アクリマタッション公園“春祭り”内輪話、ほぼ日記 最終回

第4週目は、“和”の週として、ビズ・ジャポンのおすすめページ登録会員である瞬浮世屋とアートメモの浮世絵を展示販売する。同時に、アーティスト会員の山下節子さんの和布を使った人形やアクセサリー、1週目出展の久志本さんの和風額および宮野君の彫刻作品のお雛さまと折り鶴ピアスが復活。“和”という括りはあったものの、ちょっとごちゃごちゃ感があった。まあ、お祭りの野外展示なので、にぎやかでいいか。
この週も頼みの土・日曜が曇りのち雨、しかも、パリとその周辺は復活祭の休暇が終わり、学校が始まったので、平日は、客が少なめ。ただ、メーデーの5月1日はこの春祭り開催中で、唯一の(だよ、信じられないことに)朝から晩まで雲ひとつない晴天で、切符売り場に列ができる人出となり、アクリマタッション公園にとっても入場者数の新記録を打ち立てた一日だったとか。おかげさまで、ビズのブースにも午後は身動きできないほどの人が押し寄せた。ただ、ファミリー層がメインの公園で、高額の浮世絵は売れず。当り前のことだが、その場所に集まる客層に合ったものを置かないとモノは売れないということを実感。お隣のこけしは、飛ぶように売れ、観察していると、フランス人の子どもたちが「見て、お人形!」とうれしそうに、寄って行く。ふーん、こけしって人形なのか、確かに人の形をしてるもんなぁ、などと再認識。
春祭り4週目
(第4週目のビズ・ブース)

“その1”にも書いたように、夫がこのイベントとほぼ時を同じくして、一人で日本に行っているので、学校のない週末に息子をどうするか、ということでけっこう頭を悩ませた。発達障害の息子は、人とコミュニケーションがうまくとれないため、学校でも友達ができず、週末にちょっとあずかってもらえるようなママ友達が地元にはいない。それで、私の友人を頼りにすることになるが、第2週目はコーディネーター横澤氏が一人でちゃんと働いてくれたので、土曜は会場に連れて行き、一緒に乗り物に乗ったり、遊具で遊ばせたり。日曜は、うちからそう遠くないところに住む、友人宅で預かってもらった。第3週目はアクリマタッション公園近くに住む、息子と年齢が近い3人の子どもがいる和太鼓仲間のところにお泊まりさせてもらう(感謝)。

この4週目は、5月1日のメーデーを含め、休みが3日あったが、元息子の幼稚園の担任だった宮野くんもいるし、毎日、ブースにいた山下さんの娘、さなえさんは、パリ近郊に住んでいて、何を隠そうビズの漫画紹介記事を書いている人なので、二人に時々は店番を任せて、息子の相手もできるだろう、と人に頼る(甘える)という寸法。さらにありがたいことに、出展者の一人、マレで和小物ブティックを経営するみやこさんが、甥っ子を連れて来ていて、夕方はバイトさんに店を任せて、甥っ子さんとうちの息子を連れて遊具のある広場で見てくれたり。彼女は元小学校の先生ということもあって、息子のような問題のある子でも上手に扱ってくれる(感謝)。
 
 2週目の土曜日に初めて、息子を連れて来た時に、自分はこの年頃の頃はお小遣いをもらって、一人でお菓子を買いに行ったりしたよなぁ、と息子に10ユーロを渡すと、あっという間に10ユーロのミニカーを買ってしまう。息子が「?!」なことをするたびに、障害のせいなのか、このくらいの年頃の子にはありがちなことなのか、と悩むが、コーディネーターの横澤さんが、「うちの子も、持ってるお金は全部使っちゃうので、必要な分だけしか渡しませんよ」と言ったので、そんなものか、と。ところが、その後、どこかに消えたかと思うと、おもちゃやお菓子を手に持って帰って来て、「○○でもらった、△△がくれた」と出展者の名前を言うが、まさか万引き?と心配になり、「息子が先ほど△△をいただきまして」と念のため挨拶に回ると、先々で「いえ、いいんですよ」、「たいしたものじゃなくて」と言われ、胸をなでおろす。その後、しばらく消えたと心配していると、たこ焼き屋に並んでいたという。「何が欲しいの、って聞かれたから、何もいらない、って答えた」とけろっとして言うので、これまた障害のせいか、色々なものをいただいたせいで、タダでもらえるかも、と期待したのか?はたまた、小遣いせびりの手口なのか分からず、それでも息子がかわいそうになり、結局、一緒に並んでたこ焼きを買うはめに(甘い?)。  
また、一度は「遊び場(遊具のある場所)に行って来る」と言って帰って来ず、迎えに行くと姿が見当たらず、「オレンジ色のダウンジャケット着た子見かけませんでしたか?」と言いながら公園中を探しまわって探したところ、私の知らなかった別の遊び場(この公園は広い!)で日本人の男の子たちと走り回って遊んでいた。見つかってほっとしたが、今度は「無事、見つかりました」と言って回り、息子を連れて来ると仕事にならない上に、体力を消耗することが分かる。
 この週、息子はお弁当を販売していた、和食店しなのの美しいおかみさんをいたく気に入った様子で、彼女に海さんというあだ名をつけ、「腹減ったから、海さんのところに行って来る」とお金を催促し、いそいそと何度も出かける、オヤジ状態であった。

最後の週は4日間のみで、書家でパステルアート画家の秋山光麗さんの個展。夫が帰国したので(京都で受けた剣道六段の昇段審査は不合格)、息子を預けることができ、展示会に専念できた。一度みやこさんの甥っ子さんが「剣ちゃんと遊びたい」と訪ねて来てくれて、涙が出るほどうれしくなる。うちの息子と遊びたがる子どもなんて、まずいないので。  
初日の朝に他の出展者から「あら、今週は、すっきりしていて、ブースにも入りやすいわね」と声をかけられる。今までは、やっぱりごちゃごちゃしすぎだったか。
秋山さんは清楚な美人で、明るい紫色の着物を上品に着こなし、「写真を撮らせて下さい」と何十人にものフランス人から声をかけられた。一度、日本人男性から、3人(私も入れて)で一緒に写真を撮りましょう、と言われ、さらに「お二人は姉妹ですか?」と尋ねられる。秋山さん姉妹だなんて、お世辞でも、うれしいわん!と気分がよくなる。その後、今回、ビズのブースをほぼ毎週のように娘さんと訪ねてくれたTさんに「姉妹ですか、って聞かれたんだけど、どっちがお姉さんに見える~?」と聞いたら、Tさんは、こっそり秋山さんを指差したので(実際、秋山さんの方が一つ年上)、「おほほ、そ~よね~」とますます気分がよくなっていたところ、日本人の老婦人が来て、秋山さんを見ながら、私に「お美しいわねぇ、あなたの娘さん?」!!!思わず、声を荒げて「私の方が年下なんですけど!」と言ってやると、「あら、だってよく似てらっしゃるから」って、何にも言いわけになってねえだろう!
ちなみに、秋山さんの作品は、美しく繊細なパステル画に、書という取り合わせがフランス人の美意識にあったのか、実によく売れました。
光麗さん
(秋山さんと作品を購入してくださったフランス人女性)
 
春祭りは、5週間の開催中、あきれるほど天気が悪かったせいで、客入りはよくなかったが、終わってみれば、楽しいイベントであった。雨で客が来ない時はゆっくりアーティストさんたちと話(おしゃべり?)ができたし、出展者同士の交流もあり、お菓子をお裾わけしあったり。昼間から他の出展者とワインを一緒に飲んだり、と、これはフランスのお祭りならでは、だな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめ情報

おすすめ情報

プロフィール

江草由香

Author:江草由香
編集者・ライター。立教大学仏文科卒。映画理論を学ぶために96年に渡仏し、パリ第一大学映画学科に登録。PRESSE FEMININE JAPONAISEを設立し、99年にパリ発情報誌『ビズ』を創刊。現在、日本の雑誌やWebにフランスの情報記事、コラムなどを寄稿しながら、日仏バイリンガルサイト『ビズ・ジャポン』の編集長を務める。著書は芝山由美のペンネームで『夢は待ってくれるー女32才厄年 フランスに渡る』。

最新記事
カテゴリ
ヴぉわいやーじゅ
おてる
ヴぉわちゅーる
あしゅらんす
うぃふぃ
レストラン予約
ふらんせ
あまぞん
せっと おーんず
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード