Facebookに足をつっこむが・・

少し前から(ってもう2年以上か?)「Facebook、やらないの?」と聞かれたり、「どうしてFacebookを使わないの?」なんて驚かれたりすることもしばしば。ブログを書き、SNSはMixiとフランス地域限定のセ・モワに入会し、ツィッターも始め、スカイプもたまに使ってるし、と、インターネット・コミュニケーションツールの流行にはなんとか着いて行っているつもり。
ただ、ツイッターを始めた頃から、眼精疲労がひどくなり、なるべくパソコンに向かう時間を減らそうとしていたので、Facebookは敬遠していた。しかし、「仕事につながるよ~」なんて言われると、心が揺れて・・、ふむ、確かに、ブログはそもそも商業ブログから始め、ギャラをもらって書いていたし、Mixiで知り合った人と仕事をしたこともあるし、ツィッターのささやきが仕事のネタになったこともあるし・・。

 それで、ついに、先日、知人からFacebookへの招待状が届いたのをきっかけに、Facebookデビュー。いきなり自分のページに知っている面々の名前があり、この人たちも招待状とやらを送ってくれていたのかな?と、とりあえず“友達リクエスト”なるものを送ってみる。その後、プロフィールの入力にとりかかるが、ここですでに四苦八苦。分からない専門用語もたくさん。Facebookを使いなれている様子の“友達”の一人に「ウォールって何?」と尋ねると、「私に聞かないで、私もさっぱり分からない」とのコメントが・・。使いこなすにはずいぶんと時間がかかりそうだ。思わず“近況アップデート”のところに「使い方が分からん!」とぼやいてみると、「一緒に何とかしましょう」なんて優しいメッセージも届く。ツィッターで同じセリフをつぶやくと、「練習する?」なんて返信も。この年になると、練習が必要なものはなるべく避けたいところだが。
 習うより慣れろ、だ!とにかく使ってみよう。そもそもツールって道具のこと。道具ってのは、使いながら、使い方を習得するものなのだ。

しかし・・、『知り合いかも?』なんて欄に、見も知らぬ人々の顔がたくさん並んでいるし、『江草由香さんと○○さんが友達になりました』なんてメッセージがあると、つい、前から友達のつもりだったんだけど、と言いたくなるし、そもそも“友達”って言葉がたくさん踊っているのをみると、『20世紀少年』か!とケチけちつけたくなるし。
 ツイッターの方がシンプルでいいなぁ、平面的で。それに比べて、Facebookは立体的だし、そういえば、女性は男性に比べて空間認識能力が劣るなんて説があったっけ、と気持ちが後ろ向きになりつつあった。そんな時、拙著『夢は待ってくれる』の日本の委託販売元である出版社の社長さん(彼も“友達”)が、「ツイッターはちらしで、Facebookは雑誌なんですよね」!なるほど、Facebookを使いこなすのに必要なのは、編集能力か。・・私って“編集者”だったはず・・。
 
 好きでもないことが上達する方法といえば、仕事につなげること。仕事のためにやらざるを得ない、という状況に自分を追い込むことだ。手っとり早いのはビズ・ジャポンのFacebookを立ち上げること。でも、そうなると日仏語で対応しなきゃならないし・・。
 そもそもFacebookを上手に使いこなす必要が今の私にあるのかしら?とだんだん、逃げ腰になっていく。
 ただ、ツィッターも、一時期、使わなくなっていたのが、震災の時の情報収集におおいに役にたったし、Facebookも一応足をつっこんでおけば、そのうち何かの役に立つかも。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめ情報

おすすめ情報

プロフィール

江草由香

Author:江草由香
編集者・ライター。立教大学仏文科卒。映画理論を学ぶために96年に渡仏し、パリ第一大学映画学科に登録。PRESSE FEMININE JAPONAISEを設立し、99年にパリ発情報誌『ビズ』を創刊。現在、日本の雑誌やWebにフランスの情報記事、コラムなどを寄稿しながら、日仏バイリンガルサイト『ビズ・ジャポン』の編集長を務める。著書は芝山由美のペンネームで『夢は待ってくれるー女32才厄年 フランスに渡る』。

最新記事
カテゴリ
ヴぉわいやーじゅ
おてる
ヴぉわちゅーる
あしゅらんす
うぃふぃ
レストラン予約
ふらんせ
あまぞん
せっと おーんず
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード