FC2ブログ

2017年映画の見納めは、息子と観に行った『パディントン 2』。ついでに、2017年ベスト3


冬休み中の息子に、「観に行きたい映画、ある?」と聞いたら、『パディントン 2!』。高校生にもなって、そんな映画を?なんてやぼなことは申しません。
私も小学校低学年の頃、夢中になって読んだパディントン。映画第一作目を、息子は夫と観に行ってしまい、一人でパディントンを観に行くのもなぁ、と見逃してしまったのだ。

で、今回は、近所のシネコンに息子と二人でいそいそと出かける。昼の回であったが、けっこう中学生くらいの子どもたちも多く、さらにマダムのお一人様たちの姿も・・。私みたいに子どもの頃ファンだったのかしら?と、実は前情報なしに観に行ったのであるが、映画が始まってびっくり、怪人二十面相のような悪役を演じているのは、ヒュー・グラントではないか!一人パディントンのフランス人マダムたちはひょっとして、彼目当て?ハンサムなダメ男ってあまり、フランス人女性好みのキャラではない気がするが。でも、今まで、ヒュー・グラントって好きでも嫌いでもなかったけど、今回、とてもいい感じ。57歳だって。

パディントンヒュー・グラント
(尼僧に化ける、ヒュー・グラント)

『パディントン 2』の前日に観た『ザ・フロリダ・プロジェクト』(佳作!)のウィレム・デフォーもすんごく素敵だったし、やっぱり男はアラカンが旬なのかしらねぇ(単に自分が歳食って、興味の対象になる男性の年齢が上がっただけ?)。

パディントンウィレム・デフォー
(ウィレム・デフォー)

『パディントン 2』は、年納めに見るにふさわしい、楽しい気分にしてくれる作品であった。息子に、どこが面白かった?と聞くと「パディントンが失敗ばかりしているところ」確かに・・。
2017年に息子と見た映画は、『君の名は。』、『Cars 3』、『怪盗グルーのミニオン大脱走』『この世界の片隅に』、『ローガン・ラッキー』、『マジンガーZ インフィニティ』、『パディントン 2』。スターウォーズシリーズはパパと見に行き、今年見た映画の中で、一番面白かったのは、『Cars 3』だったそう。

ちなみに、2017年に観た作品の中で、私のベスト3を挙げてみると(と言っても、あまり本数を見ていないのだが)、1、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』、2、『120 Battements par minute』(日本公開タイトルは『BPM ビート・パー・ミニット』?)3位が難しいところだが、『淵に立つ』にしておこうかな。

マンチェスター・バイ・ザ・シー (字幕版)
(2017-10-25)
売り上げランキング: 89,858


選外佳作は、久しぶりのカウリスマキ作品『希望のかなた』、御年89歳アニエス・ヴァルダの『Visages villages』、カリン・ヴィアールじゃなきゃ演れないよね、な『Jalouse』(David &Stephane Foenkinos監督)。

パディントンカリンヴィアール

映画観るなら<U-NEXT>


初回1,800円でワインが2本届く!ミシュラン星付きセレクション


(>_<)幸せになりたい!

占いで悩み解決☆

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

おすすめ情報

おすすめ情報

プロフィール

江草由香

Author:江草由香
編集者・ライター・コーディネーター。
96年に渡仏し、99年から10年間パリ発日本語情報誌『Bisouビズ』の編集長を務め、同時に日本の雑誌やWebに情報記事、コラムなどを寄稿。
2010年に日仏バイリンガルサイト『BisouJaponビズ・ジャポン』を立ち上げ、ジャパン・エキスポなどパリで行われる見本市で、日本企業や日本人クリエーターの出展をプロデュース、展示会の企画コーディネートの仕事を始める。
2018年に22年間のパリ滞在にピリオドを打ち、日本に帰国。

『BisouFranceビズ・フランス』
https://www.bisoufrance.com/

個人ブログ『湘南二宮時々パリ』
http://ninomiyaparis.blog.fc2.com/

最新記事
カテゴリ
AI翻訳
コスメ
コスメ
ワイン
ティー
航空券
レストラン予約
フランス語
アマゾン
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード