FC2ブログ

メゾン・エ・オブジェ見本市に出かける

 この土曜日に家具とインテリア用品の見本市、メゾン・エ・オブジェMaison et Objetに出かけた。出展者数が3000近く、会期5日間で来場者数は8万人ほどの、インテリア関連ではヨーロッパ最大級と言われる展示即売会だ。
今回は、皮膚科医の岩本麻奈先生のご紹介で、同見本市に出展中のフェイス・ブラシなどのブラシ類を中心とした道具・小物類のメーカー、Sou Akadaを取材することになったのだ。実は、10年ほど前、この見本市で、フランス企業のブースでバイトをしたことがある。その時は昼の休憩時間に近辺のブースをちらっとのぞいた程度で、いつかゆっくりこの見本市を訪れてみたいな、と思いつつ、月日が過ぎてしまった。

駅から人の流れについて会場にたどりつくも、パビリオンがいくつもあって、まごまごする。受付に迎えに来てくださったSou Akadaの城崎社長と一緒に、館内に入ると、人の多さに圧倒される。土曜日なので、バイヤー以外に一般客も多いのだろう。
maisonetobjet.jpg

まずは麻奈先生推薦のフェイス・ブラシについて取材。動物の毛と合成繊維を組み合わせ、それぞれの特徴をいかすことによって、肌の汚れを落としながらも、皮脂を取りすぎないように石鹸がうまく泡立つように作られている。社長自ら、泡だてを実践してくださったが、チューブからちょこっ、と出した、指先程度の洗顔ソープがみるみるうちに、夏ミカンくらいの大きさのメレンゲ状の泡に膨れ上がり、びっくり!
Sou Akadaは他にも野菜洗い用ブラシなどを作っていて、これは、野菜をきれいに洗って皮ごと食べられるように、というコンセプトに基づいている。野菜の皮は栄養価が高いし、皮を食べてしまえば、ごみも減る。ただ、化学肥料も皮に蓄積されるので、オーガニック野菜に限るが。その他、洋服ブラシ、料理用はけなども、毛の部分と本体が解体できるしくみになっている。これも、消耗しやすい毛の部分だけを取り換えれば、長く使えるし、最終的に捨てる時もごみの分別がしやすいから。そう、各製品ともエコへのこだわりがあると同時にデザインがスタイリッシュ。社長の考え方に共感する。
取材が終わった後も、同社の女性スタッフたちが私と同年代で、思わずおしゃべりしてしまい、気がついたら、12時半を回っていた。

城崎社長
(Sou AKADAのブースに立つ、城崎社長)

慌ててお昼を食べて、会場内のブースをのぞいて回る。実は、この大不況、特に日本の広告・出版界の低迷ぶりのせいで、末端労働者の私たちの仕事が大幅に減っている。何か新しい分野でビジネスを始めようか、始めるとしたら、今年しかない!なぜなら六星占術によれば、今年から3年は好運期なのだ!と、ない知恵をしぼりながら、今、起業準備、特に情報収集に励んでいる。犬も歩けば棒に当たるではないが、ビジネスのヒントがないかなぁ、と思いながら、インテリア小物、おもちゃ、テーブルウェアのブースが並ぶ界隈をうろうろする。誰もが一度は考えるであろう、フレンチ・グッズの日本への輸出。ただ、子ども用グッズでかわいいなぁ、なんて思った店で、「日本に取引先は?」と聞くとたいてい、「ありますよ」との返事がかえってくる。「日本語のインターネットページもあるよ」なんて会社も。そう、私みたいな素人が、これ、日本で売れるかも、なんて思うものは日本にすでに入っている、と考えて、間違いない。

パビリオンの一番奥の壁際の小さなブースで、石鹸オブジェなるものを作っている若い女性アーティストが、声をかけてきたので、何となくおしゃべり。香りのいい石鹸に人形を載せたり、ブラスチックや木の素材でデコレーションしたりしている。「石鹸の匂いが服の虫よけにも役立つのよ」なんて彼女が言えば、「まさに、最近、セーターに穴があいていて、がっかりしていたところなのよね」なんてたわいもない話をしていたら、最後に、「一つ好きなものを持って行って」、なんて優しいことを言ってくれたので、もちろん、ありがたく、いただく。
石鹸アート
(石鹸アーティストのナタリー)

実は家に戻って、彼女のサイトにアクセスしたら、なんと私の住む町、コンフランに彼女のオフィス(兼自宅かな?)もあることが分かり、びっくり!何か縁があるかも・・。 

この見本市、7つの会場に分かれていたが、私は一つ見ただけで、へとへと。電車の混まないうちに、と4時半に駅に向かう。
夜にはどっと疲れが出たうえ、のどが痛み始める。翌朝にNHKラジオの『地球ラジオ』のワールドテレホンネットワークで話をすることになっていたのだ、しかも生中継で。ま、まずい!とティッシュにティートゥリーとラヴァンサラの精油を一滴づつたらし、(のどの痛みに効く)それを鼻の上に載せて、22時過ぎにはさっさと布団に入ったのであった。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: おもしろそう!

マダムかおりんさん、こんにちは。

そうか、2月4日ね。ここんとこ、踏んだり蹴ったりの上に、風邪までひいて、って。確かに細木数子の本でも、1月はだめ、って書いてあったし。

> 江草さん、こんばんは。
>
> この見本市も、おもしろそうですね。
> 何か、ホントに、いいご縁があるといいのですが・・。
>
> 占いのとおりに?なるとすれば、2月4日以降が転機になると思いますよ。占いの種類にもよりますが、多くの場合、1月1日が起点ではなく2月4日以降から新年に入るとされているようですので・・。

おすすめ情報

おすすめ情報

プロフィール

江草由香

Author:江草由香
編集者・ライター・コーディネーター。
96年に渡仏し、99年から10年間パリ発日本語情報誌『Bisouビズ』の編集長を務め、同時に日本の雑誌やWebに情報記事、コラムなどを寄稿。
2010年に日仏バイリンガルサイト『BisouJaponビズ・ジャポン』を立ち上げ、ジャパン・エキスポなどパリで行われる見本市で、日本企業や日本人クリエーターの出展をプロデュース、展示会の企画コーディネートの仕事を始める。
2018年に22年間のパリ滞在にピリオドを打ち、日本に帰国。

『BisouFranceビズ・フランス』
https://www.bisoufrance.com/

個人ブログ『湘南二宮時々パリ』
http://ninomiyaparis.blog.fc2.com/

最新記事
カテゴリ
AI翻訳
コスメ
コスメ
ワイン
ティー
航空券
レストラン予約
フランス語
アマゾン
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード