FC2ブログ

パリ在住皮膚科医、岩本麻奈先生の最新作『女性誌にはゼッタイ書けないコスメの常識』

『女性誌にはゼッタイ書けないコスメの常識』を読み終わったところ。パリ在住皮膚科専門医、岩本麻奈先生の最新作である。読者の好奇心をそそる、このタイトル、そして、内容がちゃんとそれに適っていた。
Q&A形式で読みやすく、「洗顔は一日何回までしていいの?」、「化粧水を手でつけるのと、コットンでつけるのと、どちらがいいの?」という“今さら聞けない”的質問があったり、シワのできるメカニズム、大人のニキビができる理由など、肌に関する基礎知識などもきちんと説明されている。また、レーザーやフォトフェイシャル治療、ポトックス注射など、最新の美顔施術についても分かりやすく説明され、そして、タイトルどおり、「“敏感肌とは美容業界で便宜上設けられたカテゴリーで、医学的には存在しない”」、「肌断食をすると逆に肌の状態が悪くなることも多い」という具合にメディアが流布するスキンケアの“常識”を取り上げ、その真正性を問うている。

正しいスキンケアを身につけるためのノウハウが身につくのはもちろんだが、この本のいいところは、パリ在住の岩本先生が、フランス人マダムたちをウォッチングし、その魅力について分析しながら、女性の本当の美しさとは何か?という考察(哲学か?)を書いているところ。そう、多くの日本人女性が思い込んでいる、“美肌=若い肌=美人の条件”は正しくありません。それでは、本当の美しさとは?美人になる方法は?と、これは本書にちゃんと記されているので、ぜひ、読んでください。
この本、メイクやスキンケアを始め、美しくなりたい、と思う年頃の女の子にぜひ読んでほしい。私たちの時代は、大学生になってからメイクを始めるのが一般的だったが、最近の若い子は(っておばさんくさい言い回しだが)、高校生でもメイクするそうだから、高校入学のお祝いにいいかもしれない。

女性誌にはゼッタイ書けない


 この本を読んでふと思い出したのだが・・、私が通っていた高校の家庭科の先生、とよみちゃんは、御茶大卒で、知的で、性格がさっぱりしていて、きりっとした美人であった。とよみちゃんは、授業で化粧品害を数回にわたって取り上げ、化粧品がいかに肌に悪い影響を及ぼすか、を色々な例を挙げて熱心に説いた。実際、化粧品害について色々と調べた結果、化粧品を全部捨てた、と言うとよみちゃんは、いつもスッピンで、それでもとても、きれいだった(まあ、元々造作の整った正統派美人だったわけだが)。そして、その授業の最後に「私がこれだけ化粧品害について話しても、卒業生が濃いメイクをして、尋ねて来たりするのよね」とため息をついたのであった。
私はと言えば、とよみちゃんの授業におおいに影響を受け、その結果、27歳までメイクをしなかったのだ。大学時代、サークルの友人たちに「メイクすれば、きれいになるのに」と言われれば、「これ以上きれいになっても困るし」と切り返し(その後、二度とメイクの話は持ち出されなかった)、会社であほ上司に「キミは何で化粧をしないんだ」と失礼なことを言われれば、心の中でこのセクハラ野郎!と怒りながら、聞こえないふりをした。
 そして27歳になって突然、何がきっかけだったかは覚えてないが、ファンデーションを塗り(最初は皮膚呼吸ができないような気がした)、アイシャドーと口紅をつけ、薄化粧だったにも関わらず、色々な人から「お化粧するようになったの?」と言われ、そうかスッピンって逆に目立つんだ、と気付いたのだ。

 他の女子より、メイクを始めるのが10年ほど遅かったことが、肌にもたらした効用もきっとあるのだろうが(別に現在の自分の肌が同年代の女性に比べて、きれい、ってこともないんだけど)、この本に書かれているように、自分に合うコスメを選んで、洗顔や保湿をしっかりすれば、恐らく、19歳から化粧をしても何の問題もなかったわけで、その頃からきちんとメイクしていれば、ひょっとして人生変わっていたかも(リッチな男性に見染められて、玉の輿にのれた、とか)なんてしょうもない妄想に浸っても、仕方ない。
 
この本の最初のQ&Aは、「Q 40代ですが、いまから美しくなろうとしても手遅れですか?」で、答えの要約(詳しくは本書参照)は「美しくなるのに遅すぎるなんてことは絶対にありません」なのだ。そう、過去を振り返っても仕方がない。今、これから自分の年齢にふさわしい美人になるよう、努力すべし。ボーヴォワールの言葉を借りて、「人は美人に生まれるのではない、美人になるのだ」の精神じゃ!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ふふふ。

江草さん、こんにちは。

確かに?お化粧って、一昔前に流行ったCMのキャッチコピーのごとく?「美しい人はより美しく、そうでない人はそれなりに・・・。」の世界かも?しれません。

私も就職してから、化粧は社会人の身だしなみだと諸先輩方に言われましたが、「なんで??」と思いながらも、自分なりに?「そうか!化粧しているように要は見せればいいのか。」と勝手に思い、当時はすっぴん肌には自信があったので、アイブローと真っ赤な口紅をしていったら、ある人に「肌きれいね~。どこのファンデーション使ってるの?」と、聞かれ「え?ファンデーションしてませんけど?」と言うと、
すごくびっくりしてました。

が、若い頃はこれでOKでしたが、年下のいとこに「そろそろ?すっぴんはヤバイかも・・。メイクした方がいいよ。」と、ボソッと指摘されたのがきっかけで、化粧し始めましたね。

客観的に「ヤバイかも・・?=まずいかも?」と言われたら、素直に直さないと単なる?痛い人になってしまいますからね・・。

江草さんのように、「メイクしたらきれいになるのに・・・。」という肯定的な意見ならともかく、私の場合、完全に?否定的な意見でしたので・・。か、悲しいですね・・。

フランス人マダムは

マダム・かおりんさん、こんにちは。

フランス人マダムは、ファンデーションなしで、ポイントメイクだけ、って人、けっこう多いみたいです。実際、肌がきれいでしみとかない人ならファンデーションは必要ないですよね。

化粧にはまる人生かな?

こんにちは。
私、今43歳です。
高校生の頃、自分で言うのもなんですが、周りの子に比べて、ものすごくお肌がキレイで、唇の血色もピンクで、まぶたは色白のせいか薄く青色だったと思います。ノーメイクなのに、初めてお会いする学生指導の先生や塾の先生からは「化粧してくるな!」といきなり体罰や呼び出しをされ注意された苦々しい思い出があります。
それから大学生になり、親元を離れたこともあり、街頭の化粧品勧誘のお姉さん達に捕まり、高額の化粧品をSetで購入した経験があります。たしか、40万円近くだった記憶が…。大学は理学系だったので、その頃の女子はスッピンの子が多かった中で、私だけ化粧人生がはじまりました。「いっつもキチンとしてるね」という言葉のマジックにますますメイクにはまってしまいました。大学以外のおしゃれな友人が多くいた事もあり、毎日、フルメイクをしていくのが当たり前のようになっていました。また、海で遊ぶことも多く、日焼けや日サロ通いも頻繁でした。気が付いたら、お肌が荒れていて、皮膚科に通院するハメになったことも。それでも、メイク無しでは外出出来ず、夜、1Fのゴミ置き場に行くのでさえもスッピンが嫌で、また、彼氏の前でさえも、一回もスッピンを見せたことがないほど薄化粧に徹底してましたよ。風邪で休んだ時に、同級生がお見舞いに来てくれた時でさえも、なんやかんや玄関で5分ほど待ってもらって、ふらつきながら急いでメイクをしたこともありました。自分でも病気だなと思っていたけれど、社会人になったら皆化粧するんだと言い聞かせて、止める事は考えずにいました。
それから…40歳になつた頃、田舎に帰りました。スーパー行くのにもメイク、両親の前でも就寝前までメイクでした。そんなある日、母に「スッピンで外に出れるようになったら、あなたの人生はきっと楽になるよ。まずはやってみなさい!」と言われ、毎日少しずつ距離を延ばしてスーパーまでスッピンで行くリハビリをするうちに、1年かかってスッピンが怖くなくなりました。その頃には兄弟たちに「いい加減いい年してるんだから、私の知り合いに出会うかもしれないから○○行く時は、化粧ぐらいしてよね」と言われてしまうほど、肌に色は付けていません。ただ、寝る前やお風呂上がりに、水分補給の化粧水と油補給のためにマッサージオイルを欠かしていないです。
先々週、あるイベントで、半年ぶりに化粧して出かけました。偶然、高校の同級生数人に25年ぶりに会いました。「同じ年じゃないみたい~。キレイだね~」って突然言われました。
ここ1週間は、スーパー行くのにもメイクしている自分がいます。
化粧の魅力って…不思議ですよね。

No title

こっち~にゃんこ さん、こんにちは。

彼氏の前ですっぴんはみせない、という人はいるけど、親の前まで・・。
昔、「男は目の前にいる女が化粧をしていないとばかにされている気分になる」と言った男の人がいて、あほかいな!と思いましたが。
化粧って人によってとらえ方とか、こだわり方が色々ですねぇ。

おすすめ情報

おすすめ情報

プロフィール

江草由香

Author:江草由香
編集者・ライター・コーディネーター。
96年に渡仏し、99年から10年間パリ発日本語情報誌『Bisouビズ』の編集長を務め、同時に日本の雑誌やWebに情報記事、コラムなどを寄稿。
2010年に日仏バイリンガルサイト『BisouJaponビズ・ジャポン』を立ち上げ、ジャパン・エキスポなどパリで行われる見本市で、日本企業や日本人クリエーターの出展をプロデュース、展示会の企画コーディネートの仕事を始める。
2018年に22年間のパリ滞在にピリオドを打ち、日本に帰国。

『BisouFranceビズ・フランス』
https://www.bisoufrance.com/

個人ブログ『湘南二宮時々パリ』
http://ninomiyaparis.blog.fc2.com/

最新記事
カテゴリ
AI翻訳
コスメ
コスメ
ワイン
ティー
航空券
レストラン予約
フランス語
アマゾン
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード