“親って一体何ぞや?”と考えさせられる映画や本に縁があった2011年

親って一体、なんぞや?って、子どもを持つ人なら、一度は、考え込んだことのある命題だろうが、振り返ってみると、2011年に見た映画は、“親って何ぞや”がテーマの作品が多かったような・・。

・ある日突然、一人息子を事故で失ってしまったら、その時、親は?―『ラビット・ホール』(二コル・キッドマン主演のハリウッド映画)

・生まれた子どもに脳腫瘍があることが分かったら?親にできることは?―『La guerre est déclarée』(フランス映画)

・息子が大量殺戮犯となり、夫と娘まで殺してしまったら?―『We need to talk about Kevin』(イギリス映画) 
重いな~、ちなみに、邦題は『少年は残酷な弓を射る』だって、なんだかねぇ、『ケヴィンについて』くらいでいいのに。いっそのこと、『息子は大量殺戮犯』って、ネタばれタイトルか。私は前情報全くなしで、観に行ったから衝撃が大きかったわ。
 
そういえば、私の大好きなダルデンヌ兄弟監督の『Le gamin au vélo』(フランス・ベルギー・イタリア合作映画)も実父に見捨てられた男の子と養母の物語だったし。

映画じゃないけど、萩尾望都の『春の小川』は母親の死を受け入れることができない少年の話であった。これは、素直に泣けました。

極めつけは、Jean-Louis Fournierの小説(というか独白文というか)『Où on va ,papa?』だな。これは2008年のフェミナ賞受賞作で、たまたま私が読んだのが去年、ってだけの話だが、あ、でも邦訳は2011年出版のはず。
身体的・知的重度障害のある二人の息子について父親が書いたものだが、きれいごとなし、諧謔的、ちょっぴりおかしくて悲痛な、魂の叫び(って陳腐な表現だけど)とでも言いましょうか。
長男が亡くなった時の、「障害のある子どもの死は、それほど悲しくないなんて思っちゃいけない、ノーマルな子が亡くなるのと同じくらい悲しいのだ」の一文で、その後、数日この本が開けなかったよ。こんな、すごい本、滅多にお目にかかれない、って、読書家ではない私が言っても説得力ないが。これ読んで、「感動をありがとう」なんて安っぽいセリフを言うヤツは引っぱたいてやりたいぜ。

ちなみに上にあげた作品、“子ども”はなぜか、み~んな男の子だ。

当然、私は、発達障害の我が息子を顧みるわけで・・、息子のことで苦労しているのは、自分だけじゃない、というごく当たり前のことを再認識したのであった。

ou_on_va_papa.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

親なんていない子でも立派に育ったりしてるのみるとほんと考えさせられる。笑。
これから観たい映画の参考になりました。
この中で日本語の本持ってたら今度貸してほしいな。

No title

めなげさん、こんにちは。

萩尾望都の『春の小川』は、貸しますよ。ついでに、『イグアナの娘』も。これは、娘がイグアナにしか見えず、愛せない母親の話。テレビドラマにもなったから、知ってるかな。

難しそうな映画ですね。

最近見た映画"always 3丁目の夕日"の中で、豚肉を使ってスキヤキをやる場面があったけど、それを見て昔を思い出しました。

おすすめ情報

おすすめ情報

プロフィール

江草由香

Author:江草由香
編集者・ライター。立教大学仏文科卒。映画理論を学ぶために96年に渡仏し、パリ第一大学映画学科に登録。PRESSE FEMININE JAPONAISEを設立し、99年にパリ発情報誌『ビズ』を創刊。現在、日本の雑誌やWebにフランスの情報記事、コラムなどを寄稿しながら、日仏バイリンガルサイト『ビズ・ジャポン』の編集長を務める。著書は芝山由美のペンネームで『夢は待ってくれるー女32才厄年 フランスに渡る』。

最新記事
カテゴリ
ヴぉわいやーじゅ
おてる
ヴぉわちゅーる
あしゅらんす
うぃふぃ
レストラン予約
ふらんせ
あまぞん
せっと おーんず
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード