大杉栄はパリにいた、「へ~」な雑学が増えるツィッター

パソコンの使い過ぎで、ひどい肩こりなのに、今年はついにfacebookに手を出し、前からやっているツィッターもぼちぼち続けている。Facebookはまだうまく活用できていないせいか、相変わらず、ツィッターの方が面白い情報に遭遇する。まあ、Facebookは友達が少ないから当然、情報量も少ないわけだけど。
ツィッターの面白い点は、特に有益ではない、実生活にはそれほど役に立たないけれど、「そうなんだぁ」、「へ~、知らなかったなぁ」てな情報、要するに雑学的知識が増えることだ。頻繁にログインするわけではないので、たまたま覗いたその時間にツイートされた偶然の情報ってやつだけど。
最近のヒットは、ある人のつぶやきで、大杉栄がパリに住んでいたことが分かったこと。ね、どうでもいいけど、「へ~、知らなかったなぁ」な情報でしょ?

大杉栄といえば、吉田喜重の『エロス+虐殺』の細川俊之を連想するわけで、1920年代のパリのカフェに座っている細川俊之が、あの色っぽいまなざしで、そしてあの美声で、「ボンソワール、マダム」なんて声をかけたら、“フランス女だって、いーちーころーよ~♪”(と『魔女っ子メグ』調で)なんて夢想(妄想)して一人で楽しんだり(あほか)。しかし、なんでマルクス、ホーチミン、ポル・ポトまで共産主義者はみんなパリが好きなのかね?あ、大杉栄は無政府主義者か。
しかも、そのツイートを見て、細川俊之ってどうしてるのかな?なんて検索して、実は1月に亡くなっていたことを知る。あと小川真由美と結婚してた、ってのも知らなかったよ。こうやって、雑学とも言えない情報が頭の中に蓄積されていくのである。

一方、facebookは、いまだに構造も使い方もよく分からず、知り合いの近況が分かり、時々、会話がはずむ井戸端会議みたいな感じ。拙著『夢は待ってくれる』の日本の販売元、東京文献センターの社長、初澤さんが、「ツィッターはちらしで、facebookは雑誌」と例えていたが。ツィッターは個人とbisoujaponの両方のアカウントを持っているけど、facebookは個人のみ。“雑誌”ならむしろ、bisoujaponの方が活用できそうだが、フランス語で全部書くのが、面倒くさい。でも、なんやかんや言っても2012年には始めるんだろうな。

大杉栄
(写真 “悪魔のようなあいつ”にも出てたのね。そういえば、沢田研二と似てる?って思わせるのは単に鼻横のほくろのせいか?)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

facebook

私もfacebookに口座もってますけど、使ったことなし。そもそも忙しくて、そんなことをやってられない。

ただblog形式で、パソコンの設定とかを保存できたら便利だと。ドメインネームは持っているのですが。

ところで、ボルドーて世界遺産に指定されたんですってね。そんなところで暮らせたらなんと楽しいことかと思っています。

Re: facebook

> 私もfacebookに口座もってますけど、使ったことなし。そもそも忙しくて、そんなことをやってられない。
>
> ただblog形式で、パソコンの設定とかを保存できたら便利だと。ドメインネームは持っているのですが。
>
> ところで、ボルドーて世界遺産に指定されたんですってね。そんなところで暮らせたらなんと楽しいことかと思っています。

Ushizakaさん、こんにちは。
私も気が向いた時しか使っていません。眼精疲労の原因になるだけですから。
ボルドーは、ワインが好きな人には天国のようなところでしょうね。

おすすめ情報

おすすめ情報

プロフィール

江草由香

Author:江草由香
編集者・ライター。立教大学仏文科卒。映画理論を学ぶために96年に渡仏し、パリ第一大学映画学科に登録。PRESSE FEMININE JAPONAISEを設立し、99年にパリ発情報誌『ビズ』を創刊。現在、日本の雑誌やWebにフランスの情報記事、コラムなどを寄稿しながら、日仏バイリンガルサイト『ビズ・ジャポン』の編集長を務める。著書は芝山由美のペンネームで『夢は待ってくれるー女32才厄年 フランスに渡る』。

最新記事
カテゴリ
ヴぉわいやーじゅ
おてる
ヴぉわちゅーる
あしゅらんす
うぃふぃ
レストラン予約
ふらんせ
あまぞん
せっと おーんず
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード