ノルマンディの小さな町に来た、日本女子ハンドボール代表チームと田舎の物々交換

 タイトルのハンドボールと物々交換には何の関連もありません。両方ともノルマンディで行われたというだけで、ハンドチームがブツの取引に来たわけでは、ありません、なんて、そこまで考える人は誰もいないか。

7月のヴァカンスが終わって、ほっ、としたのも束の間、今度は、8月恒例、ブルターニュのだんなの実家へ1週間の帰省。
途中、ノルマンディに住む友人宅に寄って、一泊させてもらう。ちょうどその時、彼女の家から車で15分ほどのところにある人口5千人ほどの町(村じゃなくて)コンシュで、ハンドボールの親善試合が行われ、な、なんと日本の女子ハンドボールのナショナルチームが招待されてやって来たのだ。「日本のナショナルチームが?こんな田舎町に?」と驚く夫、そして我が息子、もちろん友人とその彼も一緒に5人で日本チームの応援に行くことに。小さな町だから、日本人なんて住んでいないだろうし、パリからここまで応援に来る人もいないだろうな、と思っていたら、案の上、体育館内には町民らしきフランス人たちが100人くらい見に来ていて、選手(とコーチ)以外の日本人は友人と私と息子(日本国籍をもっている)だけ。友人は、自分自身ははっぴを着て、小さな日の丸を息子に貸してくれ、日本チャチャチャ!と応援(は何となく恥ずかしくてできなかったけど)。
対戦相手はパリに隣接するイッシー市のクラブチームで、日本人選手よりも頭一つ大きい、ガタイのいい黒人選手が何人もいた。さて、試合が始まると・・、日本チームのパスの速いこと!フランス人はでかいし、動きは豪快なんだけど、なんかパスは遅い、ボールを手にしてきょろきょろして、ようやっと投げる、という感じなんだよね。それでもダブルスコアになるほどは点差が広がらず、フランスチームもちゃんと得点していた。きっと、国内のクラブチームの中では強豪なんだろう、と、それほど退屈せずに日本チームの勝利試合を楽めた。

ハンドボール女子

16時半に始まったこの1試合だけを見て、選手、監督さんに「この後もがんばってくださいね!」と声をかけて、友人宅へ。

友人は、築三百年ほどの、いかにもノルマンディって感じの黒い梁がある田舎屋に住んでいる。息子が「古い家だね、おれは新しい家が好きだ」と言ったので、青くなったが、別に古いことは悪いことじゃない、好みの問題だ。
日が沈むまで、テラスのテーブルで、のんびり食前酒を味わう。ノルマンディの田舎は空気がおいしい。広い庭には画家である友人のアトリエが立っていて、もう一つ物置小屋があるのだが、それを、今、1階をカメラマンである彼の暗室に、屋根裏を友人の書斎に改造中だ。工事中の建物の中を見せてもらったが、この書斎、木張りの壁(っていうか屋根の内側)がとてもいい感じだ。40代後半かな、と思しきムッシューが、一人で、この工事をしているのだが、友人たちの所有するシトロエン2CVを彼にあげ、その代わり工事をタダでしてもらう(もちろん材料費は友人たちが払う)という、物々交換(ていうか、ブツ・サービス交換)なのだそうだ。
友人によると、このムッシューは大工が本職というわけではないが、とても器用で、古い車を安く手に入れてそれを修理してきれいに直し、売ることを生業としているそうだ。と言っても税金申告なしの、闇仕事らしい。「シトロエンも転売(っていうのかな?交換でも)するのかな?」と聞くと、「それは自分の奥さんへのプレゼントなんだって」。このムッシュー、畑仕事も得意で、収穫物を近所の人と交換しあっているらしい。ノルマンディの田舎ならではのライフスタイルかも。
翌朝、食卓には、3種類のジャムが並んだが、「これは、マダム○○の手作りジャムで、こっちは、ムッシュー▲▲のジャムで・・」と、この季節は近所で手作りジャムを交換しあうという。まあ、それは我が家でも、隣のムッシューがサクランボやミラベルをくれて、代わりにうちのフランボワーズや桑の実ジャムをあげたり、と似たようなことをしているが。ただ、田舎は概して庭が広く、家庭菜園も規模が大きいだろうから、「トマトを作りすぎちゃったから、お宅のきゅうりと交換しましょう」なんてことが日常的に行われているのかも。

昨今、物価は上がっているし、失業率も相変わらず高く、税金も・・。となると生活防衛の手段として物々交換は悪くない。ただ、みんながみんな、目いっぱい(ムッシューみたいに)これをやると、税収が減って国が成り立たなくなっちゃうから、理想は、給与所得(もちろん自由業でもいいんだけど)+特技や趣味をいかした物々(あるいはサービス)交換で生活するっていうのがいいかも。友人に聞き忘れたけど、ムッシューのところは奥さんが堅気の勤め人かもしれない。子どもがいるらしいから、さすがに闇収入と物々交換だけで、家族を養っていくのはたいへんだろうし。
ちなみに、このムッシュー、毎朝9時に来て、夕方まで働いているのに、作業がなかなか進まないのだとか。「仕事はていねいだし、いいヤツなんだけどねぇ」と友人たちも、ちょっと困った様子。確かに、物々交換って、契約書や領収書があるわけじゃなし、“仕事”意識が薄れる分、アバウトになるのは仕方ないか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

隣のムッシュ

江草さんの隣のムッシュは本当に良い方ですよね。物々交換も良いいですよね。

私も、隣に住んでいる人から、タオル、トウモロコシ、山菜漬け、などをもっらていますが、お返しをしたことがありません。別に悪気があるわけではなく、何を持っていけば良いかわからないので。家に庭でもあってトマトでも作っていればよいのですが。

No title

Ushizakaさん、こんにちは。

お隣さんは、とうもろこしをお庭でつくっているのですか?
うちも隣のムッシュからいただいたり、手伝ってもらったりする分が、こちらからのお返しより10倍くらい多いのでは?という状態です。

おすすめ情報

おすすめ情報

プロフィール

江草由香

Author:江草由香
編集者・ライター。立教大学仏文科卒。映画理論を学ぶために96年に渡仏し、パリ第一大学映画学科に登録。PRESSE FEMININE JAPONAISEを設立し、99年にパリ発情報誌『ビズ』を創刊。現在、日本の雑誌やWebにフランスの情報記事、コラムなどを寄稿しながら、日仏バイリンガルサイト『ビズ・ジャポン』の編集長を務める。著書は芝山由美のペンネームで『夢は待ってくれるー女32才厄年 フランスに渡る』。

最新記事
カテゴリ
ヴぉわいやーじゅ
おてる
ヴぉわちゅーる
あしゅらんす
うぃふぃ
レストラン予約
ふらんせ
あまぞん
せっと おーんず
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード