FC2ブログ

バーベキュー日和

 本当に5月なの?という寒い日が続いていたが、今週は晴れの日が続き、少しづつ気温も上がり、戸外で過ごしても気持ちのいい陽気になった。

21日の木曜日はキリスト昇天記念日で、ランブイエ市に住む日本人夫婦のOさん宅でバーベキュー・パーティを開いた。材料費割り勘、ワインやデザートなどを持ち寄るランチ・パーティだ。さて、ランブイエも私の住むコンフラン・サントノリン市もパリの隣に位置するイヴリン県にあるのだが、ランブイエは南端、コンフランは北端にあるので、途中、高速道路にのっても、Oさん宅まで我が家から車で1時間近くかかる。Oさんとはお互いに「あんな遠い(パリからという意味)田舎によく住んでるわね」とからかい合っている。というのも引っ越す前は同じブーローニュ市に住んでいたのだ。ブーローニュはパリの16区に隣接し、地下鉄も通っているので、郊外とはいえ、ほとんどパリに住んでいるのと変わらない、都会生活を満喫できたのだ。

 さて、当日は日日、日仏の7家族が集まったが、我が家以外はみんなパリ在住で、電車でやって来た。ランブイエまでの急行電車は、週末は1時間に1本しかない。しかもOさん宅は駅から遠く、来客を駅まで車で迎えに行かなければならない。比べて、我が家は電車の駅から歩いて7分だし、週末でも20分に1本の電車があるし、勝ったね!などとつまらないことで張り合ったりして。ただ、Oさん宅の敷地は我が家の3倍以上の広さで、しかもすぐ裏が森である。子どもを遊ばせるには抜群の環境なので、みんなパリからベビーカーまで押して、はるばる電車でやってくる。中には犬まで連れて来た家族も。犬を遊ばせるにもいい環境だからね。

はるとけん
(Oさん宅の犬とうちの息子)

 
芝の敷かれた広い庭に、最後の晩餐のごとくなが~いテーブルを置き(2つの長テーブルをくっつけたもの)、ビーチパラソルを2本も立て、シャンペン、ビール、ワインを飲みながら、炭火で肉を焼き、鉄板で野菜を炒め、持ち寄ったおにぎりやいなりずしを食べる。子どもたちは庭にあるブランコや巨大トランポリンで遊び、犬と走り回る。天気はいいし、外で食べるごはんは(ビールも)おいしいし、ああ、これぞ小市民的幸せ!

でかいトランポリン
(うちのトランポリンの8倍くらいのでかさ)

デザート食べてコーヒーを飲んだ後、腹ごなしにみんなで森に出かける。森の中にはOさんの子どもたちが近所の子たちと一緒に、細木を組み合わせ、そこにビニールシートをかけて作ったでっかい秘密基地があり、子どもたちは(親たちも)大喜びで中に入って遊んだ。
パリから来た一人が、「ああ、この家をパリに持って来れたらねぇ」、とむちゃなことを言う。パリで一戸建てを買ったらそれこそン億円だし、そもそもこんな広い庭の家なんてパリにあるんだろうか?しかも森まで隣接となると・・。
秘密基地
(本格的?秘密基地)


田舎の庭付き一戸建てに住むなら、やはり子どもが小さい時期だろう。土いじりしたり草の上で転げまわったり、って、よく言われることだが、きっと子どもの成長にいい影響を与えるに違いない(科学的根拠があるのかどうか知らないけど)。
リタイアしてから田舎に移り住む、という人もいるけど、私は逆に年をとったら、パリに戻りたい。子どもが独立した後は、小さいアパルトマンで十分だし、後はシニア割引を利用して、展覧会やコンサートに通い、見放題パスをフル活用して映画館に入り浸り・・、のカルチャーばあちゃんになりたいものだ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

いいですねー!

江草さん、こんにちは。

記事と写真を見ていて、いいなあー、ホントに楽しそうで・・・と、うらやましくなりました。

東京生まれの東京育ち(23区内)の私には、子供の頃から憧れている景色そのものです。

秘密基地も、昔、トムソーヤの冒険を読みながら新興住宅街の中にあった見通しのよい小さな公園には到底出来ないなあ・・・と、夢見つつもため息混じりに?あきらめたりして。

パリのような都会も素敵ですが、郊外や田舎も素敵だと思います。

生きているうちに、双方の環境を味わえれば最高ですね。

私も、江草さん同様?スーパーカルチャーな
魔法なおばあちゃんになりたいですね。

一方で、宝くじ当たったら、都心に遠からず自然豊かな箱根か熱海あたり?に別荘が欲しいです。



別荘は伊豆がいいな

マダムかおりんさん、こんにちは。

フランスだったら、パリに住み、南仏に別荘がいいですね。

日本だったら、東京に住んで、伊豆に温泉付きの別荘、かな。

おすすめ情報

おすすめ情報

プロフィール

江草由香

Author:江草由香
編集者・ライター・コーディネーター。
96年に渡仏し、99年から10年間パリ発日本語情報誌『Bisouビズ』の編集長を務め、同時に日本の雑誌やWebに情報記事、コラムなどを寄稿。
2010年に日仏バイリンガルサイト『BisouJaponビズ・ジャポン』を立ち上げ、ジャパン・エキスポなどパリで行われる見本市で、日本企業や日本人クリエーターの出展をプロデュース、展示会の企画コーディネートの仕事を始める。
2018年に22年間のパリ滞在にピリオドを打ち、日本に帰国。

『BisouFranceビズ・フランス』
https://www.bisoufrance.com/

個人ブログ『湘南二宮時々パリ』
http://ninomiyaparis.blog.fc2.com/

最新記事
カテゴリ
AI翻訳
コスメ
コスメ
ワイン
ティー
航空券
レストラン予約
フランス語
アマゾン
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード