ジェフ・バックリィの「Hallelujah」を繰り返し聞く

去年の9月からフランス語フリーペーパーの立ち上げに関わり(今年2月に創刊した「りゅぬ」)、それを中心に何やかやと忙しく、ブログを書く時間(というかむしろ心の余裕?)もなく、原稿書きよりも編集の仕事が中心になってきたこともあり、最近では、自分の書いた文章を人目にさらすのが怖くなる始末。いかん、私はライターだぞ、ということ(?)でブログ再開。
人のブログはほとんど読まないが、最近は、テキスト短く、写真多く、というのが主流らしく、どうも自分はだらだらと長い文章を書いてしまうので、別になるべく多くの人に読んでもらおう、とは思っていないけど、長い文章は時間がかかり、時間がないからブログが書けない、という言い訳をしてしまうので(誰にじゃ~?)、唯一、楽しみに読んでいるブログ、「メンデルスゾーンのはなうた」のように短く簡潔に、内容の濃いモノを書いてみよう、と決心するが、すでにここまでが、だらだらの一文。

Bruno Podalydès監督 の“Comme un avion”の記者評がよかったので(カイエ・デュ・シネマが、4つ星を付けていた)、パリまで見に行くも、郊外電車が途中で止まり、最初の10分を見逃す(怒!)。映画は可もなく不可もなく、だったけど、挿入歌「Hallelujah」が気になって、ちゃんと聞いてみようと、サイトを検索。元祖レナード・コーエンより評価の高い、ジェフ・バックリィの「Hallelujah」を動画で見つけて、衝撃。
前奏のギターのアルペジオから、もう沁みるんだよねぇ。そして、ジェフが心の痛みを吐き出すように、歌う・・、素晴らしい。ジェフの口元UPの多い、セピアな映像もいい(ちょっと歯並びが気になるけど、些末なことにこだわってはいけない)・・ジェフに恋!(亡き人なので、悲恋)。
以来、あほみたいに繰り返し繰り返し聞いて(見て)おります。同じミュージックビデオをこれだけしつこく見るのは、ユニコーンの「素晴らしい日々」(『モグラネグラ』で、鈴木慶一が絶賛していた)以来。

ググって、巧い対訳も見つけた。SAD VACATIONというブログで、書き手は、作詞もしているという。
<彼女の美しさと月光が、君を破滅させた
彼女は台所の椅子に君を縛り付け
君の王座(ダビデ王の話だからね)を壊して、君の髪の毛を切った、
そして君の唇から「ハレルヤ」を引き出したんだ。
・・・
愛は冷たく壊れたハレルヤ>
ちょっと恐ろしくて悲しい詩だけど、ジェフの震えるような声で歌われると・・、切なくも美しい・・ジェフに恋!!。



唯一のオリジナル・アルバム“Grace”を近所の大型チェーンスーパーマーケットのCD売り場に行くも、見つからず、でも「Hallelujah」の入った“So real”があったので、購入。さっそくiPodに落とす。ただ、これはベスト盤、しかも死後10年たってから発表されたものなので、邪道(?)だよな、と翌々日、パリのFNACに行き、“Grace”を買い、これもiPodに。ただ、今のところはiPodでも「Hallelujah」ばかり繰り返し聞いているのだが。

30歳の若さで溺死したジェフは、双極性障害と診断されていたこともあり、自殺説もある。今年の1月に、大学で同じ文学サークルにいた、フランス文学科の後輩が、自死したのだけれど、彼も双極性障害だったと聞く。4月に日本に帰国した時に、仏文科のクラスメートと集まり、彼のことを話すと、「あの“悪魔くん”が?」と、そういえば、そんなあだ名で呼ばれていたな、と思い出す。あまり親しくなかったが、いつも黒っぽい服を着て、確か三島由紀夫とレイモン・ラディゲが好きだった記憶が(分かりやす過ぎる組み合わせ)。卒業後は出版社に勤め、アニメ雑誌や声優雑誌の創刊を手掛け、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』のガルシア・ロメオ少将は彼がモデルだったと言われている。ガンダムって全然分からないので、ググったら、なんかダメダメだけど愛されるキャラクターってところ?悪魔のイメージとは、遠そうだ。
一方、ジェフの美声は“天使の歌声”と称されているんだよね。
悪魔だろうが天使だろうが、二人とも才能に恵まれていて、これからまだまだいい仕事をするだろう、という時に亡くなってしまったんだなぁ、と「Hallelujah」を聞きながら、ちょっと感傷的な気分に。合掌。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

祝 ブログ再開^^

あのような拙い“日々のぶちまけブログ”をお褒めいただき、恐縮です(←梨本勝ふうで)

私はいつも、江草さんのような長くて丁寧な文章(説明)のブログを目指しているはずなのですが、どうにもこうにも書いている最中から、忍耐が続かないのです(苦笑)致命的・・

元祖レナード・コーエンの歌声は朦々としていて^^;1枚全曲聴き通しがきつい。

No title

いやいや、短く簡潔にまとめる、っていうのは大事。コーエンさんのハレルヤは聞きづらくて(もろもろの意味で)、途中で消しちゃったわ、you tube。FBには、ジェフの方が元祖より1000倍好き、と書いた友人もいたし。

おすすめ情報

おすすめ情報

プロフィール

江草由香

Author:江草由香
編集者・ライター。立教大学仏文科卒。映画理論を学ぶために96年に渡仏し、パリ第一大学映画学科に登録。PRESSE FEMININE JAPONAISEを設立し、99年にパリ発情報誌『ビズ』を創刊。現在、日本の雑誌やWebにフランスの情報記事、コラムなどを寄稿しながら、日仏バイリンガルサイト『ビズ・ジャポン』の編集長を務める。著書は芝山由美のペンネームで『夢は待ってくれるー女32才厄年 フランスに渡る』。

最新記事
カテゴリ
ヴぉわいやーじゅ
おてる
ヴぉわちゅーる
あしゅらんす
うぃふぃ
レストラン予約
ふらんせ
あまぞん
せっと おーんず
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード