この冬は一度も風邪をひかなかった

春分を過ぎて、気が付けば、この冬は一度も風邪をひかなかったことに気付いた。鼻風邪さえも。なんちゃって健康法はたくさんやっているけど、一体、何が効いたんだろう?

食に関しては、
・毎朝、オーガニックのざくろジュースを飲む
・毎朝、ヨーグルトメーカーで作る、ナチュラルヨーグルトのきなこ&アガーブシロップかけを食べる
・玄米ご飯と納豆(自家製)をなるべく食べるように心掛ける
と、言っても夫が両方とも嫌いだから、食べられる時が限られるのだ。息子は、玄米ご飯はチャーハンにしないと食べないし。
・料理になるべく、しょうがを入れる。細かく切っても、息子は怒って全部、取りだすが。

体を冷やさない
・家にいる時はレッグウォーマーを履く(時には外出時も)
・ユニクロの腰巻タイプのスカートをGパンやスキニーパンツの上から巻く
・寒い日のお出かけには、スカート、ワンピの下にユニクロの毛糸のパンツを履く
☆ユニクロさまさまだな~。
・寝るときは足元に湯たんぽ(この冬からドイツのファシー社製のものに変えた)

適度な運動
・剣道。稽古着の下に着るTシャツは、稽古の後、汗でぐっしょり。新陳代謝がよくなるのだ。と、言っても最近、さぼりがち。
・和太鼓。生徒発表会のために今、練習している曲がけっこうハードで、一曲通しで叩くといい運動になる感じ。

自然派風邪予防法
・アロマテラピーのティートゥリーの精油を一滴たらした水で、うがいをする
・プロポリス入り喉用スプレー。パリの自然派コスメやハーブティの店、さがしらで購入したもの。空気が乾燥してるな、と思うたびに、シュッシュする 
・午前中のハーブティ。同じく、さがしらで購入。茨、タイム、松の芽、ミント、ラベンダーのブレンドで、その名も“寒さ知らず”
・足が冷たいな~、と感じたら、洗面器にお湯をはり、ラヴェンダーとティートゥリーの精油を一滴ずつ入れ、足湯をする

早寝早起き
・夜11時前にベッドに入るように心掛ける。その後、本を読んで、遅くても0時には就寝。
週末は守れないことが多いが。

暖炉にあたる
・暖炉の前で本を読んだり、ぼ~っとしたり。赤外線効果はもちろん、火を見るって癒し効果がある。太陽が出ない曇りの日は特に、意識して、暖炉のそばにいる時間を増やす。

深呼吸
・エンジェルリーディングをしてもらったところ、呼吸が浅い、と言われ、その言葉を思い出しては、深呼吸をしている。でも、最近になって、吸うより吐く方が大事で、深く息を吐くように心がけている(でも、そのためにはそもそも深く吸わなきゃね)。

以上、何か一つが効いているというわけではなく、相乗効果が働いているのだろう。

それから、最近、更年期のホットフラッシュに時々見舞われるので、それで体が温められて、風邪予防にも、一役買っていたりして。
暖炉
(そろそろ、暖炉もお終い、と思っていたら、今週末は雪が降るとの予報も)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめ情報

おすすめ情報

プロフィール

江草由香

Author:江草由香
編集者・ライター。立教大学仏文科卒。映画理論を学ぶために96年に渡仏し、パリ第一大学映画学科に登録。PRESSE FEMININE JAPONAISEを設立し、99年にパリ発情報誌『ビズ』を創刊。現在、日本の雑誌やWebにフランスの情報記事、コラムなどを寄稿しながら、日仏バイリンガルサイト『ビズ・ジャポン』の編集長を務める。著書は芝山由美のペンネームで『夢は待ってくれるー女32才厄年 フランスに渡る』。

最新記事
カテゴリ
ヴぉわいやーじゅ
おてる
ヴぉわちゅーる
あしゅらんす
うぃふぃ
レストラン予約
ふらんせ
あまぞん
せっと おーんず
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード