パリで朝隈俊男&和香展を開く その3

江口香織さんの場合は、作品を見る前にクリエーター本人に会って、彼女の話から、創作世界のイメージをつかんだ(なんて言うと、ちょっとかっこいい)。
一方、朝隈俊男さんの場合は、最初に作品を見た。それからインターネットで、朝隈さんのインタビュー記事を検索してみるも、見つからず、後は彼の中学時代からの友人で作品の大ファンというみのりさんの話(メール)から、その人物像を(勝手に)イメージする。人との交流をあまり好まず、田舎のアトリエに籠って、もくもくと創作にはげむ仙人タイプのアーティスト。みのりさんによると、朝隈さんは物静かで、授業中、先生の似顔絵を描いたりして、後でそれをクラスメイトが発見して、「すげー、似てる!」なんて騒いでも、黙ってにこにこしているタイプだったとか。パリ展示会も、本人が望んでいるというよりも、みのりさんがさかんにプッシュしている様子だ。そもそも、朝隈さん本人は40歳過ぎで、日本を一度も出たことがないという・・。そうとうな偏屈??しかし、剣道をやっていたというし、結婚もされているし(まあ剣道やっていて、結婚していても偏屈な人間はいるが)、何よりみのりさんの友人だし、そもそもアーティストは変わり者が多いから・・。

と、朝隈さんにコンタクトもとらずに、朝隈俊男パリ展示会の計画を進める。朝隈作品の中で、お茶を飲んだり、歯を磨いたりしている犬たちは、家の中、江口作品のかけじくの前に置こう。しかし、彼の作品にはライオンやパンダとか、草原、山の中にいてほしい動物たちもいる。それで、11月の展示会で知り合った、桐ダンス会社の経営者の友人がジオラマ作家だった、というのを思い出し、展示はかけじくや暖簾を背景にした家の中ヴァージョンとジオラマを背景にしたお外ヴァージョンの2つに分けたら、面白いかも、とさっそく桐ダンス屋さんからジオラマ作家に頼んでもらうも、こちらはあっさりノーの返事が来た。ただ、後から知ったのだが、ジャパン・エキスポのクリエーター部門は1ブースに共同展示できるのはアーティスト二人まで、という規定があったのだ。そんなこと、前もって調べておけよ、と言われそうだが。とりあえず、断られて、幸いだったのである。

いよいよ、朝隈さんにメールを書く。ぜひ、パリで朝隈さんの展示会を開きたい。自分は手弁当でいっさいコーディネート料はもらわない。ただ、展示会参加料、旅費、滞在費はすべて自己負担し、作品は持参してほしい、という内容。朝隈さんのようなすでに固定ファンもついているアーティストにこういう提案は失礼なんだろうか?と思いつつ。

メールの返事を待っている時に、ちょうどみのりさんから、剣道指導者資格取得の講習会のためにパリに来る、と連絡があった。講習会の最終日、夜行列車に乗るまでのわずかな時間、発着駅であるオーステルリッツ駅で、みのりさんと会うことに。たまたま、その時日本から遊びに来ていた私の友人も、その日、朝から一緒に買い物なんぞしていた流れで、3人で夕ご飯を食べる。
みのりさんは、自分が展示会費を出してもいい、とまで言い、どうやら同窓会仲間で、朝隈さんのフランス行き航空券を買うためのカンパをするという話も出ている、という。いいなぁ、この手作り感。

みのりさんと分かれて、家に戻ると、朝隈さんから「前向きに検討したい」という返事があり、「やった~!」と小躍りする。
 その後、朝隈さんのエージェント、というか作品商品化に携わる会社が、展示会費用から、旅費、滞在費まで出すことが決まる。手作り感は薄くなってしまったが(わたしゃ、相変わらず手弁当)、朝隈さんにとってはありがたい話だろうし、とにかく展示会開催がほぼ確実になったのである。
 同じ時期に、パリの展示会コーディネートの仕事を依頼され、いよいよ、アート・イベント・プロデューサーとしての道を進むのだ、なんていい気分になっていた。
 
 朝隈さんがパリに来る前に、日本に行き、アトリエを訪問し、本人はもちろん、作品の動物君たちにもちゃんと会ってこよう。それから、10年3月に休刊したフリーペーパー・ビズの復活版特別号を出して、そこに、インタビュー記事も載せ、宣伝しよう、と思い立つ。
4月の復活祭の学校休暇に合わせて、夫と子どもと一緒に日本に行くつもりだったので、休暇より1週間早く私が一人で帰国して、朝隈さんに会ったり、他の仕事を済ませて、その後、夫が子どもと来日して、1週間一緒に過ごす。それから夫は大津にいる剣道の先生のところに修業に行き、私は3日ほど、通訳と自分の稽古もかねて、一緒に先生の元に通い、その後、息子と二人で、友人、親戚に会いに行き、学校が始まる前に二人でフランスに戻る。夫は剣道修業を続け、4月末に京都で行われる剣道六段の昇段試験に臨む、というスケジュールを組んだ。
2月の半ばに日本行き航空券を予約し、2月27日は、私が剣道二段の昇段試験に(奇跡的に)合格し、今年はいい年になりそうだ、と思っていた矢先に、東北大震災が起きたのである。

freepaperBisouJapon.jpg
先週、オペラ界隈、日本文化会館等で配ったフリー・ペーパー、ビズ・ジャポン。ジャパン・エキスポ会場でも配布予定 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめ情報

おすすめ情報

プロフィール

江草由香

Author:江草由香
編集者・ライター。立教大学仏文科卒。映画理論を学ぶために96年に渡仏し、パリ第一大学映画学科に登録。PRESSE FEMININE JAPONAISEを設立し、99年にパリ発情報誌『ビズ』を創刊。現在、日本の雑誌やWebにフランスの情報記事、コラムなどを寄稿しながら、日仏バイリンガルサイト『ビズ・ジャポン』の編集長を務める。著書は芝山由美のペンネームで『夢は待ってくれるー女32才厄年 フランスに渡る』。

最新記事
カテゴリ
ヴぉわいやーじゅ
おてる
ヴぉわちゅーる
あしゅらんす
うぃふぃ
レストラン予約
ふらんせ
あまぞん
せっと おーんず
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード