FC2ブログ

重曹掃除にはまって

7月に日本から遊びに来たSさんとごはんを食べに行った時に、何がきっかけだったか、重曹の話になった。彼女は食器洗いから、掃除に利用するのはもちろん、お風呂にも入れているのだとか。そういえば、私もビズ・ビアンエートルのエコ掃除特集で、重曹について記事を書きながら、自分ではまだ一度も使ったことがなかったよなぁ、とさっそく、エコショップに玄米を買いに行ったついでに重曹を購入。
 
 ちなみにフランス語で重曹はBicarbonate de soude。袋上に使用法が記され、複数のサイトに色々な利用法が紹介されています、と書いてあるが、サイトアドレスも何も紹介されていない、いい加減だなぁ。
 ネットで検索すると(日本語で)、重曹を使った掃除法を紹介するサイトが山ほど見つかる。日本人フランス人を問わず、重曹の愛用者は多いのか。

重曹

さて、サイトに載っている、いくかの使用法をメモって、まずは我が家のきっちゃないキッチンをアタックしてみたが、その効果のほどにビックリ!ガスコンロの真っ黒くなった焦げ汁後には、重曹水に浸したキッチンペーパーを数時間貼った後にスポンジでこすったら、驚くほどきれいになった。元がひどかったので完全には落ちないが、これ、何回か繰り返せば、新品同様にきれいになるかも。重曹を使った拭き掃除は「ぬらした布に重曹をふりかけてそれでふくだけ」、とサイトに紹介されていたが、それだけで落ちるの?と半信半疑で試したら、驚くなかれ、キッチンのタイルから、エスプレッソマシーン、魚焼き器、ゴミ箱の蓋まで、軽くこするだけで、ぴかぴかになるではないか!木目の戸棚も汚れが落ちるだけではなく、光沢が出るのだ。
・・重曹の威力を知らなかったとは、今日まで、なんて無駄な人生を過ごしていたんだ、と思えるほどに感動してしまったよ。

ご存知のように重曹は無公害、胃薬や化粧品の中に含まれていたりする。口に入れられるものだから、掃除にだって安心して利用できる。サボン・ノワール(オリーブオイルを原料にした液体石けん)、レモン、酢に加えて強力なエコ素材が我が家の掃除アイテムにプラスされたのだ。

 仕事そっちのけで(実は仕事から逃避?)夢中になってキッチン掃除する私を見て、最初は怪訝そうな顔をしていた夫も(なんせ、私は掃除が苦手だし、嫌いで、最低限のことしかしない)、見違えるようにぴかぴかになったキッチンを見て、「きれいになると、気持ちがいいなぁ」と・・まあ、当り前のことなんだけどね。
 
キッチンをきれいに保つコツは、毎日、使い終わった後に、手間を惜しまず掃除すること。確かにガスコンロだって、使用直後ならお湯でさっとふくだけでも汚れは落ちる。これからは毎日、ちゃんと掃除して、後は月に一度くらい重曹を使った大掃除(っていうか中掃除くらい)をすれば、キッチンはいつもぴかぴか。・・、計画するは易し、実行するは難し、なんだけどさ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

お、いよいよ重曹生活を始めたのですね♪
ハマるでしょう(笑)?

きっかけは「失敗したルバーブジャムの鍋」からですよ(笑)

料理後の鍋に重曹と水を入れて少し火にかけて放置しておくと、ごはんを食べ終える頃にはそっとスポンジを滑らせるだけでするする汚れが落ちますよん。

次はぜひお風呂でも試してみてね!

そうでした

saoriさん、こんにちは。

お、そうでした。こがした鍋だ!
今日はレンジのごとくを重曹を溶かしたお湯につけてから掃除。
でも、きれいにとれるところと、そうじゃないところのむらがあるのよね。ちゃんとかき混ぜなかったからかな。

重曹も・・・

江草さん、こんばんは~!

重曹も、日本では毎年大掃除時期の年末になると、
ブームのように?売れる万能お掃除ヒットアイテムとなってます。

フランスでは、エコショップで販売されているんですか?
日本では、薬局でも買えますけど、意外と?年末は売り切れてます。

以前、TVで見たのは、ジャガイモの皮のでんぷん質がクレンザーみたいな役目をするだとか、福神漬けの捨ててしまいがちな赤い汁が、
アルミ鍋の黒ずみを取るとか、身近なものでいくらでも?便利な使い方?や再利用方法があるもんだなあ~と、感心してました。

調べると、いろいろありますけど、最初に?それに気がついた人や発見した人がすごいと思ってしまいますね。

No title

マダム・かおりんさん、こんにちは。

そういえば前、別のエコショップで聞いた時、置いてなくて、薬局へ行きなさい、と言われた覚えが。薬局の方が安く買えるかも。

ちなみに、たまねぎの皮でなべのこげとり、っていうのは私はぜんぜんうまくいきませんでした。なぜかしら?

玉ねぎの皮は・・

江草さん、こんにちは。

玉ねぎの皮には、玉ねぎの苦み成分であるケルセチンというポリフェノールの仲間で脂肪の吸収を抑制し体内の脂肪を排出するのを助ける働きがあり、白い皮部分の20倍ものケルセチンが含まれるといわれています。

そのため、血管の動脈硬化予防にと外皮のみを煎じて飲む人もいます。

一方で、鍋の焦げ付き取りも出来るようですが、これは、アルミ鍋との化学反応を利用してのことか?とも、思いますが、効果はゆでる際の鍋の大きさに対しての皮と水の量のバランスもしくはゆで時間過不足や、焦げの状態によりけりなのでは?

おそらく?江草さんが試してうまくいかなかった理由は、このあたりにあるかと思います。

うーん

マダムかおりんさん、こんにちは。

うーん、かなりのたまねぎの皮を入れたつもりだったので、ゆで時間が短かったのか・・。

おかげさまで、夫がガラスのやすり(?)かなんかで磨いたらしく、いつのまにかお鍋はきれいになっておりました。

おすすめ情報

おすすめ情報

プロフィール

江草由香

Author:江草由香
編集者・ライター・コーディネーター。
96年に渡仏し、99年から10年間パリ発日本語情報誌『Bisouビズ』の編集長を務め、同時に日本の雑誌やWebに情報記事、コラムなどを寄稿。
2010年に日仏バイリンガルサイト『BisouJaponビズ・ジャポン』を立ち上げ、ジャパン・エキスポなどパリで行われる見本市で、日本企業や日本人クリエーターの出展をプロデュース、展示会の企画コーディネートの仕事を始める。
2018年に22年間のパリ滞在にピリオドを打ち、日本に帰国。

『BisouFranceビズ・フランス』
https://www.bisoufrance.com/

個人ブログ『湘南二宮時々パリ』
http://ninomiyaparis.blog.fc2.com/

最新記事
カテゴリ
AI翻訳
コスメ
コスメ
ワイン
ティー
航空券
レストラン予約
フランス語
アマゾン
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード