FC2ブログ

黒沢清の『岸辺の旅』を見に行く

短いブログ(私にしては)を一つ。

フランスでなぜか人気が高い黒沢清監督、その新作『岸辺の旅』(カイエ・ドュ・シネマが5つ星を付けていた)を息子と観に行く。

黒沢清といえば、学生の時に『神田川淫乱戦争』と『ドレミファ娘の血は騒ぐ』の二本立てを、池袋のポルノ映画上映館に観に行ったっけ。黒沢監督が立教大学の卒業生で、同大学で当時『映画評言論』の講義をしていた蓮見重彦氏が推奨したこともあり、立教の学生、特に女子学生(私も当時はそうだったわけで)が押し掛けたので、オジさま客たちが居心地の悪そうな顔をしていたような覚えが。私は、確か映画好きの男友達と一緒に観に行ったのだと思う。どんなに興味をそそられた映画でも、さすがに一人でポルノ映画館に観に行く勇気はなかっただろうし。で、作品を観た感想は、ああ、この監督、ゴダールが好きなんだな、程度だった。

それから10年以上経って、今度はパリで夫と一緒に観たのが、『CURE』で、その時は萩原聖人ってうまいな、対照的にうじきつよしはなんて演技がへたなんだろう、と思った記憶が。夫は「この映画をキミと結婚する前に観ていたら、日本人と結婚しようなんて絶対に思わなかっただろうな」とおバカな感想を言っていたっけ。

さらに15年以上経って観たのがこの『岸辺の旅』。息子の感想は一言「不安な映画だ。音楽も不安だ」であった。あとはベッドシーン(控えめで、全然過激ではなかったが)で、息子は「だましたな、普通の映画だと思っていたのに」と不機嫌そうに耳打ちしてきた。うーん、母親とこういうシーンを観るのは恥ずかしいという意識があるのか。
ちなみに、私はこの作品、けっこういい感じで、気に入った。
ただ、夫が実は幽霊であることに、妻は徐々に気づいて行く(そして観客も)、って設定にした方が面白かったんじゃないかな。まあ、原作があるみたいなので、何とも言えないけど。

そういえば、夫または彼が幽霊、って映画はあまり記憶にない。『オールウェイズ』(スピルバーグ、1989)、 『ゴースト ニューヨークの幻』(ジェリー・ザッカー、1990)くらいか。制作年が1年違いなのね、この2作。
さらに、幽霊のロードムービーって、心当たりがない。ってことは、『岸辺の旅』って、新ジャンルを開拓した斬新な作品と言えるかも。

vers lautre rive

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

『岸辺の旅』日本でも良い評判を耳にします。うじきつよしは、やはりどうしても「こどもバンドあがり」っていうのがイメージの底にこびりついていて。(古すぎか)
我が家でも、娘や息子と「その手のシーン」に遭遇してしまうと、場の空気が落ち着かず気まずくなります(笑)
できれば(お互いに)勘弁していただきたいと思いつつ。

No title

ミュージシャンでも演技、上手な人、いますけど、うじきは下手だった記憶が。子どもが大きくなっても、そうなんだ。そうですよねぇ、いくつになっても子どもは、子どもだし。

おすすめ情報

おすすめ情報

プロフィール

江草由香

Author:江草由香
編集者・ライター・コーディネーター。
96年に渡仏し、99年から10年間パリ発日本語情報誌『Bisouビズ』の編集長を務め、同時に日本の雑誌やWebに情報記事、コラムなどを寄稿。
2010年に日仏バイリンガルサイト『BisouJaponビズ・ジャポン』を立ち上げ、ジャパン・エキスポなどパリで行われる見本市で、日本企業や日本人クリエーターの出展をプロデュース、展示会の企画コーディネートの仕事を始める。
2018年に22年間のパリ滞在にピリオドを打ち、日本に帰国。

『BisouFranceビズ・フランス』
https://www.bisoufrance.com/

個人ブログ『湘南二宮時々パリ』
http://ninomiyaparis.blog.fc2.com/

最新記事
カテゴリ
AI翻訳
コスメ
コスメ
ワイン
ティー
航空券
レストラン予約
フランス語
アマゾン
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード