FC2ブログ

和太鼓の発表会

去年から始めた和太鼓教室の発表会が、この日曜日にパリ9区の市役所内会場で行われ、私も初舞台(って大げさだけど)を踏んだ。サランドル窪田真理子先生の元、1年間学んだ成果を披露する場で、クラスごとにグループを組み、それぞれ3分ほどの持ち時間で、1~2曲を演奏する。
 私は毎週月曜・午後のクラスに通っているので(と言っても、仕事や他の用事が入ったりで、平均月2回程度しか行っていない)、同じクラスにいる日本人のヨウコさんとフランス人のアレクサンドル、ラモン、ディアナと5人で、短い曲を2つ演奏することになった。

さて、この発表会のために1ヶ月間、特訓しました!と、言っても単に毎週休まずに通った上、発表会前の最後の練習は、+1時間の自主練もした、というだけ。でも、私としてはずいぶん、気合が入っていたのだ。

 発表会当日は、年齢国籍性別の違う5~8人のメンバーで構成された全8グループ(要するに和太鼓教室には8つのクラスがある)、が腕を披露しあった。
私たちは月曜・午後クラスなので、トップバッター(稽古の曜日順で演奏したので)。緊張したわけじゃないけど、最初の曲、途中4小節飛ばしてしまい、慌てて元に戻す失態を・・、まあ、先生とグループのメンバー以外に気がついた人は少ないだろうけど。2曲目は速いテンポの曲だが、みんなの息が合って、私自身もうまく叩けたじゃん、と思ったが、見学に来た夫に後で、「キミの太鼓の打ち方は剣道と同じで、手つきが固いな」、とケチをつけられる。

発表会に引き続き、餅つき(エベイユ学園から借りた臼と杵を使って)、茶道のデモンストレーション、そして太鼓体験教室が行われた。体験教室は演奏会を見学に来た人向けのはずだったが、気がつけば、真理子先生はもちろん、生徒、見学者が一緒になってばちを握り、ジャンべ(アフリカ太鼓)を持参して叩き始めた人もいて、さらにその周りで踊り出す人も出て来て、まさにお祭りであった。
そう、組み太鼓のいいところは、初心者とベテランが一緒に演奏できることだ。つまり、初心者は単純にリズムを刻み、ベテランが複雑な手数を叩く・・、極端な話、バチを始めて持った人は一曲を通して各小節の頭に一発ドンと叩くだけ、そして他の演奏者はそれに合わせて複雑な手数を入れながら叩く、ということが可能なわけだ。もちろん、いい音を出す、高度な演奏をするというのは別の次元の話。プロの演奏者じゃないんだから、みんなで楽しめればいいわけだけど。

 息子は「太鼓はうるさい」、とリハーサルの時はテーブルの下にもぐって耳をふさいでいたが、最後は、太鼓の響く会場の中、他の子どもたちと走り周り、帰りの車の中では「お祭りみたいで(文字通り)楽しかった、また、行きたい」、とまで言っていた。和太鼓のリズムが生み出す楽しいムードに感染したに違いない。

P1030656.jpg

(ちなみに一番奥が私。カメラを夫に託し、当然、グループ全体の演奏の様子を撮ってくれるものと思っていたら、絵にもならない私一人の演奏姿3枚と、この写真しかなかった)
 
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

決まってますね!

江草さん、こんにちは。

写真を拝見する限り、おそろいの衣装(Tシャツの背面は、真?と
書かれているのでしょうか?)で、和太鼓を叩く姿は、凛々しく見えますよ。

江草さんの前方にいらっしゃるフランス人男性?の手元が少しぶれているので、音やリズムのスピード感が伝わるようです。

なんだか、楽しそうでいいなあーとうらやましく思いました。

真です

マダム・かおりんさん、こんにちは。

そう、和太鼓の会の名前がWADAIKO真といいます。それで背中に真の字。このTシャツ、会場で販売して、けんちゃんもすぐに「真のTシャツがほしい」と言ったので、買ってその場で着ていました。

私も昔はバンドやっていたのですが、人前で演奏するのって20数年ぶりで、楽しかったです。

No title

是非、生で、演奏を、お聞きしたかったです!!!
すごい迫力でしょうね~
立ち姿も、決まっていて素敵ですね!

私も、バンドやっていた?事もあり、音楽が大好きです。
皆で心一つにして、音を作り上げていく、あの感動は忘れられません。

おすすめ情報

おすすめ情報

プロフィール

江草由香

Author:江草由香
編集者・ライター・コーディネーター。
96年に渡仏し、99年から10年間パリ発日本語情報誌『Bisouビズ』の編集長を務め、同時に日本の雑誌やWebに情報記事、コラムなどを寄稿。
2010年に日仏バイリンガルサイト『BisouJaponビズ・ジャポン』を立ち上げ、ジャパン・エキスポなどパリで行われる見本市で、日本企業や日本人クリエーターの出展をプロデュース、展示会の企画コーディネートの仕事を始める。
2018年に22年間のパリ滞在にピリオドを打ち、日本に帰国。

『BisouFranceビズ・フランス』
https://www.bisoufrance.com/

個人ブログ『湘南二宮時々パリ』
http://ninomiyaparis.blog.fc2.com/

最新記事
カテゴリ
AI翻訳
コスメ
コスメ
ワイン
ティー
航空券
レストラン予約
フランス語
アマゾン
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード