FC2ブログ

日本のランドセル

フランスは新学期が始まり、8才の息子は小学校の第三学年に上がった。子どもが新しい学年に上がる時は、どんな親でも不安を感じるだろうが、うちの息子は発達障害を抱えているので、ことさら親としては神経を使う時期になる。
息子はコミュニケーション能力が低く、友達がいない。夏休み中もずっと「オレは学校には行かない」と言い続け、義母が電話して来て、もうすぐ学校は始まるわね、と息子に言ったらしく、その時も「学校は嫌い!」と怒鳴って、がちゃんと切ってしまった。
去年までは夏休みの間に、少しでも他の子どもたちと交わるきっかけになってくれれば、と何日間か学童保育に入れていたが(私も仕事に集中できるし)、それも行きたくない、と言ったので、無理強いはせず、家で私と折り紙をしたり、工作をしたり、後は一人で『クレヨンしんちゃん』や『怪傑ゾロリ』を読んだり、テレビの歌番組を見たりしていた。

 さて、9月2日、新学期初日の朝は、反抗することもなく、夫と私に連れられて、日本のランドセルを背負って学校へ。ランドセルは去年、東京で体験入学をした時に、私の姉がプレゼントしてくれたもので、今年は日本語補習校にも通わないので、使わないのはもったいないし、「これ、フランスの学校で使おうか?」と息子に聞いたら「いいとも!」(どこで覚えたんだろう?)と明るく答えた。こいつ、変な鞄、背負ってる!といじめの原因になるかも、と一瞬、不安がよぎったが、そんなことで息子をからかうような子どもはすでに、障害のことで息子をからかったり、いじめたりしているに違いないから、いいや、と思い直す。 

黒いランドセル
 
実は日本のランドセル、パリのジャパンエクスポでも販売していて、聞くところによると、フランス人のデザイナーやアーティストが、“おしゃれ”で使っていたりするそうだ。日本のアニメはこちらでも大人気だし、ランドセル背負った子どもが出て来るアニメが放映されていたりしたら、逆に羨ましがられるかも。
学校に着き、まずは貼り出してあった新しいクラス名簿を見る。1学年で2クラスしかないので、半分は去年のクラスメイトである。姉御肌でうちの息子にも親切なリザとはクラスが分かれてしまい、リザのお母さんが、「あら、昨日の夜、娘はケンと同じクラスになればいいな、って言っていたのよ、残念!」ほんとか~?と思いながらも、言われて悪い気はせず、「ほんと、残念ですね」と夫と口を揃える。
新しい担任に挨拶をしている間、一人でぽつんとしている息子のところに元気のよさそうな男の子が来て、ボンジュール!息子が下を向いてもじもじしていると、その子はもっと大きな声で、ボンジュール、息子も何とかボンジュールと言うと、彼は満足げに去っていく。その後、一人の女の子が息子の方に寄って来て、ほっぺたにキスをすると、息子も恥ずかしそうにキスを返していた。まあ、学校でも完全に無視されているわけでもなさそうだ。

夕方、学校に迎えに行き、「今日、楽しかった?」と聞くと「ちょっと楽しかった」と答えたので、ほっとする。
家に帰ると夫に「クラスの子が、そのかばん、かっこいい!って言った」、とフランス語で(もちろん)話していた。まずまずの新学期のスタートか。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

入学おめでとう

入学おめでとう。

ケン君もなにかと大変だな。

でも子供のときでも苦労した人は後で我慢強くて人の気持ちがわかる

人間になるかもよ。

小学校にもきっといい奴はいると思うよ。

No title

よかったね~
ビズしてくれる女の子がいるなんて、素晴らしいじゃない。

夏休みお家にいたかったのは、大好きなお母さんのそばにいたかったらでしょ。

うちは今年から公立で2年生やり直しです。
でも、やっぱり気にせず嬉々と新しい学校に通っています。

わたしもがんばろ~

進級ですよ

AKIさん、こんにちは。

入学じゃなくて、進級ですよん。

優しくしてくれる子はいるんですよね。でも、そういう子たちともうまくコミュニケーションがとれないようで。

まあ、療育の効果も少しは出てきているので、息子のペースで徐々に周りの子供たちとコミュニケーションが取れるようになればいいかな、と。

そうかも

hanaeさん、こんにちは。

そういえば、最近、「おれ、ママと結婚する」と言っているし。8歳にしては幼い発言だけど、そんなこと言われるとこちらも顔がほころんでしまいます。

転校先の学校に楽しそうに通っているなら、まずは合格点じゃない?まあ、成績とか友達との関係とか、心配事はつきないけどね。

Kenちゃんは・・・

江草さん、こんにちは~。

Kenちゃんのお写真、凛々しいではないですか!
ランドセル姿も、よく似合ってますよ~!
(Kenちゃんにもよろしくお伝え下さい。)

きっと、周りに言われなくても?Kenちゃん本人は、
ちゃんと学校の良さやイヤでも行かなきゃいけないってことは
なんとなく?理解はしていると思いますよ。

だからこそ?学校、学校って言われるとそんなの、もちのろんだろ~!
って、怒っちゃうんでしょうね~。
そういう時は、別のことを頭の中で考えていたりするかもしれないですし。

私が思うに?Kenちゃん本人はちょっと照れ屋さんなので、
よっぽどのことが無い限り?学校行くことは、本人が言うほど
イヤっていう訳でもないのかも?しれません。

かんしゃくをおこすことがあっても、一過性もしくは波があるだけだと
思うので、そんなに心配せずに、おおらかな気持ちで新学期スタート
出来ますように・・。

追伸;ママと結婚するなんて言ってくれて、嬉しいじゃありませんか~!
うらやましいです。





No title

マダムかおりんさん、こんにちは。

最近は給食が“悪い”から学校は嫌いだ、というようになりました。
私も小学校の頃給食が大嫌いだったので・・。

おすすめ情報

おすすめ情報

プロフィール

江草由香

Author:江草由香
編集者・ライター・コーディネーター。
96年に渡仏し、99年から10年間パリ発日本語情報誌『Bisouビズ』の編集長を務め、同時に日本の雑誌やWebに情報記事、コラムなどを寄稿。
2010年に日仏バイリンガルサイト『BisouJaponビズ・ジャポン』を立ち上げ、ジャパン・エキスポなどパリで行われる見本市で、日本企業や日本人クリエーターの出展をプロデュース、展示会の企画コーディネートの仕事を始める。
2018年に22年間のパリ滞在にピリオドを打ち、日本に帰国。

『BisouFranceビズ・フランス』
https://www.bisoufrance.com/

個人ブログ『湘南二宮時々パリ』
http://ninomiyaparis.blog.fc2.com/

最新記事
カテゴリ
AI翻訳
コスメ
コスメ
ワイン
ティー
航空券
レストラン予約
フランス語
アマゾン
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード