FC2ブログ

義母のロングブーツと、老後のガンダルフ・ファッション

クリスマス・イヴはレンヌ郊外にある義父母の家で過ごした。12年前から毎年必ず、イヴかその前日から義父母の家に泊まりに行き、イヴはそこで、義父母と義理兄夫婦とその息子(つまり私にとって甥)と義理姉のお母さんと一緒に祝う。7年前からうちの息子がそこに加わり、今年19歳になった甥っ子を見て、初めて彼に会った時、ちょうど今の息子の年齢だったのだわ、としみじみ。その時はまだ60代だった義父母は今、義父81歳、義母76歳。定年後の自由な身で、夫婦二人でよく旅行をし、スペインまで車を運転していった元気な義父が、数年前にパーキンソン病を患い、今では杖にすがって歩き、外出もしなくなり、すっかり元気がなくなってしまった。

「パピー(おじいちゃん)の病気のせいでもう、どこにも遠出はできないし、短時間の外出もままならないわ」と嘆いていた義母はインターネットを始めたところ、すっかりはまってしまい、私にも頻繁にメールやデジタル写真を送ってくるし、手料理を褒めると「このレシピはネット上で見つけたのよ」なんて得意げだったり。それに友達と映画を見に行ったり、一人でショッピングに出かけたり、とけっこう活動的である。家事負担を軽くするために、一時期、派遣の掃除婦を雇ったが、「ものをしょっちゅう壊す人で、かえってストレスになるから辞めてもらったわ」と結局、家事も一人でこなしている。言い古された言葉だけど、女は強し、男より状況変化にうまく対応するのだ。
また、義母は相変わらず、いつもきちんとメイクをして、3週間に1度は美容院に行き、髪を染めている。服もけっして高価なものではないが、コーディネートにこだわり、バッグ、帽子、アクセサリー類もちゃんと服に合わせたりとおしゃれだ。

noel.jpg
(たくさんのプレゼントに大喜びの息子)

クリスマス・イヴの翌日、もしくは翌々日に義父母宅から車で5分の義兄夫婦のところに集まってランチをするのも恒例行事で、今年は26日に、4時間ことことと煮たというテット・ド・ヴォー(牛の頭肉)をごちそうになった。シラク元大統領の好物だったらしい。義母は黒のタートルネックセーターに、黒のカルソン、黒革のロングブーツという、今時のいでたちであった。流行もちゃんと追っているんだ、と感心し、「そのブーツ、素敵ね」と私が褒めると、「3年前から履いているわよ」!と、昔からおしゃれに興味のない私は、人の服装にもあまり注意を払わないのであった。
 気づけば、学生時代からGパンを基本に、カジュアルな服にほとんどスッピンで過ごして着た。若いうちは(って、もう若くはないんだけどさ)、それでも許されたけど、おばあちゃんになって、カジュアルすぎるのは、みすぼらしく見えるのでは?(そもそも70歳過ぎて、Gパン履くかな?)年取ったらもう少し衣服に気を遣おうか、と思うが、義母にしても若い頃からの積み重ねで今のおしゃれセンスがあるのだろうから、いきなり年をとってからおしゃれをしようというのは無理な話だろうな。それなら、カジュアルの究極を行き、世捨て人ファッション、真の山姥ファッションを目指してやろうか、とも考える。一昔前にはやったコギャルの山姥ルックでは、もちろんなく。
 イメージとしては灰色のガンダルフだ、『指輪物語(ロード・オヴ・ザ・リング)』の。グレーの麻か素材のすとんとした長いワンピース(楽そう)に、茶色のウォーキングシューズに太い杖、冬は同色の長いコートにスパッツ、とも布でできた帽子から長いくしゃくしゃの白髪をなびかせて歩くのだ。・・おこもさんに間違えられたりして。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

あけましておめでとうございます!

江草さんへ

2010年も始まって、既に楽しい三が日は今日でおしまい・・・
気がついたら、みんな明日から通常モードにお仕事です。

が、今年もよろしくお願いいたします。

Kenちゃんも、義理のお母様も素敵なクリスマスだったのですね。

フランスの女性は、死ぬまで女性を捨てないというか、こと、おしゃれに関しては、決して妥協しない姿勢に、毎回感心します。

フランスに行くたびに?いくつになっても美に関して妥協しないフランス人女性の姿勢を見て、私も、「見習わないとなあ・・・。」と反省します。

おしゃれが上手=自分に似合うものやTPOを理解しているのではないかと思うので、自分が着たいと思うものと客観的に見て似合うものが同じになる人って、ちょっと尊敬してしまいますね。

今年もよろしくお願いします

マダム・かおりんさん、

あけまして、おめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
フランスも今日から新学期が始まり、息子は学校へ、だんなは会社へ、私も仕事始めです。

おすすめ情報

おすすめ情報

プロフィール

江草由香

Author:江草由香
編集者・ライター・コーディネーター。
96年に渡仏し、99年から10年間パリ発日本語情報誌『Bisouビズ』の編集長を務め、同時に日本の雑誌やWebに情報記事、コラムなどを寄稿。
2010年に日仏バイリンガルサイト『BisouJaponビズ・ジャポン』を立ち上げ、ジャパン・エキスポなどパリで行われる見本市で、日本企業や日本人クリエーターの出展をプロデュース、展示会の企画コーディネートの仕事を始める。
2018年に22年間のパリ滞在にピリオドを打ち、日本に帰国。

『BisouFranceビズ・フランス』
https://www.bisoufrance.com/

個人ブログ『湘南二宮時々パリ』
http://ninomiyaparis.blog.fc2.com/

最新記事
カテゴリ
AI翻訳
コスメ
コスメ
ワイン
ティー
航空券
レストラン予約
フランス語
アマゾン
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード