FC2ブログ

フランス人のティーンでいっぱい、のパリManga市

土曜日に7歳の息子を連れて、パリのポルト・シャンペレ見本市会場で開かれた“Paris・Manga&Sci-Fi show”に行って来た。取材とマーケティングを兼ねているので、人の少ない午前中に一人でさっと行こうと思っていたが、WEBで下調べをしていたら、息子がそれを見て「NARUTOの人形がほしい」、と言いだす。“8歳以下入場無料”とあったので(入場料は大人子ども関係なく一人9euros)、連れていくことにする。

manga列
(この列!)

息子は土曜の午前中はハンドボール教室なので、昼ご飯を食べて出かけたら、会場に着いたのは14時半近くで、驚くような列ができている。この会場、他の見本市を訪れたことが2度あるが、こんな列は見たことがない。土曜なので、親子連れも多いが、ほとんどがティーンだ。ちなみに日本人らしき人は一人も見なかった。幸い、あまり寒くなく、曇っていたが、雨も降らない中、1時間近く並んで、それほど広くない会場に入ると案の状、イモ洗い状態であった。

さて、この“Paris・Manga&Sci-Fi ショー”はジャパンエクスポの簡易版とでも言おうか(って主催者は怒るか?)、コミケ会場に、マージャン、囲碁、折り紙、空手実演などのコーナー+Sci-Fi(スター・ウォーズのコーナーがあったりする)といった具合の日本のマンガ文化を中心としたごった煮見本市というところ。出展スタンドは同人誌の他に、コスプレ衣装、フィギュア、トトロやピカチュウのぬいぐるみ、刀、コミック類、それに正規輸入したとは思えない日本のお菓子などなど。

manga場内
(アニメのDVDも売っている)

さて、我が息子であるが、発達障害児は人込みが苦手、と言われるが、案外けろっとして、「大きなお祭りだね」。フィギュアや日本のお菓子類など興味あるものがたくさん並んでいるので、人など目に入らないのかもしれない。この大群衆の中、迷子になられたらたいへん、と左手で息子の手をしっかり持ち、右手でカメラをもってスタンドやコスプレ・コンテストの様子、そして、ゴスロリやアニメ主人公のコスプレ姿のフランス人ティーンたちをパチパチととらえる。みんなカメラを向けると笑ってポーズをとってくれるのだ。子ども連れだから警戒されないのかしら、と思ったが、あやしげなフランス人ムッシューの向けるカメラにもちゃんとポーズをとっている。そう、張り切ったコスプレ姿、注目してほしいのだな、みんな。

mangateens.jpg
(ポーズをとってくれたティーンたち)

息子が怪しげな店で森永ハイチュウを買いたい、と言いだしたので、「この前、食べ過ぎて吐いたじゃない」と止める。すると、「じゃ、チョコボール」と手を出したので、見ると息子のきらいなホワイト・チョコなので、「白いチョコは嫌いでしょ」とこれもダメ出しをすると、思い切り不機嫌になってしまう。ここでパニックを起こしでもしたらたいへん、と思っていたら、ダンスダンスレボリューションコーナーにさしかかり、画面に目が釘付け。「踊ってみたら?」と勧めるも「見るだけ」と、それでも楽しそうに床でステップを踏んでいた。楽しそうなので、「誕生日にパパにねだれば?」と勧めてみる、私もやれるし。

最後にフィギュアの店に寄り、息子が選んだのはなんと、懐かしのドクタースランプのフィギュアセット。フランスで放映されているのは見たことないし、日本のビデオやDVDで、息子に見せた記憶もない。なんで?と思っていたら、中にタイムくんという時計のかたちをした登場人物のフィギュアが入っていたから。息子は数字フェチなので。

帰りに近くのマクドナルドに寄ったら、Manga市帰りのティーンたちがたくさん。コスプレの小道具で持っていた槍を入口で没収されている子もいた。彼らの親は「何が楽しくてこんな変な格好をするのか」と嘆いているかもしれない。しかし、友達ができず、孤立している息子を見ると、ティーンになった時、コスプレ・チームでも、JAPANおたく仲間でもいいから、一緒に楽しむ友達ができていたらいいな、と、隣のテーブルで7月に行われるJAPANEXPOの話で盛り上がっているフランス人ティーンたちに囲まれて、息子とチョコレート・サンデーを食べながら、思ったのであった。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Jean Paul Hevin

それにしても日本のmangaの人気はすごいですね。フランス語を勉強始めのころ、(そのころフランス人は日本が嫌いと思い込んでいた)TVのフランス語教室を見ていたら、フランス人の子供がmangaを買ってくるsceneがあってなんで?と思ったものでした。
チョコレートサンディで思い出したけど、Jean-Paul Hevinてご存知でしょうか? なんでも有名なフランス人のショコラティエで東京のmidtownに店舗があります。わたしも一度いきました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: Jean Paul Hevin

ushizakaさん、こんにちは。

実は、ジャン・ポール・エヴァんさんは、ビズの第一号、二号に広告を出してくれました。その頃はまだ、日本でそれほど有名ではなく、日本人にも宣伝したい、とおっしゃっていました。それで三号でインタビュー記事を掲載しました。気さくな人で、取材に行った日、なんと、彼自身がサロンでお客に給仕していたんです。人が足りなくて、日本人でまじめな人がいたら、紹介してほしい、と言っていましたが・・。今じゃ、パリの各店舗に日本人スタッフがいるようです。

> それにしても日本のmangaの人気はすごいですね。フランス語を勉強始めのころ、(そのころフランス人は日本が嫌いと思い込んでいた)TVのフランス語教室を見ていたら、フランス人の子供がmangaを買ってくるsceneがあってなんで?と思ったものでした。
> チョコレートサンディで思い出したけど、Jean-Paul Hevinてご存知でしょうか? なんでも有名なフランス人のショコラティエで東京のmidtownに店舗があります。わたしも一度いきました。

Re: Mangaは、大人気ですね。

マダムかおりんさん、こんにちは。

マンガ市、楽しかったです。私はマンガ大好きっ子でしたが、コミケとかには行きませんでした。でも、コスプレしてるパリのティーンたちにシンパシーを感じてしまいました。
ゴールデンウィーク、楽しみにしております。日程決まったら、お知らせくださいな。

江草

> 江草さん、こんにちは。
>
> NARUTOは、フランスでも人気ですねー。
> 先日、郵便局へ行った際、NARUTOの切手が販売されていて、珍しいので1シート購入してみました。が、この作品を未だ読んだ事がないので、キャラクターがよくわからないものの、アニメのとおりの色彩で色鮮やかで大変きれいでした.。
> そういや、Kittyちゃんや名探偵コナンなど、最近?アニメの切手がよく発売されるんですが、旧郵政省が解体され、民間化されたために?このような切手が販売促進されるようになったのかも??
>
> この記事にある見本市は、日本の漫画だけでなく、折り紙や日本のお菓子や空手など等、多岐にわたって紹介されているのは興味深いですね。
>
> 日本でも、毎年大規模なコミック祭のような見本市を有明あたりの巨大なスペースで開催してますが、何年か前などは、多くの人がエスカレーターに乗りすぎて?急停止してしまい、多くの人が負傷する事故がありましたが・・・。
> そういえば?日本での開催は世界中からの来訪者があるそうで、これはこれで?興味深いマーケットのようです。
>
> しかし、Dr.スランプも、懐かしい・・・。
> Kenちゃんは、時計のキャラクターに釘付けですか・・・。
> コアなところに?また目をつけていますね。
>
> ところで、Kenちゃんは、NARUTOも好きなんですね。
> 人形?って、フィギュアのことですかね?
>
> 次回、フランスに行く際に、リクエストあればお持ちしますよ。
> (一応、ゴールデンウイークの航空券のチケットはGetしましたので。)
> チョコボールもハイチュウも、お安い御用ですので・・・。
>
> Kenちゃんに、発達障害があっても、趣味が合えば自然と?仲の良い友人との人間関係って築いていけるのではないでしょうか?
>
> きっと、大丈夫ですよ!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

すごいですね~

随分ご無沙汰してしまいまして、すみませんでした・・
今年も、どうぞよろしくお願い致します~

こちらのTV番組で、フランスでもMangaが人気あると紹介されていたのを見た事がありましたが、ここまでとは思いませんでした!
すごい行列ですね(驚!)
コスプレも、細部まで凝っていて本格的ですね。コスプレ世界大会?とかにも、きっと参加されてるのでしょうね、多分?
息子さん、ドクター・スランプお好きですか~
実はうちの子も、見た事ないはずなのですが、どこから知ったのか、好きだと言っていました。

コスプレ

Melody021さん、こんにちは。

会場内でコスプレコンテストもあって、そちらは、かなり凝ったコスプレのティーンたちがいましたよ。

おすすめ情報

おすすめ情報

プロフィール

江草由香

Author:江草由香
編集者・ライター・コーディネーター。
96年に渡仏し、99年から10年間パリ発日本語情報誌『Bisouビズ』の編集長を務め、同時に日本の雑誌やWebに情報記事、コラムなどを寄稿。
2010年に日仏バイリンガルサイト『BisouJaponビズ・ジャポン』を立ち上げ、ジャパン・エキスポなどパリで行われる見本市で、日本企業や日本人クリエーターの出展をプロデュース、展示会の企画コーディネートの仕事を始める。
2018年に22年間のパリ滞在にピリオドを打ち、日本に帰国。

『BisouFranceビズ・フランス』
https://www.bisoufrance.com/

個人ブログ『湘南二宮時々パリ』
http://ninomiyaparis.blog.fc2.com/

最新記事
カテゴリ
AI翻訳
コスメ
コスメ
ワイン
ティー
航空券
レストラン予約
フランス語
アマゾン
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード