FC2ブログ

ボトルごみ減らしに一役、エシカルブランドLUSHの固形シャンプーを使ってみた


ここ数年間、フランスの修道院コスメ、クヴォン・デ・ミニムLe Couvent des Minimesのスクラブ入りフット・ケア・クリームを愛用していた。コスメ&メイク&香水のチェーン店Marionnaud にいつも置いてあったのだが、ある日、地元のMarionnaudに買いに行ったら、品切れ。パリで数件、あたってみても見つからず、で、サイトをググってみたら、商品紹介ページから消えている!どうやら、生産中止になったらしい(なぜに?)。

同じシリーズの普通のフットバームは健在。

<ハイカーのバーム>フットバーム H 25ML
Le Couvent des Minimes Japon
売り上げランキング: 9,259


クリームの方も、アマゾン(日仏とも)では、売っていた。最後の在庫?

ハイカーのバーム フットポリッシングクリーム140ML
Le Couvent des Minimes Japon
売り上げランキング: 17,614


で、代わりになるものを探すべく・・、たまたま、最近できたばかりの、サン・ラザール駅のショッピングモールに、自然派ケア&メイク製品のブランドLUSHがあるのを見つけて、入ってみる。
ずっと前からオーガニック見本市で、ブースを見かけて、気になっていたんだけど、見本市会場でも、あのカラフルな石鹸類が一目を引くのか、エシカルブランドとしてこの手の見本市の来場者に人気が高いからなのか、いつも人がいっぱいで、入り損ねていたのだ。
サン・ラザール駅の店もいつも賑わっているが、たまたま、朝早い時間に前を通ったら、がらんとしていたので、入ってみる。

サンラザール店
(サン・ラザール駅店)

店員が笑顔ですぐに寄って来たので、「足用のスクラブ・クリームは、ありますか?」と聞いたら、スイートオレンジオイル入りのスクラブ入りフットソープをさっと手渡される。



なんだか、子どもの頃、よく食べた、レモンケーキに似ている。



クヴォン・デ・ミニムのフット・ケア・クリームは、容器に入っていたので(クリームだから当然か)こちらの方が、ごみ減らしになっていいかも。

LUSHは包装紙の無駄をなくすために、店内には、石鹸類は裸のまま、積んである。購入時に紙袋に入れてくれるのだが、これはもちろん再生紙。シールには、商品名と、購入日が記入される、素材の新鮮さにこだわっているブランドなのだ(まるで食品みたいに)。

フットケア
(紙袋には、動物実験反対のロゴもしっかり)

ほどなく、こちらも数年愛用していた、オリーブオイルベースのシャンプーが近所のオーガニックスーパーから姿を消す。
そういえば、LUSHに、固形シャンプーも売っていたなぁ、と思い出す。ボトルごみを少しでも減らそうと、ボディソープはとうの昔にやめて、固形のアレッポ石鹸やアルガンオイル入りロバ乳石鹸を使っている。フット・ケア・クリームもなくなり、これでシャンプーボトルも消えれば、バスルームの非ボトル化がけっこう進むぞ。

さっそく、再び、サン・ラザール駅店へ。家からパリに国鉄で行く時には、ここがターミナル駅なので、便利なのだ。
今回は、夕方に行ったところ、店内に人がいっぱい。で、またまた店員が寄って来て、「お荷物お預かりしますねぇ」といつもセカンドバッグに使っている、キャスキッドソンのブックバッグをあっと言う間にレジ裏に持って行かれてしまう。万引きすると思われたのか?

で、丸くて手のひらサイズの固形シャンプーは、けっこう種類があって(カラフル!)、海藻入りなんてものも。選びあぐねて、「オリーブオイル入りのものはありますか?」と聞いてみると、「これですよ!」 とレモンイエローのシャンプーを渡される。そのまんまのレモン成分入り。


でも、レモンって脱色採用があるんだよね、確か。白髪が増えてる上に脱色ってのもなぁ。まあ、シャンプーだから、すぐ流せばいいんだろうけど。

確か、以前、LUSHのサイトを見た時に固形リンスもあったなぁ、と思い出し、「固形のリンスもあるんですよね?」と聞くと「いえ、ありません!」ときっぱり。この店には、ないってこと?しかし、この言い切りは、フランス人ならでは。当店にはあいにく置いてません、って言えよ!

「専用容器はありますが、いかがですか?」とふたに大きくLUSHのロゴが入っているおしゃれなメタル製容器を見せられ、思わず、購入。



まあ、リンスの方は、シャンプーが合うかどうか、試してからでいいか。

レジで、包んでもらうのを待ちながら、ふと店内を見ると、なんと店員が6人もいる!さっきまでいた、カップル客が出て行ってしまったので、20m2くらいの狭い店内に、6人の店員に囲まれて、客は私一人。まあ、店員たちはべらべらおしゃべりをしていたが、しかし、この店の人件費は一体どうなってるんだ?サン・ラザール店強化週間で、他の店からヘルプが来てる?客寄せのさくら?まあ、そんなことを尋ねられるわけもなく、さっさと支払いを済ませ、キャスキッドソンのバッグを返してもらい、店を出る。

紙袋もかわいいので、最初は、いりまへん!と断ったのだけど、やっぱり下さい、と思わずもらってしまった。

紙袋

家に帰って、LUSHのサイトを再度チェックしたら、このシャンプー、オリーブオイルではなく、グリンオリーブの成分が入っているのであった、まあ、いいか。
ちなみに、やっぱりあったじゃねえか、固形リンス!



さて、固形シャンプーを試してみると、泡立たない!サイトでは、泡だらけになった髪のシャンプーの動画があったのにぃ、と試しに二度洗いしたら、二度目はしっかり泡立った!髪を濡らし足りなかったのかな?とその次は、まずたっぷり濡らしてみたが、やっぱり泡立たず、二度目は今度も泡立つ。なぜ?まあ、いいや、毎回、二度洗いすればいいだけの話だ。

で、洗髪後にシャンプーを例のメタル容器に入れておいたところ、底にくっついて、容器から出て来なくなってしまった。これは携帯用で、家では、石鹸皿(ソープディッシュとか呼ぶの?)に置くか、浴槽のふちに、直置きするべきだったんだわ、きっと。

メタル容器にすっぽり
(ジャストサイズだし)

ふと、無印用品でフタ付き石けん置きを買ったのを思い出す。これは、スポンジが下に敷かれているので石鹸がくっつかないし、何とサイズ的にLUSHの固形シャンプーがぴったり!
無印jpg
(MUJIの石けん置き)

しまった、メタル容器なんぞ買って、勿体ないことした(私はケチ)・・、まあ、おしゃれだからいいけど。

今のところ、髪はいい感じ。次は、固形リンスを試してみようっと。


【半額モニター募集中】100%天然成分のオーガニックシャンプー


「本物」のオーガニックが叶える、髪と頭皮のエイジングケア


敏感肌の方にこそ使って欲しいオーガニックシャンプー Raburoシャンプー&コンディショナー


はちみつまぶして作ったお塩の石けん

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

おすすめ情報

おすすめ情報

プロフィール

江草由香

Author:江草由香
編集者・ライター・コーディネーター。
96年に渡仏し、99年から10年間パリ発日本語情報誌『Bisouビズ』の編集長を務め、同時に日本の雑誌やWebに情報記事、コラムなどを寄稿。
2010年に日仏バイリンガルサイト『BisouJaponビズ・ジャポン』を立ち上げ、ジャパン・エキスポなどパリで行われる見本市で、日本企業や日本人クリエーターの出展をプロデュース、展示会の企画コーディネートの仕事を始める。
2018年に22年間のパリ滞在にピリオドを打ち、日本に帰国。

『BisouFranceビズ・フランス』
https://www.bisoufrance.com/

個人ブログ『湘南二宮時々パリ』
http://ninomiyaparis.blog.fc2.com/

最新記事
カテゴリ
AI翻訳
コスメ
コスメ
ワイン
ティー
航空券
レストラン予約
フランス語
アマゾン
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード