ジャパン・ウィークエンド第二弾

この週末に、マレのギャラリー、マレウェストで、イベント“ジャパン・ウィークエンド”第二弾を開催した。6月に第一弾が行われ、日本人アーティストの作品展示、小物展示販売、日本舞踊や着付けデモンストレーション、沖縄三線コンサートなどなど、そのごちゃごちゃ感が楽しかった。その時は、ビズ会員の作品を展示販売し、ブロカントコーナーに、古本や使わなくなった鞄などを出して、ぼちぼち売れた。
8月にギャラリーのオーナーから第二弾への誘いがあったので、参加します、と返事をしたら、私の方で参加者を集めれば、レンタル料を割引きしてあげる、と言われる。どうも昔から、まとめ買いすると20%引き!みたいなものに弱く、「やりましょう!」と引き受ける。
 このギャラリーは地下スペースがあり、そこで、沖縄三線コンサートも行ったのだが、ここをどう活用するか?と考え、すぐに映画を上映しよう、と思いつく。何を隠そう(別に隠す必要はないが)、私は入江富美子監督のドキュメンタリー映画『1/4の奇跡~本当のことだから~』のフランス自主上映チーム(今後、他の作品も取り上げて行く)、“レキップ4分の1”のメンバーなのだ。チームの代表者に提案したところ、ぜひ!ということに。

また、以前、パリに住んでいて、現在、札幌でAT-PLANというコンサルティング会社を経営している台彰彦さんが、たまたま出張でパリに来ていて、何気なくこのイベントの話をしたら、関心を示してくれる。というのも、彼は、北海道在住アーティストたちと交流があり、中にはパリで展示会を開きたいという人もいるらしい。いきなり個展をするよりは、まずこんな機会に、少数の作品を展示し、フランス人の反応をみたい、ということだ。それは面白いかも、と旭川在住のアーティスト小川健一さんのイラスト作品を展示して、アンケートをとることに決まる。
同時に台ちゃん(と実は呼んでいる)を囲むシャンゼリゼの居酒屋の飲み会で、台ちゃん自身も仮面ライダーやウルトラマンのキャラクター弁当を作っているキャラ弁アーティストなので、そのレシピを展示販売したい、と言い出し、それも面白いね、と盛り上がっていたら、遅刻してきたミスター・マサが、キャラ弁のデモンストレーションをやらせてほしい、とのたまったので、それも楽しいかも、と何だか、学生イベントのノリだ。

それほど広くないギャラリーの1階に、展示販売コーナーとフリマコーナーを作ることにして、数人の知人に出店を呼びかけたら、あっという間にソールドアウトに。
 上映チームは芸達者な人が多く、ハープ演奏、リトミック体験、気圧マッサージ、エンジェル・リーディング・・てな具合に、幅広い層の興味をひくようなお楽しみも用意する。
 
企画が決まったのが8月で、宣伝不足の観があったが、当日、蓋を開けてみたら、第一弾より、ずっとたくさんの人が集まった。日本が好きなフランス人の若者たちを中心に、在仏日本人、散策中の観光客、ギャラリー巡りをしている人々、近所のギャラリーのオーナー・・、もちろん映画が目的で来た人も。
おかげさまで、小川作品のアンケートはたいていの人が快く引き受けてくれた。
キャラ弁はデモンストレーションはせず、ミスター・マサが率いるキャラ弁チームが家で作って来たものを展示したのみだったが、これが予想以上にウケて、カメラを向ける人が多かった。

アンケート
(小川作品のアンケートに答える人々)

弁当とレシピ
(キャラ弁とレシピ)

今回、ビズの“おすすめアドレス”ページに登録している、日本キャンドル・ハンドクラフト協会のメンバーのキャンドルおよび、前回に引き続き、瞬浮世屋の浮世絵作品と浮世絵ポストカードを展示販売するも・・。うーん、不況のせいか、元々けちなフランス人の財布の紐がさらに固くなっているんだなぁ、というのが感想。
対象的に、というかそれを証拠にというか、フリマに出した、本や鞄、子ども服はほとんど売れた。値段を安くしすぎ、とも言われたが、売れ残って持って帰ることを考えるとね・・、そもそも断捨離が目的だし。

こういうイベントは、不思議と客入りに波があり、身動きが取りにくいほど、人がいっぱいになる時があるかと思えば、まさに波がひいたように、誰もいなくなってしまう時も。参加者はみんな知り合いなので、そういう時はおしゃべりタイムになり、お茶やコーヒーを飲んでいると、どこからともなくお菓子が出てきたりする。特にフリマコーナーでは、お互いの出店品を買い物しあって、「儲けた分以上に買っちゃったわ」なんてことにも。


映画上映は、日曜午前は満席だったが、土曜の午前はお客がゼロだったりして、結果的にはちょっと厳しい数字。まあ、ここで見た人が、「いい映画よ~」と口コミ宣伝してくれて、次回上映会につながることを期待。ビズ・ジャポンを見て娘さんと一緒に来た女性が、とても感動した様子で、「この作品を観て、今まで自分が娘に言い聞かせていたことが間違っていたことに気付かされたわ・・。でも、今はそう思っていても、3日くらいしたら、またいつもどおり、勉強しなさい、って言うようになりそう」とおっしゃったので、「DVD買って、毎日、観てください」と勧める(と言っても、フランスではDVDは売っていないが)。

利益はあまり上がらなかったけど、楽しかった!といういつものパターンであったが、お客の少ない時にエンジェル・リーディングをしてもらい、戒めの言葉もいただくと同時に、息子のことも自分のことも、うれしいお告げがあったので、個人的には幸せな気分でイベントの幕を閉じることができたのだ。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【ジャパン・ウィークエ】

この週末に、マレのギャラリー、マレウェストで、イベント“ジャパン・ウィークエンド”第二弾を開催した

コメントの投稿

非公開コメント

日本のことを外国の人にアピールするって、ますます重要になるよね。
最近の日中、日韓問題みてるとほんと思います。
江草さんの活動は素晴らしい
\(^o^)/

あらまあ

あらまあ、ひのさんにそんなに褒めていただけるなんて、うれしいわん。

おすすめ情報

おすすめ情報

プロフィール

江草由香

Author:江草由香
編集者・ライター。立教大学仏文科卒。映画理論を学ぶために96年に渡仏し、パリ第一大学映画学科に登録。PRESSE FEMININE JAPONAISEを設立し、99年にパリ発情報誌『ビズ』を創刊。現在、日本の雑誌やWebにフランスの情報記事、コラムなどを寄稿しながら、日仏バイリンガルサイト『ビズ・ジャポン』の編集長を務める。著書は芝山由美のペンネームで『夢は待ってくれるー女32才厄年 フランスに渡る』。

最新記事
カテゴリ
ヴぉわいやーじゅ
おてる
ヴぉわちゅーる
あしゅらんす
うぃふぃ
レストラン予約
ふらんせ
あまぞん
せっと おーんず
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード