FC2ブログ

マリオン・コティヤールが主演のダルデンヌ兄弟監督の新作“Deux jours, une nuit”

ベルギーのジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌは私にとって新作が待ち遠しい映画監督の一人(っていうか兄弟だから一組?)である。
カンヌで二度もパルム・ドールを獲得している巨匠であるが、日本で言うミニシアター系というかマイナー(何をもってしてマイナーというか、なんて考えているとまた脱線するので、メジャーではないとでも定義するか)な監督かもしれない。にも関わらず、今年のカンヌに出品されたこの“Deux jours, une nuit(Two days, one naight)”はフランスのマスコミでやたらと取り上げられている。なぜなら、マリオン・コティヤールが主演しているから。

コティヤールは、『エディット・ピアフ~愛の賛歌~』で主役のピアフを演じ、セザール、ゴールデングローブ、アカデミーの主演女優賞を受賞したことで、世界的に名前を知られるところとなり、以後、ハリウッドで娯楽大作に出演する(出稼ぎ?)と同時にジャック・オーディアールのような映画通好みの監督とも仕事をしている、実力と人気をともなった、フランスを代表する女優。
本人、ダルデンヌ監督の大ファンらしく、夜8時のニュースに生出演した際に、彼らの作品は全部観ているし、まさか、フランス人である自分にオファーが来るとは思わなかった、とうれしそうに語っていたので、私が「だってダルデンヌ兄弟は前作でも、セシル・ド・フランスを使ったよ」と言ったら、夫が「彼女はベルギー人だよ」??え??ド・フランス(“フランスの”の意)って名前のくせに?しかも本名だというし。そういえば、少し前にFaceBookに、「キャロル・ブーケがミシェル・ブーケの娘ではないことを知って、高峰秀子と高峰美枝子が姉妹じゃないことが分かった時と同じくらいショックを受けた」と書いたら、叶姉妹も実は本当の姉妹ではない、というコメントをもらった。こういう思い込みって、まだたくさんありそう、叶姉妹はどーでもいいけど(脱線)。
 フリーペーパーに載っていたコティヤールのインタビューによると、この“Deux jours, une nuit”、80回!の撮り直しをしたシーンもあるという。ダルデンヌ監督は長回しを多様するので、確かに、撮り直しは多いだろうけど、しかし80回って・・有名女優といえども「やってられないわ!」なんて怒れないだろうな、巨匠ダルデンヌ相手に。そういえば、岸恵子が、大巨匠小津安二郎が何度も撮り直しをするので、大胆不敵にも「どうしてですか?」と尋ねたところ、小津が「恵子ちゃん、それはキミが下手だからだよ」ときっぱり言われた、と岸自身が語っていた記憶が(また脱線)。

さて、この“Deux jours, une nuit”、途中、何度も涙が出て、見終わった後は、すがすがしい気分になる、という今までのダルデンヌ作品にはないタイプかも。まあ、芸なく言ってしまえば、生きる活力を与えてくれる映画です。日本でも上映されると思うので、ぜひ、観てください!

ちなみに、我が家から歩いて10分のところにスクリーン数12のシネコンがある。パリのベッドタウンのシネコンだけあって、大衆受けする作品の上映が中心で(他国語作品は吹き替えが多いし)、フランスを代表する大監督アラン・レネの遺作さえ取り上げず、当然ダルデンヌ作品がかかったことなど一度もない(少なくとも私が住み始めてからは)。ところが、“Deux jours, une nuit”は、ここで上映された。まさに、マリオン・コティヤールさまさまである。しかし、私の他に観客はたった5人。まあ、平日昼間の回だったので、夜はもう少しマシかもしれないが。

2j1n.jpg



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

おすすめ情報

おすすめ情報

プロフィール

江草由香

Author:江草由香
編集者・ライター・コーディネーター。
96年に渡仏し、99年から10年間パリ発日本語情報誌『Bisouビズ』の編集長を務め、同時に日本の雑誌やWebに情報記事、コラムなどを寄稿。
2010年に日仏バイリンガルサイト『BisouJaponビズ・ジャポン』を立ち上げ、ジャパン・エキスポなどパリで行われる見本市で、日本企業や日本人クリエーターの出展をプロデュース、展示会の企画コーディネートの仕事を始める。
2018年に22年間のパリ滞在にピリオドを打ち、日本に帰国。

『BisouFranceビズ・フランス』
https://www.bisoufrance.com/

個人ブログ『湘南二宮時々パリ』
http://ninomiyaparis.blog.fc2.com/

最新記事
カテゴリ
AI翻訳
コスメ
コスメ
ワイン
ティー
航空券
レストラン予約
フランス語
アマゾン
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード