?ヨウ素って、どこに使いました?なんて聞くほどぼけてます・・。

この記事、“本当の真実”ってなんかすごい表現ですねぇ。


おすすめ情報

おすすめ情報

プロフィール

江草由香

Author:江草由香
編集者・ライター。立教大学仏文科卒。映画理論を学ぶために96年に渡仏し、パリ第一大学映画学科に登録。PRESSE FEMININE JAPONAISEを設立し、99年にパリ発情報誌『ビズ』を創刊。現在、日本の雑誌やWebにフランスの情報記事、コラムなどを寄稿しながら、日仏バイリンガルサイト『ビズ・ジャポン』の編集長を務める。著書は芝山由美のペンネームで『夢は待ってくれるー女32才厄年 フランスに渡る』。

最新記事
カテゴリ
ヴぉわいやーじゅ
おてる
ヴぉわちゅーる
あしゅらんす
うぃふぃ
レストラン予約
ふらんせ
あまぞん
せっと おーんず
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード