FC2ブログ

J-CASTでコラムを始める

 大学時代の悪友(月並みな表現ですが)I氏から、久し振りに、メールがあって、ニュースサイトJ―CASTに記事を書かないか?と誘われる。現在、その制作部にいるという。
I氏は大学の文学研究会というサークルで、一緒に麻雀やボーリングをやった仲だ(何のサークルだ?)。「江草なら面白いものが書けるだろうと思って連絡した」とあるが、その昔、彼に「おまえの文章は稚拙だ、面白くない」と言われたことを、執念深い私は忘れていない。
「当時は私の能力を認めるのが悔しかったのですね?」とか、「私の文章のよさを理解できるレベルまで、あなたの読解力も向上したのですね」なんて嫌みの返信をしようか、と一瞬思ったが、この不況時、仕事をくれるだけでもありがたいので、「久しぶり。ぜひ、引受けさせてもらいます」と殊勝な返事をする。
このサイトのことはよく知らない、と正直に書くと、「編集部に朝日などの大手新聞出身の記者がそろう影響力のあるサイトだ」と返事があったので、相変わらず自信家(自慢家?)だなぁ、と思っていた。
ところが、先日、某大手新聞のパリ特派員とランチした時に、今度J-CASTに記事を書きます、と話したところ、「気骨あるジャーナリストが揃っていて、メディア関係者に評判のいい面白いサイトだね」と言われる。
それをI氏に伝えると、すぐに「ネットニュースの唯一の成功例だ」と自慢しつつも、「成功というか何とかやっていけているだけだろうが」とめずらしく謙虚に付け加えてあった。でも、この不況下、“何とか”でも、やっていけているだけすごいよね。

というわけで、J-CASTモノウオッチ・コラム、LAとニューヨーク在住のライターと週替わりでコラムを書くことになりました。こちらもよければ覗いてください。
http://www.j-cast.com/mono/column/usa/index.php
Jcast

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

おすすめ情報

おすすめ情報

プロフィール

江草由香

Author:江草由香
編集者・ライター・コーディネーター。
96年に渡仏し、99年から10年間パリ発日本語情報誌『Bisouビズ』の編集長を務め、同時に日本の雑誌やWebに情報記事、コラムなどを寄稿。
2010年に日仏バイリンガルサイト『BisouJaponビズ・ジャポン』を立ち上げ、ジャパン・エキスポなどパリで行われる見本市で、日本企業や日本人クリエーターの出展をプロデュース、展示会の企画コーディネートの仕事を始める。
2018年に22年間のパリ滞在にピリオドを打ち、日本に帰国。

『BisouFranceビズ・フランス』
https://www.bisoufrance.com/

個人ブログ『湘南二宮時々パリ』
http://ninomiyaparis.blog.fc2.com/

最新記事
カテゴリ
AI翻訳
コスメ
コスメ
ワイン
ティー
航空券
レストラン予約
フランス語
アマゾン
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード