FC2ブログ

自家製納豆マシン

1ヶ月ほど前だったか?納豆が大好きな息子に、「納豆買って来たよ」と言うと、「わーい、やったー、納豆だ!」と目を輝かせて、「たくさん食べてもいい?」と遠慮がちに尋ねてきた。・・たかが、納豆ごときで、となんだか息子が不憫に。
そう、フランスでは、納豆は高級食品である。日本からの輸入品なので、値段は日本の3倍くらいするし、しかも、オペラや15区などにある日本食品店、一部の韓国・中華食材店など、限られたところでしか手に入らない。
 在仏の知人で、自家製納豆作りに挑戦している人もいる。オーガニック・ショップで買った乾燥大豆を蒸して、それをプラスチック容器に入れ、発泡スチロールの箱に45度のお湯を入れたペットボトルを数本重ね、その間に入れ・・、と作り方を聞いて、ものぐさな私には絶対できない、と諦めた。

 便利グッズ大国の日本なら、家庭用・納豆製造機なんてものがあるかも、とネット検索して見つけたのが、この“ヨーグルト工房Naturia”(なんで、アルファベット名なんだ?)。名称から分かる通り、ヨーグルト・メーカーなのだが、納豆も作れるという優れものだ。まあ、どちらも発酵食品なので。納豆嫌いの夫は「納豆と同じ機械で作ったヨーグルトなんて食えるか!」と言ったが、ちゃんと内容器が二つあり、使い分けができるのだ。
 今回、帰国の際に、フランスからネットで注文し、品川区に住む姉のところに配送してもらった。しかし、配送時間を14-16時なんて細かく指定できるのはさすが日本。フランスなんて、指定した日に届かないことだって、よくあるのだ。このヨーグルト・メーカー、軽量コンパクトで、問題なく、スーツケースに入れて、フランスに持ち帰った。

手作り納豆
(こんな風に納豆ができあがり)


 まずは、ヨーグルトを作ってみる。牛乳と生クリームにヨーグルトの種(市販のヨーグルト)を入れて、温度と時間を設定するだけ。6時間で簡単にクリーム状のヨーグルトができて、夫も「おいしい!」と気に入った様子。
 そして、いよいよ近所のオーガニック・ショップで乾燥大豆を買ってきて、納豆作りに挑戦。大豆を12時間、水に浸して、その後30分ほど、蒸したものをマシンに放り込み、タイマーを45度、24時間にセットするだけ。
 蓋をあけて、ねばねばと糸をひく納豆を目にした時には感動!蒸し時間が短かったらしく、少々固めであったが、息子は「おいしい!」。「よく噛んで食べるんだよ」なんて小津映画の笠智衆みたいな台詞を言いながら、私も手作り納豆をしっかりと噛んで味わった。一回に300gの大豆を発酵させられるので、毎日、納豆を食べるわけではない我が家なら、これだけ作れば2~3週間はもつだろう。
 これで、納豆は遠くまで買いにいかずに済むし、納豆のプラスチック容器を捨てる必要がなくなるので、ゴミ減らしにもなる。それはヨーグルトも同じで、こちらは毎朝食べているので、かなりゴミが減るかも。ただ、材料となる牛乳の容器がプラスチッなので(フランスは紙パック入り牛乳が珍しい)、微妙なところか。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして。フランス地方都市在住の主婦です。
この夏に帰国する際にぜひこの機械を購入しようと思い、東芝のサイトを見たのですが、納豆についてあまり詳しく記載がありませでした。納豆菌はご自分で日本で買っていらっしゃいましたか?それから、私が住む街では緑色の大豆しか手に入らないのですが、これでも大丈夫でしょうか?
もしご存知でしたら教えていただけますでしょうか。よろしくお願いいたします。

へえ~!

江草さん、こんばんは。

こんな便利グッズが、売っていたとは知りませんでした。

納豆もヨーグルトも発酵食品なので、菌と温度管理さえ出来れば
自家製も可能なのは知っていますが、いかんせん?ここ日本では、
わざわざ自分で作らずとも?両方とも簡単に入手可能ですからね・・。
(日本では、かえって?作るほうが高くつくかも??大豆って、意外と?
原料調達しようとすると、決して安くないですからね。ほとんどが輸入
ですし、国産だとなおさら高いはず。)

軽量コンパクト・・・ってことを考えると、ひょっとして?登山者向けなど、
アウトドア派の人向けに最初は作られた代物だったりして・・・?
でも、意外と?海外在住の日本人の方にも需要は大きそうですね。


市販の納豆を種に

SAEさま、こんにちは。

納豆はパリの日本食料品店で買ってきた市販の納豆を使いました。大豆ですが、お近くにビオショップはありませんか?そこに黄色の乾燥大豆があれば、それを使ってください。

海外在住者向け?

マダム・かおりんさん、こんにちは。

この商品、ネットに海外に住んでいるユーザーのコメントが載っていました。まさに、納豆が簡単に手に入らない海外在住者向けのマシンだと思います。軽量コンパクトなのは、私みたいにスーツケースに入れて持って帰るのにぴったりだから?なんてことはないと思いますが、たぶん、日本に住んでいる人は、手作りヨーグルトを楽しんでいるのではないかと。ケフィアヨーグルトから豆乳ヨーグルトまで、いろいろ作れるので。

No title

ありがとうございました。なるほど、納豆をそのまま入れればよいのですね。冷凍の納豆ならこちらでも手に入るので、やっぱりこの機械を日本で購入することに決めました。大豆は、BIOのお店で売られているものが緑色でした・・・そして、よく調べたら緑豆で大豆とは違うようです。haricot mungoという名でした。中華街には黄色があったので、そちらで試してみます。

No title

江草さん、こんにちは^^
しばらくご無沙汰しておりまして、すみません(涙)

こんな素晴らしい機械があったなんて!!! 驚きました!
実は私も、納豆大好きなんです。
(毎日、食べております)

早速、ネットで検索してみました。
昔々うちの祖母が、湯たんぽを使って納豆を作っていたのですがここまで進化しているとは!
海外在住のお友達に、教えてあげたら、泣いて喜ぶと思います^^
すごい情報を、ありがとうございます!!!


変圧は?

こんにちは。今日本に帰国でオーストラリアなのですが、ぜひ納豆マシーンを購入を、と考えていてネット検索したところ、これを拝見しました。
何より、他の方も魅力に思ってらっしゃる通り、
『軽い』ことは海外に持ち運ぶには重要項目ですよね。

ところで、変圧の必要はなかったのでしょうか?
温度が45度ということですので、仮に必要だとしても大きな変圧器ではなく、拳骨より少し大きいぐらいの直方体の変圧器がありますが、あれで十分なのでしょうか?

どうぞご教示くださいませ!

おすすめ情報

おすすめ情報

プロフィール

江草由香

Author:江草由香
編集者・ライター・コーディネーター。
96年に渡仏し、99年から10年間パリ発日本語情報誌『Bisouビズ』の編集長を務め、同時に日本の雑誌やWebに情報記事、コラムなどを寄稿。
2010年に日仏バイリンガルサイト『BisouJaponビズ・ジャポン』を立ち上げ、ジャパン・エキスポなどパリで行われる見本市で、日本企業や日本人クリエーターの出展をプロデュース、展示会の企画コーディネートの仕事を始める。
2018年に22年間のパリ滞在にピリオドを打ち、日本に帰国。

『BisouFranceビズ・フランス』
https://www.bisoufrance.com/

個人ブログ『湘南二宮時々パリ』
http://ninomiyaparis.blog.fc2.com/

最新記事
カテゴリ
AI翻訳
コスメ
コスメ
ワイン
ティー
航空券
レストラン予約
フランス語
アマゾン
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード