FC2ブログ

外壁の改修工事が始まる・・

築50年近い我が家は、外壁がかなり汚れている。4年前、越して来た時にすでに汚かったが、お金もないし、貧乏くさいおかげで泥棒に目をつけられなくて済むわい!などと開き直っていた。その代わりに、塗装工事屋には目をつけられやすく、「塗り替えませんか?」、「洗浄だけでもしませんか?」と数多の飛び込みセールスが。そのたび、「引っ越したばかりでお金がないので」、とか「私は失業中なので」、とか「夫に相談するから名刺だけ置いていって」、などとテキトーに断っていた。
先々週の火曜日も、同じパターンで、11時頃に、ペンキで汚れたつなぎを着た少し目つきの悪い工事屋のお兄さんが、呼び鈴を鳴らした。そして、この近くで数件の家の外壁をまとめて塗って、ペンキが余っているので、割安価格で塗装できますよ、とセールスされる。夫が買い物に出ているから、私では答えられない、と言うと、「じゃ、今日15時にまた来ます」と去る。
フランス人はルーズな人間が多いし、どうせ、来やしないだろう、と思っていたら、15時ちょうどに呼び鈴がなる。夫のことだから、うまくあしらうに違いない、と考えていたら、何とニコニコしながら工事屋さんを家に入れて「見積もりをしてもらう」。
つい最近、二軒隣の家が外壁をきれいに塗り変え、「見違えるねぇ」と言ったが、「じゃ、うちも」とは一言も言わなかったくせに・・。確かに提示された金額はそれほど高くないし、壁はあまりにも汚いし、分割払いで構わないと言ってくれた。まあ、ちょうどいい機会か・・、と、翌日の夕方に契約書を持って来てもらうことに。

さて、その翌日、テレワークで家にいる夫が、外出先の私に電話をして来て、「見積もり書に載っていた税務署番号をWEBでチェックしたら、住所が違っている、怪しい。しかもさっき、電話があって、契約と同時に屋根を支える木工部分に使うペンキ代500ユーロを現金で払うように言われた。・・キミ、早く帰って来て、オレが契約書にサインする時に気付かれないように工事屋の顔をビデオで撮れないか?」!後ろ姿ならともかく、顔をどうやって??「とりあえず車のナンバーをメモしておけばいいんじゃないの?」と答えて電話を切るも、自分も不安になってくる。盗難車ってこともありえるし。500ユーロだけ現金で盗んでどろん、ってせこい詐欺だな、なんて考えながら帰宅すると、すでに工事屋さんは帰った後で夫が「とりあえず300ユーロだけ払った。梯子を庭に置いていったから、大丈夫だろう」。見ると、300ユーロの価値はなさそうな汚い梯子だが。

さて、工事開始予定の先週月曜は朝から小雨模様で、案の定工事屋さんは来ない。夫の会社に電話をすると、「雨だから、明日に延期、ってオレの携帯に電話があったよ」。まあ、向こうから電話して来たなら・・。ところが翌朝は晴れにも関わらず10時を過ぎても来ない。夫に催促に電話をかけてもらうと、「今、向かっているところ」と答えたらしい・・、蕎麦屋の出前か。
11時過ぎにのこのこやって来た工事屋さんは「今日は洗浄だけ」とホースで壁に水をかけ始めるが、外から居間の木製シャッターを強引に閉めたため、シャッターの手回しハンドルが、レースのカーテンを勢いよく巻き込み、はずみでカーテンランナーがいくつか割れる。このカーテンランナー、古いタイプで、以前、見本を持ってデパートや洋裁店を回ったが、もう製造されていないと言われたものなのに!その日は1時間ほど壁を洗浄してさっさと帰るが、どう見てもきれいになったとは思えない。

翌日は夫がテレワークで家にいたのだが、工事屋さんは共同経営者らしい相棒とやって来て、屋根に上り、「屋根の端部(けらばと言うそうだ)のセメントがぼろぼろで落ちかねないから、これも塗りなおして、袖がわらをはった方がいい」と言いだす。近所の家を見渡すと、確かに袖がわらをはっていないのは、我が家だけである。
当然、見積もりは2倍以上にはねあがる。夫いわく「壁は汚いだけで済むが、けらばのセメントのかたまりが落ちてきて、KENの頭にでもあたったらたいへんだ!」。私の頭に落ちてもたいへんなんだけど・・。「契約通り塗装だけしてもいいけど、もし屋根を直すなら、そちらを先にしないと、塗りなおした壁が汚れてしまう。他の工事の予定もあるので、すぐに決めてほしい」と工事屋さん。・・商売上手だ。私たちが躊躇していると、「1時間ほど近くのカフェに行っているから、その間に決めてくれ」、と言って、最後に「500ユーロだけならまけてもいい」とささやく。この営業の駆け引き、見習わねば・・。
たまたま庭に出ていた隣のムッシューに相談すると、「飛び込み営業の業者なんかに仕事頼んじゃだめだよ、少なくとも他の会社に見積もりをとって値段を比較しないと」。そこに、外出先から戻って来た二軒隣のムッシューも加わって、「地元の信頼できる業者に頼んだ方がいいよ、うちみたいに」・・実は工事屋さんが、この家の屋根瓦の漆喰が途中までしか塗り直されていないのを発見し、指摘していたのであった、ムッシューには言わなかったが。地元業者も信用できん・・。
結局、屋根も直すことに同意し、工事屋さんは「じゃ、明日やぐらを組みます」と言って満足げに帰って行く。夫は新しい見積もりを見てため息をつき、「これから無駄遣いはできないぞ」・・今までだってかなり倹約生活を送っているんですけど・・。

やぐら


その、翌朝、つまり先週の木曜日、また工事屋さんは10時を過ぎても現れず、いらいらした夫が電話を入れると、「そちらに向かっているところです」。30分後にやっと来て、やぐらを立てたと思ったら、「工事は来週火曜日からとりかかります」!

この調子だと、いつ工事は終了するのか、そもそも本当に始まるのか?毎朝、今日はちゃんと工事屋が来るのだろうか?と不安を感じて過ごすのか?なんて考えると憂鬱。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

やはり、フランス・・。

江草さん、こんばんは~。

やはり?こういう工事業者って、日本と違って納期も工事期限も
のんびりしてますね~。なんでだろう??

この傾向は、決してフランスだけではなく、イタリアなども同様で、
EU全体にありますね。

イタリアに以前行った際も、トレビの泉の工事をしていましたが、
日本の業者なら3~6ヶ月もあれば仕上げる仕事を、1年半かかっても
まだ?終わってないと、現地に住む日本人の方がため息ついてました。

でも、確かに?そんな日本の業者であっても、何社か見積もりを取る
っていうのは、今や常識事項?なので、かのフランスで飛び込み業者に依頼してしまうのは、かなり?チャレンジャーかも??
人ごとながら?大丈夫かなあ~?と、少し心配になってしまいますが・・。

それより、古いカーテンランナー破損されてしまって、大丈夫ですか?
500ユーロじゃなくて、それも加味して?もっと値切ってみては??

ちなみに、写真のような足場なら、日本の業者であれば、1~2名で
1~2時間くらいで?ささっと組んじゃいますので、朝から夕方までなら、少なくても?もう少し作業効率がいいのは確かです。

しかしながら、そこは、フランス・・。気長に付き合わないと、イライラ
させられっぱなしで胃が痛くなりますから・・・。


今日も・・

マダムかおりんさん、こんにちは。

やぐらは1時間くらいでささっと組んでいましたね。
今日から工事開始、って結局、14時半に来ました。冬前に工事終わるのかしら・・。

これが普通か?

たとえば海外では、時間どうり電車がくるのは稀だとか、いつも決められた場所に電車が止まることはない、とか聞くので気長に待つしかないのかもしれません。

以前TVで日本の場合のこうゆう飛び込みの悪徳業者の場合をやっていました。

工事が終わったら、またここで記事にしてください。

電車はわりと正確です

Ushizakaさん、こんにちは。

郊外に住んでいるので、パリまで電車で出ますが、わりと正確に来ますよ。日本に比べれば、遅れることが多い、というか、そもそも日本って電車が遅れることがほとんどないですよね。
 また、私の場合、家を出るのが遅くなって、電車も遅れればいいのに、と思う時に限ってぴったり時間通りに来る。マーフィーの法則になかったかしら、こんな例。

おすすめ情報

おすすめ情報

プロフィール

江草由香

Author:江草由香
編集者・ライター・コーディネーター。
96年に渡仏し、99年から10年間パリ発日本語情報誌『Bisouビズ』の編集長を務め、同時に日本の雑誌やWebに情報記事、コラムなどを寄稿。
2010年に日仏バイリンガルサイト『BisouJaponビズ・ジャポン』を立ち上げ、ジャパン・エキスポなどパリで行われる見本市で、日本企業や日本人クリエーターの出展をプロデュース、展示会の企画コーディネートの仕事を始める。
2018年に22年間のパリ滞在にピリオドを打ち、日本に帰国。

『BisouFranceビズ・フランス』
https://www.bisoufrance.com/

個人ブログ『湘南二宮時々パリ』
http://ninomiyaparis.blog.fc2.com/

最新記事
カテゴリ
AI翻訳
コスメ
コスメ
ワイン
ティー
航空券
レストラン予約
フランス語
アマゾン
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード